ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Twitterで読んだ漫画「帝都饅頭事変」が面白かったので紹介



リツイートで回ってきたがつい全部読んでしまった。まだ完結とかはしていない。

話としては大正ロマン(いや明治か昭和かは知らんが)の帝都、つまり東京で、中国の呪術師・フーマンチューとそれが操る僵尸(キョンシー)ならぬ饅頭の化生「饅尸」達、それらと対抗関係にある日本軍の陰陽師・加藤達の闘いを描いたものである

饅頭の化け物が主人公みたいなのが面白い。売れ残った饅頭が人肉を食っておいしくなろうとする。賞味期限切れの札を張られると弱体化する。
饅頭にも肉まん、餡まん、桃まん等々色んなのがいたりしてそれぞれ際立った個性を持っている。
饅尸の変な妖怪な設定が話の肝と言うか、印象に残る。
往年の中国妖怪キョンシーも、ゾンビの亜種という立場ながらどこかコメディめいた匂いが漂っているものだ。それを強調したといったところか。
食べ物から派生した化生と言う意味ではアンパンマンの類も思い出す。あれも食パンマンとかカレーパンマンとか色々居るもんね。派生を出しやすい訳だ。

そんな奇妙な妖怪を大正ロマンに放り込んだらそりゃあ凄いアクのある作品に仕上がるか?
戦前と言うのはやはり色々と問題の合った時代であるが、大正期あたりには未来への強い明るさもあった。
そこに軍部の暗さや怪奇の闇を混ぜ合わせると混沌とした作品が出来上がるといった具合だろうか。

ギャグもありコメディもありシリアスでもある。それ以外の何物かでもある
感情が一々揺さぶられるのは名作の証ではなかろうか。


なんにせよもっと評価されてもいいと思ったので紹介した。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/09(日) 13:38:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

色々感想:クマ撃ちの女最新23話まで、映像研には手を出すな最新五巻まで、Coffee Talk、東方幻想麻雀

まあ色々読んだりプレイしたりしたので感想。

クマ撃ちの女
最新23話まで

ツイッターで流れてて読んだら面白かったので単行本2巻までも買った。
クマ撃ち、北海道でエゾヒグマ猟師を目指す31歳女性を追う取材の体を取った作品。ヒグマは今でもあまりにも恐ろしい猛獣。銃があってもそれに挑むのは一種の冒険である。現代日本における狩猟というのもテーマとしてあり蘊蓄漫画としても質が高い。
日本で銃持つのは大変だからね。特にライフルなんて簡単に持てない。熊を殺せるって事は人なんて幾らでも殺せるって話だもんな。
で、だから厳重な法規制があって、獲物を狙う直前にしか弾を込めてはダメとか車の中から撃っちゃダメとかあるんだけど、単行本2巻の後で出てくる主人公の師匠がこういった法律(及びその他の狩猟関係の法律)をないがしろにしまくる輩なのが本当にヤバくて最高。散々法律に関して言及した後で堂々と破るやつが主人公の師匠ってのがね。特に最新話は勢いがヤバイ。
これからどうなっていくのか。熊の秋撃ちについて師匠から教わるようだが……


映像研には手を出すな
最新五巻まで

アニメやっててクッソ面白いなと思ったので最新話まで買ってしまった。
もっとだいぶん前から連載してたような気がしてたが全然そんなでも無かったな。
5巻までしかない。講談社はアニメ化させる作品を8巻以上出てる作品としているとも聞いたが新潮社はその辺緩いらしい。だからなのか、アニメ制作のアニメということで脚色しやすいのかアニメでは漫画から大きく演出が増えている印象もある。肝となる台詞とか重要な、あるいは重要でもないが面白いところとかは変えてないが。
主人公たちトリオのバランス配分が良いよな。一番空想の中で生きてるのは水崎氏?
たぬきのエルドラド編はかなり満足度があった。次の章に出てくる時計塔のクソでかい木琴風の鐘というガジェットも心惹かれるが。あんなデカい木叩いてまともな音出るか?


Coffee Talk

ニンテンドースイッチのe-shopで発売されてたので購入。
まああんま期待してなかったが影響を受けた、あるいは製作者に学んだと言われるVA-11 HALL-A(ヴァルハラと読む:以下ヴァfルハラ)と比べてどうなのかなと気になったので。ヴァルハラではカクテルバーのバーテンダーが主人公でありコーヒートークではカフェのバリスタが主人公である。どちらもアドベンチャーでそれぞれ出す飲料で話が変わってくる格好だ。
結論としては、まあヴァルハラの方が好きだし話も面白いしゲーム性とか含めても総合的にヴァルハラの方が優れてるかなとは思ったが、ヴァルハラと比べてコーヒートークはだいぶ世界が違うというか、世界の解釈が違うというか、目線が違うというか、そういう違いが面白い。
ヴァルハラは製作者の国であるベネズエラのような、閉鎖的で暴力的で専制的な、かなりギリギリの世界でどうにかやっていけている人々が客であり従業員である。
コーヒートークでは豊かな先進国における多様性の中で翻弄されながら生きる人々が客であり従業員ということになる。
どちらも色んな客が来るのは確かだ。ある意味でどちらも多様性の話だ。しかし受ける印象は全く異なる。
特に違った印象を受けるのは官憲の扱いか。ヴァルハラでは街を統制するホワイトナイツの良心ともいえるキャラが結構重要なキャラとして出てくる。一方コーヒートークでは移民を管理するFIREのエージェントが出てくるが飲み物も注文せず去ってしまう。
この辺りから透かし見えるのは、ヴァルハラはベネズエラという崩壊しかけた国(ヴァルハラで描かれるそれの方がまだマシらしい)でどうにか生きる人々の悲喜交々といった目線で、コーヒートークは人種のサラダボウルとも言われるアメリカの人間模様といった具合だろうか。
金持ちや圧政者でさえ酷く怯えて暮らしているベネズエラと、格差が固定されつつあるアメリカ?アメリカンドリームは今だ輝く夢としてある。ベネズエラではまず今日を生き抜き明日を見ることが一苦労。
まあイマイチまとまらないが、ともかくヴァルハラをやった人にこそコーヒートークをお勧めしたい。
ヴァルハラの方がキャラもひねくれまくってて好きだったりだが、コーヒートークのレシピを探す感じもまあ面白い。ヴァルハラで意味の分からん注文をされるのもまあ楽しくはあるが。
話の長さはコーヒートークの方が短め。個人的に好きなキャラはニール。こいつだけヴァルハラっぽくもある。


東方幻想麻雀

これもスイッチで出てたので。何か知らんけどPC-98旧作にしか出てないキャラは版権上使えないんだっけ。
何か知らんが相当数バグがある模様。修正はされるらしいが。
まあともかく昔から気になってた作品。いわゆるイカサマ麻雀系ゲーム。卓自体に色々奇妙な効果がついてる場合も。
ストーリーモードはなくオンライン、ローカル、CPU戦のみ。最初の東方幻想麻雀にはあった気もするが。
二次創作として掛け合いとか台詞とかが無いあたりどっかの企業レビューで問題視されてたがともかくキャラごとに絵がありそれぞれ能力があって楽しく遊べる。
でもまあ麻雀自体面白いもんだからどこまで面白くなっているかはやや謎。
キャラごとに色々能力がある訳だが強い弱い、使いやすい使いにくい、まあ100キャラ以上いるし色々ある。好きなキャラが弱いというのも多々ある。
私は鳴き麻雀が好きなので雷鼓に収まった。鳴けば一個ドラになってついでにドラ表示牌一個めくる。食い散らかして裸単騎の喰いタンが満貫以上になるのは最高である。
文(追加でもう一回ツモ)なんかも使いやすいが影響力が弱すぎる感もある。
東方って中国出身キャラ(中国妖怪)そこそこいるし中国麻雀の卓とか欲しかったなともおもったがルール全然ちゃうしまあ仕方ないか。中国麻雀も面白いんだよなあ。世界各国の麻雀が遊べるゲームとか無いかね。ベトナム麻雀とかジョーカー牌8つあるらしいし。
発売当初だからか結構オンラインも盛況ですぐにマッチングして遊べて楽しかった。ドラ増やすルールは射幸心が煽られる。ギャンブルの楽しさ。



まあこんなとこか。
雑多に色々感想もたまにはやっていこう。一記事にするにはちょっと違うようなのをまとめて。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/03(月) 04:00:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「恋するワンピース」発売中の4巻、及び最新話まで読んだので紹介・感想

ジャンププラス 恋するワンピース第一話


ワンピース。日本で史上最も売れている漫画である。現在も週刊少年ジャンプで連載中である。というかいちいち説明する必要を感じない作品である。
そういう訳で売れ回っている訳で、スピンオフ、派生作品も結構色々ある。
今回はそういったモノの一つ、「恋するワンピース」を最新話まで読んだので感想がてら紹介する。


さて、恋するワンピース、スピンオフ作品と言いながら原作のキャラは出てこない。
じゃあどうスピンオフなのかと言うと、高校一年生の山本海賊王(ルフィ)と小山奈美(ナミ)、という二人がラブコメをする、とみせかけて異常なワンピースマニアの中津川嘘風(ウソップ)(身長212cm)がめちゃくちゃをやらかして恋愛どころではなくなるという具合のギャグ漫画である。

世界としては非常に典型的な学園物に思える。全くの現代ものでそれこそワンピースも人気漫画で誰もが読んでいる。であればこそ嘘風の異常なワンピース愛による異常行動がヤバさを持って感じられる。

第一話から火炎弾で校舎を全焼させたり、あるいはいきなり生物部とデービーバックファイト(船員を賭けるアレ)の流れに持っていったり、生徒指導室を作れと頼まれて世界一の海底大監獄インペルダウンを作ったり、ローラと称してイノシシを校舎に放ったり、スマホの忘れ物を届けに方舟マクシムで街を破壊しつくしたりとかもうやりたい放題をしている。
迷惑なファンも色々いるがこれほどはない。現実とワンピースを完全に混同している。ワンピース次元の暴力沙汰を現実でやることがおかしいというか、そもそもワンピース的にも極悪非道なことを何かのついでで引き起こしてたりするのがやばい。原作再現をするためならば人命も無視する倫理観。

戦闘力も原作のウソップを超えている疑いがあるし、なぜか巨漢でマインクラフトのプレイヤーみたいに四角い顔に眼鏡してるし、妙な技術力を迷惑にばかり使っている感がある。こんなんで成績学年一位だが進路希望は「偉大なる航路」。
台詞の半分はワンピースからの引用かもしれない。作者のワンピース知識にも驚かされるしツッコミ役のナミも嘘風の知識に付いて行ける辺りで化け物扱いされていたりする。

他にも頭の中でエロいことしか考えてないムッツリドスケベ生徒会長(女)や尾田栄一郎を称するナミの父親などヤベー連中はいるが嘘風のヤバさはかなり際立っている。



単行本表紙なども原作のそれのパロディをやろうとしてる感があったりパロディとして中々深いところも多い。マイナーなネタがバンバン出てくる。ファンにはたまらない?

ワンピース原作のファンタジーさを再認識できる作品とも言えようか。あんなことを現代学園物でされたらそらどうにもならん、ヒドいギャグ漫画になってしまうという話。中々お勧めできるギャグ作品である。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/01/12(日) 01:50:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「このマンガがすごい!」2020を読んでく。「このライトノベルがすごい!」2020もちょっと

いうほど漫画もラノベも読んでない気がしてたが案外読んでた?


まあいいや、適当に見ていく。

オトコ1位
SPY×FAMILY
ああ、ジャンププラスでやってる奴。スパイのための偽装の、血がつながってない家族でありながら、であればこそ深い深い家族愛が見られる一種のホームコメディといったところ?
衒いが無く飛び道具も使わず王道に面白いというか、安心して読めるよね。

オトコ2位
ロボ・サピエンス前史
ツイッターでちょっとだけ読んで、そういえばこれで2位って話だったから買って読んだ。
放射性廃棄物の最終処分所の管理人としてのロボットというのは面白味があるが、言うほどまでに感動したとかそんな感じでもないかなあ。淡々と進んでいく感じは好き。

オトコ3位
僕の心のヤバイやつ
みつどもえの人のな。思春期~って感じ?女の方が身長がでかいってのがなんともな。歪んで刺さるラブコメというか。

オトコ4位
チェンソーマン
まあ鬼滅は前からあってアニメで爆上げしただけやしな。こっちの方が勢いがある。まあこれが4位というのが漫画読みのランキングだなと言う感もある。
日常と非日常の交錯具合が狂気の幅を広げるんだろうなあ。主人公デンジは真っ当な日常を求めるが一番狂った非日常はデンジの中にある。

オトコ5位
水は海に向かって流れる
読んだことないが空気感というか、会話の間というか、人間関係の描き方が独特感ある?

オトコ6位
鬼滅の刃
今年の売り上げはワンピを超えたとか越えなかったとか。アニメ様々だが自力があってこそ。
少年漫画でありながら叙情的なところも強いんだよなあ。感情の話。

オトコ7位
王様ランキング
これもいいよな。一人一人感情を持って動いている。
また少年漫画的な熱さも兼ね備えている。

オトコ8位
スキップとローファー
ようわからんけど進学校のラブコメ?新しさもなくはない。

オトコ9位
パンダ探偵社
サブカルって感じしない?ツイッタでちょっとだけ宣伝読んだ気もしないではない。

オコト10位
有害無罪玩具
ああ、これめっちゃ面白かったな。ショートショートみがあるよね。

オトコ11位
異世界おじさん
これな。まあ魔法が使えたらユーチューバーぐらいにはなれるだろうが。SEGA派。報われないおじさんである。

オトコ12位
ライドンキング
プーチンみたいな奴が異世界に飛ばされる奴だっけ?異世界もののパターンも概ね出尽くしてるという話だが。

オトコ13位
事情を知らない転校生がグイグイくる。
これツイッタで宣伝あったっけ?学校と言う場も外から風が吹かないと凝り固まるか。

オトコ14位
ザ・ファブル
ミナミの帝王もそうだが、関西弁はどうにもシリアスな話でも独特な間を作るよな。シリアスであることには変わりはないんだが、シリアスなだけではなくなるというか。

オトコ15位
ブルーピリオド
ああ、アフタヌーンの。芸術ってのは絶対的な何かがあるもんでもないから美大受験と言うのも難しいよな。

オトコ16位
その着せ替え人形は恋をする
コスプレものな。コスプレも一般的支持が上昇して来てる分野かな。

オトコ17位
あせとせっけん
消臭剤の匂い。無臭なのに匂いとかあるのね。

オトコ17位タイ
Dr.STONE
ポストアポカリプス後の文明の再構築というテーマの漫画化というのが時代を読み切ってた感あり。
まあ実際面白い。

オトコ17位タイ
ヘテロゲニアリンギスティコ
ああこれ気になってたけど買ってなかったわ。モンスターとかいう分類も差別的だと思ったことはよくある。知らない言語は泣き声に聞こえある。ふむ。

オトコ20位
可愛そうにね、元気くん
ああヤンジャンの。加虐妄想な。持って生まれたもんは仕方がないというLGBT的な話にもつながるが。血は人を興奮させる。

オトコ21位
荒ぶる季節の乙女どもよ。
ああアニメでやってた奴。性と言うのは人間にとってある種究極的なところにあるもんな。

オトコ24位
進撃の巨人
また最近スゲー展開になってきたよな。エレンとかいう主人公兼ラスボス。

オトコ26位
呪術廻戦
26位か。まあ今後のジャンプを支える作品群の一つにはなっていきそうだよね。

オトコ28位
潮が舞い子が舞い
阿部共実先生が描く海辺の田舎町の高校生の日常。青春の解釈は人それぞれだが中々に刺さってくる。

オトコ28位
めしにしましょう
グルメも色々あるがヤベーグルメというのもある。店では絶対に出せないようなパラメーターがおかしいめし。異常さがあるが凄まじくおいしそうでもある。

オトコ32位
かぐや様は告らせたい
ラブコメで告白しちゃったらおしまいな気もするが、実際そこからも重要だよな。しかしタイトルが結果的に詐欺になっているというか。まあいい漫画である。

オトコ32位タイ
銀魂
77巻ってな。終わる終わる詐欺も甚だしかったがようやく終わったらしい。
まあジャンプの一時代を作ったとも言えなくはない。

オトコ32位タイ
無能なナナ
無能力者が能力者を殺していく話な。
5巻になってナナ自身が自分のために生き始めてきたのがカタルシスあるよね。これからが気になる。

オトコ37位
シャドーハウス
話の外枠がわかってきて一気にストーリー性が産まれたよね。

オトコ37位タイ
プリニウス
古代ローマの時代を描くにあたって学問的正確さがあるのがいいよね。

オトコ43位
キン肉マン
オメガ編、なんやかんやですげー熱いよな。アリステラはどうなってしまうのか。

オトコ43位タイ
スナックバス江
中々クソなギャグ漫画してて好き。細かい話ばっかりするのもまた。

オトコ43位タイ
転生したらスライムだった件
異世界転生物も多くてこれ読んでねーけどやっぱ人気あるのかな。

オトコ43位タイ
名探偵コナン
今96巻か。そろそろ100巻だなあ。いい加減話とかまとまるんかね。

オトコ51位
メランコニア
終末ものというのは時として穏やかなものである。いつ死ぬかわからないから人は恐慌するのかもしれない。


オンナ1位
さよならミニスカート
女らしさと男らしさ、男性原理と女性原理。そうしたものの中でヒトは生きていかなければならないか。
ともかくスカートよりズボンのが服としていいよなって常々思っている。

オンナ21位
グヤバノ・ホリデー
表題作は珍しくノンフィクションでフィリピンまでグヤバノとかいう謎のフルーツを食べに行ってるが、それが一番幻想的にも思えるのがまた凄いよね。フィリピンの街の写真をコラージュするやり方も好き。


まあこんなもんでいいか。女性向け漫画言うほど読んでねーな。
この中だとチェンソーマンやグヤバノ・ホリデー、有害無罪玩具、めしにしましょう、無能なナナあたりがお勧めかな。
正直進撃とか今更進めるまでもないし。


じゃ、このラノ。ラノベ言うほど読んだっけ?
文庫1位
七つの魔剣が支配する
ハリーポッター風の魔法学校、世界でチャンバラするのが結構面白い。
2割ほどは学園で死ぬというのも狂った設定で。でありながら亜人の人権とかいう話も組み込まれている。

単行本・ノベルズ1位
Unnamed memory
読んでねー。というかラノベ最近読めてねーな。実際紹介されるよりも読まなきゃわからんからな。まあちょっと面白そうには見える。


あとまあ、「やがて恋するヴィヴィ・レイン」の最終7巻も読んだ。
実際話がすべてまとまって面白く読めたが、まあ前作も次回作もそうだけど作者の政治的信念の匂いがちょっと強いというのがあるよね。時代に乗っているとも言えるが。



こんなとこでいいや。ラノベはまたこのラノ読みながら追って行こう。
記事としてまとまりはないがとりあえずこれで、
  1. 2019/12/15(日) 15:36:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ツイッターのトレンドに挙がってた「ゲーミングお嬢様」結構面白かったので感想など

ゲーミングお嬢様 ジャンプルーキー


インパチ先生でも記事にしようかと思ってたがこっちの方がリアタイ性あるなと思ったので。

ゲーミングお嬢様。最近ではなんでもゲーミングとかついて、なんだかやたらピカピカ光ってたりするものだが、これはジャンププラスの新人発掘的な奴であるジャンプルーキーの漫画である。


e-sportsでお嬢様力が決まる世界の格ゲー全一お嬢様を描いた話、という事で完全に作者の自我が崩壊していることが証明されている作品である訳だが、これが中々面白い。

まあ何が面白いかというとかなりガチで汚い格ゲー会話を無理矢理お嬢様言葉で話している辺りだろう。
この格ゲー感にはリアルさがある。まさに作者がいつもそう思ってそう考えていることを描いている、染まった人間が描いているリアルさというのが感じられる。いうほど格ゲーに詳しくはない私からもちょっとした廃人臭がわかるほどである。投げキャラ嫌いとかそういう偏見もまたリアリティがある。
やや話はズレるが、本当に正しい事・言葉というのはリアリティというか生きた感情の形が無くなっているものである。ヒトは歪んだ認知しかできない。それなのにポリティカルコレクトだかで差別はダメだのなんだの、それが正しいことはわかっているがそれを言っている本人は本当にその言葉通りに生きているのかと潜在的に思ってしまう。それが故に正論は人気を保ち続けられないのだろう。

で、コアな格ゲーマーを無理くりお嬢様が演じるところにギャップ以上の面白さがある訳だ。
人間の醜いところを曝け出しながらお嬢様としてふるまう。可能なことではない。
それを成立させようとするところにひずみが産まれ笑いと昇華される。
余り上手くない絵もお嬢様という器を超えて格ゲーマーの業が溢れ出てきているようで中々に良さがある。


対戦ゲームは相手がいないとプレイできない。であればこそ対戦相手には感謝しかない。
…… そのように人は作られていない。ヒトは他人を憎み妬み生きている。
真の正直さという徳がこの作品の中に見いだせた。
  1. 2019/12/05(木) 22:31:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ