ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

サプライズパーティを執り行う奴はサディスト。2017年第38回動画紹介・ジャンプ感想回

いきなり驚かしてくるなよビックリするだろ。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



もこう先生、なにやってんすか。
まあ芸人声優枠というか。これで見た人も多いとか。
チンピラ役が良く似合う。


まあ公式の方はみんな見てると思うので実況付き。
最初の方のポケモンUSUMで新ウルトラビーストってのは大きい。マイナーチェンジみたいなので純粋な新ポケモンはなかったもんね。ホワイトキュレムとかフォルムチェンジみたいなのはあったけども。まあサンムーンのデータに無くてもアプデすりゃいいもんな。新メガシンカも出るかな?教えわざとかその辺もあるだろうし環境結構変わるかな。ウルトラビーストで出来るならそうじゃない新ポケモンを増やしてもいいってことでもある訳だよね。まあ一般ポケこれ以上増えるかは微妙でも幻は増えるかな?ゴルフ場もいけるかね。
マリオオデッセイは世界旅行感がいいよね。パンフレットとかさ。しかし旅行みたいな感じなのにマリオの大いなる旅とか言い出すのはどうなんだ。クレイジーキャップって店も世界展開してる割に現地の通貨使えとかどうなんだ?そもそも世界展開してる店の店名にクレイジーとか付けるのどうなんだ?
そういやオデッセイはパワームーンもそうだけど背景のでっかい月といい月が作品全体のアレなんだよな。兎共が中ボスというのも月の兎って話だろうし。そういえば月旅行もするんかね。ラストステージその辺かね。
なんにせよスイッチ買わんとなあ。



3Dアニメーション自体はけもふれっぽいのに演出が全然パチスロのままなのが笑える。
奇妙な融合度というか、不気味の谷染みた違和感というか


こんなとこ。一応ゲーム関係でまとまってるといえないこともないが。
もこう先生、任天堂、けものフレンズ。そういえば全部ゲーム。いやけもフレは最初からメディアミックスだけれども。


2017年度週刊少年ジャンプ42号感想
ワンピース
大体今ルフィは四皇の最高幹部と同格ぐらいのパワーバランスな訳ね。海軍大将なんかはどんなもんなんかね。


千空のイメージステンドグラス、科学的な象徴をこれでもかというほど使っていて良い。人体は円と正方形に内接する、はダヴィンチだっけ?
群れの中で最強が長。動物と変わらんさね。

ロボレザ
今回ネバーランドといい風呂回多いなジャンプ。別にどっちもうれしくは無いが。
今回の勝利はややまぐれ気味。地力では東北国際が勝っていて朱雀は「能力」を見せず。この漫画には黒子のバスケのキセキの世代のように、明らかに群を抜いて強い連中がそれぞれの高校に一人づついるって具合だが、キセキの世代は色縛りの名前だがこっちは鳥縛りなんだよね。
鳩原、鷹山、烏丸、朱雀。後何人いるやら。いつだったかのシルエットでは8人ぐらい映ってた気がするが、そもそも設定もキャラデザもまだ考え中だろうしなぁ。
今回はロボの感情という点にスポットライトが当てられたと言ったところか。
次号から合宿編と?他の高校の顔見せもあるかね?注目。

こち亀
無駄に斉木意識してるのが。そういや斉木もいつの間にか長くやってるもんな。45年は実際死ぬ。

鬼滅
タンパク質が変成するのは40℃。なるほど平熱がむっちゃ高いと言えば通じなくはないか。
で、善逸発見。派手の人も来てるみたいだしもう大体いけそうか?まだ上弦の強さの本領が見えてこないが。そりゃ能力的には色々マシマシだけどね。

勉強
浪人生か。勉強がテーマならなるほどいても良い。

斉木
なんだこのやれやれ系主人公。というか同じ巻で本当にこち亀と同じネタやってるし。オチまで一緒じゃねえよ。
熱盛能力もこれどうなってるんだ。
で、ふむ。そういや空助は他の能力者の存在は知らなかったな。そういう絡みか。
というか横にいるロボの声だと誤認してるってことはやはりモノローグで会話してるようなのは全部テレパシーだったか。口動いてないもんな。

僕のヒーローアカデミア
オーバーホールの個性、相当色々出来るなあ。これ、オールフォーワンみたく個性だけ奪ったりも出来るのでは?
ヴィラン連合は何か企んでるようだがさて。

相撲
前頭とかの順位覚えにくいな。
とりあえず色々高校編に出たキャラも出るというとこ。

ゆらぎ荘
ぱふぱふに関するドラクエの責任は重い。
しかし殴られる前に第二第三の魔王がって言い出す魔王はなんだよ。

ナンバーワン
13番のシュールさよ。基本的に二ケタナンバーズこの漫画のキャラじゃないからな。

珍ピース
今回一番ひどかった。広告扱いか。さすが画太郎先生。

マリー
ボロアパートに住むマリー・アントワネットか。面白い題材。

磯部
まあ睡眠は大事だが徹夜できる能力もまた大事か。
毎日しっかり寝ててアレな磯部は大問題?


こんなところか。
ロボレザは締め回としてかなり良かった。後斉木とかも。
他も良かったの多いし総合評価は中の中で。

土曜日だとあんま書くことないな。メイドインアビスアニメはボ卿の声良かったが、もうちょいこれまでのあらすじ短くするなりして先を書けんのかな。まあしっかり描いていく方針のようだがそれなら2期はあるんかね。2期あるとすれば6層ぐらいまでやれば12話になるかね。5層の冒険をアニオリしたりして。ハウアーユードコカなんかもやりゃあいいし。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/17(日) 00:49:02|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

致命的な例外。2017年第37回動画紹介・ジャンプ感想回

本質的でないことだが蔑ろにできない事。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



こういう宇宙SFな世界観、最高に好きなんだよね。
でもまあ、物理学を知るほどにナンセンスにも思えるという。
SFというよりむしろ、あるいはもはや、ファンタジーなのか。



すっげーたのしそう。いやまあメガテンみたいなもんといえばそうだが、無節操で不分別で反社会的で非常識。
エジプト神がラーやアメンではないのは習合関係がややっこしいのと、太陽神はアマテラスで使ってるからかね。アヌビスは特徴的だし。神話はまだまだあるのでこれからまた追加とかないんかな。



最高だった。落とす時はどん底まで落とす。これができるかできないか。子供に腕を切らせるって選択肢を与える辺りがもうね。そしてそれをしっかりアニメ化している。悲痛な叫び声。芸術性を感じる。
で、ナナチ。良いキャラだよね。ふてぶてしさというか。
11話からもろくでもない展開満載な訳だがはてさて。13話までで最終話一時間。まあ旅立ちぐらいまでかね。ボ卿はナナチの回想が主といったところ?二期あるかな。期待したい。


こんなところか。東方の新作なんかもやっとこさやりはじめたけど結構今回弾幕きつくね?紺珠伝ほどではないけどさ。まあシステムの強さでバランスを取っている訳か。スペルプラクティスもあるし。



2017年度週刊少年ジャンプ41号感想
ロボレザ
おおー!勝っちゃった!そらまあ偶然性に頼った勝利だが、ここで勝ったのは読者にとっても予想外の展開。それでいて凄い熱いのは流石藤巻先生。あの勝負に関心の無さそうだったロボが最後に叫ぶあたり感慨深い。
というか、だいぶん無茶を重ねたけども、レギュラー陣に必ずしも引けを取らない成績なのはロボヤバいよな。最後もコピーとかまたやりだすし。課題はパットか。そこであまり絡みの無い黒田か。合宿編でどうなるか。
朱雀もさすがに帝王という感じで個人成績では一位だが、まだまだ圧が足りない?次回はもっと本気?まだ隠してる何かがあるかさらなる成長を遂げてくるか。
というか巻頭なんだよな。人気出てきた?まだいまいち信用してないが。


コーラ。確かに現代文明の象徴。浅薄さも含めて現代。
しかし司、信用するかね?というか司マジメにキチガイしてるから読めねえんだよな。

斉木
良くここまで生きてこれたな。ほんまキングボンビー。

相撲
またバチバチっぽいよな。
まあなんやかんやで数珠丸も国宝と?確か元ネタの刀って日蓮だかが持ってたやつだっけ?国宝じゃなくて重文なんだけどな。

鬼滅
水の呼吸合わないって唐突に宣言するのが何とも言えん。この独特なテンポというか、妙味がいいよね。
で、ヒノカミ神楽で戦っていくと。上弦にここまで戦えるって強すぎでは?まあ本気出してないとか理由あるんか知らんが。
善逸は生きてるんかね?

ヒロアカ
でもまあヤクザ側としてはこの場面では一時的に個性止める奴でいいよね。

ナンバーワン
まあ遊戯王みたいなテンションでカードゲームするだけで面白過ぎるよね。
というか対抗商品と勝手にコラボして戦えるようにするってかなりのクソ行為だよな。

マリー
ここで真面目にラブコメしだす。初期の迷走が響いてるなあ。ここから逆転して打ち切り回避はなさそうだがそれでも次回作の事を考えるとできるだけ巻き返しておきたいところか。

ボルト
いきなり粛清かよ。
というかナルト義手か。生やすみたいな真似は出来んのかね。大蛇丸に頼めばいけそうなもんだが。サスケも義手だよなそうかんがえると。
つーかなにボルト二種の形質使えるようになってんのこいつ器用すぎでは?まだこいつガキだぞナルトは青年編になってようやく風だし。つーかボルト水と雷?親と全然ちゃうなあ。
というか何だこの掲載順。原稿落としかけた?

磯部
下手過ぎというかバランスとかないのか。


こんなところか。ロボレザが最高過ぎた。他も掲載順上の方の作品とか良いの多かった。石とか斉木とか相撲とか鬼滅とか。ボルトもいいし。
総合評価は上の中で。上の上は本気で感動しないと出さないことにしてる。


色々更新予定はあるが、中々更新できないというジレンマ。ジレンマではないか。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/11(月) 23:41:45|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェス盤の指し手は狂人のふりをする。2017年第36回動画紹介・ジャンプ感想回

政治の話はしないけどさ、暴力による脅しをするならばやっぱりほんとにしかねないというリアリティが必要な訳だよね。
であればこその茶番なんだろう。権威があればこそ道化のように振舞わねばならないとはひどい皮肉である。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



無限というのはとかく奇妙な性質を持つ。
無限ホテルの経営者はやっぱり無限の収益を得ているのかな。無限の赤字を被ってる可能性の方が高そうだが。



懐かしいのから最近のまで、初音ミクはやはり偉大である。あくまでミクを使ってる奴だけね。ボカロ曲メドレーではない。
ある程度曲の雰囲気でまとめていたりとか、曲のつなぎ方の妙とか工夫がたくさん見られるのは凄く好感である。
10年と言えば歴史である。このメドレーを聞いていると色々考えてしまう。



ほー、出るんだ。見た感じ、ガンダムの、マキブとかみたく2対2対戦のようだが。
コスト性だと原作では弱い奴とかも出しやすいんだよね。その辺も取ってきてるかな?
エグゼイド、ゲームモチーフだからこそゲーム化しにくいところもあった気もするがさて。ムテキゲーマーは無敵なのかな?


こんなところ。バランスは良い気がする。
最近本の積読が多くなってきた。読んでいかんとは思ってもどうにも。

2017年度週刊少年ジャンプ40号感想

水力ぐらい欲しいところではある。実際、自然エネルギー発電っつっても中々大変なんだよね。そら火力や原子力でお湯をわかして茶を濁したくなるわけだ。

ロボ
ほんと藤巻先生ゴルフを丁寧に書くなあ。なんでも創作には経験者の強みと弱みがある訳だが、藤巻先生はゴルフ経験者だからこその発想、思想が上手くいっている。そういえばバスケも経験者なんだよな。自分のやって来たことが全て連載に結びついている。黒子も読切がそのまま連載になったらしいし、漫画家としては異常に順風満帆な感がある。掲載順はジェットコースターだが。来週巻頭?ちょっと前までは考えられなかったな。
朱雀、独り言だがとか露骨な言い訳をしてアドバイスしだす。
しかしロボ。最高だよね。まあ現実でもあり得るスーパーショットだが。
瀬島、キレすぎだろなんだこいつ。てめーの実力が足りてねーだけだろーが。
で、最終ホール。そろそろ朱雀の帝王たる所以を見せてきそうだが。ロボがバーディで朱雀がイーグルとか?パー4かパー5か知らんが。

ワンピ
長男、良いキャラだよな。割と強くて万能なんだけど状況的に結構必死で頑張ってる辺り。
で、ペドロ。いい加減寿命らしいし本当に死ぬ展開もあるかね?まあないとは思うが。

相撲
大相撲編。来週はそれぞれ関取にでもなってるんかね。チャンピオンの相撲漫画みたいな飛び方だが。
女子相撲な。また業の深いというか、競技人口どのくらいなんだろ。

斉木
回想の中で回想するなって回想の中で言うな。メタ表現なのかなんなのか。いやメタ表現ではあるんだけど。

鬼滅
上弦六。何とか戦えてる?まだ本気も術も出してないって話だろうが。
善逸はどういう状況なのかね。

ソーマ
叡山だけ理不尽にディスられてるのが笑えた。

ハンター
パラベラム弾っつったらクッソへぼい印象があったけどそうでもないのね。でもその程度が増えぎきれないというのも。ライフル弾とかはもう無理なんかね。

僕のヒーローアカデミア
ヤクザ共、なんかなあ。ミリオ一人にこんなてこずるのもどうなんだろう。

磯部
藤井、哀れ過ぎる。
実際強い弱いの漫画ではない。そこを気にし過ぎるのは間違い。

ナンバーワン
頭脳派がやることが料理ブログでアフィ収入ゲットって、どの部分が悪の組織なのか。
ほんと片手間の小遣い稼ぎじゃねーかというな。



こんなところで。
今回はロボが最高に良かった。あと、斉木やナンバーワンなどギャグマンガの一ギャグが結構刺さった。
総合評価は上の中としておこう。

キン肉マン、うん。そら超人強度以前に格が違うわなあ。これで勝たれてもなんだって話。

メイドインアビスアニメ。割とアニオリではある。しかし結構補完していて悪くはない。リコたちが修行したのに愚行してるってのはあるけど、10日やそこらで人が成長するかってーと微妙な話だしな。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/05(火) 02:02:17|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国に行けたからといって何故そこから地獄に落ちないと言えるか。2017年度第35回動画紹介・ジャンプ感想回

死後の為に徳を積むっつっても天国で何してもいいってことはあるまい。ならば結局のところ同じだろう。

茨歌仙単行本第8巻感想記事は明日の予定。
ジャンプ感想は動画紹介の後で。



MMD杯の直後にこういうすごいMMD杯動画が出る。あえて外したのかもしれない。
まあ、ああいうお祭りは登竜門としての役割が大きい訳で棲み分けが出来ているともいえなくはないか。



こう見ると、2chやらニコニコやら、匿名ネット文化は以外と若者には浸透しやすいのか。
リアルとネット、完全に分かたれてはいない。
流行の発信源であるともいえる?



おー出るんだ。原作再現微妙な感も無くはないが。
どうしてもこういうゲームだと主役機ばっかになるよね。マイナーな奴バンバン動かしたいが。



8話良かったよね。オーゼンの回想を小分けにするのが構成の妙。
マルルクは反則だよねえ。



台湾でやってたスト5の大会の決勝。たまたま生放送見てたがすごい熱があった。
やはりウメハラは華がある。まあ強い訳だが強さ以上の魅力があるか。
それが過去の遺産、伝説が故だとしてもやはり最もファンの多いプロゲーマーだろうし、それはプロ、職業ゲーマーとして大きな意味合いを持つ。



巨大数の話。人間の創造の限界を超える巨大な数。圧倒されるよね。
巨大数を物理的な何かに代入するとこうした惨劇が起こる。そりゃそうだよな。電子入金だったとしてもたぶん同じ末路である。桁がでかすぎて万札だろうが一ビットだろうが関係なくなってくる。まあ銀行のシステム知らんけど。
巨大数、グラハム数はなんとか使われた訳だが、これ以上大きい巨大数が本流の数学で使われる時が来るのだろうか?
数学をするAIが出来たとして巨大数をどういう風に認識するのか。まあ巨大数だけの話ではないが。


こんなところか。6動画と多めで。
ツイッターとかで寿司虚空編の感想とか見ると、読んでもわからんって人も多いんだよね。数学のなかではわかりやすい魅力がある巨大数だけどやっぱ無理な人は無理ということか。まあ俺も複雑なところはついていけないけど。

2017年度週刊少年ジャンプ39号感想
ソーマ
消耗って、連続で調理する訳でもなしだいぶ無茶のある様な。
つーかまあそこらへん突っ込みすぎると料理対決というジャンル自体アレなんだが。


現代日本人は防雷意識に欠けるとも聞く。
まあ子供が真似して死なないかってのは今更だけど、一歩間違えれば死んでたよな。
で、発電所作っても電化製品はまだまだだぞペテン師。

ワンピ
ツンデレ?まあ料理と言えばサンジだわな。穏便に帰れるかな?

僕のヒーローアカデミア
ミリオ、勝てるのか?メタ的にも。デクとの差異が問題になるもんなあ。
シガラキ辺りが介入してきたりして?まだヴィランの長としてカリスマ性を明確に発揮してないし。

ロボ
ロボ、なるほど実力の120%を発揮していると。無茶な力みを加えて打ち、また他者の打球からデータを読み取る。冷静に博打を打つ。ふむ。
先輩たちはベストを尽くせば勝ちうると思えるようになった。東北国際はパワー型で栄藍はテクニック型なんかね?
黒田はパットの鬼と。それぞれの得意分野が見えてきた。しかしあるとは思ったが水切ショット。曲芸。
で、そろそろ朱雀の本気も出てきそう。そうなればこの作品がどこまでの逸脱を許すかがわかる。期待して注目したい。

鬼殺
印。伊之助にそういうこと教えられるってのが。実際なにそれだよな。

ハンター
そろそろ大惨事でも起きそうだよな。
人員整理していった方がよさそうだ。

相撲
これ大相撲編やるの?まあそれならそれでいいんだが、描き切れるのかな。この辺で終わっといた方が綺麗に終われそうだが。エピローグ扱いで飛ばしていくとか?

ナンバーワン
物理的な先輩風って概念。

磯部
妖怪じゃねーか。



こんなところで。ロボレザすっげー良かったな。
総合評価はまあ上の下で。


キン肉マン、ティーパックマンみたいなのがあそこまで戦えるのね。鍛え直したとはいえ中々パワーバランスが。
とはいえ敵キャラのターンはまだ。どんなもんになるやら。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/29(火) 05:12:25|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第19回MMD杯、個人的表彰をする。

第19回MMD杯、本選始まってたので見ていく※追記終了

第18回MMD杯、個人的表彰をする。
第17回MMD杯、個人的表彰をする。
第16回MMD杯、個人的表彰をする。
第15回MMD杯、個人的表彰をする
第14回MMD杯閉会、個人的表彰など
第13回MMD杯 そういえば終わってたので個人的表彰など
第12回MMD杯閉会表彰式 せっかくなので個人的表彰もする
第11回MMD杯 閉会式。今回のまとめと個人的な表彰作品など
MMD杯表彰閉会式、結果と考察、予想の勝率及び個人表彰 (第10回)
第9回MMD杯本選 表彰閉会式とかも終わったので個人的に総評とか
第8回MMD杯表彰閉会式 個人的にオススメだった動画の紹介とか
第7回MMD杯 本選開始 適当に今のうちに話題なMMD動画紹介
第6回MMD杯表彰閉会式 個人的な賞的な何かも
第5回MMD杯 面白そうな参加作品色々紹介。
第4回MMD杯 動画の紹介等

という訳で第19回MMD杯作品に対して個人的に表彰させてもらう。
もはや運営の存在意義すらなくなったMMD杯。しかして個々作品に対する評価は必要であり、それを熱の冷めないうちに金賞銀賞銅賞の三賞をもって、私個人におけるMMD杯の締めくくりとしたい。

多くの魅力ある動画が投稿されたが、今回も三賞のみ被りなしとさせていただく。他の動画は紹介記事を参照
単純に一番好き、二番目に好きというだけで表彰する訳では無くそれぞれ何らかの意味を持たせている。その辺りの説明も合わせて読んで頂きたい。

金賞

金賞は総合力から見ていく。
即ち、今回のMMD杯で一番だ、と言ってしまえる作品である。

で、なんでそれがナッパなんだってな話になる。確かにクオリティの面で言えば他にも凄い作品は多い。
しかし題材面での気の抜けたところや、曲に合わせて踊りだしたり、MMD杯で見る動画としては一番過不足なく衒いもなく、小作品としてまとまっている、そう感じた。

MMD杯のレギュレーションでは時間は5分半ぐらいまで。まあ大幅にぶっちしてる作品も多いが、この時間帯内ではやはり作品としてもいろいろ限られてくる。そういった制限の中ではこういった作品の方が好ましい、そうも感じた。

夏という季節感、原作の細かいネタ、二次創作に際するキャラ付けの感覚、そしてバランスの取れたギャグ。
気品すら感ずる。
金賞は「ナッパさんの焼いたもろこしはうまい」とする。


銀賞

銀賞は金賞をも超える何か、特にインパクトが欲しい。
とにかく視聴者の脳天を貫く衝撃、それが求められる。

なんだか、尊師MMDがMMD杯を跋扈し始めてから毎回三賞に入ってる気がするが別に忖度とかではない。
やはり今のMMD杯を動かすエネルギーをその界隈が持っているという現れとして考えている。

で、何故よりによってこれなのかという話だが、尊師MMDの懐古路線もいいのだが、あえて醜悪なそれを選んだ、というのが大きい。
今回のMMD杯の動画は、まあSWK教なんかは割といい線行っていたが、あまり「精神にクル」という類のものは無かった。
そういった意味で、視聴者を後ろから蹴り飛ばすような不愉快さをむしろ好ましいと思ったのだ。

不気味なモデルにふざけた踊り。
「森園顰蹙」を銀賞とする意義は大きい。


銅賞

銅賞には安心して見れるような、そんな動画を選ぶことにしている。
テーマ性や新奇さよりもストレスなく見れるような動画を対象とする。

で、これを選んだ理由。見た瞬間にどういう動画かわかる。3Dドット風(ピクセル風?マイクラ風?)のモデルのけもフレキャラでレトロゲームの再現という具合だ。
レトロゲームというチョイスもいい。なまじハイクオリティなグラフィックなどなかった時代のそれだからこそこういう再現が映えるのだ。

動きなどを見るとけもフレや各レトロゲームに対する愛が伝わってくる。
あえてか、レトロゲームにありがちな見降ろし視点カメラではないのも文字通り新たな視点を与えてくれて良い。

見ていて好ましい感情ばかり湧いてくる。
銅賞は「レトロゲームごっこ」に決まりである。



今回はこんなところであろうか。次点に選びたい作品も多かったがあくまで三賞のみなので。
はっきりいって、MMD杯に投稿されてないMMD動画の方がクオリティの高いものも多くなってきた。
MMD杯はすでに存在意義を問われる状況にすらなっている。

こうしたお祭りだからこそ見つけられる作品も多い。
中々、全ての動画を見ることは出来ない。それ故に良い作品は共有していきたい。
この三賞だけではやはり心許ない。別に紹介記事も書いたのでそちらも読んでいただきたい。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/28(月) 01:06:16|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ