ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

七月に買った本の感想と八月に買う本の紹介

6月~7月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。この記事だけじゃなく。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
7/4
JUMP j-BOOKS 斉木楠雄のΨ難 EXTRA STORY OF PSYCHICS 2 ひなたしょう 原作:麻生周一 麻生周一 702 978-4-08-703321-2
集英社 斉木楠雄のΨ難(9) 麻生周一 \432
集英社 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~(3) 仲間りょう \432
集英社 黒子のバスケ(28) 藤巻忠俊 \432
集英社 暗殺教室(10) 松井優征 \432

斉木小説。まあ小説一巻より良かったか。鳥束回が一番良かった。何となく雰囲気が原作と違うのだなあ。
斉木9巻。増えたキャラもきっちり扱っている感触。何巻まで続くかな?
磯部。つーかもう3巻か。作者独特の感性と絵が非常に魅力。共感と逸脱。
黒子。いよいよ盛り上がりを深めてきたが、洛山戦は30巻ぐらいで終わるのかな?キセキの世代の他のキャラとの違いの表現がしっかり成功してるよね。無冠なんかは割喰ってるというかかませだが。
暗殺。時間経過をちゃんと描くタイプの物語だが、生徒達の成長という意味でも興味深い。やはり学園もの。


7/9
エンターブレイン ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1296 978-4-04-729755-5

ニンジャスレイヤー、物理書籍は3か月毎刊行だが、漫画化アニメ化と勢いは留まるところを知らない。
ランペイジがすげー強かったのがいいよね。レスキューも好きなエピソード。新エピでネクサス周りの描写とかも好きだ。なんだよあの宇宙。で、ブラックウィッチ。ブラックって付く名前のニンジャ、14人ぐらいいるらしいけど玉石混淆だよね。ブラックウィッチ、フーリンカザン合わせてグラマス級行ってるのでは。
で、時間からついにキョートヘルオンアース編(前後巻)らしいが……


7/11
講談社 ちはやふる(25) 末次由紀 \463
小学館 アオイホノオ(12) 島本和彦 \596

ちはや。ラスボスにおっさんが挑む展開でこうなるとは。で、来年か。
アオイホノオ。はんば、庵野監督の話になってたが、ここから作者の話か。無茶なフィクションもあるけど。


7/17
講談社 せっかち伯爵と時間どろぼう(3) 久米田康治 \463

割かし、ストーリー染みたところがあるよね。久米田先生には珍しく。
最強キャラという最強キャラもいないし、色々作風変えて来てる?まあそんな小手先替えたところでって話もあるが。


7/18
集英社 ねじまきカギュー(16) 中山敦支 \555
小学館 デストロ246(4) 高橋慶太郎 \596
小学館 モブサイコ100(7) ONE \596

カギュー。個別感想記事全体振り返り7記事なんかもした。完結。本当に凄いとしか言いようのない漫画だったが、だからこそ惜しいと言わざるを得ない点もある。しかし、まず、最高だった。
デストロ。男は雑魚という縛りなのにサイサイさん頑張った。しかし、主人が死んだ殺し屋か。基本主人公、強さよりも狂気で売ってるところあるもんね。なんか見て行くとヘボい点も多くてそれも好き。
モブサイコ。日常編。超能力者の日常。作者の力量がはっきりわかる良巻。

7/23
メディアファクトリー となりの関くん(6) 森繁拓真 \637

アニメは終わったが、やはり面白い。しかし関君、精神がねじくれている。あんまり優秀すぎるからか。横井さんは結構クズだよね。


ここまで感想。
ここから紹介。


8/1
講談社ラノベ文庫 進撃の巨人 隔絶都市の女王 (上) 川上亮 原作:諫山創 村田蓮爾 626 978-4-06-375296-0
(講談社 水木しげる漫画大全集 貸本版墓場鬼太郎(1) 水木しげる ¥2,268)

へえ。進撃の巨人小説また出すのか。あんま期待しないが一応買おう。
貸本屋版のオリジナルの鬼太郎か。しっかしクソたけえなあ。興味はあるんだがクッソ高い。


8/4
(集英社 キン肉マン ファンブック 超人閻魔帳 ¥734 )

今WEBでやってるけど、面白いよね。ラスボスが超人閻魔なんだっけ?なんか完璧超人オリジンの連中にあやつとだけ呼ばれてる人。ファンブック、ねえ。設定資料集的な何かでいいのかな?

8/8
秋田書店 名探偵マーニー(10) 木々津克久 ¥453
秋田書店 弱虫ペダル(35) 渡辺航 ¥453
講談社 進撃の巨人 悔いなき選択(2) 駿河ヒカル ¥463
講談社 進撃の巨人(14) 諫山創 ¥463

マーニーは、安定して不安定な気持ちになれる楽しさ?メカニックがラスボスということでいいのかな?一話完結ものというのは需要がある。
ペダルは、えっと2年目インターハイ初日のスプリントラインあたりか。いまさらハコガクが強くても、とも思わなくはないが、じゃあどうするんだというと御堂筋以外いないし、御堂筋にあまり頼りすぎるのもねえ。
進撃。リヴァイのと普通のだが、どっちもリヴァイ活躍するんじゃね?人気キャラはつらいね。つらくはないか。


8/22
講談社 宝石の国(3) 市川春子 ¥648
(集英社 六花の勇者(3) 戸流ケイ ¥576)

宝石の国。いいよね宝石の国。最近ではかなり注目してる漫画。フォスフォフィライトはその硬度故に壊れやすく、変化しやすく、変化しない宝石たちの中で唯一成長するみたいな?今じゃなんかすごいことになってるが。失うことで何か得る。
六花漫画版。つーかまだ漫画版一巻終わってなかった気もするが。コミカライズってどのメディアミックスよりも進行遅い印象がある。気のせいか?



こんなところか。来月は少ないが、宝石の国に進撃とかペダルとかマーニーとかか。
うーん。まあ、宝石の国があるし並作としておこう。甘いか?まあ進撃もあるし。
最近アニメの影響でソードアートオンライン読み始めてる。かなり面白いが、MMOとかやってる人向けに、より面白い印象。昔UOちょっとやったことあって楽しくよめる。っつーかどうみてもUOっぽい描写も。UOは偉大なゲームだった。本当に世界がそこにあった。その辺からSAOも出来てるんだよね。
今月は26記事か。まあ安定してる?こんなところで安定してもという話だが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/07/31(木) 23:58:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ