ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

詩野うら「有害無罪玩具」読んだのでちょっと感想

有害無罪玩具 KADOKAWA

ツイッターでフォローしてる人が薦めてたので読んだら面白かったので。


SF短編集、という具合になるが極限まで発達した科学は魔法と区別がつかないとも言うし結構ファンタジー的な、夢想的な雰囲気も漂う作品集である。科学だからSFって話でもない。まあ定義論はどうでもいいが。

表題作「有害無罪玩具」は実際的な大きな危険性こそないものの考えていくと恐ろしいと言うSFガジェットを取り扱っている。
そらまあ未来とか簡単に予知されても人間の自由意思というものがなんというか。まあ自由意思があるという幻想が人間の自意識を成り立たせているのやもしれない。
他のおもちゃもそうだが人間を成り立たせているのはいともたやすく壊れやすい偏見の類でしかないのかもしれない。

「虚数時間の遊び」は時が止まった中で永遠に遊び続けるしかない人を描いた作品。
永遠に止まった世界に閉じ込められるともなると希望も絶望も何もなくなるか。しかし何かはしてなければならない。なるほど。

「金魚の人魚は人魚の金魚」では、知性がないが完全に不老不死である金魚の人魚について。
まあSF、それも短編ともなると極限を描くことが上手いやり方の一つな訳だがこれもその典型例でその極北か。
永遠に生きても小石を口に含んで吐き出す事しかしない金魚の人魚。人間の人生の短さとの対比となっている?しかし別に哀れでも何でもない。奇妙な感覚。

「盆に復水、盆に返らず」も時間移動物でありながら霊的なモチーフを使っていたりいろいろ考えさせる。



SFは読者に何かを考えさせるというのが強い。そら読み物なんか全てそうではあるが、SFはこの世界、人生、未来、そういったことについて考えさせる。であればこそのサイエンスフィクション、科学創作であるのかもしれない。
科学、昔風に言うと自然哲学。
現実にあるモチーフを極限にまで押し進めるからこそ見えてくるものか。そういった意味でこの作品集は非常にSFらしいSFなのやもしれない。ハードSFとはまた違うが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/23(木) 05:28:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ドリヤス工場「オモテナシ生徒会」感想など

ドリヤス工場 はてなキーワード

ドリヤス工場。
私は基本的に、記事で扱っている話について知らん人が読む場合に備えて前提的な知識が書かれてるURL、Wikipediaの項目とか、を冒頭でリンクとして置いておくことにしてるのだが、ドリヤス工場先生はWikipedia記事が無かった。
Wikipediaもどうでもいい記事ばっかり充実してるわりに肝心な記事が無かったり、重要なことは書かれてなかったりするものだが、そこそこ知名度はあるんじゃないかと思ってた私はちょっと驚いた。まあたまたま書く人がいなかったのだろう。

水木しげる風の絵柄(絵柄というか絵柄以上にトレースされている)で変なパロディ漫画ばかり描いている漫画家である。
代表作は「必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」だろうか。読んで字のごとくの作品だがまあ水木しげる絵でやってるあたりなにか原典の文学作品と違った印象があってメタ的な面白さもある作品であった。
他私が読んだことがあるのでは、「テアトル最終回」は最終回展開だけを何度も何度も描いた作品である。それぞれの最終回である架空の作品を想像すると妙な気分で過ごせた。

どうにも飛び道具ばかり使ってる印象だが、今回の主題である「オモテナシ生徒会」はより奇妙な感があった。
お嬢様学院に転校して来た赤羽かのこが人探しを目的として生徒会と命懸けのギャンブル勝負を挑む、というなんかどっかで聞いたことがある様なない様な、と言った具合の話である。
であるのだが、これを水木しげる絵でやる。パロディネタ満載で、例えば生徒会の監獄から脱出する辺りは露骨にキン肉マンの超人墓場のパロディが挟まれる。

なんとも話がグチャグチャにも思えるが、まあどの道ギャグ漫画であるしそれ自体が笑えもする。
基本的に、水木しげる絵である意味は無いんだよな。というか水木しげるみたいな雰囲気で、全然水木しげるじゃないパロディとか展開を繰り返すというギャップがあるというか?ドリヤス工場先生の職人芸な訳だが

何にせよ、不用意に水木しげる絵で典型的漫画生徒会???と成ってる内にいきなり麻雀勝負とかいう話が出た時点でもう負けてしまう。
ギャンブル漫画としては相手のイカサマを逆用するというアレである。
生徒会会長やってる経堂あゆみが変なツンデレみたいな感じで微妙にかわいい気もする。水木しげる絵だが。


全体的に、要素をぶち込み過ぎた結果、魔術的な楽しさが産まれてきてすらある。
楽しさ面白さというのも色々あるが、この作品はジェットコースターに乗ったりとか酒を何倍も飲んだりとかそういうベクトルに近い。
つまりサイコーであるという事だ。色々と許せる人にはお勧めしたい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/04/04(木) 01:49:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

上野さんは不器用6巻限定版についてくる公式アンソロの執筆陣がやべー奴らばっかな件について

【上野さんは不器用】6巻限定版のアンソロジー小冊子に「イカ娘」の安倍真弘や「高木さん」の山本崇一朗ら作家陣が参加!  29歳から始めるブログ生活

前のヤングアニマルの号で執筆陣載ってたけど今やっと書く。というか甘叱りってなんやねん今回の上野さん。


まあ特装版でアンソロ小冊子というのはそこまで突飛ではないが執筆陣がやべえと思ったので。
全員知ってるわけではないが、

イカ娘とかふしぎ研究部の安部先生はネット人気の高さは有名。ふしぎ研究部は妙にエロい。
カヅホ先生はキルミーベイベーで有名か。アニメはカルト的人気を誇った。カガクチョップや同人誌で性癖のヤバさを見せつける時も。
小林銅蟲先生はイブニングで異常なグルメ漫画描いてる料理ガチ勢の漫画家。巨大数を扱った寿司漫画、「寿司 虚空編」は前衛芸術の域に達している。
しろまんた先生の「先輩がうざい後輩の話」はなんかツイッターでよく見る気がする。
ナナシ先生は長瀬さんで商業デビューって感じだが、私個人の印象としては言葉にするのも憚られるようなグロリョナエロ漫画とかロリ獣姦漫画とか描いてた記憶ばかりある。
からかい上手の高木さんの山本先生も結構最近人気か。
四谷先生、メムメムちゃんもよく聞く。ふたばとかで。
リヨ先生はFGO公式で運営をディスりまくるマンガでわかるFGOで大人気を博している。

うむ。こうしてみるとヤベー奴らばっかりだがネット人気に偏ってる連中が多いなというか?ネット人気というかコア層向けというか、ふたばとかツイッターとか5chとかでよく見る連中というか。
まああんまり普通に日常ものとか描いてる連中じゃないというか?共通点を簡単に上げることは出来ないけれど全員異様なオーラを放っているというか。

どういう人選なのかはよくわからないが、上野さん6巻限定版(3/29発売)公式アンソロ小冊子、非常に楽しみである。
  1. 2019/03/21(木) 02:44:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「ますますマンガで分かる! FGO」でまた新サーヴァントが出る流れな件について

ますますマンガで分かる! FGO 第84話

まあFGOの話とかほとんどしないブログでFGOやったことない(漫画版はちょっと買った)私が書いても仕方がない話ではあるが、割と話とか好きなので。
眠いし大体知ってる前提で書きたいけどまあ一応前提の概略から。

FGO、Fate/Grand Order、Fateシリーズのソーシャルゲーム。歴史上の英雄の英霊・サーヴァントたちをガチャで引いて戦っていくゲームの解説漫画であるマンガでわかるFGO。
解説漫画と言いつつどぎつい個性で運営批判(公式漫画なのに)なども織り交ぜながらやっていくスタイルでかなりの人気を誇っている。

で、前にイベントでこの漫画をテーマにしたのがあって、そのためにデザインされたバーサーカーのサーヴァント、ポール・バニヤンがゲーム内で追加された訳だ。

同時期にデザインされたライダー、アサシンは諸事情により見送られた。
で、今回現時点で更に3体ほど出そうな流れ、と見せかけて今回うどん生地と聖杯の泥から作られたサーヴァントの幼生は一体うどんとして主人公に食われてしまった。

さて、これからの展開どうなっちゃうの?という話である。

とりあえずライダー側についているのはランサーのようであるが、真名、歴史的に誰に当たるのかはまだ情報不足である。これまでいたライダーとアサシンは大凡のところ分かっており、ライダーはジョルジュ・メリエス、アサシンはジョン・エドガー・フーヴァーであろうとされている。ポール・バニヤンも含めアメリカ縛りなのはイベントがアメリカ建国史と決まっていたからであろうか?結局バニヤンしか出なかったけども。

そう考えるとランサーがアメリカ人だと考えるのは性急にすぎるだろう。木の杭みたいなの使ってるし余りそんなアメリカ人は知らない。まあわからんが。
とはいえイベントから統一性を考える向きは間違いではないか?とはいえエイプリルフールイベントで追加となったら他二体はまだ幼体だしアレだが。まあ来年ぐらいに追加とかそういう話かも知らんけども。

というか一体食われてるんだよな。これはもう食われてなかったことになるのか、リヨぐだ子参戦の流れなのか。
まあホントに喰われてそのまま何事も無く平然と話が進んだらそれも笑えるが。

もう一体もちびっ子たちが手に入れてたが謎だよな。基本7クラスで選ばれてないのはセイバーとアーチャーとキャスター。まあ被らんとも限らんし、エキストラクラスという可能性もある。

そんで言うなら、基本七クラスでいうならばもう一体で七体、という事もあり得る?いや一体食われてるんだけども。


さて、エイプリルフールは原作者リヨ先生が結構酷使されそうな時期ではある。
何か動きはあるのだろうか。注目したい。実際まだ幼体だし実装されるとしてライダーとアサシンぐらいかな?イベントで本格的にマンガで分かるFGO劇場版的なことやるかもしれんけど。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/03/15(金) 03:01:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

BLEACH最後の小説「BLEACH Can't Fear Your Own World」上中下巻読んだので軽く感想

BLEACH Can't Fear Your Own World アニヲタwiki


読んだの2月だがともかく感想を書きたい。
小説を書いているのは成田良悟先生。「バッカーノ!」や「デュラララ!!」などが有名だろうか。
スピンオフ作品の名手としても知られ、以前にもBLEACHの小説版を手掛けている。

さて。BLEACH。週刊少年ジャンプで連載していた漫画であり、色々かっこいい作品ではあったが展開や話に無理が出始めたせいか最終版の展開はかなり端折られた印象もある。

その辺の明かされなかった設定なども含め、原作作者の指示も受けつつ完成されたのが今回紹介する「BLEACH Can't Fear Your Own World」である。かなーり分厚いのに上中下巻でかなりの文章量な訳だが設定補完なども多く、BLEACHのその後についての想像もできるなど前作同様最高のスピンオフであった。

設定補完としてわかりやすいところでは、まず主人公がなにかありげで結局ほとんど何も描かれなかった•檜佐木修兵。その妙に煮え切らない性格は久保先生曰く主人公向けだとか。
最後の戦いでは卍解まで披露する。風死絞縄(ふしのこうじょう)。単体で勝利できる能力ではないが相当にえげつない能力を持っている。

何かありげで、というなら•平子真子もそうか。まあ色々原作の段階で設定は明かされてはいたのだが、今回肝心の卍解が披露された。逆様邪八宝塞(さかしまよこしまはっぽうふさがり)。そのデメリットの大きさは藍染達と闘った時に使わなかった理由にもなるし、その反則的な能力は平子の格をグンと上げた。原作じゃイマイチ強いんか弱いんかわからんというか、いや強いんだろうけどどのぐらい強いんかわからんというかそんな感じだったもんな。

他の多くのキャラクターも疑問点が解決されており、BLEACHという、週刊連載が故か知らないが粗や破綻の多い作品を見事に完成させるものであった。ボスも言うなれば設定補完だしね。四大貴族・綱彌代家の新当主、綱彌代時灘と、原作主人公の黒崎一護同様死神、虚、滅却師の要素が混じりあった産絹彦禰。こいつらもBLEACHキャラらしい個性に溢れた活躍を見せる。


週刊連載で完璧な作品を描くというのはやはり難しいものがある。
そういったものを補完するために小説という媒体を用いるというのは一種理想的ではあるか。
なんにせよ本作はBLEACHという作品そのものの魅力を底上げした名作だったと言えよう。

BLEACHの最終回で描かれた次世代とか、読み切りで書かれた同一世界観っぽいアレとか、その辺の新作はあるんかな。まあその内描かれそうな気はするが。注目したい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/03/10(日) 06:12:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ