ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「東方香霖堂 ~Curiosities of Lotus Asia.」感想

というわけで香霖堂の感想。
ハードカバーはなんとなく読みにくい。


まず奥付を見る。いやまあ私は最初は一番前から見たけど感想として最初に見るとこはって事だけど。
多数の雑誌の名が連ねられる。同人誌もある。
雑誌を行き来しながらどうにかこうにか連載を続けなんとかかんとか権利に都合を付け出版された。
なかなか稀な運命を辿った作品である。単行本が出たのは奇跡と言えるのかもしれない。


で、今度は後書き。後書きは散々延期されて、今年に単行本化が決まってから書いた感じらしい。
連載時期との本編の符合は詳しくないので語らないが、花映塚か文花帖辺りまでのはず。
にしても結構風神録とかの伏線と言うかネタも多い。河童とか神様とか。
恐らく今後の作品にも以前の書籍のネタが出てくることはあるだろう。最近では茨歌仙で求聞史紀の仙人ネタひろったしね。

霖之助の薀蓄のほとんどは妄想らしい。まあ明らかに間違った事も言うし。というか作品中でほぼ店から出ないし(出たのは無縁塚に商品漁りに行くときぐらいか)、本から得た知識に大きく頼ってるからか?百聞は一見にしかず。でもミニ八卦炉は霖之助の手作り。
しかし宴会に誘われようが霊夢を呼び出し時も店から出ない。まあ店を閉めないってことはいいことかも分からんけどどうせ客そんな来ないのに。半分妖怪だから食わなくても死なないのに。



で、本編。
一つ一つ感想書いてくとアホみたいな量になるので適当に。箇条書きで。

霊夢は霖之助の事をさん付けするんだよね。何でかしらんけど。二人称は相手との接し方を表す。つまり本編のキャラ達とのそれより他人行儀?まあ大人の男相手だからかな。東方キャラの二人称の表とかないのかな。サンプルが少ないんだよねえ。

所々でコンピューターの話題が出てるけど霖之助にはさっぱり扱えず。結構見当はずれな事ばかり言う。
魔理沙は半導体(というかパソコンのチップか)をお守りの石扱いするし。
紫は余裕で扱えるっぽいけど。ってか紫普通に外の世界に出てるっぽいね。
天狗は写真機、河童も色々技術を持っているらしいけど、本格的な幻想郷エネルギー革命は守屋神社の核融合発電戦略の成功を待つしかないか。
というか今でも守屋勢は余裕でパソコンぐらい使ってそうな雰囲気。

霖之助も魔理沙も収集癖あり。

咲夜はあくまで「時を止める」能力らしい?
魔理沙あたりの勘違いか?イザヨイネットで見てみると空間も操れる見たいな事も書いてるが。
まあ基本は時間を止める事って事か。

よく見ると咲夜は挿絵でビニール傘を持っている。結構なんでも流れ着くらしい。

レミリア咲夜回結構面白いな。咲夜の酷いジョークとか。

マイナスイオン云々が書かれたアイテムを溶かしてミニ八卦炉に混ぜたら空気が綺麗になるって・・・
やっぱこういう胡散臭いものこそ幻想郷では力を持つのかな。

天気雨で濡れてる霊夢いいな。

草薙の剣に持ち主として認められたと勘違い?して笑うのは笑える。でも実際に認められた可能性もあるよね。急に雨が強くなったとか。瑞兆が曖昧では意味が無いな。

油揚げで紫を誘い寄せようという遠まわしな作戦は笑える。藍だってその辺に油揚げがあるからって食わないだろ。いやどうか知らんけど。

紫も少女。これは絵の問題だとか姿とか見た目の年齢変えてるとか言われてるけど、まあ東方は少女の遊びの話だから。妖々夢のときのZUN絵も少女に見えなくもないし。

GBの回。霖之助の能力の、物の用途が分かるっての結構曖昧。というかデジタル物に関しては大体うまくいってない。まあその概念が無いから仕方ないのかも。

妖夢かわいいな。

恐竜の化石の話は霖之助の妄想だろうか。結構この辺は妖しい。想像力が足りないのは霖之助だったと言うオチ?恐竜はいるもんね。でも霖之助の、幻想郷の常識で考えるとそうなるわけだ。まあ間違った事でも考えないよりは良い。

コーラも幻想入り。確かに瓶のコーラは見かけなくなったような。コカコーラっぽい。あるいは荷崩れ分か?

窓ガラス割って入れてくる号外って恐怖新聞じゃあるまいし。しかも内容は恐怖新聞よりも薄いと来ている。恐怖新聞の方があるいはマシか。死ぬけど。

魔法は運が無いとダメとか。また妄想という可能性もあるが、まあ何にだって必要だよね。幻想郷にはちゃんと運が強い弱いは実態としてあるみたいだし。

霊夢の話は霖之助の話より信用が置ける気がする。神学と生物学混ざってるけど妄想はないっぽい。

サザエさん時空な訳だが、魔理沙が星の魔法を使い始めたのは第一回流星祈願会かららしい。
旧作と符合してないような。まあそこから魅魔の弟子になったとか?ややっこしいな。てか旧作でも星の魔法とか使ってたっけ?旧作あんま知らんけど。てかあそこで初対面じゃなかったっけ?訳らからんけど旧作の事は深く考えない事にするか。


まあ大まかにはこんなとこか。結局ダラダラクソ長く書いてしまったが。まあ長いのもいいよね。
霖之助の薀蓄とかその他のキャラとの絡みが結構面白かった。
香霖堂を決して動かない舞台設定もわかりやすくて良かった。
男キャラは貴重だし、設定理解には欠かせない本ではないだろうか。



薀蓄は妄想の可能性があるから設定としてはアレだけど。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2010/09/30(木) 21:38:10|
  2. 東方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ