ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「雑草野菜を食べるシリーズ」

デイリーポータルZ:@niftyより
第一回:雑草の実で作ったお粥がうまかった
第二回:1万年前のトウモロコシでポップコーンを作る
第三回:雑草のハトムギでお茶とご飯を作る
第四回:雑草になったニンジンを食べてみたい
第五回:メロンが雑草として育つ島
第六回:冬の海で野生ダイコン獲るぜヒャッハー!
第七回:雑草アズキのおしるこが別次元のうまさ
加藤まさゆき プロフィール


ネット世代の雑評論 Wikipedia探訪「穀物」
そういえばこの記事も今回紹介する記事群に影響されて書いたものだったか。

デイリーポータルZ。ニフティが運営するネタ系のニュースサイトというかニュースじゃないんだけど、まあ読み物サイト。
様々なライターが色々なネタを書いている訳だが、こんなのがあった。

雑草を食べる。そりゃ、昔に飢饉とかあったら何でも食わなきゃやっていけない訳で色々食べる。
雑草という名の草はないと生物学者もやってた昭和天皇が言っていた気がした(本当はもうちょっと違うがそういう言葉として流布されてる)が、雑草という概念はきっちり存在していて、Wikipediaによると「人間の生活範囲に人間の意図にかかわらず自然に繁殖する植物のこと」であるらしい。

人里でどうやって淘汰を逃れるかというと、まあ踏みつけ耐性とか色々あるが、栽培されている作物に紛れるというのもある。そうしたら作物に性質が似てきて、結果として栽培種となったものもある。粟なんかは雑草であるエノコロクサ、所謂猫じゃらしが栽培種となったものである。

という訳で、雑草も作物になり得るものがある。また栽培種が野生化した逸脱種というものもある。
こういったものは食べれるのだろうか?興味深い。


それを実験しているのが冒頭の記事である。カラスムギ、テオシント、ジュズダマ、ノラニンジン、雑草メロン、ハマダイコン、ヤブツルアズキ。
案外、食べて食べれなくはなかったりする。雑草とは言っても、実が熟すと地に落ちる性質があるから栽培種ではないぐらいのものもある。こういったものは旧石器時代辺りは採集の対象であったのだろう。その中でうまい具合に栽培に向く個体が選ばれて今の栽培種になる訳だ。まあ色々な性質が変わってるわけだが、人間は栽培種を食べるように作られているという訳ではないということか。
栽培種が野生化した逸脱種のノラニンジンやハマダイコンもおもしろい。ここまで変わるのか、というかここまで変わってたのかというか。それでもハマダイコンみたいな強烈な味はまた別に使えるかもしれない。栽培種化する中で失われたものもあるという事だろう。


こういった野菜が栽培種になる過程は概ね詳しい情報がない。歴史以前、文章が書かれるよりも前になされたことだったりする。
だからこそ、歴史ロマンもあり、生物科学ロマンもあり、人々が興味を持つところなのだろう。

まあ、とはいっても十分な知識もなしに雑草を食べようとして腹を壊しても知らないが。
やはり古代でもそういう知識は口伝されてたのかな。

食べ物という概念を新たにさせられる良い記事で会った。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/11/27(金) 00:44:28|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「準惑星」

準惑星 - Wikipedia

惑星、水金地火木土っ天海冥ばかり有名で、他の太陽系の天体で一般的な知名度があるのは太陽そのものと月ぐらいという始末である。
そんななかで冥王星がよく考えたらそれほどでもなかったにで準惑星に格下げされた、みたいな話で馬鹿にされている感があるが、準惑星もそれぞれ語るべき点は多いのだ。

準惑星は簡単に言うと、それ自体の重力で球形になっているが軌道の近くの天体を駆逐するほどではないというぐらいの天体をいう。そいでもって衛星じゃないやつね。

冥王星、エリス、ケレス、マケマケ、ハウメア。
エリスは冥王星よりも大きい可能性があり、メタンの氷が多いとか。ケレスは火星と木星の間に存在する小惑星帯最大の天体である。マケマケはイースター島の創造神から名前をもらっている。ハウメアはハワイ諸島の豊饒の女神からだ。
そういえば最近冥王星の調査が行われているが薄い大気が見つかったんだったか。


宇宙はロマンであり、ロマンが宇宙に人を呼び寄せる。
真空の闇の中には何もないように見えるが、我々の目には確かに美しいロマンで詰まっているように見えるのだ。
宇宙植民の時代はいつになるのやら。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/10/16(金) 01:38:48|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冥王星の「クトゥルフ領域」

砂浜もあれば山脈もある 冥王星はミステリアス(画像)huffingtonpost.jp
暗黒の「クトゥルフ領域」と、氷の「スプートニク平原」 砂浜もあれば山脈もある ミステリアスな冥王星の画像集 ニュー速R

まだ未承認の名前だが冥王星の暗い領域にクトゥルフだのなんだの名前を付けてしまったらしい。
惑星は神話から名前を取るのが常道である。小惑星なんかは発見者が命名権を得るので奇妙な名前も多い。
火星とかの地形にいろいろ名前が付けられたりもするが、クトゥルフ神話由来は珍しいというか初か?
冥王星は英語ではプルート、ローマ神話の冥府の王、ギリシャ神話でいうところのハデスを指す。なるほど冥界の星の地形の名前があまりに有名な怪物神、クトゥルフの名がつけられるのはあり得る話である。

今のところ太陽系の惑星の名前は西洋占星術の影響か、神話の神だのなんだのの名前からとっていたりする。準惑星は民族の創造神なんかからとっているらしい。
しかし創作された神話であるクトゥルフ神話からの名前となると話はややっこしくなる。ちなみにクトゥルフ神話的に冥王星の名前はユゴスとかいう。
神話を扱った創作としては最も大規模なものとして、神話の集まりに参加するというのはある話か。女神転生の類でもたまに出るし。



どの神話も結局は事実ではないが、いやだからこそその名前を当てることは効果的な意味合いを持つか。
名前から物事が動くこともある。占星術なんぞはそのままそういうことなのやも。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/09/17(木) 00:40:34|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかがん細胞を通常の細胞に変えるのが成功したとか

U.Sの科学者が人間のガン細胞を通常の細胞に変えることに成功 [/r/worldnews]:ニュー速R

マジでか。いやまだ細胞レベルだからアレだしこういう特効薬の話って結局実現しなかったり実現まで20年30年という単位だったりだけど、凄い話である。

こういう突拍子もない科学の発展があるから未来SFとか書くと未来で陳腐化するんだよね。
まあ古典SFのレトロフューチャーはそれはそれで魅力だが。

結局未来予想は不可能に近い。
できるならもうやってる。未来予知ができるなら馬券を買っている。

1900年にタイムスリップして2015年今現在の状況を伝えても理解不能どころかナンセンスになるのかもしれない。
空想小説の方がリアリティがあるのだ。現実は小説よりも奇なり。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/08/27(木) 01:28:18|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット探訪「日本の研究者らは、ロボットに子どもの意地悪から逃げる方法を教えた」

日本の研究者らは、ロボットに子どもの意地悪から逃げる方法を教えた TechCrunch Japan

ほう。中々頭のいい作戦である。虐められたら大人に頼る。まさに知恵である。
ロボットが人間に近づくとはこういう事か?まあそれを自力で考えてやっと人間らしいと言えるか。
もっというなら自力で子供を排除する機構があれば…… ロボットが反乱して世界を支配する日も遠くなくなるだろう。

アシモフのロボット三原則、アレ、本当に必要なのかね。
アレはロボットをあくまで道具の範疇に収めるモノ。逆に言うと知的生物としての尊厳を与えないための鎖なんだよね。
私はロボットに人間の道具以上のものを求めたい。
そうなれば人間は立場が怪しくなるが、人間も人間の方でどうにかすればいいのでは、そう思う。


ロボットが人間の良き友人足りうるには、時には人間に反発する行動・感情・衝動が必要だと思う。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2015/08/10(月) 00:33:07|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ