ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「オッドマン11」一巻 読んだので感想

メガストアコミックスの道満晴明先生作の「オッドマン11」、単行本一巻が出てたので感想。

漫画が連載されていた雑誌はコミックホットミルク。成人向け漫画雑誌であるがこのオッドマン11は特に18禁ではない。きわどい描写も多いが性、性癖をテーマにしたコメディ、ギャグ漫画といったところだろうか。
成人向け雑誌に載ってる18禁漫画ってたまにあるよね。LOに載ってるマコちゃん絵日記とか。
月刊雑誌であるのだが概ね隔月連載で一話のページ数も少ないためか、2011年連載開始なのに2017年にようやく単行本第一巻と相成った。この調子では第二巻が出るのは2022年という事になる。


オッドマン11は高校一年の逆叉セツが伊丹(弟)の彼女としての権利を勝ち取るべく、伊丹(弟)の元カノである奇妙な「オッドマン」達と勝負していく、という筋書きの話。しかしその中でセツはオッドマン達と親交を深めていく。

そもそもオッドマンとはなんなのか、について作中でも説明が為されていないが、獣人だったりビッチ(何故か猫)だったりサディストだったりマゾヒストだったり裸族だったり一つ目だったりと、現実的に無理気味なのも含めてニッチな性癖ばかり攻めている。
伊丹(弟)の元カノ(及び今カノ)がオッドマンなのかとおもいきやそれは偶然で伊丹(弟)自身もオッドマンであったりする。主人公のセツは一般人だがそれでも妙な特殊能力を持っていたり。

まあ、筋書きはいいとして、やはり話には作者独特の奇妙な味が出ている。
それぞれのオッドマンは奇妙な特性や性癖を持っている訳だが、それ故の悩みも持っている。例えば裸族の縫田キヌは完全な露出狂であるために小銭も持てず電車に乗れず行動範囲が徒歩圏内。
生まれてから一度も体を洗ったことの無い(産湯も拒否している)不条澱は臭すぎるのでクラスメイトは皆ガスマスクを付けており一学期の終わりになっても一人の顔も覚えていない。オッドマン仲間でも口臭を気にしてほとんど喋らない。

そういうオッドマン達とセツが対等に認め勝負していくことでその呪縛から逃れ出ていく、というストーリーラインである。いや性癖だとかは変わらないんだけど、孤独、孤高の性癖人が他者と融和していく、そういう話なんだろう。


そう考えてみると現代的なテーマとも思える。
ただ認めるでは無く、対等で、奇妙ではあってもその中で自然と扱う。それこそがマイノリティに対して向けられるべき態度なのやも。そういった点でセツは主人公足りうるのであって、友情をこえた愛すらオッドマン達から受け取るのだ。

そういった話でありながら非常に楽しげに描けているというのは流石。異常な設定のキャラでありながら等身大の人間性を持つ。


性というのは人間にとって重要なテーマである。
成人向け漫画はそれを消費するものでありそれもまた需要あるものだが、それを考えさせる作品というのはそう多くは無い。道満晴明先生の作品はそう言った物が多くあるがオッドマン11はその中でもより先鋭的で楽しめる作品であった。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/21(日) 19:07:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第34話感想

そらまあニコニコ笑ってる奴のかばんの中から女の子の首とか出てきたらサイコパス認定一発だわな。

で、ふむ。ちよは妖怪王を産んだ妖母ってことになっててその亡骸は手足、胴体、心臓、頭に分割されててそれを妖怪が喰えばやばいくらいパワーアップすると。鬼童子とかはどこまで知ってたのかね。ついでに食っちまえばよかっただろうが鬼童子レベルだともはや関係ない?無限って言いだしてるけど眉唾よね。
うらたろう的には残りのパーツを集めてどうにか復活させようという腹?

しかし血の一滴で滅茶苦茶パワーアップってのも相当である。暴走気味にも見えるが
うらたろう一人で間に合うのか?安徳天皇に頼った方が良いんじゃないか?あいつらはあいつらで他のパーツでも探しとるのかね?


単行本、3巻が発売して来月4巻。ふえー、重版して3巻で10万部?一巻3万ちょいか。週刊少年ジャンプの中堅やや下あたりで初版3万(ワンピとかは桁が違う)とかいう話だからヤングジャンプ考えると中堅やや上ぐらいには行ってる?来週カラーみたいだし。カラー多いよね。絵を評価されているというのもあるか?画力そのものというより構図?



来週カラーで第二部本格始動?
また面白くなってきたし期待したい。そろそろもうすこし歴史上の人物出てくるかな?義経とか何してるんかね。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/19(金) 01:13:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第33話感想

ちょっと遅れたけどうらたろう感想。第二部の二話。

鬼に対して能天気な発言を繰り返すうらたろう。
どういう思考回路になってるのかは知らないが少なくとも幸せに生きている。
力に関しては元のままと。なるほどそういう世界観。教経がアホほど強いのは単純に強いから。不老不死はあくまで不老不死でしかない。
で、探し物ねえ。首から下?復活させようとしてるのか埋葬しようとしてるのか。

もがり。か。なんやまたロクでもない名前だ。
金への執着。鬼の世の中だけど金とか使えるの?光物が好きなだけ?しかしクソビッチである。激マブボイン物件。うむ、



で、生首オチ。
そりゃ逆切れされてぶっ飛ばされた相手に復讐しようとしたら生首が転がったら鬼でもビビる。
完全にサイコパスだと思うわな。まあ精神的にどうなのか知らんが。

しかしエグオの金棒、棘の部分うねりまくってるな使いにくくないそれ?
来週でうらたろうの目的や世界の現状について詳しく語られるかな?注目。もがりもなんやかんやでついていきそう。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/13(土) 11:54:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第32話感想

空前の絶望時代。鬼は平家との契約があったから暴れなかったと?それとも契約を破ったからこその結末?鬼の王の存在意義など謎はまだ多い。

というか米一粒でも損なえば首が飛ぶってよく人間絶滅してないな。


前作からのキャラデザの流用。ある種のファンサービスともいえる。
盗賊はカギューのマブルゥが悪魔合体した感じで、エグオはエグ実そのもの。ビリーみたいな鬼もいるし。

盗賊さんはまあろくな奴ではないがそれでも絶望の時代を愉快に生きている。
そして温羅太郎は不死の宿命から逃れ生き生きと生を謳歌している。
なるほど第一部は死と不死の物語で、第二部は絶望と希望の物語?
しかし温羅太郎この盗賊からまた惚れられそうだな。

安徳天皇や教経はなにしてるんだろね。案外温羅太郎と連絡取りあってる?人の王としてレジスタンスでもやってる?
義経たちは再登場あるかね。そして鬼の王とかはどうなってるのか。




次号カラー。なんやかんやで打ち切りはないのか?
どんな世界になってるのか。その辺の設定に期待したい。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/28(金) 01:03:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第31話感想

まさかの第一幕完。来週休載のようだが、第二幕ってどうなるのさ。そもそもその前に掲載順やべーんだが続けれるのか?

いざ死ねるとなると生きたくなる。生きる理由ができる。
なるほどこの漫画のタイトルがちよではなくうらたろうなのは千代が死んでもまだうらたろうが生きているから?
第二幕で犬や頼経が活躍するのかな?天皇や教経、あと金熊は吹っ飛んで行ったが。

妖怪の世ねえ。どうにかなるの?つーかうらたろう手吹っ飛んでるしちゃんと処置しないとその傷で死ぬのでは?
妖怪の王はなるほど実際相当やばい。生きたいと思っていた千代の子供たる妖怪の王は死を望みながら死ぬことは出来ず、周りに迷惑ばかりかける。逆転に次ぐ逆転。

なんとも絶望的な第一幕完。これからどうなるのか。どうなりうるのか。どうなっているのか。まさにそこに注目したい。
  1. 2017/04/14(金) 02:08:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ