ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

SCP、反ミーム部門が面白かったので紹介など

反ミーム部門ハブ SCP財団
ミーム - Wikipedia


SCP創作ではミームという概念が良く使われる。
これは実際現実の科学でも使われる概念で、遺伝子のように自己増殖能を持つ、情報・文化・知識の単位といったところであろうか。
ミームは例えば噂話であったり宗教であったり衣服の流行であったり様々な形をとる。ミーム(meme)は遺伝子(gene)のように環境に適応し、複製・伝達・変異の条件を満たし進化することもある。
何の実体もない情報が生命のような振る舞いをするというところに妙味が感じられる。

SCP記事にもミーム的SCPというのはかなりある。それを知ることで特異な効果が現れ、気が狂ったり、死んだり、そのミームたるSCPを他人に広めようとしたり、といった具合だ。実際、変な新興宗教にでもハマった人は気が狂ったように見えることもあり、死を伴う儀式を行ったり、宗教の機能として布教を行ったりするので中々リアルさもある。その中に現実では考えられない影響があればSCP的な何かだと言えよう。
脳波だとか電磁波だとかで人間の精神を変えるとかそういうのはミーム的ではない。ただ知ると死ぬ、狂うだけならばそれは認識災害・情報災害でしかない。
典型的なミームSCPはSCP-571などだろうか。他人に書き写させようとさせるラクガキのミームといったところ。
ミームSCPに対して財団は隔離して見ない触れないことでミームを知らないようにしたり、知ってしまった後は財団特有の技術である記憶処理剤を使ったりする。ミーム情報を漏らさないようにそのSCPの記事はちょっと読んだだけでは何もわからないというのもまた面白さがある。

では反ミームとは?反ミーム部門ハブから引用すると、

引用
反ミームとは自己検閲特性を持つ着想です。つまり、その本質的な性質によって、人々の間に自らが拡散するのを妨害したり阻止したりするアイデアの事です。


異常ではない反ミームとして挙げられているのはパスワードやタブー、知られたくない秘密、あるいは複雑な方程式、非常に退屈な文章、大規模な乱数ブロック、夢などである。


では異常な反ミームはどういったものか?代表例はSCP-055であろう。
SCP-055に関する情報、物理的な外観や性質、起源に関しては覚えておくことが出来ない。写真に撮れば、普通に映るようだがそれもまた記憶することが出来ない。
ただ、それが何ではないか、については記憶できるようでそれを用いて財団は収容している。
他の反ミーム的特性を持つSCPは反ミーム的特性故にSCP記事も訳が分からなくなっている訳だ。そこはミームSCPと同様メタ的な趣があって楽しい。

財団の反ミーム部門はこれら記憶・記録できない存在に立ち向かう部門であるが、その影響故に財団自体からも忘れ去られているというのが冒頭のハブ記事のストーリーである。
反ミーム部門の人員は反ミームSCPによって(あるいは財団による記憶処理により)度々自分が何者であるかを忘れて反ミーム部門の勤務初日であると信じていたり、記憶補強剤により忘れていた反ミームSCPを再発見したおかげで厄介な目に陥ったりする。


再び反ミーム部門ハブより引用

引用
しかし、異常な反ミームは全く別の問題です。決して記録・記憶できない存在をどう収容すればいいのか? 自分が戦闘中だという事すら気付けない時に、難なく完璧な迷彩を施すことができる敵を相手にどう戦い抜けばいいのか?


反ミームという奇妙な存在を相手にする。そういうことは中々SCP創作以外ではしにくい。
まだまだ未翻訳の記事も多いが、ハブにあるtalesはかなり面白く読めた。

「反ミーム部門の職員は初日から最大の能力を備えているものだ」
この言葉こそ反ミーム部門がおかれた危機的すぎる状況を現すものはなかろう。
記憶を失うことが日常である仕事とはどういう物か?

なんにせよ反ミーム部門ハブは中々類を見ない形のSFであり、楽しく読めた。



SCPで2連続で記事つくっちゃったけど、どうにもSCPは参照性が良くないというか、SCP財団のサイト内で完結しすぎていて体型的な紹介記事が少ない感があるんだよね。
SCP財団サイトも、SCP記事と基本的なカノン以外はほとんどtales記事に放り込んであるからなんというかわかりにくいのも多いし。
もうちょっと詳細な用語解説ページとかあってもいいと思うんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/08(日) 17:26:59|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCP財団、K-クラスシナリオを見て世界の終末の様々を考える

K-クラスシナリオ SCP財団 日本版の。「別名: 非公式既述K-クラスシナリオリスト」


SCP、もう説明するの面倒くさいので日本公式のSCP財団とはから引用してくると

引用
SCP財団Wikiについて
SCP財団Wikiは、都市伝説及び現代ファンタジーをテーマとした共同創作サイトで、超常の物品・存在を収容し、人々の目から遠ざける秘密組織「SCP財団」 を舞台としたフィクションです。




で、そういう超常の物品や存在をSCPだのSCiPとかいう訳だが、それはモノによっては危険すぎて世界ごとぶっ壊す恐れがある。そうならないように努力するのがSCP財団の務めということになる。まあ世界をぶっ壊さない程度に危険なモノもいくらでもあるが。

そんでSCPによって、あるいは別の要因によって、起こり得る世界の終末をK-クラスシナリオと呼び、それらはAK-クラスとかXK-クラスとかいって分類分けが為されている。まあこういうのは専門用語によって読者を威圧するのが主目的なところがあり執筆者によってその辺の設定の定義は色々だったりするが、それでもある程度の指針はある。それが冒頭のリンクである。


今回はその分類分けされたK-クラスシナリオの様々を見て、どういう終末、避けるべき終末、人類の終わりがあるのかを見て色々考えていきたい。
ではスタート。紹介順は順不同。というか紹介したい順というか、文脈順。

AK-クラス:世界終焉シナリオ

人類全て気が狂う。
気が狂うというのも厳密ではないが、要は少なくともある程度の時間は人類はその実体を保っていられるが、SCPなどの影響により人類を人類たらしめる何が、人間性のようなものが喪われる、破壊される、変化させられる。その結果文明が成り立たなくなるというシナリオである。

人間自体が生きていたとしても、人間は知性の生き物であり、それが喪われれば結論どうあれ終わりだというのはなるほどという具合。


XK-クラス:世界終焉シナリオ

再建不可能な絶滅。
ユダヤ教キリスト教的な黙示録がそもそもここに入ってたりもする最も基本的なK-クラスシナリオ。K-クラスシナリオの分け方ははっきり言って執筆者がそれぞれに考案したので分けられてるだけなのでやや不明瞭な点が多いが、要は地球ごとぶっ壊れるような類がこれ。人類、生命が存在できなくなる。

わかりやすいが故に曖昧?他のKクラスシナリオもXKの一種では?ってのもあるし。


YK-クラス:真空崩壊シナリオ

冒頭のリンクが書かれた段階では真空崩壊だの特殊な事例に限られ、使われた記事も無かったが、今では要はビッグクランチやらビッグリップやら、宇宙自体ぶっ壊れるそれを指すことになっているようだ。
XKなら地球から脱出出来ればあるいはなんとかなるが、宇宙自体が、となるとこれはもうどうにもならない訳だ。
ちなみに真空崩壊とは現在の真空が偽の真空でありよりエネルギーの小さい真の真空に宇宙全体が相転移する際のエネルギーとその影響で物理定数が変化することにより宇宙全体が今の形を喪う現象、みたいなところ。それもまた一つの終わりである。


CK-クラス:再構築シナリオ

歴史が変わる、物理法則が変わる、現実が変化する。そういう終わり。
つまり我々が住んでいる世界ではなくなるという話。なんやかんや人類は生きて行けるかもしれないが、世界の方が変わってしまってはその生き方を変えざるを得ない。


ZK-クラス:現実不全シナリオ

現実が上手く動かなくなる、という話。
これだけ書くと意味不明だが、現実が現実でなくなる、フィクションである世界がその虚構性故に止まる。そんなところか。
打ち切りを食らった漫画が描く世界はどうなるのか?作者が死んだ作品は?メタフィクショナルな終わり。
CKとの違いは内部と外部という話もあるが、現実が変化するというのもまたそういう現実であるのに対し、現実自体が上手くいかなくなるのがZKという感もある?

YKクラス、宇宙崩壊よりも広範な終わりといえよう。


GH-クラス:"デッドグリーンハウス"シナリオ

生命の大半が死に絶えるが地球は存続し、復旧は可能だというもの。
かなり特殊だが、未来はあってもほとんど最初からというのもまた一つの終わりといえよう。
これだけGHとKで終わってないのもその辺があるか。


NK-クラス:世界終焉シナリオ

別名グレイ・グーシナリオ。自己複製する物質により地球が大規模な環境汚染を向かえる。
自己複製力は宇宙最強の力だと言われるが、まあ累乗を延々と重ねられるのならばすぐに地球など終わってしまう訳で。バイバインで増え続けるくりまんじゅうはNKクラスシナリオを引き起こすだろう。というか宇宙も危ない気もするが重力でブラックホールになるのかな。


SK-クラス:支配シフトシナリオ

現在地球を支配しているのは人類であるが、それが他の生命に代わる事。
変わった結果が人類だという場合もある。
しかし、本当に今現在地球を支配しているのは人類だと言えるのかね?物理量なら昆虫の方が多いとか人類によって栄える穀物、例えば小麦が地球の支配種だと言えるのだとかいう言説もあるが。
まあ考え方次第だが人類目線の考え方ではそういうことか。




まあ色々あるがこんなところで。
世界がぶっ壊れるのも終わりだが、人類が人類足りえ無くなればそれもまた世界の終わり。
避けるべきシナリオは幾らでもある。SF的には面白いリストである。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/05(木) 23:19:41|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitterの組織キャラ問題をみて逆張り気味に答えていく




こういうのがあったので。ちょっと面白そうなので考えていく。

まずボス。殺人狂の子供がボスだったらビックリだよね。それで。
でボスに依存気味。何にも考えて無さそうなデブが恩とか言い出したら良いよね。殺人狂の子供に恩とかどういうことかわからんが。
噛ませ。そんなデブがいきなり噛ませになったら楽しいよね。
そんでで、そんなデブ噛ませで組織のボスに恩のあるやつがいきなり主人公の仲間になったらもう凄いことだよね。どういうことだよって感じだがまあそういう成長物語的な要素も良いのではなかろうか。
最終的に、仲間になったデブ噛ませが主人公の仲間を殺しだしたらもう現実世界の不条理を体現しているようでもう最高では?





一番無さそうな主人公は近所のセクシーお姉さんかな。それで。何の近所なんだよっていうね。
幼馴染。28歳老け顔。28歳で幼馴染?どういうことだってばよ。
性癖か。あんまり性癖とか無いけどじゃあ老け顔と好き好きアピール女子中学生。
こんなCP最終的に逮捕されるだけである。





主人公?まあ怪物とか答えたい気分はあるがなんかそれはそれで牧歌的な作品のパターンになりそうなのでイケメンで。
ライバル。これこそ怪物だとどう振っても転がらない物語になりそうだよな。それも良し。
仲間。二重人格と無計画無鉄砲が仲間になってしまうと気が付いたらとんでもない所に着いてそうだよな。それで。
闇墜ち。二重人格が闇墜ちってパターンはあんまりないよな。ない理由は明らかであるがそれで行こう。
で、主人公のイケメンと問1のデブが血縁者だと物語が詰んでる感が出て俄然楽しくなってくる。





師匠。ぼーっとしてる奴で。生活をそもそも共にしたくない。
因縁。熱血男とサラリーマン以外に無かろう。そんな奴らに因縁があるってどんなだろ。
悪役?熱血男で。大抵兄貴肌で熱血男な奴なんて邪悪な連中に決まっている。たぶん地球文明を崩壊させたとかそんなんだろ。
一番強いの。誰が強くてもあり得そうだなあ。じゃあ熱血男で。人生というのは不合理だよね。





主従。幼女とギャル。幼女が主だ。幼女みたいなのを主として尊ぶってちょっとした聖人じゃないとできないよね。それがギャルとなると中々にキテいる。
相棒。巨獣とドジっ子。ドジっ子完全になんかやらかしてますやん……
親友。潔癖症と幼女。だからこの幼女何者なんだ泣いてるだろ。
暴走と片割れ。じゃあ潔癖症が口が悪いが優しい男を暴走して命を賭して守っていただこう。本質の更に裏側。人を大切にする人ほど他人に守られたいのかもしれない。
悲しい過去?世界観設定も何も前提に無いのに。まあいいやじゃあセクハラおっさんで、子供の頃から神童と呼ばれエリート街道を突っ走って来たものの、優秀であったがゆえに周囲の人間に疎まれ、友人やコネを喪い、程度の低い仕事しか回されずそれが故に世間からの評価は低く妻と子からは逃げられ、ただ糊口を塞ぐために仕事を続けるうちに年を取り、取柄だった能力も衰え、今はただただセクハラを繰り返すことで空虚な満足を得て生きている。そしてその妻が問1のデブであり、子が問3の主人公である。うむ。相当に終わっている。そのデブの母親が主人公のかませになって、主人公の仲間になって、主人公の仲間(想定では無鉄砲な方)を殺すんだぜ?





詰んだわ。


いやまあやれなくはないけど疲れたのでこんなもんで。
こうして考えて見ると、キャラとその関係性があれば話は回るは回るのかもしれない。相当に歪なまわり方しかしない選び方をしたが。



個人的には創作ならば世界観設定から行きたいなあ。設定厨なので。
どこから話を作るかってのはやはり人それぞれだよねえ。ジャンルでもミステリならまずはトリックからだろうし、SFならガジェットから?いや問題意識から?ファンタジーは色々だが。異能バトルとかだとルールから?
でもまあキャラからが早いか?キャラクターの無い物語となると相当アヴァンギャルドなモノになるだろうし。まあそれもまた一興だろうが……

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/03/09(金) 01:27:43|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCP、「Pitch Haven」シリーズの日本語解説がいつの間にか充実してきている件について

ㄗitch 卄aven -墨染めの聖域-  SCP財団
Pitch Haven(The SCP Foundation) アニヲタwiki(仮)

本家SCPwikiの「SunnyClockwork」さんの絵が滅茶苦茶カッコいい ネット世代の雑評論




SCP、都市伝説、現代ホラーを主軸とする共同創作であり、物理法則を超越する物品、存在、事象とそれを人々の目から遠ざける「SCP財団」を中心に描かれる。
詳しくは公式サイトの日本支部でも。


様々なSCPが存在する訳だが、それらに繋がりを持たせたりしてるものもあり、シリーズとなっているものもある。
Pitch Havenはその一つで、読み進めるとかなり奇妙で興味深くもあるのだが、非常に難解極まる内容であり、一度読んだだけでは理解が追い付かない。
しかも難解すぎるからか二つほどは未だ和訳が為されていない。

話の軸としては、財団のエージェント、スチュアート・ヘイワード博士とサラ・クロウリーの前世から続く数奇な運命を様々な異常存在と絡めて追っていく具合だが、そもそも誰がどのSCPになって、何を暗喩していて、どういう事態が起きているのか。何度も記事を読み直さないとわからない構図になっている。ただ一つの記事の文章でさえわかりにくいのにこれは大変である。しかも読み進めたところで明確な答えが用意されてるとは限らず推測を余儀なくされる。

そんなこんなで結構マニア向けなシリーズになっていた訳だが、ニコニコの東方ゆっくり系のSCP解説動画でリクエストで紹介された。
リクエスト順で紹介していく趣旨のようだが、どうにもPitch Havenシリーズは一つの記事を解説したところで何が何やらわからない。
そういう訳でPitch Havenシリーズを順を追って紹介していくという具合になったようだ。

そしてごく最近になってアニヲタwikiでも解説記事が出来た。
アニヲタwikiはアニメやら漫画やらそっち関係の情報やあんまり関係のない情報を何でも記事にしてるwikiだが、SCP解説記事もわりとある。
Pitch Havenに限らず、SCPは和訳があっても記事だけ見て全てがわかるモノばかりではない。それ故解説記事は重宝される。
実際ツイッターや各所を観ていくとありがたがってる人も多いようだ。


私もPitch Havenシリーズに一通り目は通していたが、なるほどそういう事だったかと手を打つことも多かった。
SCP-2746-1は聖書で言うところのエデンの園。人類が追放された後残された動物たちもろくでもない羽目になって革命騒ぎになって、それを収めてかつての仲間たちを処刑したのがスチュワートとサラの前世。
処刑された連中やらもSCPになった。不毛となったエデンの園の元住民が作ったのが要注意団体として様々な記事に現れるプロメテウス研究所(なるほど人類に火をもたらしたプロメテウスか)。で、前世からのしがらみからスチュワートとサラはろくでもない目に遭って死んでSCPとして転生する羽目になったりすると。

SunnyClockwork氏のイラストによるメインビジュアルもいいが、各記事の結構グロい写真の数々も衝撃的。何故かメインテーマまであったりする。動物系でSCPを統一してるのも興味深い。
物凄い広がりから芳醇な雰囲気と一つの世界観が構築される。上手いやり方で読み切れば半端なく面白く感じる。



訳が分からず忌諱していた人もこれをきっかけに読み進めるのも良いだろう。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/07(木) 01:30:09|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCP財団日本支部とSCP Foundation 非公式日本語訳wikiが統合される件について

SCP財団日本支部
「非公式日本語訳wiki」との統合案について
SCP Foundation 非公式日本語訳wiki


なんか二手に分かれて別個に翻訳とかしてて非効率だなどうなってるんだこれと思っていたが、まあ色々あったらしい。
で、日本版のSCP創作も兼ねるSCP財団(日本支部)が非公式日本語訳wikiを吸収合併する形で統合といった具合のようだ。

細かい経緯は冒頭のページに譲るが、ともかくSCP財団、SCPという創作文化が日本にしっかりと根付いたという事を示している。それ故非公式日本語訳wikiは役割を果たしたという話。
非公式~は匿名投稿が許されていたので日本のネット文化にあっていたところもある。とはいえ英語の本家本元と同じ形式を保つ日本支部は文化の基盤としてのサイトとしては良いのかもしれない。匿名ネットというのは流動的に過ぎるというか問題点も多い。

SCPは元々の最初は4chanだかのネタなんだよね。それがwikiに移行し、ふたばで流行り、またwikiになる。
ネット文化、ネットサイトの歴史というのはあまり記録されないがSCPはその辺しっかりしたのあるよね



SCP財団。創作中でも中々の管理ができた大組織だが、現実のwikiのそれもまたうまく運営されている。
創作物が読者に影響するのは良くある話だが、もちろん作者にも影響するといったところか。まあ作者もまた読者である訳だが。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/18(木) 03:17:11|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ