ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「セネト」「タブラ」「すごろく」「バックギャモン」

セネト
タブラ
すごろく
バックギャモン
それぞれWikipediaより


科学が発達せざる古代から、人類は人の手に及ばぬ運命を計るために様々な事をした。

例えば占い。偶然が作りだす何かを読み取り運命を知ろうとする所業である。骨や甲羅を焼いてその罅から占う甲骨占いは政治を左右したし、手相人相占いで人の一生を知れると思い込んだ人も多い。星占い・占星術は星の動きの解明により天文学へ繋がった。
裁判もまた同じで、古代においては何かを証明するのに科学的捜査など出来るはずもなく神判の類に頼るほかなかった。
釣りもまた一つの運試しである。魚が釣れるか釣れないか。そりゃあ上手い下手はあるがしかして連れる時は釣れるし釣れないときは釣れない。その事実を持って吉兆を占う。そういう事も行われた。大漁旗がめでたいものとされるのはその名残といえよう。
そして賭博もまた一つの運試しである。

単純な立方体であるサイコロが転がって出る目は凡人には計りがたい。
賭博に勝つ者は神に愛された者として尊敬の対象になる。
やはりそれは賭博と言うものが一種の占いであったからに他ならない。
科学がそれなりに発達した現代においてさえ(どうせ胴元が勝つのに)ギャンブルが市民権を得たままであるのは、そういうふうに強力に文化に結びついているからだ、といえよう。



前置きはともかく、なんにせよ古代から賭博、ギャンブルの類はあった。

ギャンブルの始まりがいつになるのかは定かではないが、今知られている限り世界初のギャンブル・ボードゲームは紀元前3500年、先王朝時代のエジプトより始まる「セネト」だとされる。
セネトは一種の2人対戦すごろくゲームであり、10マス×3列を基本とする盤を2面ダイス代わりの色を塗った棒で数を決めてそれぞれ5つのコマを進めていき、始めに全てのコマをあがりまでもって行ければ勝ち、と言うルール、と推察されている。
あがりには死者の魂の復活などという宗教的な意味合いが為されていたりする。つまり難関を乗り越えて死後の復活を迎えよう、と言うフレーバーがあるわけだ。初期はただのすごろくだったらしいがともかくそれで人気に火が付いた、はいいがキリスト教やらイスラム教やらが入ってきてからはそのせいで廃れたという。

ともかくそんなセネトが帝政ローマ時代に東ローマ帝国に伝わり考案されたのがタブラであるとされる。
12マス3列(あるいは12マス2列)に改良されており中世ヨーロッパで広く執り行われた。

中近東ではそれがナルドになり、それが中国に伝わり雙陸、日本に伝わると雙六=双六(盤双六)となった。それが絵双六となっていくわけである。双六とは使用される2つのサイコロが共に6の目を出すこと、つまり最高の目を指している。

タブラが西洋で発達したものがバックギャモンである。19世紀以降になるとルーレットなどの賭博に押され衰微してたバックギャモン系ゲームだが、1920年、アメリカはニューヨークでダブリングキューブを含むルールが考案されそれが現代バックギャモンへと繋がっていく。ダブルを宣言すると相手は負けか掛け金2倍かを選ばなければならなくなる。この射幸性の高いルールが人気となった。


こういった双六系ゲームはモノポリーや人生ゲームにも繋がっている。中々に複雑で世界的。麻雀やトランプといったゲームも似たような複雑さがあった。双六の起源はエジプトで、トランプや麻雀の起源は中国(馬弔)、みたいな?他にも調べても面白いかも。将棋やチェスの起源はチャトランガでインド?
遊戯の歴史と言うのは他の文化に比べて文章的記録・史料が少なく歴史を追うのが難しい傾向にある。しかしだからと言って文化として上だ下だということはないし、むしろ難しいからこそ面白いというものもあろう。興味深い分野である。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/29(土) 23:39:38|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ