ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「シン・ゴジラ」見てきたので感想

シン・ゴジラ公式


余裕でネタバレ書くので注意。
私はネタバレ気にしない人間だが気にする人も多そうなので。



エヴァの庵野監督が総監督するとは聞いていたが、まあゴジラシリーズについてそこまで造詣は深くなく、興味は必ずしも高くなかった。
予告のゴジラのデザインなんかは「おっ」とは感じたがまあそれだけであった。
しかし公開直後からネット方々での評判が非常に高かったため、興味が出て見てみた。そして評判通り凄い作品であったので感想を書く。


まずこの作品の一番の魅力、特徴は圧倒的リアリティであろう。
ゴジラ自体のリアリティというよりも周辺、人間側のリアリティである。むしろゴジラという虚構に対する人間、あるいは日本の現実らしさとでも言おうか。

本作はとにかく会議シーンが多い。内閣が会議、自衛隊が会議、災害対策本部が会議…… 上映時間の7割8割は会議シーンなのではないかとまで思わせる。まあ会議ではなくても人間達のシーンは多く、ゴジラが暴れるシーンは派手で目立ち重要であるがだからこそ?時間的には短い。
政治家や自衛官たちの服装、会議室の内装、専門用語、あるいは命令系統の流れまで完璧にリアリティを重視して作られている。
細部に神は宿る。
ゴジラが行う破壊に対し人間、政府関係者がどう動くか。そこが本作のメインであり、ゴジラという怪獣の恐ろしさを引き立てる。本当らしい世界が崩壊してゆくのが非常に絶望的である。

リアリティと何度も書いたが、真に現実に即することが重要なのではない。本当らしく観衆に感じさせることが重要なのだ。
例えばゴジラの遺伝子量がヒトの8倍で最も進化した生物だとか言い出すシーンがあるが、ゲノムサイズのことを言ってるならハイギョとかユリとかなんぼでもでかいゲノムサイズを持つ生物はいるし、染色体数でも、たんぱく質がコードされた遺伝子の数でも同じような話だろう。
最後の方でなんかゴジラのたんぱく質か代謝系かなんかの複雑なイメージ図があったがあんなもん見て何かわかる生物学者などいるのだろうか?
しかし問題はそういう現実との差異ではなく、そういう描写が現実らしさを産むという事なのである。70%というよりも70.486%とか適当に小数点付けた方が科学らしいとかいう話と似ているがまあそういったところである。
とにかく細部まで作り上げることでリアリティが生まれるのだ。

ゴジラをどうにかした後も盛り上がるのではなく、一段落しこれからどうするか、という感じなのも映画で描かれるシーン以上のことを想像させ、映画の外の世界を映画の中に作っており、現実味を二重三重に増幅させている。


で、ゴジラ。今回のゴジラは災害か。
3.11のように物理的被害を及ぼす津波であり、人災という面も含まれそうな放射能を含む原発事故でもある。
はっきり言って形態の変化を個体進化とか言い出すのはポケモンも含めやめてもらいたいのだが、まあゴジラは所謂変態というよりも環境変化に対応するという点でまあわからなくはない。
米軍の攻撃に対しついに炎を吐き、熱線を放射し始めた時の迫力と絶望感は最高であった。東京駅周辺で、あれだけの人間の現実味のある避難描写がある中で、人知を超えた怪獣としての本領を発揮する。戦闘機だろうが首相の乗ったヘリだろうが周囲のビルだろうが一瞬で壊してしまう。怪獣王の面目躍如とでも言おうか。
最終的に特注の毒薬で薬殺される訳だが、最後のシーンで何やら思わせぶりな描写があるのも面白い。

デザインも奇形生物的というか、病的というか、噴火する直前の火山の赤熱するマグマかあかぎれた血の滲んだ皮膚かを思わせる肌に意思疎通の可能性の無さそうな目、異常に長い尻尾。かなりキレている。



子供が始めに見る怪獣映画としては良いかどうかは別として、教養ある大人には見るべき映画として薦められる出来である。
細かい演出でエヴァの空気が強い感もあるが、流石庵野監督とも感じられるか。
シンエヴァにも期待である。エヴァQのあとまた鬱になってたらしいが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/07/31(日) 21:53:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ