ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方智霊奇伝3話前編、東方酔蝶華2話、あと東方三月精4部最終巻感想

短く書く。つーかコンプエース発売されてるの忘れとったわ。


まず智霊奇伝3話前編。これは茨歌仙の最終話であったように神主の原作(ほぼ小説形式らしい)が濃すぎて分割したアレか、月刊連載はきついアレなのか。

ともかく読むといつも通りヤベー漫画である。パチュリーのポンコツ具合よ。前々からあったがちょくちょくポンコツだよな。紅魔館の図書室、目録は無し・本は床に散らばっている・謎の八角形の本棚の置き方。
まあでも咲夜に詳しく聞いた方が良いのは確かか。どうあっても重要参考人だしなあ。

咲夜には動機も無ければ犯行方法にも無理がある、が被害者の証言がある。
まあ咲夜が犯人というさとりの言はハッタリというかブラフかね。事故説もあるが。
クソミステリーとしてノックスの十戒をあえて破って中国人の美鈴が犯人、とかいう説も耳にしたが。
「ちゃんと」否認しているか?ふ~む。

いよいよミステリーらしくなってきたが、ミステリーは謎の解明あってこそ。来月の3話後編で智霊奇伝がどういう作品なのかわかってくるだろう。
しかし台詞の失礼さとか際立ってるよね。間とかテンポもあってなんか凄みがある。


酔蝶華2話。
泥酔私服魔理沙!?いや私服と言うか変装?
魔理沙は寝ながら歩ける。流石魔法使い。

で、美宵の正体は妖怪酔魔。聞いた事ねーなあ。そんな妖怪居たっけ?
獏の類ではなくあくまで酒酔い専門と言う感だが。
伊吹瓢の付喪神かなんか?住み着いたっていうしランプの魔人の一種?ともおもえんが。
萃香には反ミーム効果は効かない?あえて能力を行使してないのか?人間にしか効かないのか?

さていきなり退治されそうな主人公だがここからどう出るか。里にいる妖怪は美宵だけじゃないしなあ。マミゾウとか。


三月精最終巻。
まあ連載は追ってたからアレだが表紙の青ーティアかっこいいな。やっぱ幻想郷にいる時は青?

地獄の権力闘争の話題は鬼形獣を経てまだまだ解決されていない。剛欲異聞やSTG次回作でまとまった話があったりするのかな?あるいは旧地獄も関係すると言う事で智霊奇伝?香霖堂や酔蝶華はあんま関係なさそうだが。でも萃香は鬼だしあるいは捻って酔蝶華でも絡めてくる?ヘカーティアまたその時再登場するかね。

何にせよいい作品であった。クラウンピースをメインに持ってきたというのも冒険的な試みで上手くいってるよね。最後の展開や流れも楽しく読める。
さて5部はあるのか?期待はできないが状況が変わればあるかも?まあ期待はせずに待っておこう。




とりあえずこんなところで。冬コミもあり来年も東方熱は上昇し続けていく感がある。
2020年の夏コミ辺りで剛欲異聞製品版ぐらい出るかな?情報のアンテナを張り続けていきたい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/12/31(火) 02:32:03|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ