ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介

3月~4月のはこちら

いつもどおり漫画ラノベの新刊感想紹介記事。読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とかあったりするけど気にしないでね。
買うの確認してなかったけど新刊で買ったのは覚えていれば書く。最近書いてねえけど。

一応新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。
漫画ラノベ以外は基本的に新刊確認してないのでここには書かない。まあなんかの拍子で買いたくなって新刊確認したら買うけど、あんまそういうのは新刊で買わないし。むしろジャケ買いする。ラノベはジャケ買いあんましない。
でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義は気にしない。

アマゾンリンクとかは無いから気になったらググッてね。
ああ、そうそう、ネタバレは余裕であるから。
ここまでテンプレ。地味に変わってるけど。ちょくちょく弄る。


ではスタート。
4/5
講談社 もやしもん(12) 石川雅之 ¥590
メディアファクトリー となりの関くん(4) 森繁拓真 ¥620

もやしもん。日本酒業界の闇編終わり?日本酒造りはこれからってか、結構またがる感じでやってるみたいだけど。いつかどっかでどかっとやるのかな?というか今雑誌でやってるとこがそうなのかな?
関。なんかいつのまにか雑誌の看板的存在になっとる?まあ前ぐらいのこのマンでそこそこいいとこいってたしな。


4/9
講談社 進撃の巨人 INSIDE 抗 ¥840
講談社 怪物王女(20) 光永康則 ¥630
講談社 南Q阿伝(2) 光永康則 ¥630
講談社 進撃の巨人(10) 諫山創 ¥450

進撃。設定資料集の方は、まあ眺める分にはまあまあ面白かった。キャラがわかりやすい。本編の方はもう流石だよね。ほんとギリギリまで追いつめるから緊張感がある。雑誌の方はもう展開が読めない。アニメも好調のようだ。
怪物王女。20巻で円満終了か。まあ途中で結構展開が遅い時もあったが、アクションやらホラーやらミステリーやら色々あって楽しい作品だった。
南Q阿伝。怪物王女のスピンオフ。最近はこっちの方が面白い。主人公がさっぱりとした性格で読みやすいのもあるかも。

4/10
電撃文庫 ゴールデンタイム6 この世のほかの思い出に 竹宮ゆゆこ 駒都えーじ 557 978-4-04-891557-1
電撃文庫 マグダラで眠れ III 支倉凍砂 鍋島テツヒロ 620 978-4-04-891579-3

ゴンタ。記憶喪失の過去に踏み込んでいく。恋もギリギリな感じで中々新しい。読んでて疲れるが。アニメ化するんだっけ。実はラノベとしては異例だからなあ。どうなることやら。
マグダラ。個別記事書いたけど、キャラが立ってきた印象。作者前作とも結構変えてきた印象。オススメ。

4/12
ほるぷ出版 這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム(3) 星野蒼一朗 ¥600

マイナーな出版社だから結構売ってないんだよな。ミラクルジャンプだったかのよりニャル子のフレーバーが出ている。


4/15
GA文庫 這いよれ!ニャル子さん11 逢空万太 狐印 641 978-4-7973-7333-2

相変わらず。邪神は大体発情している。仕方ないね。


4/19
秋田書店 オンノジ 施川ユウキ ¥580
秋田書店 鬱ごはん(1) 施川ユウキ ¥580
一迅社 バーナード嬢曰く。 施川ユウキ ¥650
集英社 ねじまきカギュー(9) 中山敦史 ¥540

この辺全部個別に感想書いたけども。
施川ユウキ先生の。人間の内面心理?というか、まあ人がちょっと考えることをうまく表層化しているというか。オンリーワンの漫画家。
カギュー。二か月連続刊行の一か月目。衿沙無双。いつもいってるけど最高。バトルラブコメ?まあ普通にバトル漫画でいいか。貞鳥亜鳥戦はスゲー濃縮された面白さがあった。


4/25
スクウェア・エニックス 荒川アンダー ザ ブリッジ(13) 中村光 ¥560
スクウェア・エニックス 咲 -Saki-(11) 小林立 ¥580

荒川アンダー ザ ブリッジ。なんか色々アレだけど、地味に物語が進んでいる?徐々に環境が変化していくのが面白いか。基本ギャグ漫画だが。
咲。スピンオフのと比べて展開遅いよね。その分濃厚だが。主人公無双系漫画でもある。麻雀能力漫画いいよね。あと、服とか色々どうなんだ。


4/27
竹書房 がーでん姉妹(1) 竹本泉 ¥780
竹書房 いろいろとかゲームとか 竹本泉 ¥1,365

竹本泉。ガーデン姉妹は結構複雑な、文字通り複雑な家庭の学園もの。複雑と言っても、三つ子の姉、主人公、父違いの妹というアレ。親が再婚してるけどその辺は軽く流されている辺り竹本泉である。いつも通り楽しい。
いろいろ。ゲーム雑誌に載ったコラムとかマニュアルに書いた漫画とか色々ごった煮な本。右開きの漫画も左開きの漫画も同時に収録してたりするのが流石。というか、原画からわざわざ色入れたりとかほんとお疲れ様な本。しかし、この人萌えアニメとか好きね。ゲームもしまくってるし。色々凄い人だ。


ここまで感想。
ここから紹介。


5/2
JUMP j-BOOKS 斉木楠雄のΨ難 Extra Story of Psychics ひなたしょう 原作:麻生周一 麻生周一 683 978-4-08-703289-5
集英社 斉木楠雄のΨ難(4) 麻生周一 ¥420
集英社 黒子のバスケ(22) 藤巻忠俊 ¥420
集英社 暗殺教室(4) 松井優征 ¥420

ジャンプNPG勢。NPGという括りまだあるのかな?
ん、斉木小説版出るのか。結構あっさりとした漫画だし小説に合いそう。
で、4巻。0巻含めて5巻。麻生先生も成長したよね。主人公のキャラがクールなのがいいのかな?
黒子。WC黄瀬戦後半か。強さの表現が上手いよね。キャラの格を落とさない。キセキの世代のブランドが強い。ギリギリの勝負が心を揺さぶる。アニメ二期にも期待がかかる。脅迫事件まだ続いてるんだっけ?
暗殺。ほとんど看板級の扱いだが、さて。まあ結構万人向けの面白さ。毒も適量か。


5/8
秋田書店 名探偵マーニー(3) 木々津克久 ¥440

マーニーは今のチャンピオンでは一番好きかなあ。毒は抑えられてるけどそれでいて不思議な話。主人公もかわいいし。


5/10
電撃文庫 一つの大陸の物語 〈下〉 ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ 時雨沢恵一 黒星紅白 620 978-4-04-891600-4
電撃文庫 僕と彼女のゲーム戦争5 師走トオル 八宝備仁 641 978-4-04-891422-2

電撃文庫。なんかステマ騒動とかで大変だけどどうなんかね。
一つの大陸下。シリーズの締めくくり。キャラがどう重なっていくのか。大期待。トレイズはヘタレ克服できるのか。
ゲーム戦争。前書いたけど、なんか表紙が東方とぷよぷよだから買ってみる。


5/17
集英社 ジョジョリオン(4) 荒木飛呂彦 ¥420
集英社 ねじまきカギュー(10) 中山敦史 ¥540
集英社 わたしはキャワワワ!! 大亜門 ¥590

ジャンプ青年誌組。
ジョジョアニメ、3部以降の計画は無いのだろうか。ジョジョリオンまでアニメ化してもあの勢いなら売れそうなのにな。色々ジョジョリオンも話が広がってきてる。未だ到着点が見えないがそれがいいジョジョ。
カギュー。計算すると衿沙戦が終わらないぐらいか。理事長の狂気が見え隠れする回。
キャワワワ。まあ巻数が無いのでわかるとおり打ち切りだけど、一巻でいい辺り買いやすい。結構好きだし。まあ下品さがきついはきついが。


5/30
小学館 とめはねっ! 鈴里高校書道部(11) 河合克敏 ¥580

書道漫画。こういうマイナーな世界の薀蓄物はいいよね。そうでなくても楽しめる要素があるのが素晴らしい。




こんなところか。5月は数は少ないが目ぼしいものはそれなりにある。
斉木、黒子、一つの大陸、ジョジョリオン、カギュー、とめはね。
まあ並作?カギューあるし豊作という事にしておこう。
一つの大陸もシリーズ最終という事で大注目である。
ライトノベルはもっと買ってもいいかな?


これで32記事か。今月は計画的にできたかな?
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/04/30(火) 23:32:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ