ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「スプラトゥーン2のDLC『オクト・エキスパンション』とはどのような物語であったのか」

スプラトゥーン2のDLC『オクト・エキスパンション』とはどのような物語であったのか togetter
vaporwaveがどのようにしてインターネットで作られ、そして、壊されたか。 CAHIER DE CHOCOLAT
ヴェイパーウェイヴ - Wikipedia


まあ色々とあるがVaporwave(ヴェイパーウェイブ)とかまるで知らんかったわ。

ポータルっぽいなーとは思いはしたがFPSで閉鎖環境となると設定も似通うかなとは思った。
自由の女神で猿の惑星パロは意識してるのかなとも思った。
しかしVaporwaveとか存在すら知らねえんだよなあ。しかもすっげえ面白げだし。


というかVaporwave、80~90年代の文化の歪んだ鏡像といった趣で色々切って貼ってして作られてるわけだけどその時代というと任天堂も大きく取り上げられる文脈なんだよな。で、それをオクトエキスパンションで任天堂がモチーフにすると。これはもうよくわからない。


80年代から90年代。大昔という訳ではないが過去。
そこからただ掬い上げるのではなく切って貼って伸び縮みさせ歪め解体し仕上げる。
そこから生まれる新しい価値もある。しかし過去にばかりとらわれてももいけない?


音楽モチーフも含み、オクトエキスパンションはただ一度プレイしただけでわかる事だけではない代物だとわかる。
というか、裏ボス、全駅全ブキクリアでマーク追加だけじゃなく、今日ツイッターで公開されてたがそれぞれの駅に変な隠し要素(イクラ全回収ボーナスとか)もあるようだしもうなんだこれは。最高のDLCと言ってしまえる。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/26(火) 22:40:17|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ