ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「南極星」

南極星 - Wikipedia
北極星 - Wikipedia
ポラリス (恒星) - Wikipedia
はちぶんぎ座シグマ星 - Wikipedia
りゅうこつ座ベータ星 - Wikipedia



南極星。そんな星はない。天の南極に明るい星はないのだ。

星々の主である北極星の固有名はポラリス、これはラテン語で「極の」という意味。言うまでも無くその性質が名前となった例である。
比較的明るい2等星であり、ポラリスを使って天の北極を知ることが容易にできる。
もっとも、地球の歳差運動により徐々に天の北極は変わっていく。これをギミックとして使ったのが天鏡のアルデラミンという小説だが今回はおいていく。

紀元前11500年頃は一等星(視等級で言うとほぼ0等星だが)のベガが北極星、

紀元前2790年頃は4等星のりゅう座α星、固有名トゥバンが北極星。りゅう座にはもっと明るい星があるのにトゥバンがα、最初なのはメソポタミアの占星術からの伝統だとかなんとか。エジプトのピラミッドが向きを指し示す星もこいつだったとか。トゥバンとはアラビア語で蛇の頭という意味。りゅう座の頭という訳だ。

紀元前1100年頃は2等星、こぐま座ベータ星、固有名コカブが北極星。コカブとはアラビア語で星という意味だが、これは北の星、Al kaukab al shamaliyyからkaukabだけ残ったものであるとか。古代中国では北極五星(太子、帝、庶子、后、北辰)の内、帝であるとされた。古代においてはまさしく星々を従える皇帝であったのだ。

ちなみにポラリス、昔はキノスラなどと呼ばれていた。ギリシア語で犬の尾という意味である。王座に就く前の名といったところだろうか。まあ登場する17世紀~18世紀の天文書の時代ではもう北極星となっていたのだが。もはや忘れ去られた名前である。

このように北極星は、過去にその地位にあった星達すらその足跡を残している。
しかして天の南極の近くにはあまり明るい星も無く、そして南半球には陸塊が少なく東西に広いユーラシア大陸が北半球にあるため、銃・病原菌・鉄にあった理論の通り文明は北半球で発達し、古代南半球の史料は著しく少ない。

一応、3等星、みずへび座ベータ星が紀元前150年頃に南極星であった。しかしてこやつは固有名すらない。
今は赤緯 -77度。3等星としては一番天の南極に近い。

過去の南極星で言えば一等星のエリダヌス座α星、アケルナルが紀元前2800年頃に天の南極から8度の位置にあった。8度はやや微妙だが一等星であるし南極星といってもまあ良かろう。
現在は赤緯 -57度。天の南極からは程遠い。とはいえ北半球の人々には十分馴染み薄いか。アケルナルというと竹本泉の漫画作品「乙女アトラス」で星から名前を取った「あけるな」という青年が出てきたのばかり思い出す。

あえて現在の南極星はどれかと言われればはちぶんぎ座シグマ星、固有名Polaris Australis(ポラリス・アウストラリス、南のポラリス)であろうか。天の南極から1度ほどの位置であるのはよいのだが、問題は視等級5.42、ギリギリ5等星という暗さだろう。6等星まで肉眼で見れるということになっているのだがちょっとこれでは天の南極を知るのには厳しい(星で天の南極を知るならば南十字星を使うやり方が主流)。

とはいえポラリス・アウストラリス、この暗さなのに、ポラリスありきの名前とは言え固有名がある星であり忘れ去られている訳ではなく、ブラジル国旗の中心部に描かれた星図に載っている。あの星図はリオデジャネイロの、南半球から見える空であり、実はアレに描かれた星はアメリカ国旗の星と同じく州であり、州が増えるごとに増やすとかいうメンドクサイ事をしているタイプの国旗なのだが、更に凝り性なことにわざわざ星図にしたのはそれがやりたかったのかそれぞれの星ごとに州が対応しているのだ。ポラリス・アウストラリスは南の極星ということもあろう、なんと首都・ブラジリア連邦直轄区に当てはめられている。やはり南極星もまた星々の大君だという現れだろう。まあ5等星なので星型じゃなくドットみたいになってるが。遷都計画により何もなかったところに作られた首都ブラジリアらしいといえばそうかも知れぬ。ちなみにリオデジャネイロとかでかいところは一等星に割り振られている。
昔、ブラジルの国旗が世界一醜いとか書いてたサイトを見たことがあるがこの実証主義的国旗の真実を知って猛省していただきたい。デザインとしての良悪は知らんけど。

他、天の南極に近い明るい恒星は2等星りゅうこつ座ベータ星、固有名ミアプラキドゥスがある。Miaplacidus、この固有名はやや謎めいており、placidusはラテン語で静かな、という意味だろうがMiaがわからない。アラビア語のmiyāh、水だ、とする説もあるが実際のところわからない。
2等星として天の南極に一番近く赤緯 -70度。これで南極星と呼ぶのは中々厳しい。

全天21の一等星で最も天の南極に近いのはみなみじゅうじ座α星、固有名アクルックスである。赤緯 -63度。南極星というにはやはり遠すぎるが、先述したようにみなみじゅうじ座=南十字星を使う事で天の南極の大体の位置がわかる方法がある。2等星のみなみじゅうじ座γ星、固有名ガクルックスとアクルックスの間隔をアクルックスの方向に4.5倍した点がおおよそ天の南極の位置になる。大航海時代の船乗りはこうして南の方角を計っていた。
アクルックス、ガクルックス。これらの名前は伝統的なモノではない。クルックス=みなみじゅうじ座。アルファクルックスとガンマクルックスの略称が正式名称になった形だ。
みなみじゅうじ座は上記のブラジル含め南半球の5つの国の国旗に描かれている。

全天で二番目に明るい、一等星・視等級-0.74、りゅうこつ座α星カノープスは中国では南極老人星、南極星とも呼ばれる時もあるが、赤緯 -52度で極もなにもない。まあ中国で見える程度の位置という訳だ。
一応、12000年後には地球の歳差運動により南極星となる運命にはある。その時の北極星は再びベガとなっており、ベガは天の北極より4度、カノープスは天の南極より8度と言うことになるようだ。

他にも4等星カメレオン座γ星3等星りゅうこつ座ω星2等星りゅうこつ座ι星アスピディスケ2等星ほ座デルタ星Alsephinaといった星々が地球の歳差運動により南極星となりゆく。

更に未来の話をするならば、太陽を除き現在地球から最も明るく見える恒星、視等級堂々の-1.46、おおいぬ座α星シリウスは遠い将来南極星になる。
シリウスは地球から結構近い位置にあり(明るい理由の一つ)、徐々に接近しているため歳差運動とはまた別に長い時間を掛けて天球上の位置が変わる(固有運動)のだが、西暦66270年には天の南極から1.7度の位置にまで迫る。地球の歳差運動は約25,800年で一周する。つまり2周半ぐらい、北極星、南極星がそのぐらいの周期で変わって行った末にシリウスが王位を簒奪する訳だ。
Wikipediaの歴代の最も明るい恒星の一覧を見るとなんとその辺りの時期の方がもっと明るく見えることになる。西暦6万年に視等級-1.64。シリウス、天狼星、天の狼はその最盛期に南の玉座に座る事になる訳だ。

シリウスは黄道よりも南にある星(赤緯 -16度)だが世界各地で様々な名がつけられ、様々な文化の衣を着せられた。シリウスとはギリシャ語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」という意味だが古代以前から伝来した名前である可能性も高く、エジプトの神オシリスとの関係性も考えられている。
エジプトではシリウスを使って夏至と豊穣をもたらすナイル川の時機を計る。
ポリネシア人達の文化にも強く残っており、やはり特別な星であると感じさせる。



古代から今まで、我々は星を眺めてロマンを語った。
星がヒトの運命を定めているなどというのは近代科学の発展とともに迷信として退けられたものの、むしろそうなったからこそより天空に浮かぶ文化史に胸をときめかせられる。
それぞれの星は水素だとかヘリウムだとかの塊に過ぎないと言えばそうである。ではあるものの、そこには人が築き上げた歴史があり文化があるのだ。それは宇宙空間を隔てて光年の彼方にあるのではなく、天球上、我々の頭の中にあるものである。
それに感動を覚えるからこそ、重力の鎖を断ち切り真空の海を旅してみたいと思うのだろう。人類の発展には感動が不可欠、そういう話をしたかった。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/01/10(木) 02:06:16|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「トリノスケール」

トリノスケール - Wikipedia


トリノスケール、記事から引用すると、

引用
トリノスケール (Torino Scale) は、地球近傍天体(NEO)が地球に衝突する確率、及び衝突した際の予測被害状況を表す尺度。色と数値で表される。


要は隕石の衝突確率と予測される被害から算出される脅威度みたいなものである。

0から10までの11段階で決定され、リスクの量で白(危険性なし)、緑(普通)、黄(天文学者による注意に値する)、オレンジ(脅威)、赤(間違いなく衝突)とも分けられる。
ちなみにトリノスケールは1996年にイタリアのトリノで行われた国際天文連盟の会議で採択されたが、これまでに最大のトリノスケールを持った小惑星はアポフィスの4であり、2014年に2007 VK184が1から0に引き下げられた後これまで全ての天体のトリノスケールは0となっている。


まあそうそう大被害が出る隕石なんて落ちるものではないが、実際恐竜を絶滅させた大要因として巨大隕石が挙げられることもあり、注意は必要なものではある。
とはいえ、こんな指標があるからこそ過剰警戒してしまう、というところもある。なにしろ今なんて全部0であり、1が出たらそれだけで小さなニュースにはなるだろう。しかして1は「普通」である。今は無い1でさえこんなもんよくあるわいというぐらいの話である。2~4でさえ黄色、天文学者が知っていればいいぐらいの話である。3や4で衝突まで10年を切っていれば公共機関が注意するに値するようだが。

5や6辺りになると場合によっては非常事態宣言も正当化されうる。7辺りでさっさと衝突するか調べて対処できるならしろという具合になる。色もオレンジになる。

8~10、赤色はもう確実に衝突するという話になってくる。10は文明存亡の危機がかかってくる10万年に一回以下のインシデントである。



人類が備えるべき災害は色々あるが、隕石はそこまで頻繁なものではなく、重要度も低い。しかし地震のようにほぼほぼよくわかってないものや台風のようにカオス理論に支配されるものではなく、望遠鏡で見ることさえできればかなりわかりやすい。であればこそ恐れられやすい。
半端に物を知ることは混乱を招くか。よく調べなければ真にわからないことも多い。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/09/08(土) 18:07:35|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大量絶滅の主犯について

大量絶滅 - Wikipedia


地球に生命が誕生してから今まで、当然と言えば当然だが非常に多くの事柄があった。
生物はその自己増殖能力により地球全体に蔓延り、遺伝・変異・淘汰により様々な形に進化・適応放散し文字通り多種多様な種が産まれた。
しかし物事はそう平坦には進まない。その生物の種類が一気に減るような事態もよくある。それが大量絶滅という奴である。はっきりいってこれも文字通りの事しか説明してない気もするが。


地球全体での大量絶滅というのは生命が産まれてから両手の指では数え切れないほど起きているが、その中でも有名であり、過酷な大量絶滅を五つ挙げてビッグファイブという。

まずその一は古生代、カンブリア紀の次のオルドビス紀末。
当時の生物種の85%が絶滅したと言われて、当時繁栄していた三葉虫、筆石、コノドントなどはかなりの大打撃を受けた。
原因はよくわかっていないところがあり、近く(6000光年以内)で超新星爆発が起きてガンマ線バーストをもろに喰らったとか、火山活動による地球寒冷化が原因ではないかという話もある。卵が先かニワトリが先か知らないが少なくとも寒冷化はしたらしい。
この大量絶滅によりオルドビス紀は終わり、生命の地上進出の時代、シルル紀に移行する。

その二はシルル紀の次、魚の時代ことデボン紀の末である。
体の前面を非常に硬い甲冑で覆われていた甲冑魚の類を中心に全生物種の82%が絶滅した。
原因は温暖化による海洋無酸素事変、及びその揺り戻しによる寒冷化によるものである。温暖化により極地の氷が溶け、海流が澱み海水の酸素が足りなくなる。で、バッタバッタと酸素呼吸生物が絶滅するから呼吸によって生成される二酸化炭素が減り過ぎて寒冷化というコンボである。
なんで温暖化したかはやや不明瞭だが、もしかしたら隕石衝突なんかも絡んでくるのやもしれない。
デボン紀が終わり、陸上植物が今日化石燃料たる石炭として姿をみせる、石炭紀に移る。

その三は石炭紀の次、ペルム紀末の、地球の歴史上最大の大量絶滅である。
全生物種で90~95%が絶滅したという。海生生物では96%に及んだとか。
原因は恐らく、大陸移動による超大陸パンゲアの形成に伴うスーパープルームの地上への噴出と思われる。スーパープルームとは地球の内部で循環するマントルの流れであり、その噴出は超大規模な噴火活動として現れることになる。この時の噴火の痕跡は今もシベリアに大量の火山岩、シベリア・トラップとして残っている。
噴火により太陽が遮られ寒冷化、その後噴出した二酸化炭素による温暖化、温暖化により深海のメタンハイドレートが気化し温暖化が促進(メタンも温室効果ガス)、メタンと酸素が反応し大気中の酸素濃度の低下、火山ガスによる酸性雨で植物が枯れ酸素濃度の低下に拍車がかかる、とまあ地獄である。ああもちろん海洋無酸素事変も起きてるよ。
この結果、辛うじて生き永らえてきた三葉虫も全滅し、絶滅に強い昆虫の類ですらかなりの目を失った。
気嚢を持つ恐竜の先祖、横隔膜を持つ哺乳類の先祖が酸素濃度の低下に適応し、次の時代、古生代が終わり中生代となった時代に繁栄していく。

その四は中生代の初め、三畳紀の末。
全生物種の76%が絶滅した。
その原因もまた火山活動と関連付けられている。大西洋の海底にその痕跡が残っているとか。
あるいは隕石がその原因なのかもしれない。
この影響により大型動物の多くが絶滅し、当時小型だった恐竜が地球の王者となる。

その五は有名か。白亜紀末。恐竜の絶滅といえば話は早い。
全生物種の70%が絶滅した。
原因は隕石説が主流である。火山説などもあるし、その辺の複合というのもある。
もっともジュラ紀に比べて恐竜自体衰えを見せていたところもある。
ちなみにアンモナイトも絶滅した。中生代といえばアンモナイトである。
これにより中生代は終わり、新生代が始まる。


と、言った具合だが、実は今現在、大量絶滅が起きているという言説もある。
原因はヒトという生物種によるもの、ということになる。
ああ、人間は原始的な時代でさえマンモスのような巨大生物を絶滅させ、今では強力な銃器による狩猟圧や産業革命による自然環境への影響などによりあまりに多くの種族の命運を奪ったのではないか!
このままではこの地球はどうなってしまうのか!ただ一種の生物により大量絶滅が起きた事があっただろうか!
人間ほど恐ろしいものはこの世にはない!!!



と、まあ大量絶滅の紹介ではこんな風に人間による大量絶滅をオチとして持っていくのが定番であり鉄板だが、ただ一種の生物による大量絶滅というのは、まあ種で言えばもうちょいあるか知らんが似たようなのは無くはない。

上記の大量絶滅のビックファイブはあくまで顕生代、目に見える化石が地質に埋まっている時代の大量絶滅である。
顕生代の前、原生代の最初期、シアノバクテリア、つまり藍藻が引き起こした大量絶滅はビッグファイブや現在進行形の大量絶滅になお勝るほどの異変であった。
シアノバクテリア、酸素発生型光合成をする真正細菌。これが原生代の前、始生代に生まれ、繁栄した。光合成により酸素を発生させる。この頃の全ての生物は単細胞生物である訳だが、シアノバクテリアのような生物を除きほとんどが嫌気性、酸素を猛毒として受け付けない生物ばかりであった。
光合成により自分たちだけが利用できる酸素という猛毒をまき散らしながら反映するシアノバクテリア。酸素により海水中に豊富に存在した鉄イオンを酸化し、それが海底に大量に堆積し現在我々が利用する鉄鉱床となった。酸素により大気中の温室効果ガスが酸化されまくり超寒冷化、スノーボールアース、全球凍結。地球の全面、赤道付近も含めて氷漬けとなった。氷漬けとなったおかげで地球全体のアルペド、反射率が下がり太陽光により温まりにくくなり更に寒冷化……といった具合である。

この状態が3億年ぐらい続く。これもう終わりじゃね?って感じもするが、海が全て凍ったため、火山活動により大気中に放出される温室効果ガスの吸収が行われず、それが十分に溜まると氷床が溶けだすという具合であるらしい。生命は深海底や火山の周辺、熱水噴出孔の近くなどで生き永らえていたという。



大量絶滅は悲劇であるが、劇の終わりは次の劇の始まりでもある。
破壊無くして創造無しともいうが、大量絶滅ののち、空いたニッチを埋めようと様々な生物が適応放散し、進化していく。
あるいは、人間による大量絶滅の後も新たな生物が進化していき、種の多様性は保たれるのではなかろうか?

もっとも、それが人類にとって好ましい結果であるかどうかは別であるが。
結局のところ、何故生物種が絶滅して問題かというと、資源や学術的な理由、経済的な理由などにより人間にとって不利益になるからなんだよね。
そこを無視して自然環境保護を唱えるのはやはり片手落ちではないか。たまにそう思う時がある。ある種の倫理観も人間が考えたものであることだし。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/08/01(水) 01:37:20|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「恐蟹綱」

恐蟹綱 - Wikipedia
アノマロカリス - Wikipedia


恐蟹綱、「きょうかいこう」と読む。恐るべき蟹。なんだかファンタジーっぽくもあるが、要はカンブリア紀に最大の捕食動物として君臨していたアノマロカリスの仲間を指す生物分類である。

生物で恐の字がつくのというとまず恐竜が思い浮かぶ。これもまた中生代の地球を支配していた生物の名である。それにあやかっての名前かも知れない。

アノマロカリスはラテン語で奇妙なエビという意味である。
これはまずその触手部分が化石として発見された訳だが、エビの胴体のように見えるのに一向に頭部が発見されない、これは奇妙だという具合で付けられたそうだ。
後に口や胴体が別の動物と分類されていたことに気づいた訳だが結局の話水棲の節足動物ということで確かに奇妙なエビという表現は当たらずとも遠からずと言えよう。節足というだけあって節のある構造がその助けとなった訳か。

そしてアノマロカリスはかなり原始的な節足動物に当たる。どうやら全体は甲殻で覆われていなかったようだとか。
しかし高速で泳ぐための鰭、複眼、部分的とはいえ甲殻、そして1mにまで及ぶ体格。これだけあればカンブリア紀において覇者になるのはわからない話ではない。実際、三葉虫やアノマロカリスのような生物が目を進化によって得たことが捕食圧の急激な増大を促し、多くの生物が硬い殻をもつように進化したからこそ化石が多く残りやすくなり、それゆえカンブリア爆発とよばれる生物種の極端な増大を成立させたという話もある。実際にはもっと複雑か知らんが。



意外と、地質年代の地球というのはどういう具合かパッと想像できないものなんだよなあ。
その時代の生物を知ればある程度はわかるだろうか。太陽だってもっと光量が低かったとかもあるし。地上はカンブリア紀はまだまだ不毛だっけ。
古生代のロマン。アノマロカリスも地味に古生代の中期、魚の時代であるデボン紀まで子孫がいるんだよな。進化的にギリギリの生物のロマンもある。シーラカンスもまた伝説的なロマン生物。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/07/13(金) 03:03:34|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「アルクビエレ・ドライブ」

アルクビエレ・ドライブ - Wikipedia

所謂「超光速航法」の一つの案。SF関連でWikipediaのページ色々見てたらあった。

一般相対性理論の範疇で超光速を実現させようとすると、という具合。
まあ光の速度より速く進むことはできない。でも宇宙の膨張速度は光速を超える(そこが観測可能な宇宙の端ということになる)。これは時空自体の広がりであるからだ(確かそんな話だったはず)。
ほんじゃ、それを利用して超光速移動としゃれこもうか、という具合の話。

宇宙船の進行方向の空間を収縮させ、後方を拡大させる。そんな感じの泡のような時空を作りそれの中でサーフィンするように進む。
話としては簡単だが色々と問題は多いらしい。普通にやろうとするとビッグバンを遥かに超えるエネルギーが必要。負の質量とか言う概念が必要。そもそも光速を超えられるか不明。等々。
下手するとタイムマシンになってしまう可能性があるのも問題。いやタイムマシンならもっとすごいじゃんてな話だが、そんなもんできたら因果律とかぶっこわれるもんね。まあぶっ壊れて悪いのかいいものかどうかすらわからないんだけど。

まあそれを解決する策とかも考えられるが、話としては、ガチで超光速とか考えだすとやはり頭痛がしてくるような学問的な話も出てくるというもの。
最近のSF、特にハードなので宇宙SFは少ない気がする。あんま調べてないが。
宇宙進出は夢に終わりそうという感覚があるからか?

しかしやっぱり宇宙は魅力。どうにかこうにか宇宙開発していきたいなあ。
ロマンこそがヒトを宇宙に打ち上げる?それ以上のものが宇宙開発には必要?いやそれ以上のロマンと、リアリティか。リアリティは現実の度合いとはまた違う訳で。

火星のテラフォーミングとかガチでしたいなあ。そういうゲームとかあったよね。シムアースはシムアースだが別に。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/07(木) 01:55:05|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ