ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第39話感想

子供のころからネクロフィリアって相当極めつけだなあ。まあ子供だからこそとも言えようが。
しかし平六代、ここまで描かれるとなると本格的にメインキャラくせえ。変態しかいねえ。

鬼ですら一滴で自壊しかねないほどの劇薬を使って強化。それ人間が飲んでもいいのか。
副腕含めたデザインは結構カッコいい。
普通にボロクソにされてるうらたろうもうらたろうだが。


つーかちよ、首状態でも意思みたいなのあるん?
なんにせよ変態の兄を拒絶するのは残当。この拒絶自体が決まり手になりかねない。


ここからどう展開するのか。っつーかこの流れでカラーかまた。なんか異常にカラー多い漫画だよね。中山先生イラストレーター的なところもあるからそういうものか?
何にせよ六代の動向に注目。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/06/30(金) 04:04:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ