ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「灌頂」

灌頂 - Wikipedia

灌頂。やや馴染みのない言葉かもしれないが仏教における儀式の一つであり、元々菩薩が仏になる時のそれなのだが今では密教において仏教僧としての位を向上させる儀式となっている。元をたどればインドの即位、立太子の儀式から来ているらしい。

密教。大乗仏教の秘密教、あるいは秘密仏教とも。
要は経典を読んだだけではわからない部分みたい話で、だから灌頂のような儀式が必要になってくるという具合である。
初期仏教は半分哲学みたいだったところをゴチャゴチャ様々な経緯を経た結果奇妙な神秘主義に落ち着いたという印象もあるが、実際問題、宗教の形に優劣があるとも思えんので気にしないでもいい。
たま~に、というか大昔には汎神論・アミニズムから多神教を経て一神教へ宗教は進歩していくみたいな主張も聞かないではなかったが、いうて別にミーム複合体としての宗教という観点から見たとしても必ずしも一神教が多神教よりも強いとも思えない。そらまあ一神教は排他的な性質を持つので多神教の潰していった訳ではあるが、でもいうてキリスト教とかだって一神教と銘打ってるが天使とか聖人とかも祀ってるようなもんだしな。

まあ何にせよ、仏教の儀式として灌頂という物がある訳だ。
で、灌頂にも色々あるが日本仏教における勧請の一番初歩的なそれ、結縁灌頂なんかもちょっと面白い。
出家した信者でも在家の信者でも受けられるのだが、自分の守り本尊を決める儀式ということになる。やり方は様々な仏やら菩薩やらが描かれた曼荼羅に目隠しして華を投げて、落ちたところの仏と縁を結ぶというちょっとゲーム感覚があるものだ。投華得仏ともいう。
曼荼羅には鬼神や羅刹なども描かれているが、一応そこに華が落ちたならその祀り方や儀式が伝授されるという建前になっている。しかし実際に寺でやると目隠しを取る前に坊主が落ちた華を大日如来のところに移動させるので絶対に守り本尊は大日如来になるらしい。なんか残念感があるよな。

他にも弟子となるためや弟子を得る資格を得るための勧請があったりする。


チベット仏教での灌頂はまた違った形に成る訳だが、後期密教のタントラに書かれたそれをそのままやろうとすると完全に変態行為・公序良俗に反するそれになってしまう。
詳しくはwikipediaの秘密集会タントラの項に譲るが書いた人は何を思ってこんなことを書いたのか。初期はマジで実践してたみたいだし。
いやそらまあ当時には当時の事情もあった訳だし、後からつけられた理論もわからなくはないのだが、中々にロックでアナーキーだよなあ。なんで美しい16歳の処女を性的ヨーガの為に師に捧げて、挙句の果てには、という発想が出てくるのか。まあ初夜権とかその辺の習俗に宗教的意味合いを持たせたのか知らんが。


仏教。日本人のすぐそばにある宗教だが、一つ奥に入るとまた違った姿が垣間見える。
宗教というのは膨大なミーム複合体であり、だからこそ調べれば調べるほど興味深い。まあ迷信は結局迷信なのではあるが、文化としての価値は否定することが出来ないという話。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/02/07(木) 00:35:02|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「Variations of the ichthys symbol」

Variations of the ichthys symbol - Wikipedia
イクトゥス - Wikipedia


キリスト教のシンボルというとやはり十字架が思い浮かぶが、それとは別にイクトゥスというものがある。
横から見た魚の形をしたシンボルであり、12使徒の4人までが漁師でありイエスも魚の寓話を多用したことから来ているのかもしれない。
基本的には初期の、迫害を受けていたころのキリスト教の隠れシンボルという具合だが現代でもアクセサリーや小物などのデザインに用いられ、それはキリスト教的な意味を帯びる。

非常に単純な形をしているので結構パロディも多い。それが冒頭の記事(英語)である。


足の生えたイクトゥスはダーウィンフィッシュ。最初に陸に上がった脊椎動物イクチオステガを想起させるそれは進化論をシンボライズしたモノか。
進化論とキリスト教は必ずしも相反しないとは言うが、やはり進化論の指し示すところを深く理解すればするほど創造論・迷信・宗教から離れていくものではある。

他にも羽根をつけてロケット風にしたサイエンスフィッシュ、宇宙船風にしたトレックフィッシュ、空飛ぶスパゲッティーモンスター教のシンボル、羽根と足と触手をつけたクトゥルフフィッシュ……

パロディとはやはり元のそれとの関わりありきである。
キリスト教を揶揄したいからこそ、キリスト教のシンボルを用いる訳だ。
十字なんかは余りに汎用すぎてシンボルでありながらシンボル的ですらなくなっているが、イクトゥスはキリスト教を特に表すのにちょうどよいということかもしれない。



揶揄していると言っても、あるいは馬鹿にしてるとしても、こうしてシンボルを使っているというのはそこに一抹の愛があるからだと思っている。
宗教の非合理性からくる問題点を指摘していたとしても、宗教がもたらした種々の文化の全てを否定している訳ではない。そういう事だろう。
実際、でかい教会や寺院・神社は観光地としては中々いいものである。結局は科学も宗教も使い手次第で毒にも薬にもということか。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/01/17(木) 01:27:56|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムンクの「叫び」と創作論

叫び (エドヴァルド・ムンク) - Wikipedia

固いタイトルにしちゃったけどまあ思いつきだけなので。


エドヴァルド・ムンク。19世紀~20世紀にわたって活躍したノルウェーの国民的な画家である。
その代表作の「叫び」は恐らく世界の絵画の中でもトップテンに入るほど著名であろう。


叫び。まあみんな何かの媒体で目にしたことがあるだろうとは思う。
中央の人物が叫んでいるのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」というムンクの幻覚から来たそれに中央の人物が耳を塞いでいる、というのはもはやトレビアにも足りないか。

まあ幻覚・幻聴でも実際に叫んでいると思っていたのとしてもいい。
私が話題にしたいのは、この絵画が叫び、音をテーマにしているという事である。
絵画からは普通、音はしない。絵というのは視覚芸術であり直接的に聴覚に訴えかけることをしない。
しかしてこの「叫び」。タイトルと耳を塞ぐ中央の人物、捩れた背景からまさしく叫びの音を訴えかけている。
なるほど「叫び」が印象的なのはそこにあるのだと思う。

私が感ずるところでは、「叫び」は表現されえない音を表現しているからこそ、そこにどんな音が、叫びが、苦悶があるのかをより深く想像してしまうところに面白みがあり、感情に訴えかけるところなのだと思う。ムンクがどう考えていたかは別として。

制限された表現手法であるからこそ、その外の事象に鋭敏となり得る。
それは他の芸術作品にも当てはまるだろう。音楽作品から美しい情景を感じる、小説で描かれてない心情描写をこそ強く読者に響く、映画で描かれてない裏事情にこそ興味を抱く……
もう少し卑近な例でいうとグルメ漫画なんかは、もちろん漫画を読んでいても味がするわけもないのだがそこに描かれた種々様々な描写によりその食事に非常にリアリティのあるおいしさというものを感じる。


こういうやり口はありとあらゆる創作での裏技と言えるかもしれない。
少し高度な手法かも知れないが、あるいは創作者はこういった手練手管を意識しといた方が良いのやもしれない。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/01/15(火) 03:08:03|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット探訪「世界で起きていることはすべて、パーカのフードの下で語られる」

世界で起きていることはすべて、パーカのフードの下で語られる WIRED
パーカー (衣類) - Wikipedia
ジーンズ - Wikipedia

パーカ、あるいはパーカー。語源はロシア北部、ツンドラ地帯の先住民ネネツ人の言葉、ネネツ語から来ており彼らの作る動物の毛皮から作ったフード付きの上着をパルカと呼んだことから来ている。

世界中どこでも見かける衣服である。それも大変カジュアルな衣服である。ジーンズもそうであり、機能性が高いものはどうしてもカジュアルで非公式的なものだとみなされがちなところがある。
しかし何故カジュアルでドレスコードに引っかかるかというと要は貧乏人に愛用されているから、という話なのではなかろうか。つまり安価で実用的だということである。
であればこそ、それを気兼ねなく着れる人はなるほど自由を手にしている、とまで言うのは大袈裟かもしれないがあり得る表現である。




ビジネススーツも、パーカーやジーンズもまた同じように衣服であるが、原始人が着る防寒着としてだけの衣服とはあまりにも文化的な積み重ねが違いすぎ、意味が過剰にあふれているということ。

星間SFにおいてスーツ(ビジネススーツみたいなそういうスーツ)を衣服を過剰に重視する文明の最高の聖衣としたカシアンの聖衣は面白い発想だったなあ。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/05(水) 02:03:51|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンデッド(リビングデッド)の種類について考える

アンデッド - Wikipedia
アンデッド ニコニコ大百科


ゾンビランドサガ2話まで見たけど面白かったのでゾンビの種類色々あるけどちょっとまとめて考えて見る。


ブゥードゥーゾンビ
アフリカの精霊信仰が奴隷貿易によりカリブ海に伝わり、カトリックやらと混ぜ合わさった結果作られたブードゥー教における生ける死者(リビングデッド)。
呪術師が有毒性分をいくつか含むゾンビパウダーを生きている人に投与することで仮死状態にして、そこから蘇生させることで奴隷化させる、というものらしい。一種の刑罰でもあったとかなんとか。前頭葉を破壊することで自発的意思を奪うという話だがやや似非科学的な趣もある。
知的障碍者や精神障碍者を見間違ったとかそういう話もある。
よくよく考えるとアンデッドではないが生ける死者といえばそうかもしれない。

ロメロゾンビ
名称は暫定。ロメロ監督が作りまくったゾンビ映画のゾンビ。
大抵は腐乱死体だったりする。死んでいるのでちょっとやそっと撃ったぐらいでは動くのをやめないがきっちり破壊すれば動かなくなる。
基本的には動きは緩慢。数で圧してくる。
動く原因はゾンビウイルスの類が主流か。そういう原因で吸血鬼と同様に増えていく。

スケルトン
白骨死体の動き出したもの。ここまで来るとウイルスで動いてるのはナンセンスになるのでファンタジー世界で魔法の力で動いてるとかそういう感じになる。微妙に筋肉とか腱とか残ってる場合もあるけれども。
ネクロマンサーが古い墓地に行って軍団を作るために魔法で呼び出す、といった具合。骨でスカスカなので刺突武器や弓矢は効果が薄かったり。その代わり打撃には弱かったり?

キョンシー
伝承的にはもっと妖怪染みた何かだが、創作で言われるイメージでは死んで間もない死後硬直状態の死体が動き出したものという事になるか。
中国の道士が符を張り付けて使役したりする。剥がされると暴走したり。
死後硬直状態の死体なので間接が曲がりにくい。足首だけ動かしてぴょんぴょんジャンプしながら動いたり。
死体だが爪は伸び、爪に毒を持っている。人間の血肉を求めたりもする。長い期間生きる(死んでるが)と空を飛ぶ能力を得たりもする。
基本的に明や清時代の伝承なので服装もそれに伴う。拳法を使ってくることも。
まあ他にも色々特徴があったりするが作品による。設定は探せば探すほどある。

マミー
まあ、英語でミイラという意味で、そもそもミイラという言葉はポルトガル語の没薬を表し、ミイラの防腐剤としてこれを使ったのを混同したという話ではある。漢方薬で人のミイラを使ったりとかがあってその辺の話らしい。
何にせよ、創作上のイメージでは包帯でぐるぐる巻きにされた古代エジプトのミイラが蘇ったものを指す場合が多いか。
とはいえミイラも色々あるんだよなあ。日本の即身仏とか。アンデスや中央アジア、中国にもあるし、現在でも社会主義国で防腐処理とかしたレーニンや毛沢東らなんかもミイラと言えばミイラである。

フレッシュゴーレム
ゴーレムというと魔法なんかで石やら鉄やらで出来たでかい人形を動かしてるアレだが、それを人や何かの死肉で作るとフレッシュゴーレムという事になる。
ややマイナーにも聞こえるが所謂フランケンシュタインの怪物はこれに相当する。フランケンシュタイン博士はそれぞれの部位に選りすぐりの死体を使ってちょっとした超人としてフランケンシュタインの怪物(名前が長い)を作った。MTGでは継ぎ接ぎ死体のアンデッドをスカーブとか言ったっけ。
前に、ある種のバーチャルユーチューバーがゲーム操作と声とキャラの外見なんかで全く別々の人物の良いところを合わせているのをフランケンシュタインの怪物に例えてツイートしようと思ったが不穏当だし言うほど合致してないしフランケンシュタインの怪物が選りすぐりの死体から出来ているという原作小説の話を知らない人の方が多そうだということで止めておいたのは今考えても正解だと思っている。
骨を素材とするボーンゴーレムもいるがこれはスケルトンみたいなものだろう。あるいはがしゃどくろ。アレは100体分の骸骨が集まった妖怪だっけ?なんかでっかい骸骨みたいに描かれるけども。

グール
アンデッドというか怪物や妖怪・妖精の類である気もするが割かし創作ではゾンビのいとこか何かだと思われてる節があるので。
アラブ人の伝承に出てくる悪魔。グールというのはアラビア語。女性のグールはグーラという。
墓を暴き死体を喰う事が特徴的か。砂漠に棲み体色と姿を変えられる。犯罪者を怪物として表現したモノ、だとかなんとか。
クトゥルフ神話では取り換え子を行う。ますます妖精の類っぽい。
まあ、ゾンビの類で死体を好んで食うタイプはグールと分類してもいいか。基本的に死んでないので知的能力は普通にあったりする。別にアンデッドじゃないよなぁ。

吸血鬼
吸血鬼もややめんどくさいところがある。いうほど死者か?悪魔や妖怪の類という説も。
まあキョンシーなんかよりもずっと色々バリエーションがあり設定もてんこ盛りな訳だが、とりあえず血を吸うアンデッドである。そして吸血によって仲間を増やす。その辺が核心設定か。
吸血鬼ドラキュラの影響で貴族的な印象もある。銀に弱く十字架に弱く流水に弱く太陽に弱くニンニクに弱く… 弱点が多ければ多いほど強力なのかもしれない。心臓を白木の杭で突き刺さなければ死なないとかね。銀の弾丸で撃ったりとか。他にも鏡に姿が映らないとかもううるさいほど設定があるが創作でどこまで取り入れられているかはそれぞれ。
基本的に知的能力はある。

レヴァナント
霊体である場合もあるが動く死体である場合もある。
復讐というところに関連付けられるようだ。

デュラハン
首無しの騎士のリビングデッド。本来は妖精の一種。

リッチ
古英語での死体という意味だが、強力な魔法使いや王のアンデッドを指したりする。
もっと分かりやすくイメージを集めると、強力なネクロマンサーが死を超越するためにアンデッドとなった姿、といったところか。
仙人をリッチの変種とする場合もあるが、いわゆる尸解仙は死んで人間を超越するという意味でかなり近い感じがある。尸解仙というと東方projectの霍青娥なんかが思い浮かぶか。いや東方だと聖徳太子も尸解仙な訳だが。尸解仙は仙人の中では下、らしい。
兎にも角にも強力なアンデッドという具合である。当然知的能力はある、というか人間よりも高かったりする。
迂闊に名称を使うとダンジョン&ドラゴンズの商標に引っかかる可能性があるので名前だけ変えてる場合も。

ワイト
スカンジナビアの伝承では人の姿をした悪霊。
高貴な人物の死体に悪霊が憑りついたもので触れたものを昏倒させるとか。D&Dでは「不浄な黄色い光」を纏っていてレベルドレインをしてくる。レベルドレインって実際どういう事なんだろうね。ワイトに殺されるとワイトになって甦る。まあアンデッドあるある能力。

ドラウグル
北欧やアイスランドの神話でアンデッドとされる。黒く腫れた死体の姿で超人的な力を持ち、重量を変化させ物を腐敗させる悪臭を出す。

哲学的ゾンビ
えーっと、まあ全然アンデッドじゃない気もするけど、要は物理的化学電気的に人間と完全に同じだが意識、クオリアを持たない存在を指す。
この場合の意識は自我というか、思考の主体というか、説明するのが死ぬほど難しい奴である。意識のハードプログラムの話。
でもまあそういう意味での自我って本当にあるのかって議論もあるし、まあよくわからん。
解剖すればわかる可能性があるとかそういうのは行動的ゾンビとかいうらしい。
いきなりRPGとかでアンデッドとして哲学的ゾンビを出すと知ってる人にはウケるかもしれないが大体は駄々滑りすると思われる。



こう考えて見ると国際色豊かだなあ。全員美少女化して日常4コマ漫画にでもしたらちょっとは売れるかも。
ロメロゾンビがアメリカ代表でブゥードゥーゾンビがハイチ代表で、キョンシーが中国代表、マミーがエジプト代表、グールがサウジアラビア代表、吸血鬼がルーマニア代表、ワイトがスウェーデン代表、ドラウグルがアイスランド代表、デュラハンはドイツあたり代表、後はまあ適当に割り振ればうまくキャラを作れそう。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/10/17(水) 22:30:21|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ