ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

媚びない乞食。2017年度動画紹介・ジャンプ感想回

最悪なのかまだマシなのか。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



このゲームもいい加減バグ多いな。とはいえ、プレイヤーに有利なバグは見逃されるものであるし、通常プレイでバグらなければそれでいいのだ。
むしろ新たな魅力になっている?ゴロンミサイルってな。実際凄まじい推進力だが。



風来のシレン学会もここまで来たか。回想バグとガイバラバグを使いこなし第五のダンジョン、デバッグモード。そしてやりたい放題。
魅力的なバグ。魅力あるバグ。こういうRTAがあってもいい。



かなりやりすぎなRTA。RTA?ルール上は問題ないか知らないが前提をぶちこわしているというか。もうこんなんなんでもありじゃん。
現実でも、ポリゴンの隙間を抜けて誰もが知らない場所へ行きたい。


こんなところ。今回はRTA祭り3動画。いやシレンはちょっと違うが。バグ利用?ドンキーはバグ以前というかまあバグも使ってるが。


2017年度週刊少年ジャンプ36・37合併号感想
ワンピ
話としては、とりあえず逃げ切れる訳も無いんだが、ビッグマムをどう止めるか。
なんか特殊能力持ちでいいのあったっけ?喰い煩いすら忘れさせれるような何か?

ネバーランド
人間の脳を喰う異種知的生命体っていう設定、黎明期のSFっぽいけど一周回って新しさがあるよね。
そこに理由をつけ世界観を付け加えられれば成り立つというか。

僕のヒーローアカデミア
ヴィラン連合は天下のヴィラン連合なんだ。そら起こした事件の規模は大きいが。知名度も。
この規模のヤクザもやばいというかヤクザのが格上感もあったが。でかいし組織的に。まあヒーロー的には規模分からんかというか読者的にも全体像不明と言えばそうか。
トガちゃんいいよね。しようもない。うむ。

鬼滅
伊之助と善逸が目標発見?鬼が三体いるのか、それとももうちょいややこしい能力?
割とすぐに見つけられたがさてはて。善逸に期待してるんだけどどうなるかな。


猫じゃらし。イネ科だもんね。当然食える。
話によると天ぷらにするのが割合マシと聞いたが。
流石に品種改良された作物はすべて全滅、退化してる?探せば痕跡ぐらいはあるかね。

相撲
部長かっけー。まあ話をいろいろすっ飛ばして誤解を恐れずに言うと相撲はデブが強いスポーツだしな。
大相撲でのそれぞれの立ち位置をエピローグ代わりに流して最終回みたいな?綺麗な最終回に期待。いや続くか知らんが。

青少年有害環境規制法
斉木の麻生先生の読切。
私の立場としてはこういう規制程意味ないものないよねって感じだが、規制、制限されたからこその芸術というものもあるか。そのために規制するというのはおかしいが。
外部ツール使おうが何しようが面白ければいい?

ロボレザ
さて黒子っぽくなってきた。ピンチから更なるピンチ。そこからの逆転はあるか。
朱雀自体には勝てなくても団体戦自体はなんとか?ロボがどこまでなにをできるか。あと6回バーディ?イーグルとかアルバトロスでもするんかね。
いよいよ注目。掲載順もジェットコースターだがまあどうにか今回は?

ハンター
いまいち寿命っていうリソース、危険度がわからんな。ちょっとしてからまた探せばいいじゃんとも思わんでもない。
みんな色々考える辺りは流石の頭脳戦。しかし登場人物多すぎるから読者もよくわからんような。

ナンバーワン
これが恐怖かじゃねーよ。そういえば最強の兵器だったけどよ。
いきなりスプラトゥーンみたいになるあたりがアホでいい。

マリー
打ち切りギリギリを意識したメタギャグが笑える。ただでさえ既に肩身狭いとか言い出すなよ。

磯部
なんでも寝かせれば価値が上がる、か。時間の作用を免れるものはそれだけ少ないという事。純金はあんまり意味ない。


こんなところか。流石合併号だけあって豪華?全体的に良いのが多かった。鬼滅とロボはまだ貯め回だがそれもまた良い。
総合評価は中の上で。

メイドインアビスアニメ、遂にグロくなってきた。二層のビジュアルも中々。とはいえまだまだこれからか。このテンポだとボ卿は出るだけぐらいかな?二期が途中で発表されるパターンかもだが。

キン肉マン、あんな妙な連中もこうして並べると期待が持てる?期待はできないにせよそれなりに戦えはしそう?一人ぐらいは相打ちにできるか?ウルフは勝利したが古傷がって具合かな?
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/07(月) 22:59:42|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

缶入りの炭酸コーヒー。2017年第32回動画紹介・ジャンプ感想回

振るべきか振らざるべきか。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



いつの間にか結構進んでたので。
バグだとかなんだとかそういうゲームの境界をテーマとする作品だけど、実際ゲームがバグった時の衝撃と言ったらね。特に8bit時代のゲームのバグは心に来るよね。大抵セーブは出来てないし元々のセーブデータは飛んでるかもだしスプライトがぐちゃぐちゃになった画面のおぞましさに。



こういう水中にもぐる動画を見てる時息を止めてしまう現象ってなんか名前付いてる?



FGOのアレ、単行本化。好き勝手やってる感がいいよね。



ドン勝。最近よく耳にするが韓国初のFPS(TPS?)ということしか知らなかったので見たがまあこんなんみてもようわからんなあ。面白いけど。
とりあえず乗り物は充実してる?そもそもFPS界隈がほとんどわからん。
結局ドン勝ってどういう食べ物なんだろう。



相変わらず真面目に解説していない。
アオリはローラー使いでホタルがチャージャー使いで、ヒメがマニューバでイイダは?機械オタクくせえしスピナーかな?
っつーかマジでスイッチ売ってねえんだけど?!情報収集するに結構出荷数自体は増えているようだが、無いものは無い。



この作品の一番奇異なところは、基本的にやってること一種の自殺なところだよね。いや死ぬことが目的じゃないけど100%死ぬことが前提というか。特攻よりも死亡率は高い。
しかしそうまでしても抑えられないものがあるということなのだなあ。
で、5話からか。ろくでもねえ描写が始まってくるのは。オーゼンにも期待。


こんなところか。多い。まあいいか。
メイドインアビスでローグライクなゲーム作れんかな?


2017年度週刊少年ジャンプ35号感想。
僕のヒーローアカデミア
ヴィラン連合が関わりだすと面白いな。
トガ。体術で相澤をしのぐ?軽く躱しただけとも見れるが、ロックロックさんを瞬殺したことから考えても相当と見るべきか。
で、サー。サーが負けるとも思えんが。

鬼滅
伊之助はすっぴんで通用する。炭治郎は真面目さで取り入る。善逸は芸でどうにか?
とりあえず一人はいた。鬼もそこにいる?
三人に分かれたがどういう運び方になるか。注目。


製鉄。まあ簡単な話ではない。正攻法で行き過ぎてる感もあるが
ここで村のみんなと縁を作る?

ハンター
王子の数多すぎでは?話が無暗にややこしくなっている感が強い。まあどっかの段階で一斉処分されそうだが。

相撲
こうして振り返ると感慨深いものがあるな。
やはり熱い漫画である。

ナンバーワン
完全に作者がヤクやってたとしかおもえない回。
最初の方でナンバー2がそもそも檻に入っていることに驚きまくってる辺りが何とも言えぬ。
尻から戻っていく描写は完全なる狂気。

ロボ
幸運込みでチップイン。バランス感覚あるよね。
バックスピンとかでいうとパンヤを思い出す。いややったことないけど動画でなんか凄い事なってるのを見たことがある。
で、キャプテン怪我持ち?せっかく安定取ってるのにね。
で、ロボがここから本領発揮?ホールインワンかアルバトロスでも見てみたいが。

磯部
この強引さよ。



こんなところで。ワンピ休載だが。ヒロアカ良かったし、鬼滅にロボも好調。
総合評価は中の中で。


キン肉マン、あの連中で時間稼ぎできるのか?時間稼ぎできるようならそれはそれで相手側どうなんだという感じだが、絵で説得力持たせられるかな?

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/01(火) 02:34:55|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原因不明の頭痛。2017年第31回動画紹介・ジャンプ感想回

頭痛が痛いってのが言葉が重なってるからダメっていうけど、やや無理筋な批判とも思える。痛いもんは痛いだろ。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ポケモン。まあようこんなこと考えて実行するものである。プンレクでナットレイ狩りまくってた。
ポケモンの対戦システムは高いゲーム性を有するものの、お互い最善手を尽くすと全く愚かしい状況に陥ることがある。これもその一つである。こういう状況を意図的に作り出そうとしだす辺りより邪悪だが。
ポケモン対戦。何百という使用可能なポケモンの何百という種類の技、技構成に性格からのステータス、持ち物、そしてパーティ構築。あり得る状況は天文学的でバランス調整は至難を極める。
どうにかこうにかゲームになっているだけで万々歳なのやもしれぬ。


グラディウスⅢ、R-TYPEⅡ、そしてこの達人王。シューティングゲームの難易度上昇の末路。
ここから弾幕STGの流れになるけど、アレは難しそうに見えて案外行けるっていう一つ間をおいた爽快感だからね。それもまた最大往生の陰蜂でクリア不可能では?という結末を迎えたが。
でも、だからこその魅力というのもあるということ。難易度というのは本当にゲームを作るうえでも難しいもの。


お金で買えない価値があるとかいうけれども、何はともあれまずは金だというのも事実。


流石というか。ボカロを総括してしまった感もある。
なんかボカロ界隈に活気がないのはニコニコが地盤だからなのかね。地盤沈降してるもん。
それでも良いものは良いんだが。


淫夢注意。
なんやかんやでこういう風に紹介されるとクソゲーも面白い。はたから見るとという話だが、そこにクソゲー文化の価値がある。
そういやそろそろKOTY2016携帯機版も決まるんかね。そもそも据置機と携帯機で板を分けたこと自体が間違いなのだが。


スイッチ売ってねえんだけど?!!!!!!!!!!!!!!!!!1111111111111111111111111
サーモンラン面白そうすぎる。
ブラックバイトとは言うけど割とホワイト感もある。危険ではあるが上司の言葉遣いだけでここまで印象が変わるか。


こんなところ。やたら多いな。地味にゲームばっか多い。

2017年度週刊少年ジャンプ34号感想
僕のヒーローアカデミア
これはヴィラン連合に裏切られて死亡くせえ。こういうゲスとは違うとアピール?

ワンピース
長男、割と有能だよな。
落としどころがわからない。うまくまとめられれば流石だが。

鬼滅
善逸、ツッコミのし過ぎで過労死しそう。ツッコミのし過ぎでツッコまれているという。
で、吉原。まずはぶっさいくな化粧だが、後々本気の女装を出してジャンプ読者青少年の将来を危うくしてくるかもしれん。
で、まずは自然に分かれたわけだが。今回善逸回になりそう。


万能薬っつっても抗生物質じゃあなあ。結局診なきゃわかんねえだろ。

ロボ
おお、掲載順高い。急上昇?ハイキューとのシャッフルという説もあるがそれでもそれなりにマシな状況?まあどちらにせよ一週の範囲内では評価は難しい。
こんかいは周辺の人物について掘り下げていく。主人公校が割かしガチ目の強豪というのもやや珍しい気がする。
ゴルフ、単純なルールながら奥が深いものだ。

ハンター
政治的な論理?嫌いじゃないがちょっと智に奢っているというか、鼻につくところあるよね。
ちょっと風呂敷広げ過ぎて、作者はわかるんだろうが熱心ではないファンには厳しくなってるのではないか。
面白いんだけどね。面白ければいいか。

相撲
ここで天王寺が優勝したってバランス感覚は良いよね。
で、円満終了の流れか。良い作品であったが相撲という競技性を十全に生かしていたかどうか。であればこそ作者次回作には期待できるか?

ナンバーワン
唐突に雷に打たれたり地球に同化したり、ナンセンス度が降り切れてるというか。
つーかこいつどうやったら死ぬんだよ。

磯部
復活の唐突さが磯部である。


こんなところか。
まあ色々良いのは良かったが総合評価は下の中で。

キン肉マンはオメガマンの兄?つーかオメガマンって地味にやたらと超人強度高かったよね。まあ超人強度って指数も謎だが。最後だし適当に増やしといた的な?
で、サタンと別銀河の超人共?こいつらは尖兵かね?まだどう来るかわからんが注目。

メイドインアビスアニメは背景美術すごいよね。本番は来週からだがはてさて。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/25(火) 00:56:42|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常識が産む恐怖。2017年第30回動画紹介・ジャンプ感想回

すっげーねてた。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ランキングに上がってたので。ガチャゲーのキャラがガチャ。
ゲームにおける運の要素ってのは難しいものである。運要素無しとなるとそれもあまりうまくない訳だが。
最初に規定された、シャッフルとかそういうのは許される傾向だっけ。



OPED。かなりいいね。まあ本性をうまく隠している感もあるが。OP曲に関しては批判もあるようだが結構好き。
そういやOPでボ卿やイドフロントまで出てるがそこまでやるの?一期で?無茶ない?相当はしょっていく?まあ嬉しくはあるが。原作も中々謎めいてキテるし今後も期待。
アニメ2話、上手く再構成している。講談師の話とかの描写結構好き。3話でアビスの全図の解説か。あの絵いいよね。で、出発。まあアビスに入ってから本番みたいなところもあるし気長に。


こんなところで。今季のアニメいいのばっかよね。Fateもいいし。異世界食堂はなんかアニメにすると気恥ずかしさも倍増?そして腹が減る。

2017年度週刊少年ジャンプ33号感想
ワンピ
たぶんこれでも十二分に大惨事だよね。死者が万単位で出てるのでは。
で、無理な食患い。どう決着付けるんだよ。やっぱりサンジ結婚しなきゃならんのか?

僕のヒーローアカデミア
なんかようわからんが精神論の世界こそがリアリティを持つ瞬間もある。

ネバーランド
近未来ものと見せかけての異世界もの?
そういうミスリードに見せかけたミスリードかも?
するべきことはいわゆる脱北か。


なるほどドクターストーンだが漢方医でもやる気かね。

ロボ
感情の揺れ動きに気付けるようになった?感情すらも外から理解するというか。
ゴルフの展開自体はここに来てトンデモ方面に向かっている?ホールインワンも近い。

鬼滅
そろそろ三人も隊員として一人前といったところか。
忍びが目立ってどうするんだという段階でもないがようわからんな宇髄。
まあ下っ端に意見されまくってキレるのもわかる。少なくとも手は出さなかった。
しかしアオイ、役に立たない扱いされてるのがな。後々なんかありそう。
で、遊郭。あ、女装回だこれ。
次カラーか。どうなることやら。

斉木
謎のラッキースケベ感。

青春
中々ケンカ売ってるパロディというか。こんなもんテーブルに放置するなよ。

ハンタ
寿命が縮むってね。これ実際寿命近づいたらどういう風な反応になるんだろ。ポックリ逝くかいきなり老衰が進むか、全般的に老化スピードが早まるのか、使った時点でその分老化するのか。
寿命って言い方も色々だよな。運命的な意味での寿命なら減った寿命に至った時点で銃で撃たれるとかもあるかもだし。

磯部
兵クラスの面々は生き返れるのか?まあギャグ漫画だし磯兵衛も死んでたしいいのか。



こんなところか。ロボに鬼滅は良かったしワンピも良かったが全体的に低調?
来季の改編期、相撲は円満終了しそうだが後マリーと、ひょっとしたら青春?銀魂はもうそろそろな気もするがいつもそう思えながらいつまでも続いている。ロボもなんやかんやで危険域なんだよなあ。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/16(日) 23:42:40|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲散霧消。2017年第29回動画紹介・ジャンプ感想回

人間は余計なことばかりする。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



いやーすげー楽しみ。問題は本体が買えるかどうか。
しかし、情報の上っ面だけ見た感じでは言うほど1からだいぶ変った感じでもないか?まあ完成されてたもんねえ。サーモンランは大きいが。
個人的には細かなバランス調整とかバトルの改善に期待したい。あとジェットスイーパー系の強化とかサブウェポン違う奴の充実とか。



まあ一話では魅力も伝わり切らないけど、絵が最高だったよね。これは期待が持てる。
グロっていうけど、グロはメインじゃない。立ちふさがる試練、アビスの脅威を示す指標としての描写。
設定が重要な作品なんだけど、設定解説をアニメでやるのは困難が付きまとう。どう行くか。期待して注目。



遂に完結。ピラミッド、建造物の形としては非常に単純なものだが、あれほど馬鹿でかいと作るのは一苦労では済まない。
マインクラフトらしい企画で好み。採集と建築。レゴの感覚。



まあこんなもん紹介してどうすんねんって向きもあろうが、これ系のネタって往年の2chAA板の虐殺虐待スレとか、あるいはゆ虐とか思い起こさせるものがあるなあと思って。弱者を容赦なく嘲笑う。それもまた一つの精神活動であり現実にもある類型である。メタ的に見ると興味深い点も多いというか。別に下卑た楽しみ方をしてもいいんだが。
しかし三途の川ってあんま溺れるもんでもないような。


こんなところか。今期アニメ良いの多いね。ナイト&マジックとか異世界食堂とかなろう系もいいし、メイドインアビスは最高極まるし、タイトル忘れたけど黒星紅白キャラデザのスパイものも雰囲気良かったし、あと他にもいいのあったし。
特にメイドインアビスよ。しかしなんだかんだでグロ描写大丈夫なのか。

2017年度週刊少年ジャンプ32号感想
ワンピ
ちょっと気合入った火薬量すぎやしませんかね。
戦術核?

僕のヒーローアカデミア
英雄症候群?
多様な価値観を認められてこそ健全な社会は保たれる。
アシドと同中か。けっこうそういうのあるんかね?

斉木
刃牙の家というアイコンが出来ている。
いい加減落書き消せよって話だよな。

相撲
とりあえず草薙に勝ったけどこれからどうするん?エピローグ?大相撲編とかでもやるん?
ひたすら熱量がある漫画であった。

ネバーランド
仏教徒かヴィーガンみたいなもんか。

鬼滅
湿っぽい雰囲気で終わるのかと思いきや鋼鐵塚。折ったり無くすと確定で起きるイベント。しかもエスカレートしていく。

ハンター
脳筋と見えても人はそれなりに考える。この辺のバランス感覚というかは好み。
しかし文字の多い漫画である。小説媒体の方が良いのでは。

ナンバーワン
資本主義サンタ酷いな。

ロボ
掲載順は相変わらずヤバすぎだが、単行本売り上げが好調なんだっけ?しかしジャンプアンケ至上主義だからなあ。全く油断はできない。次回改編期はなんとかなるかもしれんが・・・・・・
中身は非常に真面目にゴルフをやってる。藤巻先生ゴルフ経験者だもんねえ。好きすぎて逸脱できていないという感も無くは無いかもだが。
しかし朱雀、なんやこのサイコホモ。完全にそっちの気があるよな。怖い。
次号カラー。カラーで何をするか。コピーだけでは持たない、何かぶっ飛んだ事に期待。

マリー
顔が犬って酷い絵面だなあ。デート展開はラブコメとして良好。
掲載順的にはもう間に合いそうにないが。

磯部
悪人にもそうなった理由がある。


こんなところか。まあ鬼滅やロボは面白かったが全体的には低調か?ボルトも良かったが。
総合評価は下の中で。

キン肉マン、残り物一斉処分というか、あえてこの辺を残しておいたというか?
オメガマンは結構謎が多いもんね。当時は何も考えてなかったのか知らんが、ザ・マンとの関わりなんかも含め注目。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/11(火) 03:44:49|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ