ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

六月に買った本の感想と七月に買う本の紹介

5月~6月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他でも感想書きたくなったら書くけど基本書かない。基本別に記事にする。書かない場合のが多いが。買ったのに忘れてて書かないのもあったりするからなあ。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。面倒なら記憶で手打ちすることも。
出版社とかも載せてるが、その関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。ラノベの社は割と広く載せているらしい。ライトノベルの定義論は別の記事で。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。

この感想回とは別に感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
6/6
秋田書店 名探偵マーニー(9) 木々津克久 \453
秋田書店 弱虫ペダル(34) 渡辺航 \453
講談社 COPPELION(21) 井上智徳 \607

マーニー。メカニックとの因縁と一話完結の奇妙な話を同時進行させている。最終回付近でメカニック関係を何とかしようという目論見だろうか。なかなか贅沢だが期待。
ペダル。うーむ。御堂筋出てこねーな。2年目も完全優勝狙ってるんだろうが、スプリントラインとかは別に狙っても仕方ないから狙わないということか。まあ1年目でもハコガクの心を折るためのアレだったしなあ。
コッペリオン。やや異能バトルじみてきた、ってかだいぶ前からそうだが、災害パニックモノとしての面白さもまだ進行中でよい。コッペリオン博士の底知れなさがいいよね。政府関係やらなんやらもいろいろあるようだが。


6/10
電撃文庫 男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 III ―Time to Pray― 時雨沢恵一 黒星紅白 659 978-4-04-866647-3

タイトルクッソ長いんだよ何度も言うが。
しかし、さすが時雨沢先生。最後のほうにすごいアレを持ってきた。
ラノベラノベした長タイトルでこういうことをするから意味があるのか?しかし、ヒロインも結構アレで良い。


6/12
小学館 タケヲちゃん物怪録(6) とよ田みのる \617

天邪鬼の話とかよかった。というか、とよ田先生の書く話は温かみがあるというか、読んで安心するというか、いいよね。
色々対抗勢力とか出てきているが、何巻ぐらいで終わるのかな?空亡ってたしかゲームの大神が最初だっけ?


6/19
集英社 ねじまきカギュー(15) 中山敦支 \555

個別感想記事書いてる。ほんと最高の漫画である。いやガガリ戦はあっけなく終わってやや不満だった(ガガリの細かい技は楽しいが)が、描き下ろしというか加筆でガガリたちのフォローが来るとは。最小限とはいえ最大限にフォローしている。ガガリもトラウマを打ち破った形になるのかね。マルマンはいいとこなかったがまあそういうキャラということで。生きてたしいいじゃん。来月で最終巻なわけだが、次回作いつになるのかな?


6/20
秋田書店 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話(9) 車田正美 \771

デストール、オカマなのに男気があるよね。技も地味にいろいろあってつえーしデスマスクがアレである。まあギャグキャラかそうでないかというのもあるが、活躍シーン多いのは良い。
で、蛇遣い座。13星座ねえ。まあどう攻めてくるか、期待。


6/25
エンターブレイン シンリャクモノデ(2) 竹本泉 \778
竹書房 がーでん姉妹(2) 竹本泉 \810

竹本泉2作品。シンリャクモノデはかつての読み切りモノのあれを侵略縛りにしたという感じ。侵略縛りってなんだよって感じだが、まあ竹本先生ならネタ切れはないか?古典SFや奇妙な話はお得意だから。
がーでん姉妹は、なんかすごいスピードで進学していくなあ。リアルタイムだから。逆に言うと単行本が遅いという?


ここまで感想。
ここから紹介。


6/30
小学館 ドロヘドロ(19) 林田球 \999

いや、明日発売なので感想ではなく紹介。しかし面白いよね。ゴア異能バトルもの。
中央デパート編も着実に進行してきている。たしか煙が生き返ったんだっけ?世界最強の魔法使い、という肩書を持つキャラがこうなるのが面白い。まあ実際色々応用範囲も多いしわからなくはないが。


7/4
JUMP j-BOOKS 斉木楠雄のΨ難 EXTRA STORY OF PSYCHICS 2 ひなたしょう 原作:麻生周一 麻生周一 702 978-4-08-703321-2
(JUMP j-BOOKS るろうに剣心 SOW 原作:和月伸宏 702 978-4-08-703322-9)
集英社 斉木楠雄のΨ難(9) 麻生周一 ¥432
集英社 磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~(3) 仲間りょう ¥432
集英社 黒子のバスケ(28) 藤巻忠俊 ¥432
集英社 暗殺教室(10) 松井優征 ¥432

ジャンプ勢多いなあ。斉木また小説出すの?前回のあんまりだった気もするが。
るろ剣も出るのか。どういう話をするか、期待。
斉木9巻。実際安定してきてるよね。ギャグ漫画で安定というのがいいのか悪いのか?
磯部。なんか3巻にしてジャンプで一定の地位を築きつつある。絵で笑わせ、歴史ネタで笑わせ、ナンセンスさで笑わせる。
黒子28巻。赤司無双からの、あたり?連載が結構すごいことなってて面白そうだが、それまでの過程も結構ぶっ飛んでて嫌いじゃない。
暗殺10巻。実際、期日は迫りつつあるわけだが、せんせーって死なないよね?まあマジで地球ふっとばす気があるとも思えんが。


7/9
エンターブレイン ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 訳:本兌有、杉ライカ 1296 978-4-04-729755-5

忍殺物理書籍10巻目。2部の6巻。ちなみに2部は8巻まであるとのこと。3か月刊行なので12月に2部終了という形か。
えーっと、デスドレイン一行による襲撃と、あと何が入るんだっけ?まあ面白そうなの入ってたし、書下ろしも2エピソードあるようだし期待。
なんか、ツイッター連載ではザ・ヴァーティゴ=サンが意味の分からん登場をしてて阿鼻叫喚になってたね。アレどうなるんだ?


7/11
講談社 ちはやふる(25) 末次由紀 ¥463
小学館 アオイホノオ(12) 島本和彦 ¥596

ちはや。なんか決勝で名人と主人公たちの師匠のおっさんが戦ってて地味にいい勝負なんだが、これ少女漫画なんだよね。まあ部活ものというアレもあるが、地味にすごい展開かもしれない。まあこれでおっさんが勝つとも思えんが、期待。
アオイホノオ。地味に主人公も成長してきてるのよね。成長というか、成長はしてないにしろ進展というか。フィクションではあるが、そのころの雰囲気を描いている?


7/17
講談社 せっかち伯爵と時間どろぼう(3) 久米田康治 ¥463

結構刊行早い?気のせいか。
まあ話はいつも通りだが、キャラがいつも通りでもないから新しさもある。
時事ネタはいつも需要があるものだ。


7/18
集英社 ねじまきカギュー(16) 中山敦支 ¥555
小学館 デストロ246(4) 高橋慶太郎 ¥596
小学館 モブサイコ100(7) ONE ¥596

カギュー最終巻。書下ろしどんなあるかな?連載分は全部読んだ。一応、カギューは全部読んだ通し感想も予定している。中山先生の次回作にも期待したいが。
デストロ246。殺し屋たちのフェティッシュな殺しの話。主人公たちが、狂ってはいるけど地味にヘボくていいよね。3巻までの感想もいつか書いたが、結構期待株。ヨルムンガンドの人だよね。銃撃戦のうまさはその辺か。
モブサイコ。短編がいくつか収録されるぐらい?ONE先生の短編いいよね。で、何かインフレの極みみたいなのが本編で出てたが。どうなることやら。


7/23
メディアファクトリー となりの関くん(6) 森繁拓真 ¥637

関君も6巻か。アニメは成功裏に終わったようだが、ここからどうなるか。
ギャグ漫画として正統派?



こんなところか。
7月は、まあカギュー最終巻ある時点で豊作は決まってるのだが、黒子、忍殺、デストロ246と玉揃いである。大豊作?数は少ないといえばそうだが。
まあ、6月ドロヘドロ残ってるが、これは良いに決まっているので。たけえけど。ドロヘドロアニメ化とかないのかな?グロすぎて無理か。グロってか、まあ血とか内臓とか出まくるだけで、陽気な感じなんだけれども。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/06/29(日) 23:41:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ