ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

panpanya「グヤバノ・ホリデー」読んだので感想

panpanya - Wikipedia
サワーソップ - Wikipedia

panpanya「蟹に誘われて」読んだので感想

「足摺り水族館」、「蟹に誘われて」、「枕魚」、「動物たち」、「二匹目の金魚」、そしてこの「グヤバノ・ホリデー」。
panpanya先生の本が本棚に揃っていく喜びよ。遅筆であるからこそ余計に楽しみになる。

現実と空想を揺蕩うような作風は読んでいて中々に気持ちよくなっていく。
というか岩波データサイエンスとかで書いた漫画も載せてるのか。同人誌初のもあるし。

まあpanpanya先生の作品は大体が現実っぽい現実では無い話という具合だが今回は表題作、グヤバノ・ホリデーでフィリピンはセブ島への取材紀行漫画が収録されている。
しかしこれは、現実っぽい現実ではない現実の話、とでも言おうか。まあ風景のコラージュなども大胆に用いられてるしたぶん実際行ったんだろう。これが中々面白かった。

グヤバノ。和名はトゲバンレイシ、英語ではサワーソップとか言う。これを使ったジュースを作者が飲んで、そのおいしくもどこか懐かしい味に驚き、日本では手に入らないことを知り、フィリピンに行く機会を経て行った。そういう話である。

果物を食べに外国へ。中々気合の入ったことだがまあ海外へ行くなんてこの程度の目的で良い。世の中には知らないことの方が多いという事を実感できるだろう。

フィリピンの文化を堪能しながらグヤバノに行きつく。その感動を何故か読者も味わえる。フィリピンならどこにでもあると言うほどメジャーな果物でもない。実際、ジュース向けの果物であった訳だ。
最後のドライグヤバノを手に入れるくだりは現実ならではの、創作ではあまり無い様な現実らしい奇妙な感覚があり中々感慨深いものがあった。
途中でバロットなども食べだすのも良い。確かにグロテスクだがそりゃまあグロテスクでもおいしいからこそ食べられている訳だ。

アメリカやフランス、あるいは中国や韓国などならば、多少の驚きはあっても知っていることが多いだろう。フィリピンという、近くて遠い国だからこその空想の様な現実描写という訳だ。



他の作品も作者の幻想が留めも無く描かれていて、どこか地に足付いているようで読んでいて独特の感覚を覚える。
缶詰を自作する話など素晴らしい。どこにでもあるものだが個人で作るには奇妙奇天烈である。巻き締め機なんて持ってるやついねーよ。

流石panpanya先生の作品と言えよう。ブレない作家である。平成が終わってからもこの世界に奇妙をもたらしてくれるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/02/03(日) 04:34:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ニンジャスレイヤー第4部AoMシーズン2が終わったのでシーズン3など今後を予測する

ニンジャスレイヤーwiki

2018年のニンジャスレイヤー本編を振り返ってみるとそこにすっぽりAoMシーズン2が入ることに気付く。いやまあ最初のエピソードであるコールド・ワールドは2017年からであるが。

ニンジャスレイヤー第一部、ネオサイタマ炎上の敵組織はラオモト・カン率いるソウカイ・シンジケート。実力主義のヤクザ組織であった。

ニンジャスレイヤー第二部、キョート殺伐都市の敵組織はロード・オブ・ザイバツが長を務めるザイバツ・シャドーギルド。年功序列や派閥政治が蔓延る秘密結社であった。

ニンジャスレイヤー第三部、不滅のニンジャソウルの敵組織はアガメムノンが牛耳るアマクダリ・セクト。管理社会の成立を目指す官僚的組織であった。

ニンジャスレイヤー第四部、エイジ・オブ・マッポーカリプス:シーズン1の敵組織はブラスハートを創始者とするサンズ・オブ・ケオス。サツガイに接触した者達の情報共有を目的とするSNSコミュニティみたいなものであった。

ニンジャスレイヤー第四部、エイジ・オブ・マッポーカリプス:シーズン2の敵組織はシンウインターが首領である過冬。極寒のシトカに居を構えるヤクザ組織であった。


そして今年にAoMシーズン3が始める訳だが、果たしてどのような話になるのか、誰が敵となるのか、そもそも今の状態はどうなっているのか。それを考えていきたい。


まずは現状からか。


ニンジャスレイヤー、マスラダ・カイはコトブキと一緒にカナダ国境付近からバイクで南下しているシーンでエピローグが終わったわけだ。

マスラダはサツガイ自身が直接の仇ではなく(恋仲であるアユミを殺したのは自分自身)、サツガイ自体はゾーイを助けるために撃退したものの目的を喪った。ニンジャスレイヤーとしてニンジャへの増悪すら無くなったことはアイデンティティの喪失でもあり、それ故エピローグ時点でニンジャスレイヤーですとアイサツが出来ず、サンシタニンジャからモータルだと勘違いされるほど弱っていた訳だ。とはいえ実際サンシタに負けるほど弱くなってる訳でもないが。
あるいはナラク自身ソウル的事故で抜け出たとかそういうアレかもしれないがまあ概ね三部初期のフジキドと症状は似る形と見ていいのではなかろうか。しかしマスラダはフジキドとは違うのも確か。
あんまり腑抜けていると見限ったナラクに内側から焼き殺されるかもしれない。そういえば第四部の予告編でタイだったかで暴走した(?)ニンジャスレイヤーとサツバツナイトの邂逅があったはずだが。これから暴走するのか?あの話はなかったことになったのか?

ピザ・タキ組としてはタキは年始の謎エピソードによるとAREA4643的な悪夢に呑まれていたようだが別段問題はない。一応コトブキとしてはそのままピザ・タキへ戻ろり合流しようとするだろうがさて。北米も暗黒メガコーポ多いしな。シトカから南下してきたという事は西海岸に近い訳だがそのままカルフォルニア辺りまで行くとアダナス・コーポレーションの支配地域にぶつかる訳だが。
東海岸に行くとヨロシサンのヨロシティにぶつかりかねない。
そういえばハリウッドはホーリィブラッドになってたっけ。ほんとどこもかしこも。


過冬は壊滅状態。まあ残党が何やらやらかすかもしれないが大局は動かしえないだろう。

ソウカイヤも、シトカで大暴れしたししばらくはおとなしいのでは?


フジキド一味、サツバツナイト、及びシキベ・タカコ、そしてカラスになったタカギ・ガンドー。場合によってはドラゴン・ユカノ辺りぐらいまで。ナンシー・リーは未だ精神が肉体から離れたままだっけか。
まあこの辺は国際探偵として何かあった時に対応する形でこれからも登場するだろうが、目下の事案はニンジャスレイヤーの捜索か?これから紹介する二組織の情報収集もだろうが。


ザイバツ。ダークニンジャを首魁とする新ザイバツ。ベッピンの破片をついに取戻し修復中。
今後もニンジャレリック集めに邁進するか?ゾーイやサツガイなどカツワンソーの影へと焦点を変えてくるかもしれぬ。各地に散らばったリアルニンジャたちと交戦しそのソウルを奪いに行くやも?
なんにせよ、未だ主敵というには準備段階過ぎるか。シーズン4以降で本格的に牙をむくかな?


そしてリアルニンジャ達。正確にはワンソー派リアルニンジャたち。セトやティアマト辺り。サツガイにベッピンの欠片を渡して以降動きはなかった。サツガイの引き起こしたヒャッキ・ヤギョにより多くのリアルニンジャが野に放たれたようだが。
やはり過去のニンジャ名鑑にあったようにこれらのリアルニンジャが集まってダークカラテエンパイアを設立するという線か。
今のニンジャスレイヤー世界を支配しているのは暗黒メガコーポ群。そうなるとその辺りとの抗争が始まる具合だろうが。ヨロシサン辺りは分が悪いと見たらすぐにダークカラテエンパイア側に付きそうな感もあるが。少なくともクローンヤクザを売りに営業が行きそう。

そうなるとAoMシーズン3の敵組織はこいつらか?となるがやはり敵組織として強大過ぎやしないかね?とも思う。まあサツガイをぶちたおしたニンジャスレイヤーの半神っぷりを考えると何とかなりそう感もあるが。
サツガイ自体はあの描写だとブラスハートの肉体こそ失ったものの依然健在か。また受肉するのかな?
ケイトー・ニンジャもここに加わる形かな。個人で動きそうな雰囲気もあるが。


忘れてはならないのがサンズ・オブ・ケオスの面々。サツガイが以前の状態に戻ったとなれば順次増えていく形な訳だ。マスラダもターゲットにしてないだろうし。
とはいえ主体性の無いヤツらだし、創始者も死んだし、ダークカラテエンパイアに吸収される形とかかね。単純にちょろちょろ出てきて二つジツがあって面倒くさい敵ぐらいの扱いになるかもだが。


後はヘラルドとか?まあヌケニンとしてマスラダの命を狙いに来るわけだが、どう出てくるものか。ダークカラテエンパイアに身売りするとか?


他は、まあ暗黒メガコーポとかサワタリ・カンパニーとかキョート共和国とか、シャドウウィーグ一派とかINWとかヤモト・コキとかは通常営業で状況に流される形だろうが、なんにせよ色々出て来はするだろう。

暗黒メガコーポでいうと気になるのがオムラ・コーアとヨロシサン製薬か。AoMではこれまでの間ほとんど出てこなかったがやはり重要な組織である。
ヨロシサンはちょっとずつ出てはいたがあまり重要な活躍はしていない。第二部の直接的原因、第三部の最終目的の一端であったこの企業。南極で何やらしているようだがはてさて。
オムラ・コーアはほぼ完全に名前しか出てきていない。ネオサイタマ近海にあるらしいが。恐らくは第三部から続くオムラエピソードの続きという形で出るか。

そういえばヤクザ天狗はどうなんかね。一人増えた形になるが。普通にニンジャハントしてるんかね。ニンジャも増えすぎたしフジオを狙いに行っていてもおかしくはなかろうが。

INWはリアルニンジャの跳梁跋扈に従いまた調査を進めるのかな?ナンシー・リーの肉体はINWの管理下のはずだが。




そうなるとやはりシーズン3の主敵はセト達が率いるワンソー派リアルニンジャ集団、ダーク・カラテ・エンパイアかな?
ヒャッキ・ヤギョで増えた戦力をバックにいよいよ世界征服にでも挑むという形だろうか。あるいはカツワンソーの影を集める形だろうか。ワンソー復活がまず目的であろうし。
そのままいくと、暗黒メガコーポ及びザイバツとの二正面作戦となるか?そこにニンジャスレイヤー、サツバツナイト達の付け入る隙も生まれようか。
シーズン2は極寒のシトカ一都市が舞台であった訳だがシーズン3ではまた世界を駆け巡る形となるかな。



まあある要素から考えるとこんなところだろうが、結局のところどんな話になるかわからない。
まずはマスラダが己を再構築するところからだろうがさてはて。
ニンジャスレイヤー。今年も注目していきたい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/01/03(木) 09:13:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

このマンガがすごい!2019、感想など

公式

なんやいつのまにか「このライトノベルがすごい!2019」が売ってたので読む ネット世代の雑評論


毎年恒例のこのマン。
まあ投票自体の不正・忖度などの可能性をおいておいたとしても、これで選ばれているから即ち良い漫画でありランキングが上であればあるほど面白い漫画だということにはならない。
しかし何らかの目安にはなる、というか、少なくとも昨今の漫画界の動きを知る助けにはなろう。

とりあえず先頭から読んでいってなんか書きたくなった項目があればなんか書いてく。

オトコ編一位 天国大魔境
ああ、一話だけ読んだことあるがそんな凄かったっけ?ちょっとしたポストアポカリプスものではあるがまあそれだけなら最近よくあるしな。リアリティとか色々拘りもあるようだが。まあ注目。

オンナ編一位 メタモルフォーゼの縁側
これは知らんな。なるほど75歳にしてBLに嵌った老婆と女子高生の友情と。BL文化、腐女子文化というのは昔から巨大なものがあったがいうほど表立って語られることもない。今、その文化ももはや普通となりゆく時である、そういうことだろうか。
生活描写なども丁寧に描かれているようで。腐女子も現実の人間であるのは当然至極ということ。
興味深いところはある。買うかも。

オトコ編二位 金剛寺さんは面倒くさい
おー、これは実際良かった。だいぶ前に感想記事書いた
強引な、メタ要素すら入り得る力強いナレーションがなんとも。ラブコメだが、変なもどかしさがないというか?失敗する気配がないというか。
二人の馬鹿正直さもいいよね。ラブコメのストレスをなるたけ軽減している?
うむ。お勧め。

オトコ編三位 彼方のアストラ
スケットダンスの人か。名前は聞いたことあるけどどんなかね。宇宙SFは大好物だが。

オトコ編五位 終末のワルキューレ
ああ、5chでFateのパクリ呼ばわりされてたのか。まあ上手いやり口だよね。皆歴史は好きだし。

オトコ編六位 昭和天皇物語
ああこれ読んでるわ。元号が変わろうかというタイミングで波に乗れてるよね。
天皇。特に最近の天皇は歴史的人物として描くのは難しいところもあり、だからこそ面白味がある。
菊タブーというのも無形のもので扱いが難しい。

オトコ編八位 極主夫道
ヤクザが主夫をやる。なるほどアンバランスな取り合わせが面白い。たまに話題を聞く。
買うかも?

オトコ編八位タイ 来世は他人がいい
マゾヒストの男とサディストの女?まあこう書くと普通だが実際それは特殊性癖である。
これも極道の話でもある。なんやかんやヤクザも今現存しとるしな。

オトコ編十位 天地創造デザイン部
ああこれ結構好き。生物トレビアな話。まあドラゴンみたいなのは実際この世界に存在しえないということ。創造論であっても。
パンダの白黒の意味とシマウマの縞の意味の違いとかそういうのまで突っ込んできたりと中々楽しい。

オトコ編11位 北北西に曇と往け
アイスランドの話か。アイスランドは北の国だけど暖流とか火山とかあるし名前の割には寒くないんだよな。ちなみにグリーンランドは名前に反して死ぬほど寒い。アイスランドって名前で入植者来なかったから次はグリーンランドって付けたとかなんとかいう噂。

オトコ編12位 衛府の七忍
これいいよね。いやまあ薩摩連中のキチガイさとかあの辺もいいんだが、他の連中もぶっ飛んでるし、何より虐げられる民草を基本的に主人公側にしてるのがなんともいいよね。被差別民というか?
武士の時代だが弱い立場の人間も必死に生きている。
まあそれとは別にトンデモな馬鹿描写の連続も大好きだが。バンバン人が死ぬ中で何の臆面もなく入れられるギャグ描写の破壊力よ。

オトコ編15位 風都探偵
ああ、仮面ライダーW。特撮と漫画ではできることもやることも違う。それを活かしてのこの順位と?
興味はある。

オトコ編16位 銀河の死なない子供たちへ
おー、これ最高だった。感想記事も書いた。何より不老不死の子供を主人公とする、というのが上手いよね。不老不死であるとはどういうことなのか。死とは。
特に時間的な描写が人間の営みから逸脱しまくっている。若芽が大樹に成長するまで昼寝するとかね。

オトコ編16位 月曜日の友達
これも読んでる。作者過去作のような狂気まで含んだギリギリの話という感じではないが、どこにでもいそうな少年少女もまた一つ一つの大きな物語がある。それを描写している訳だ。

オトコ編19位 ザ・ファブル
これもかなり好き。殺し屋が一般人になじめるのか。伝説の殺し屋が一般人になるという事はどういう事なのか。
間の抜けた会話やギャグの挿入具合もいい。

オンナ編七位 ギガタウン漫符図譜
こうの史代先生か。漫符。当たり前のように流しているがそれを再認識するのも一興か。

オンナ編11位 生理ちゃん
生理の擬人化と。生理ってのも婉曲表現だよね。生理現象。月経ね。生理的出血。
女性にとって当たり前のように存在するソレ。それは女性にとっての何なのか。

オトコ編21位 鬼滅の刃
ジャンプで毎週読んでるが、台詞回しの独特さとか変に感傷的なところとかが少年向けバトル漫画のからの逸脱を感じさせていいよね。
アニメ化もするし実際お勧め。

オトコ編22位 キングダム
話がなげーよな。いいけどさ。
中国の戦争って規模がかなりアホなんだけど、実際古代から人の多い場所だもんねえ。まあ文献が常に正しいかは知らんが。

オトコ編23位 約束のネバーランド
結構好き。謎も大分解かれてきたが、20巻ぐらいで終わる計算なのかな?

オトコ編27位 Dr.STONE
ジャンプ勢は強いよな。科学によるポスアポからの再生。一種転生ものと似たところも無くはない。普遍的テーマ?

オトコ編29位 めしにしましょう
読んでる読んでる。超豪快な料理漫画。作者が面白いから面白いという類の漫画かもしれない。個人的には同作者作の巨大数漫画「寿司 虚空編」もおすすめ。

オトコ編33位 新九郎、奔る!
これも読んだな。いやこの辺は読んだからコメント書いてるんだけど。
武士というと戦国時代の後半、三英傑の時代ばかり思い浮かぶ人も多かろうが、平安時代や鎌倉時代、南北朝時代、室町時代や戦国時代前半の武士の姿も興味深いものである。
北条早雲。戦国大名の走り。歴史は学べば学ぶほど沼に埋まっていく。ここからまた色々知識欲が深まる。
歴史的言葉づかいに拘らずどうどう横文字を使いだすのも嫌いじゃない。どうせ現代語訳してるんだしねえ。

オトコ編35位 アクタージュ
ジャンプ多いな。少年ジャンプでも独特の位置に付けている感がある。

オトコ編35位タイ ゴールデンカムイ
最近は北海道どころか樺太まで行ってるが、その辺や東ロシア、シベリアの細かい話はあまり知られてないのもあって興味深いよね。

オトコ編35位タイ ハンターハンター
5chかなんかで見たがあと50話なんだっけ?また休載したがそれなら作者が死ぬ前に描き終るか?暗黒大陸の詳細は語られずじまいで終わりそうだが。

オトコ編35位タイ 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
最近めっちゃ面白くなって来てるよな。記事にもしたが。
実際、最近はいわゆるオタクというのも「普通」になってきた時代。であればこそ友人たちが増え受け入れられていく智子はこれまでの積み重ねもあり中々に感慨深い。
長期連載であればこその成長というか?本人は大して変わって無い気もするが。いや、少しづつ実際成長しているのか。

オトコ編40位 快楽ヒストリエ
無駄に歴史的考察をしときながらエロ漫画の存在を組み込んでくる。いやエロ漫画そんな歴史的スケールのものだっけ?
無茶な論理が大好き。

オトコ編43位 ディエンビエンフー true end
え、最終巻出てたの?買うか。

オンナ編25位 二匹目の金魚
panpanya先生の。夢と現実を揺蕩う短編集。感性を大事にしているよね。ガロ系。

王様ランキング
聴覚障害者の王子を主人公として少年漫画な風味も混ぜた感じで独特の読み味がある。
人の心の温かさを感じる。


他にも色々個別のがあるがまあこの辺にしておこう。
確かに良さそうな漫画も揃っているが、本棚を俯瞰して入ってないのがおかしいなというのも幾つか散見される。

順不同で書いていくか。

映画大好きポンポさん
映画、それも欧米映画の制作を舞台にした話。映画監督の芸術性など色々な話。リアルさがある多くの登場人物とは対照的に萌えな感じのポンポさんがまた妙な味を出している。主人公は陰キャオタクなジーン君なんだけどね。

ダンゲロス1969
原作者がキンドルで自主出版してた奴の漫画化。
学生抗争をエグい能力もので描く。謎に下ネタが多くてパワーがある。

パラレルパラダイス
異世界転生で、触っただけで発情する女だけの世界で。ハーレム状態になりながらもどうにか世界を救おうとする話。
まあアホなんだが、アホな世界でも必死に生きている感じとかがいいよね。REALさがある。つーかその内腹上死しそうだよな。ガチで。


他にも思いつかないでもないがこのぐらいにしておくか。
なんやかんやでこの本見て買う漫画も多いだろう。そういった意味で需要をしっかり喚起できている。
SNSとか匿名掲示板の類も信用できねーしな。個人ブログなんかもいいとこ探すのが難しい時代だし。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/16(日) 08:24:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Wikipedia探訪「フィルムが現存しない映画の一覧」

フィルムが現存しない映画の一覧 - Wikipedia
逸文 - Wikipedia

逸書というものがある。いや「ものがある」といえばおかしいが、要はかつて書かれたのにこの世界から失われた書物を指す概念である。
焼かれたり、ただ行方不明になったり、放置されて劣化されきったり…… そりゃ古来からの文書であっても重要だと見做されたものは転写されたりで今でも、そりゃテキストに差異があったとしても大体残ってたりするものだが、それほど重要と見做されなかった書物でも今から考えると相当重要な意味を持つものとなっていたり、重要であったとしても宗教的な異端の書であったり、権威にたてつく書物は禁書にされたりという目にあったりもする。
世界的な損失となりうる自体である。

それは紙の本だけでなく、映画フィルムなどでも言えることだ。
特に初期のサイレント映画などは音が付いた時代から無価値なものだと見做された時期があり、かなりの率で失われている。
そうでなくてもニトロセルロース製のフィルムは火が付けば一瞬で灰になるし、湿気や温度の具合で著しく劣化が進む。


文明というのは時間がたてばたつほど大きく豊かになっていくように思えるが、こうして失われていくものも多い。
であればこそ文化保護というのは重要なんだよね。
デジタルメディアもすぐにぼろクズになってしまう。恒久的なデータ保存とかそういうことはなにかしらしてほしいものだが、情報氾濫の今の世の中ではコストもかさむ一方。



まあ難しい問題ではあるが、失われてからではもう遅いというのは生物の絶滅にも似ている話。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/10(月) 03:43:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

額縁あいこ先生「丹沢すだちが此処にイル!」第一巻、読んだので感想

額縁あいこ twitter
「きょーだん!」最新2巻まで読んだので感想 ネット世代の雑評論


東方同人上がりの商業創作者というのは把握しきれないほど多く、ある人はアニメ化まで成し遂げ、ある人は東方のままで商業ルートに作品を流せてしまっている。

額縁あいこ先生もその一人である。東方projectの二次創作で活躍したその技量は留まることを知らず商業でのオリジナル作品でも活かされている。
とはいえ、面白ければ単行本が売れるというほど出版業界は甘くは無く、前作「きょーだん!」は2巻で実質打ち切られた。
「丹沢すだちが此処にイル!」は作者商業第2作ということになろうか。

「丹沢すだちが此処にイル!」別冊少年マガジンにて連載中。進撃の巨人とか漫画版アルスラーン戦記(荒川弘先生作画)が載ってる雑誌だ。
コミュ症の女子高生ラッパー丹沢すだちと七三眼鏡の男子高校生十文字大輔が日常系高校生活を送る話である。
HIPHOPで日常系という具合だ。コミュ症がすぎて親しい仲でなければまともに会話できないすだちだがラップに合わせてならノリノリで主張できる。なぜか十文字もラップで返す。そこにまわりの人々も絡んで…… そういう構造。


まあ日常系と日常に似つかわしくない要素を合わせるというのは実際ありがちではあるが、そこは問題ではない。HIPHOPというのは様々なクセを持った文化だが、やはり弱者の、マイノリティの文化という部分も大きい。
コミュ症でパシリをやらされていたすだちがHIPHOPによって大きく出られるようになったのは大きな成長であり成功である。
作者前作「きょーだん!」でもそうだったが、コミュ症を描くのが上手いというか、その救済を描くのが上手いというか、なんにせよ読者を安心させるという点で日常モノの模範ともいえるかもしれない。



ラップは即興で色々考えて頭もいるよね。
一つの文化でも極めればどこにでも通じる?ラップによって友達も増える?
なんにせよ前向きさが心に温かいものを残す、良い漫画であった。今後にも期待したい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/02(日) 15:18:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ