ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

なんかそれなりに話題(?)のラノベ「僕の妹は漢字が読める」、読んだので感想

ゴールデンタイムズとかいう2chのスレ紹介する系のサイトで紹介されてて(それが朝目新聞で紹介されてた)、良く見たら今日発売だったので今日買って今日読んだ。


HJ文庫は初めて買うことになるけど、一章の試し読みが出来て、なかなか新しい印象を受けたので買ってみた。試し読み一章は中々豪勢だ。

あらすじ的なの。三行までに収める。…横に長くて改行されるのはノーカンで。
23世紀、日本は萌え文化がメインカルチャーとなっており、漢字は廃れ、文学は妹物の萌え小説が「正統派文学」となっている。
主人公の妹は漢字を読む事ができ、現代(=23世紀)の文化に難色を示している。主人公は「正統派文学」を志す文学少年。
大作家の家に行ったり、なんか21世紀にタイムスリップしたり、そのせいで何者かによって歴史を変えられたりする。

こんなところだろうか。
奇抜な内容である。


まず面白いのは、この作品の「23世紀」では現代の価値観が一変しているという事だ。
サブカルチャーとメインカルチャーが逆転しているわけだ。21世紀において「良識ある大人」からいい顔をされない、エロゲーやパンチラ描写のある漫画、萌えライトノベルの類がメインカルチャーに様変わりしてしまう。
あたかも21世紀の純文学のごとく名前も「正統派文学」となっている。これは明らかにパロディである。

なるほど時代の変化に伴い価値観が変容することは珍しい事ではない。内容がどうあれ古典ならば尊ばれるというのも一定の事実である。
それにしても中々「23世紀」は退廃的な様相を見せる。総理大臣が二次元の少女だったり、ひらがなと記号のみの(我々からすると)幼稚を通り越して狂気を感じさせる「正統派文学」に、それを読んで感涙する主人公。
SF的視点から考えると、現代地球人が別の時間軸の人間に接触するというのはもはや当たり前だが、その逆、主人公が未来の人間というパターンである。ただ主人公が未来人というだけでなく、未来の描写を散々した上での現代(21世紀)へのタイムスリップというのが新鮮さを感じさせる。

真面目にテーマを考えるなら、価値観という言葉が出てくるだろう。異なる価値観を受け入れるか拒絶するか。
「うすび」という作中作が存在する。これは23世紀において(あるいは21世紀においても?)斬新な作品で、老いをテーマにした「美少女も美幼女も美熟女も」登場せず、日常を淡々と描いた作品である。
ホミュラ賞という権威ある賞の候補に選ばれるのだが、主人公は邪道だと斬って捨て、オオダイラ先生の「いもうと すた☆あ」がふさわしいという。
しかし、なんだかんだいって作中で賞の候補に選ばれていたり、それを否定していたオオダイラ先生が21世紀から帰ってくると許容していたりと、「うすび」の立ち位置は絶妙な位置にある。
現在の文学界を揶揄していると見て良いだろうか?いや、そう見せる事で偏狭なマニアを風刺しているのだろう。

価値観を逆にすればまた違うものが見えてくる。
各章の末尾の「世を憂う者」は、時代に合わない「正しい文学者」だが、こちらも非常に偏狭である。
タイムスリップを利用して、未来を変えてしまったわけだが、これからどういう展開をするか、次巻以降に期待。
しかし一冊の本が時代の転換点というのは面白い。バタフライエフェクト?ミームの偉大さ?
緊張感のある引きで終わったのはいいが、出来る事なら一巻で完結にした方が良かったのかもしれない。まだこのテーマで書き足りない事があるという事だろうか。


問題点を挙げるならば、ライトノベル的なものを扱ったライトノベルだということだろう。
前述のとおり妹物萌え文化が世の中を席巻した設定な訳だが、その中でこのライトノベル自体も妹者萌えライトノベルだという事実だ。
そういうわけで二重に考えてしまい、少し入り込みにくい。
ストーリーが21世紀に入り、日常物の様相を示す辺りは、23世紀との比較として必要なのだろうが少し間延びしている。主人公にとっては異世界なのだが、我々にとっては日常空間である。難しい問題ではあるが…





全体の感想として、発想の勝利であり、なおかつSF物としても大変面白いところがある。
ただ、萌えラノベに馴れていない読者にとっては厳しいところがあるように思う。
まあライトノベルはほとんどにおいて前提の知識を多く必要とするが…知識以上の何かを必要とするのがディープなライトノベルということかもしれない。ドクロちゃんほどではないが覚悟は必要かも。
よく考えられた部分もあるものの、そういった意味でまさに「ライトノベル」である。
軽々しくオススメはしないが、寛容な精神を持っていて興味があるならば是非。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/06/30(木) 22:55:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ