ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「大和」「倭」

大和 - Wikipedia
倭 - Wikipedia

ただ大和と書くと日本の古称、雅称、あるいは別名かなといった感じである。
大和国と書くと今でいう奈良県ということになる。戦国時代には松永久秀やらが争い合っていた辺りということになる。
しかし大和とは本来の意味は奈良盆地の東南地域の事を指す。
もっと言えば三輪山麓一帯の事らしい。ヤマト、諸説あるが山のふもとだとかそういう意味らしい。

何故ここまで拡大してしまったのかというと、そここそがヤマト王権の本拠地であり、その勢力が拡大していくに従って奈良盆地一帯、河内方面、近畿、畿内、日本全体がやまとと呼ばれるようになったわけだ。

元々紀元前~一世紀ぐらいから、中国の東側の海の民を倭人と称したらしく、そこから日本列島に住む人々を倭人と呼び、日本は倭国という事になった。千夜一夜物語などに出てくるワークワークという地名は倭国から来ているという。

倭という文字の由来も不明だが、ワという音であることは間違いない。上代日本語は母音が八つある訳だがア行に関しては変化はない。中国での発音はまた別だが。
で、問題はヤマト王権の勢力が拡大するに至って倭をやまとと訓じるというめんどくさいことをし始めた。まあ訓読みというのは元々の漢字の意味に日本語の読みを与えるものである訳ではあるが、まあめんどくさい話ではある。音読みは漢字、中国の読みという事になる訳だがそこからしてある時代のある地域の発音でしかなくそもそもそれもズレている疑いがあるので始末に負えない。

それで、飛鳥時代(これも無茶な訓読みである)にはヤマトは大倭とか書くようになる。そして遣隋使だの国際関係上の理由で国号を日本と変えたわけだが、もしかしたら日本と書いてヤマトと呼んでいた可能性すらある。ヤマトタケルとか日本武尊だもんね。

そんでもって更に後世、奈良時代になって大倭が大和に変えられた。好字だとかそういう話もあるが詳細は不明である。
そうなると和の字を以て日本という意味(和風とかね)が出てくる訳である。


万葉仮名による当て字で書くと、基本的には夜麻登となるらしい。万葉集などで使われるから万葉仮名と言われるが、万葉仮名で書かれた書物は八母音の上代日本語を保存しているため言語学的に重要なものがあるという。
他の書き方では山跡、野麻登、椰麽等、夜麻苔、山常、也麻等、夜末等、夜万登、八間跡などがあるという。



そして邪馬台国。中国側の当て字という事になる話だが、これをヤマトコクと読めば邪馬台国畿内説は有利になる。
九州の筑紫国山門郡という説もあるが発音がやや違う上にあの辺りは特別弥生時代の遺跡がある訳でもない。
邪馬台国の位置の論争はかなり泥沼なことになっていてどちらも決定打に欠ける状況であり、私も当然素人なのでどちらであると言い切ることはできないが、邪馬台国というヤマトに似た音を持つ国がそのままヤマト王権に繋がっていくという流れはわかりやすい気もする。
東遷説もあるけど神武天皇なら二倍歴説で考えてももうちょい前だよね。まああの辺の古事記、日本書紀の記述を鵜呑みにする訳にはいかないが。



言葉によって歴史を透かし見る。
人間の文化とは言葉と共にあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/23(日) 18:55:29|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「ウェルウィッチア」

Wikipedia - ウェルウィッチア

ウェルウィッチア。絶滅危惧種、というほどでもないが希少な、そして異形の植物で、所謂「生きている化石」である。
野生環境ではナミブ砂漠にのみ生息する。アンゴラ、ナミビアに生息地がある。
和名はサバクオモト(砂漠万年青)やキソウテンガイ(奇想天外)とかいうらしい。結構印象的な名前である。

まあその辺はいい。
わざわざ記事を描いた理由はWikipediaに書いてあった一文が面白かったので。引用する。

引用
希少植物であることから、ナミビアでは厳重に管理されている[4]。逆説的だが、アンゴラでは内戦で埋設された地雷が人間活動を遠ざけ、ナミビアより本種がよく保護される結果となっている[34][35]。

ふむ。

地雷により守られる自然環境、内戦の結果により保護される。
国破れて山河在り、ではないが、悲惨な現代の戦争の象徴ともいえる地雷が希少植物を、自然環境を守るとは興味深い。


世の中はわかりやすくは出来ていないという話。塞翁が馬。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/19(木) 14:39:21|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンオーブのサンダーブレスター形態がかなりやばい件について

ウルトラマンオーブ - Wikipedia
Youtube Tsuburaya Prod. Official Channel

アニヲタWiki(仮) サンダーブレスター(ウルトラマンオーブ)


ウルトラマンシリーズは怪獣、ビルをも超え得る体長の巨大な怪物と戦う巨大ヒーローものの元祖にして代名詞であり、現在まで多くの作品が作られている。
ウルトラマンオーブはウルトラマン生誕50周年記念作品であり、特徴として過去作品の過去作品の二人のウルトラマンの力を借りて変身するというものがある。2016年10月20日現在第15回まで放送中(土曜日朝9時から9時半まで、テレビ東京系列)。予定では25回までやるらしくまた劇場版もあるようだ。
同じ特撮の仮面ライダーの周年記念作品であるディケイドも過去作品のライダーの力を同じくカードで使ってたし、親子世代レベルで離れるそれぞれの作品のファンの交流させ、人気を利用し、また再燃させる相乗効果を狙うやり方としてわかりやすい。
オーブの方は二体のウルトラマン、本編で登場する形態では平成作品のと昭和作品のでフュージョンアップするのでより融和の度合いを進めている印象もある。


で、それぞれの形態は二体のウルトラマンの力が融合したそれな訳だが、
スペシウムゼペリオン形態は昭和と平成の最初のウルトラマンであるマンとティガの力、
バーンマイト形態は師弟関係という設定のあるタロウとメビウス、
ハリケーンスラッシュ形態はセブンからウルトラブレスレットを貰ったというだけの若干強引な組み合わせのジャック(帰ってきたウルトラマン)とゼロ
な訳だが、問題はサンダーブレスター形態。

昭和の方はゾフィーである。まあそれは、主役格のウルトラマンではないという感もあるが、一応良い。
平成の方はまさかのベリアルである。ウルトラマンベリアルはウルトラマンシリーズでは非常に珍しい闇墜ちウルトラマン、映画のラスボスなどもやっている。
ゾフィーの光の力でベリアルの闇の力を制御するという具合だが、ベリアルは世代で言うとウルトラの父世代でありゾフィーより格上で、映画でもゾフィーはすぐにのされていた。
そういう訳で、サンダーブレスター形態は情報が公開された時点から暴走する予想が為されていたが、ファンの予想を上回る大暴れをしてしまっている。



第12回ではこれまでの形態では全くかなわなかったマガオロチに対して破れかぶれで変身。着地するだけでビル街が崩れ、最近のウルトラマンでは珍しい町を破壊しながらの戦いが見れる。引き倒してビルを倒壊させるならまだしもビルを引っこ抜いて投げつけたり、八つ裂き光輪でマガオロチの尻尾を切断したりとやりたい放題である。ただ殴り蹴るだけでも暴力的な仕草なのが面白い。
一応マガオロチが事前に暴れていたため周囲の住民はすでに避難していたので人的被害はなかったが……

第15回では食物連鎖という進化形態をとった地球の生命をリセットさせるという異世界の独善的ロボット、ギャラクトロンに対して変身した訳だが、ここでウルトラマン史上でも類を見ない暴行を引き起こした。
まずギャラクトロンに飛びかかる際、怪獣災害に対処する特捜チームビートル隊のVTOL機ゼットビートルが近くにいたので邪魔だとばかりに手で払い飛ばし、更にギャラクトロンの赤いコアにヒロインであるナオミがいる事がわかっているにもかかわらずその周辺を重点的に攻撃、手や尻尾をもぎ取り破壊する部位破壊、マウントからの殴打、左腕のブレードをもぎ取りそれで殴り掛かる……
最終的にナオミの声で留まるように見えたがギャラクトロンがそのスキをついて反撃したために必殺のゼットシウム光線で未だナオミが取り込まれているにもかかわらずギャラクトロンを破壊した。

結果的には何やかんやで死者は出なかったが、主役であるウルトラマンがここまで邪悪に描かれたことはこれまでになかった。
第12回では暴走気味だったので第15回で制御に成功するかと思いきや余計に大暴れして、カラータイマーが鳴って、味方側の人間にオーブが消えてくれると言われてしまう始末。
基本的にウルトラマンは子供向けの作品な訳だが、これを見た子供たちはどう思ったか。

しかし、この容赦ない暴れっぷりはまた、大いに爽快でもあった。
ウルトラマンは完璧なる善の存在として描かれてきた。一種の神格のような扱いである。ならばサンダーブレスター形態は荒ぶる神という具合か。
光あればこそ闇も存在し、その逆もまた然り。ウルトラマンという存在を考え直すきっかけにもなり得る。


一切の慈悲もなく敵を抹殺する。
まあ、アンチヒーローの類型の一種と言ってしまえばそうだが、例えばニンジャスレイヤー、例えばガンダム鉄血のオルフェンズの三日月オーガス、あるいは同じ円谷のレッドマン、あまり詳しくはないが仮面ライダーアマゾンズなどもそうか。過剰な暴力と目的意識をもって事を為す。現代に求められる主人公性とはそういうところにあるのかもしれない。

まだまだウルトラマンオーブは続く。今後サンダーブレスター形態はどのような扱われ方が為されるだろうか。注目である。
実力的にバランスブレイカーだから容易く制御できるという具合にはならなさそうな気がするが……

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/10/20(木) 01:22:21|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「超正常刺激」

超正常刺激 - Wikipedia


超正常刺激。
Wikipediaによると、

引用
超正常刺激(ちょうせいじょうしげき、supernormal stimulus)とは、動物において、現実にはあり得ないのに、その動物に特定の行動を引き出す刺激のことである。

らしい。現実にはというより自然界には、とした方がわかりいいかもしれない。
つまるところ、その刺激に反応しても仕方がないのに反応してしまうという話である。

例示されているように、3個卵を産んで温めるミヤコドリが5個の卵を置けばそちらを温めようとし、また似た色と形ならば2倍3倍とあり得ないほど大きい偽者の卵を温めようとするのがそれである。
托卵鳥であるカッコウなんかはそれを利用して大きめの卵を他の鳥の巣に忍ばせる訳である。

要は、普通に反応するための機能が異常に高く反応する刺激、やりすぎな刺激を言う。カッコウの托卵なんかは自然界でも見られるが、普通はこういうのは自然界ではあまりあり得ないためそれを妨げる進化が起こらなかったという形だろう。
普通に働けば有利に働くものだが限度が無いためおかしなことになる。コンピュータープログラムでもありそうな初歩的なミスであるが、まあDNAをプログラムしたのが神だとすればとんだ素人であることは間違いなかろう。ただでさえスパゲッティーコード過ぎると言われてるのに。


で、人間もまた動物であり、超正常刺激があるらしい。
その内容は、「頭の上に何かあった方がよいのではないか」という欲求である。例えば角だとか、天使の光輪だとか。より現実的なもので言えば帽子だとか王冠だとか猫耳だとかウサ耳だとか。あるいは盛りまくった髪型もそれと言えるだろう。

確かに人間は脳味噌が大きく、知性がある。しかしその知性は結局この文明を築いたという程度にしか証明されておらず、不合理な点ばかりである。
だがだからこそ面白く、だからこそ生きていけるのかもしれない。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/10/11(火) 01:36:58|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異世界モノとハイファンタジー云々について

アニヲタWiki(仮) 異世界モノ
異世界 ニコニコ大百科
ハイファンタジー ピクシブ百科事典
ハイ・ファンタジー - Wikipedia

異世界モノとハイファンタジー。
異世界モノというとまず思い浮かぶのは最近有名になってきたいわゆる「なろう系」のライトノベルか。ハイファンタジーというと多くの人がまず頭に思い浮かべるのはファンタジーの古典中の古典、金字塔である指輪物語であろう。

これらはお互い大きく重なり合う、あるいは内包する創作ジャンルである。
と、いうか文脈によっては同じ意味で使われる場合もままある。が、やはり多くの場合で違いは見られるものだ。

まあ異世界モノはファンタジーには限らない(SFなんかの場合もある)とかそういうのは置いておくとして、異世界モノは現実世界とのつながりを持つ。ハイファンタジーは持たない、あるいは持たなくてもいい、というのが定義の差異だろう。
現実世界とはつまりこの地球の世界のことである。おおよそ今この文章を読んでいるあなたが住んでいるような世界である。※もし異世界の方が読んでおられるのならば、この文章はあなたに向けられたものではないことを留意していただきたい。
ハイファンタジーの場合、現実世界が作中に存在してもいいが、作中の活劇の主たる舞台ではないことが必要である。それでも定義によってはそれはローファンタジーである、とする場合もある(ハードSFソフトSFのような区切り方をする場合もあるが今回は考えない)

実際的に、完全に現実世界と関わりのないハイファンタジーというのもやや少ない気もしてくる。指輪物語でさえ、よくよく世界観設定を吟味すればアレは過去、古代の地球の世界の話だとわかる。
事の本質としては、作中で現実世界が重要な話題かどうか、というところでグレーゾーンの作品は多い。

そして、異世界モノもまたグレーゾーンは多い。異世界モノというと現実世界の技術やら知識やら物品やらで無双というのはありきたりな話ではあるが、こういう話の組み立ては古典と呼ばれる作品にも多く、火星のプリンセスは現実に想像された火星での地球人の活躍を描いた古典SFで、火星でなくても白人酋長ものと呼ばれる作品は未開な地に文明社会をもって活躍するという筋書きで、なるほどアフリカの奥地もその時代ならば異世界といえるのやもしれない。


ハイファンタジーの対義語はローファンタジーで、現実世界を舞台として魔法やらモンスターやらが出てくる作品、という事になる訳だが、どこまでならハイファンタジーでどこまでならローファンタジーかという定義は今の今まで決定されていない。

例えばハリーポッターは現実地球の話ではあるが、魔法使いの世界という領域が存在するようで作中の大部分はそこで繰り広げられる。しかしそうでない、魔法使いとは関係のない現実的な舞台もまた重要な意味を持ち、魔法使いではないキャラ(作中用語でマグル)も重要人物となり得る。
概ねハリーポッターはローファンタジーとして扱われているだろうか。

東方projectなんかはどうだろう。東方は地球、日本という現実世界の中に存在する幻想郷という異世界を主たる舞台とする。たまに地獄や魔界や天界などといった別の異世界に行くこともあるが、異世界で話が完結する場合がほとんどである、
そう、ほとんどである。幻想郷の外の現実世界は、「外の世界」としてたまに描写され、作中人物のいくらかが外の世界の出身であったり、場合によっては外の世界に行くこともある。そして外の世界の物品がたまに幻想郷に流れ着き、情報や文化がもたらされる。
外の世界関係なしに完結する作品もあれば、外の世界が重要なテーマとなる作品もある。微妙なところであるが、定義によってはハイファンタジーといえなくもないか?例えば紅魔郷一作品ならばハイファンタジーと言えるだろう。細かい設定がその時既に存在するとしても。

オズの魔法使いなどは?そういえば異世界モノ、異世界転移に相当するが、特に現実世界の要素関係なく運頼りで無双してる感もあるがまあいいや。
ドロシーはカンザス州の出身だが、オズ王国はどこからどう見ても完全な異界、異世界である。そして異世界のファンタジー的ルールにのっとって話は進む。しかし作品全体的なテーマとしては当時のアメリカ政経済の揶揄といった面もあり、現実的な要素も大きい。
難しいところである。オズもまたネブラスカ州の出身だし、あるいは夢オチという目もあるのでやはりローファンタジーか?



創作の類型は多く、異世界と言っても色々な形がある。
それぞれに異世界の設定には作品にとっての意味がある訳だ。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2016/10/06(木) 03:11:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ