ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「大魔王クッパ」マリオシリーズにおける魔法描写

今週のヤングジャンプのカギューやべえ。流石中山先生。たぶんもうロリには戻らないんだろうなぁ。トラウマイスタではヒロインやっちゃったし。


クッパ。マリオシリーズにおいて何度もラスボスを勤めた「悪役」。
巨大な亀の怪獣と言う姿であり、火を吹いたり魔法を使ったりする。
火を噴く爬虫類と言う情報からドラゴンの類を連想する向きもあるかも知れないが、どちらかと言うとモチーフは亀の怪獣、つまりガメラに近いところがあるのだろう。

大魔王。つまり魔王の凄いの。で、そもそも魔王って何だよって話なんだけど、まあ第六天魔王から来てるのかな。仏教における欲界の王だとかなんとか。
英語版ウィキペのクッパの項みたら大魔王の意訳としてGreat Demon Kingって書いてあった。なるほどわかりやすい。

いつもキノコ王国(ウィキペディアなのにアンサイクロペディアみたいな記事だ・・・)の「姫」であるピーチ姫をさらってはマリオ兄弟とかに倒される。あきらめない精神は感動的を超えて狂気すら感じる。狂気をも通り越して機械的とも思われるレベル・・・まあ爬虫類だしな。

その居城であるクッパ城は(様々な作品で何度も登場するが結局何個も作ってるんだろうか?)侵入者を拒む仕掛けで満ちていて、溶岩で張り巡らされている事で有名。火山地帯にでも作ってるのか?そうでもなきゃ溶岩とか維持費高すぎだと思うんだけど。クッパの趣味かな。マインクラフトでもあんなふうに溶岩張り巡らさせる家作る人少ないだろう。操作ミスって死ぬだろうし。



クッパはスーパーマリオブラザーズから登場するんだけど、ピーチ姫を攫うのはちゃんと理由がある。
クッパの「魔法」で住民をブロックや土管にしているのだが、その魔法を解く力を持っているからだという。

以後の作品ではクッパがピーチをさらう目的はどちらかというと下心からというような描写だが、マリオシリーズにおいて「魔法」の描写は案外多い。

カメックのような魔法使いキャラはともかくとして、コクッパ七人衆も魔法の杖を使い魔法を使っている。ピーチも魔法を解くだけでなく浮いたりすることもあるし、主人公のマリオなど「ファイアボール」というどこのファンタジーでも見かけそうなメジャーな魔法を使ってたりする。ヨッシーなどスーパードラゴンとも呼ばれる。恐竜の一種な気もするけど。

なんだなんだ魔法が多いなマリオはファンタジーか、と言うとまた違う気もする。
カートがあったりハイウェイがあったり摩天楼があったり・・・いやマリオカートだけの問題でもないけど意外と現代的な描写も多い。そもそもマリオは配管工として名をはせている。ドクターやってた時もあるし、どうにもおかしい。世界観が一様ではない。まあウルティマなんかタイムマシン出てきてたけど、アレはあいうもんだし。


魔王にさらわれた姫を救出する。中世の騎士物語からあるテンプレートだ。
とはいえ、思わぬところに科学が出てくる。
マリオシリーズはかなり何でもありのごっちゃ煮のような気がする。
しかし、現実世界との対応を考えれば、メタ的な視点で考えると見えてくるものもある。

スーパーマリオワールド、クッパの初出作品の時代のゲームはSFやファンタジーが多かった。と言う訳でファンタジーのゲームとして性格としてクッパやマリオの魔法があった。

スポーツゲームならスポーツゲームの形の設定、RPGならRPGの形の設定、パズルゲームならそれぞれの・・・
設定の柔軟性はゲーム性にゲーム設定を合わした形であるわけだ。ホラーゲームのルイージマンションならば主人公ルイージは科学を持ってオカルトに挑む。ルイージマンションは怖くないけど。


そういう訳で、魔法も科学もゲームに合わしたもの、中でもなんでもありな魔法はゲームには持って来いと言う事。ゲーム性ということがゲームと他の創作作品、小説・漫画・アニメなどとわける重要な点なわけだ。
そして設定自体に魔法を含む「大魔王」であるクッパは、一時期偽者のマリオであるワリオに悪役の座を奪われそうになった後に見事復権した。それはゲーム性という意味で怪獣であり王であり大魔王であるクッパの存在は最適だったと言う訳だろう。それは主人公の反転と言うワリオの特徴を超えるものである。
亀の怪獣という点ではガメラが思い浮かぶが、やはり亀と言う特性を上手く使う。
ゲームではそのような融通性が珍重されるのだ。





最後にクイズ。クッパが出てマリオが出ない公式作品が一つある。それは何か。
正解は「ヨッシーの万有引力」。一つしかないのはやはりマリオのライバルという印象が大きいからか。
それでも今のクッパの知名度があるのは、マリオの偉大さがあってこそだろう。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2011/09/30(金) 02:49:54|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ