ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

蹄鉄理論ってあるけれども。2017年第18回動画紹介・ジャンプ感想回

本当は円じゃないのかって思う。そこまで人類が到達していないだけで。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



こうしてみると、東方もスゲー大量の作品出てるなあって感じるよね。
かなりマイナーなのも拾っているのが良い。うむ。たしかにそれはZUN曲ではあるしラスボス曲でもある。



今まで愛されるゲームである。ゲームの歴史というと長いのか短いのかよくわからんが濃いのは確かである。
RTA文化も定着してるよね。



日本版と海外版のダイレクトは結構内容違うのよね。言語だけじゃなく紹介する作品まで。
ミェンミェン最高。で、クマサン商会の80年代臭のするブラックバイトPV、いいよね。作業着のゴムでダボダボでクソダサい感じも好き。
スイッチも予定かなり埋まってきてるなあ。そろそろ買った方が良いか?そろそろ買えるのか?


こんなところで。3動画で普通気味。
ゲーム寄りではある。



2017年度週刊少年ジャンプ20号感想
ワンピ
予想通りのドッタンバッタン大騒ぎ。どこに落ち着くんかね。

ロボ
今のところ正確性だけが取り柄で風も地面もなにもわからないと。
なるほど成長要素がある。しかし成長したらほんと手が付けられないのでは。

マリー
めんどくさい設定も面倒になったら即やめる気なのが凄い。

青春兵器
テセウスの舟的な?まあ結局全ての事象の本質は名前なのかもしれない。


交渉するにも対等な武力が必要だという話でいいんだよね。
こんな争いしてる場合でもないよねえ。せざるを得ないってことなんだろが。

鬼滅
人の心の中に入る。こういう抒情的なところは初期からの鬼滅らしいよね。で、下壱戦。まあ血管浮き出てるし順応がアレで負けそう感があるが……

左門
終わりに向かってるね。しかしもうちょい新悪魔とか出さんのかな。妖怪とかさ。まあ何でもできる奴はバトル展開しにくいが。

磯部
乗馬時の擬音がジョウバってのも中々だよな。


今回はこんなものか。ワンピがそこそこ良かった。鬼滅とかロボも面白かったが総じて低調か?
総合評価は下の中で。まあでも面白いとこは面白いけどね。相対的総合評価。


キン肉マン。断頭台を進化させてきたか。始祖どもはほんと良いキャラに育ったよね。
これで完璧超人始祖編も終わり?でもまだなんか続くんかね。期待。
しかしザマンあれだけやって立ち上がるとか化けモン感半端ない。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/17(月) 23:16:50|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット探訪「ゼルダBoWが面白すぎて釣りの話しかできない」

ゼルダBoWが面白すぎて釣りの話しかできない All About

そうそう、今回のゼルダの魅力の大きな部分として思いついたことが何でもできるというのはあるよね。
一般的な釣りゲームみたく釣り竿とかそういう類のものはないんだけど、水に入って手掴みで取ったり、爆弾を投げ入れたり、電気の矢で感電させたり、アイスメーカーで水から出したり、弓矢で射ったり、まあ考え付く手段なんでもできる。

ただ魚を取るだけでも色々あるのに戦闘なんかもう千差万別。探索方法も色々あり、とまあプレイヤーによってプレイが全く違う。
ナラティブとかそういう話もあるが、なるほどゲームという媒体にしかできない体験である。
こういう点を見れば今回のゼルダのエポックメイキングな部分というのがわかるというものである。こういう点だけでなく全般的に完成度高かったりとかも面白さの重要点なんだけどね。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/17(月) 07:39:49|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記7、ガノン倒したったので全体の感想など

その1
その2
その3
その4
その5
その6

えっと、なにやったかな。とにかく迷路の祠とか暗闇な試練とかそこらじゅうまわってコログ集め回ったりとかした。装備強化しまわったり。
ロース岩試練はなんであんなところに産地があるんだよってぐらい岩が転がってきて笑える。

で、デスマウンテン調べてた時に山頂から飛べばハイラル城につけないかなと試してみた。
結果としてはリーバルトルネードありでギリギリつけるようだが柱の上には昇れなかった。
と、ここで、五本の柱は古代素材でクライムできない訳だが、上手いこと模様の部分に乗ることは出来るのでリーバルトルネードを連発すれば登れることに気づく。登った。
登ったら壊れたガーディアンしかいなかったのでややがっかりしたが、ここからリーバルトルネードでガノン城に向かってみることにする。
案の定本丸近くに着陸できた。せっかくなのでこの流れでガノンと戦うことにした。

ガノン。繭の中で体が完成するまで待ってたらリンクが空気読まずに来たので仕方なしに不完全な体で応戦しようとしたらいきなり四神獣に撃たれた。哀れ。
しかし古代装備で身を固めている辺り学習能力は高いよね。怨念の塊みたいで知性はなさそうにも見えるが案外ある。しかしハサミみたいな古代兵装はどうなんだ。
まあビタロックとマスターソード、壁の上登ったら矢、バリア張ってきたらウルボザの怒りでそこまで強くはない。というかこっちが強くなり過ぎたというか。

そんでもって魔獣体のガノン。最初のガノンでもそうだが、ウツシエとってハイラル図鑑に載せなきゃなのでラスボス戦専用武器である光の弓も含め三回ウツシエとるあたりなんともいえぬ。
リーバルトルネードもあるし苦労せずに勝利。マックス料理2、3回食ったけどね。
しかしでっかい敵である。神獣戦もスケールのでかさはやばいが。

エンディング。まあどうということはないが、ファンタジー的異種族が協力して戦う的な話はいいよね。


で、後は金でハイラル図鑑埋めたりダークリンク装備とか古代兵装装備集めたりちょろちょろそこらじゅうの祠行ったりで終わり。
祠、コログともに100行かないぐらいか。
今は古代兵装の強化に必要な古代素材集めてる感じか。ガーディアン歩行型ぐらいならイーガ団がついでに出てきても楽にやれるようになったが、飛行型はやはり難しい。コアはまともに動いてる奴からしか出ないし。極位辺りも回った方が良いかね。雨の日のハテノ村の行商の一人がコア売ってるとも聞くがどの辺に出るのやら。



ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド。最高な自由度でいくらでも楽しめる作品であった。プレイヤーの思い付きがほぼ全て肯定され、どこに行っても何かがある保証付きの面白さ。バグもこの手のオープンワールドゲームにしては驚くほど少ない。まさしく完璧なゲームであったと言えよう。

あえて不満点を挙げるならば、もっと要素を追加できる余地があっただろう、といったところか。いくらでも思いつくがすでに要素は多いのも確かではある。後、不満点というのもおかしいが、新しさという面では、まあ幾らか新しいと言える部分もあるが、斬新なゲームだとか言える方向ではない。むしろ既存のゲームの完成系、金字塔という面が強いか。ゼルダ、としては間違いなく新しいのだが。

とにもかくにもゲームとしての完成度、総合的な面白さ、ボリュームは突出している。いくらでもいつまでも遊べる、面白さの総量というものが測れるのならば、なるほど誰かが言ってたように全てのゲームの中で一番だ、という評もあながち間違いでは無かろうとさえ思える。
素晴らしい作品だった、極まったゲームであった。どれだけ賛辞を尽くしても足りはしない。

であればこそ続編、DLCなどはどうなるかというのが楽しみであり不安である。同じエンジンを使って外伝を作るのも十分ありだと思うがさて。
WiiUの最後を飾る作品でありスイッチの門出を祝う作品であったこのゲームは見事に成功した。スイッチ、任天堂ゲームだけで言うと春だかにARMS、マリカ8DX、夏にスプラトゥーン2、冬にマリオとある。サードパーティ情報については十分に明かされていないが、ともかくゼルダの成功によってスイッチの未来も明るいものが見え始めた。
今後のコンシュマーゲーム業界にも注目である。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/03(月) 01:53:14|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記6

その1
その2
その3
その4
その5

もはや日記でも何でもないが。

ゴロンの神獣ダンジョンから。この神獣は90度体勢を変えさせて進むダンジョンな訳だが、操作するたびに必死でルーダニアが足を動かす様が面白い。
火のカースガノンはそこそこ強い。バリアは最初判らなかったが炎弾をパリィで跳ね返して破った。

で、ゲルドの神獣ダンジョン。ここは胴が正しく回胴になっている。電磁気力は回転の力であるのは確かだけれどね。
かなり苦難するがリーバルトルネードがあると神獣ダンジョンはかなりやりやすくなる。
雷のカースガノン。滅茶苦茶強いがなんとか攻略法を見出して、ビタロック+やらも併用して勝利。
ウルボザの、ガノンに狙いを付けた後の語りが面白い。やはり時岡が一種の起点なのか。それより過去の話もあるけれども。


その後はウツシエの記憶兼祠探しに移行。
馬宿でヒントがもらえるが、そもそも湿原の馬宿の存在知らなかったので結構苦労した。
馬(適当に捕まえた駄馬、名前はサクラチトセオー)で適当に駆けてウツシエの場所を探ったが、その馬も白銀ボコブリンに殺されるなど。
最後に示されるハテノ砦の記憶も撮り、インパに報告もして残すメインチャレンジはガノン討伐のみ。まあ機会があればやろう。
しかし、今回のゼルダ姫、そうとう濃厚なキャラ付けである。デコ広眉太尻デカで、古代遺物とカエルの事になると早口になるリケジョで、しかし封印の力の才能は無く、退魔の剣を手にした天才剣士様であるリンクにすげーコンプレックスを持っている。つーか最後の時点でトライフォース全部持ちな訳だよね?ガノンも一万年前から災難続きだなあ。


そんでもって世界を散策。ゲルドの町のクエスト全部終わらせて雷鳴の兜とか貰ったり、巨大馬捕まえたり、絶滅したクジラの化石の写真撮ったりした。
ライネルとも戦ったりね。アイツ強すぎでは?まあ盾でパリィ、ヘッドショットして怯ませて乗って攻撃、回避してラッシュ、ビタロック+で止めて殴るとかしてたらなんとかはなるが。もらえる武器もやけに強い。赤ライネルもう雷獣山にしかのこっとらんのかな。
盾サーフィンなんかもやって、中々にミニゲームも面白いものである。雪玉でボーリングできる場所があるらしいけどどこ?




完璧なゲームではあるが、だからこそ更なる欲求も出てくる。
同じエンジンでも使ってムジュラ的外伝続編でも出す予定あるのかな?DLCはあるようだが。
  1. 2017/03/26(日) 01:08:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記5

その1
その2
その3
その4


日記と言いつつだいぶ間が空いている。プレイ自体はもっと頻繁なんだけどね。ゼルダやってるとブログ書けないからね。


ゲルド砂漠の北の塔に向かう。

かなり険しい峡谷にあるので尾根伝いに行くように試みる。それでも直角の崖ばかり昇る羽目になるのだが。
近くに辿りつくと、なんと塔の真下が奈落になっている。おちたらリンクがうわわあああとか言いながら戻されるタイプ。
マップの端と試練の祠以外では奈落はこの塔とイーガ団のアジト最深奥のコーガと戦ったところぐらいか?え?近いな。この辺なんかあんの地下に?コーガも地下に落ちて行ったが。

そのまま飛んで塔に移っても塔自体奈落に繋がるほどのクソ長さで節も上方にしかない。出来るだけ高い位置の崖からパラセールで飛び移る作戦に移行。
途中敵もいたがまあどうにかこうにか。塔にカッシーワがいてのんきな音楽を奏でていたのが中々のうざさ。


今度はデスマウンテンに向かい神獣イベントを進める。
ゴロンシティまでは行ってるので北の廃坑から。熱すぎて耐火装備と燃えず薬の併用で。リザルフォスが炎の矢撃ちまくってくるのが最高にウザい。
ユン坊を大砲で助け、近くの祠なんかもクリアして、色々した後デスマウンテン登頂開始。

偵察ドローンは最初の方は避けてたが難しくなってきたので崖の上に配置された鉄の箱なんかを磁石でぶつけて壊して進む。というかルーダニア、偵察機壊されてるのに反応しないんだよな。
ユン坊をルーダニアにぶつけまくってルーダニアは回復のためデスマウンテン火口に。そこに乗り込むってあんな溶岩だらけの火口によく飛び込むよなリンク。
とりあえずルーダニアイベントはここで止めておく。


その後ウオトリー村何ぞ訪れて色々してからハイラル城へ突貫してみた。
ラスダンだけあってでっかいダンジョンだが、ガーディアン以外は警備はボロボロ。ガーディアンもマスターソードとビタロック+さえあればなんとかなる。飛んでる奴は避ける。
まあいきなりガノンに殴りこんでもいいっちゃあいいんだが、それはやめといて探索。ハイリアの盾やら近衛装備やらが手に入る。
祠があると聞いて探すが中々見当たらない。仕方がないのでtwitterで情報を集めるとハイラル城の祠前の画像に三次元地図が載ってたのでそれを頼りに進めていると隠された船着き場が。そんなん知らんがな。


手に入った近衛装備なんかを利用して各地の力の試練極位なんかをクリアしていく。
近衛装備は強いが壊れやすい。壊れかけたらさっさとハイリア城近くの馬宿で売ってしまう。宝石になるので悪くは無い。

ハートを増やして、神獣イベント、メドーへ。神獣の角度を変えてダンジョンを征する。右翼の端っこの制御端末がわかりにくかったが下に降りると裏口が。
で、風のカースガノン。何のつもりかわからんほど弱いという噂だったがまあかなり弱い。一回回復したけど。
近づいてマスソで殴ってもいいし遠ければ矢でどうにかしてもいい。本来は上昇気流に乗って空中撃ちで仕留める感じだったのかな。

リーバル。男のツンデレ?まあ結構いいキャラしてる。
その後リト村のクエストも幾つかこなして終了。



ゼルダの伝説BotWは余りにも完成度の高いオープンワールドゲームである訳だが、何か一つを以て特別な点を見出せというならば自由度ということになるか?
いや、単なる自由度というよりも、自由な行動が肯定される、という点か。思いついたこと何をやっても反応が返ってくる。
そのための祠120でありコログ900なのであろう。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/18(土) 17:48:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ