ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方三月精第四部第十話を読む

ちょっと調子でないが簡単に読んでいく。


まあ話としては、
博麗神社で桜が咲いて毎晩花見宴会している時期にヘカーティアがこっそりクラウンピースに会いに来て謎めいた命令と背景を語る、
といった具合。

三妖精は幽霊に化けて人間達を脅かそうとしているがそもそも霊夢たち本当に幽霊だとかいても驚くも糞も無いだろうというね。
完全に無料の宴会の余興扱いされている。
というか驚かす前に発見されている時点で。
桜の花びらの塩漬け。去年の季節の異変、天空璋の本来の季節は夏。それだけもつ物なのか。

というか桜が咲いているとこいつら毎晩花見しやがるのか。茨歌仙でも二晩連続で天界風宴会してたのに。肝臓ピンチ。

宴会参加客は多くはモブだがかなり色々いる。妖夢が半霊を枕にして寝てるのが可愛い。


で、ヘカーティア。あんな近くにいるのにクラウンピースしか気づかないのは何かしらの能力を使っている?まあ魔術の神みたいなもんだし何でもありだよな。満月パーツだけは見えているようだが隠せないのかあえて見せてるのか。
ちなみに今回も青ーティアのようで。白黒なのでいまいちわからんが。

クラウンピースが幻想郷に馴染み、人間や自然の生命力、妖精など地獄にあまり無いものに触れる事がどのように地獄の内部抗争における切り札になり得るのか。繋がりは見えない。
大凡予測できるのは、所詮クラウンピースは妖精であり、どう成長させても兵隊としては劣るモノであり戦闘における切り札ではなさそうだという事。そこから行くと、ヘカーティアはクラウンピースに幻想郷の要素を学ばせ、地獄において文化勝利でも狙っているのか?
地獄はかなりろくでもない所らしい。そこを改善していくのがヘカーティアの目的だろうか。地獄の先。つまりは衣食足りて礼節を知るという事?



まだまだ何もわからないが三月精第四部においてヘカーティアの計略は重要なストーリーラインとなり得ると考えて良さそうだ。
次回以降にも注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/27(金) 02:37:32|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国でサルスベリの新品種が「霊夢」と名付けられた件について

「霊夢」中国で花の品種に。東方Projectの人気キャラから命名 huffingtonpost.jp


まあちょっと前にバズッた話だが。



結構こういう新品種とか新発見の隕石とかそういうのは自由に名付けられるものだが、まさに霊夢のリボンといった感じで興味深い。
そもそも霊夢は名前自体も誌的だから花の名前にぴったりくるといえばそうなのかも。


東方インターナショナルの一つの例であり、ある意味では二次創作と言えなくはないか。
大学院生が作った品種でその弟が東方ファンで名前を推薦したらしい。

花の名前となる。東方もそれだけ大きく長く続いたシリーズになったという一つの証左と言えるかもしれない。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/23(月) 05:32:46|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東方茨歌仙 第四十五話 最高と最低の宴会

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第45話「最高と最低の宴会」の感想や考察など。


第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想
↑ここまで単行本七巻に収録
第三十六話「天高く神社肥ゆる秋」感想
第三十七話「閃光が起こすのは雪か神か」感想
第三十八話「聖地としての神社」感想
第三十九話「そこに妖怪の山があるから」感想
第四十話「幻想郷を蝕む異常気象」感想
↑ここまで単行本八巻に収録
第四十一話「天与の涼気」感想
第四十二話「四季を取り戻せ」感想
第四十三話「博麗神社は富を寄せ付けない」感想
第四十四話「寿命を超越するもう一つの手段」


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察
単行本第七巻の総合的感想・考察
単行本第八巻の総合的感想・考察

Febri。いつもに増して謎本と化してる気がするが、まあなんやかんやで読める記事は多い。
ちかちかたるとたたん、Vtuberネタと流行をしっかり取って来ている。登録者200万って、キズナアイとかで170万とかだっけ?別のゲーム専用のが70万とかで。Vtuberじゃねえけどもこう先生なんかは40万ちょいだっけ?任天堂公式チャンネル(日本の)は80万、ヒカキンは590万(ゲームのが347万)。やっぱヒカキンやべーな。はじめしゃちょーは620万くらい。Youtube登録者数でなんか記事書きたいと思ってる。


で、茨歌仙感想。あらすじから。
桜満開の博麗神社。生命力の暴走による季節の異変があった後も普通に桜は咲いた。
花見が可能で華仙は安心しているようだが、霊夢と魔理沙は何故かグッタリしている。

表紙。天子と紫苑。

邪魔者が表れて花見の準備が進まないらしい。
何から何まで口を出すので「勝手にして」と丸投げしてしまい、今夜の花見の幹事を任せたが全然楽しみじゃない。
華仙が一言言ってやると言った傍から博麗神社に現れた邪魔者二人。

暖衣飽食の天人 比那名居天子
粗衣粗食の貧乏神 依神紫苑

今度の花見の幹事二人である。
大分文句をつけにくい二人だがそれでも華仙は行く。

天子は天界風の宴会をしようとしている。華仙が諌めようとするが、まるで話を聞かない。
華仙は二人が持っている貧相な酒と肴にケチをつけるがここで紫苑が猛反発。
「食べ物を馬鹿にするなんて 貴方それでも仙人なの?」
酒を確かめるとドロドロしていていかにも危険そうに見える。

天子は他の誰かが酒や肴を用意してないか見張っておけと華仙に命令する。
天人の命令なので仙人である華仙は無視しにくい。
意気消沈して霊夢たちの元へ戻る華仙。

夜。花見。
割れた皿と器に貧相な酒と肴が並ぶ。
卓につく面々は紫苑以外皆気落ちしている。

不味い酒に貧相な食事だが天子は自信満々。
誰かが子の宴会は最悪だと指摘しろと呟く中、紫苑は感激し感謝の声を上げ酒と食事を堪能する。
天子は誇らしげに頷く。

仕方なしに他の面々も食べ始める。
なんやかんやで悪酔いしながらドンチャン騒ぎ。

朝、博麗神社。ぶっ倒れてる霊夢と魔理沙。現れる華仙。
肴の草に気付けに使う薬草が含まれておりたくさん食べると心臓に悪かったらしい。
魔理沙でも見抜けなかったマイナーな薬草。貧乏神がもたらす不運のせいらしい。
華仙が体の中を洗浄する酒を用意した。

天子は天界で幹事などしたことがないが地上の人間より上に立ちたい。それがために貧乏神の言いなりになって出鱈目な準備をした。
華仙は天界には行きたいがあんなのばかりならば考えてしまう。

天子に昨日の宴会が盛り上がったから今日もしたいといわれて快諾してしまっていた。
思案する二人。華仙が何とかするという。
止めさせる方向では失敗した。押してダメなら引いて見ろ。

紫苑は怪しむが天子は華仙、仙人を自分の忠実なしもべと見做して天国風の宴会の準備を任せる。

夜。博麗神社。宴会の参加メンバーは大分減っている。
今回も天界風宴会。ただし華仙の手伝いにより地上風にアレンジされている。

雑草は山で採れるおいしい山菜、酒は知り合いの力で最高級品に。
一見質素だが中身は最高級だというのが天界風だと華仙は言う。

チルノが食べて歓声を上げる。それに釣られてみんな食べ始め驚きの顔を示す。紫苑は感涙しながら食べている。
天子のような奴は持ち上げて協力してやればみんなの言うとおりになる。天人の扱い方が少し判った。

前日とのギャップもあり宴会は盛り上がった。
しかしこの宴会の幹事は二人。その事をみんなが忘れていた。

朝、博麗神社。ぶっ倒れてる霊夢と魔理沙。
華仙が用意したのは鬼をも殺す強い酒。宴会に参加したメンバーは水のようにそれを飲んでいた。

天子も二日酔いで頭痛がするらしい。
慌てる紫苑の肩に手を置き優しく微笑みかける天子。

みんな判っていたはずなのにお酒の魔力には勝てなかったようである。

Febri Vol.49へ続く。


あらすじ終わり。てんしおん!である。いやー、憑依華のエンディングで示されていたコンビだが、ここまで推してくるとは!非常に尊い。全体的に尊いけど特に最後のが。これは公認カップリングですわ。
今回は宴会回だがやや華仙の謎に迫った形か。ゲスト二人の印象が強すぎるが。


登場キャラ紹介。登場順。
茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。鬼は酒豪である。

天子の命令を聞いてでも天界に行きたいらしい。天界に何があるのか?
強い酒を用意したのはわざとか。肝心の天子に効果抜群とはいかなかったが。

今月の名台詞
「え?もしかして私に言ってます?」
迷惑をかけられたときまずは無視する。


博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。少女に見えるが幻想郷に未成年飲酒禁止の法律は無く、年齢も不詳。

今回はダラダラしたり飲んだり食べたりしてるだけ。場所を貸してるのは確かだが。
天子に幹事マルナゲ、二日目快諾は失策である。

今月の名台詞
「それにこの草 苦みが強いけど食べられなくもないわね」
霊夢も大概では?


霧雨魔理沙
普通の魔法使い。東方projectの副主人公。色々集めるタイプの魔法使い。

マイナーな気付けの薬草には気付かなかった。ギャグではない。
理由もないが博麗神社の宴会にはオール参加。

今月の名台詞
「おい!酒かよ!」
起き掛けに酒を飲まされて驚く一般人の鑑。


比那名居天子
天人の少女。東方緋想天ラスボスなど。親の上司が天人になったので天人になれた。

天人。上級階層って感じだけど生まれ流れでは実はないので捻くれたコンプレックスも持つ。
高笑いにドヤ顔とまさに天子。
紫苑の不幸をも微笑みに変える。名コンビである。

今月の名台詞
「私の目から見ても貧相な食事だが地上では豪華に見えるらしいからな」
いや紫苑からだけです。


依神紫苑
貧乏神。東方憑依華ラスボス。彼女の周りの人間は本人含め全員不幸になる。

いやー、ほんと良いものですね。貧乏神なので当然舌も貧乏。普段何食ってるんだろ。
こんなだが負の方向の能力は凄まじい。キングボンビーの悪夢。

今月の名台詞
「貧相!?これが?あんた目が腐ってるわね」
目が腐ってるのはお前だよ。


チルノ
氷の妖精。東方紅魔郷2ボス。かなり出演作品は多い。

チルノだけ純粋に宴会に来ただけのメンバーの中で二日目にも出席。何故来た。吹き出し付きのセリフもある。
そういえば、貧乏と言えばチルノも割とモノ持って無い方だよな。住居であるかまくらとかの描写もあったが。

今月の名台詞
「今日も天界風なのかよ?何かの罰ゲームかー?」
言葉選びの子供っぽさというか。


その他モブなど
東風谷早苗
チルノと確認して天界風の酒と肴を食べてみるシーンが何とも。
悪酔いして暴れたり感情豊か。

サニーミルク
スターサファイア
ルナチャイルド
光の三妖精。神社裏の大木在住だし神社の宴会にはよく来る。

魂魄妖夢
いち早く逃げを決めた妖夢。実際薬草のせいで体調不良だったか知らんが。

鈴仙・優曇華院・イナバ
妖夢と結構立場が似ている?



細かい点も含めた確認考察など。
華仙が天子達に文句を付けに来たとき、紫苑は天子の小さな体の後ろに隠れようとする。尊い。
凸凹コンビだが相性抜群?貧乏神と豪運の天人。

天子、籠を宙に浮かせている。格闘ゲームで要石とか浮かせてるし、その応用か。

華仙は天界に行きたい。仙人になったのはそれが目的?前回で悟りを開いて天界に行くことも考えてたし、最終目標はそこなのかな?鬼が天界に行くことにどういう意味が?片腕の件はまた別件なのかな?

華仙の知り合い。酒の品質を上げる酒器を持つのは星熊勇儀である。

質素だが中身は最高級。それが天界の極意だとすれば天子は紫苑にそれを見出している?確かに力だけでいえば実は最強級だもんなあ。

鬼をも殺す強い酒。天子には少し効いたが紫苑には効いてる様子がない。ああ見えて滅茶苦茶酒に強い?
妖夢は二回目の宴会来てねえのにまだ倒れてやがる。まあ他でもあったが酒に弱そうだもんね。

邪仙は天人にはなれない?青娥は無理?尸解仙じゃダメ?でもまあ神子ならいきかねない気もするが。というか日ごろの行いか。
その辺の審査とかあるんかね。仙人になるには修行だが、天人になるにはどういう風なアレが必要なのか。

結局一日目の宴会でも盛り上がってる面々。ほんと酒呑み共は。



こんかいはこんなところで。いやー、てんしおん。至高。
コンプエースは来月だっけ?そういやそろそろアレか。例大祭。
東方熱もまた高まってきたなあ。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/15(日) 01:16:52|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東方外來韋編 2018 Spring 感想など書いていく

なんとなく電子版じゃなく物理版買ったけど、こう電子版と物理版が混在すると甚だ面倒くさいな。


肆から2018 Springに。読みにくい方の漢数字(元々は改竄防止用なんだっけ)から年と季節に。これはつまり継続的に年二回刊を行うと正式に決まったという具合か。まあ変えるのもっと早くても良かったと思うが。

今回の原作紹介は憑依華と、地霊殿・星蓮船。
他にいつも通り香霖堂や各種インタビューなど。

まあ気になったところだけ見ていく。

ZUN×海原海豚インタビュー
憑依華は難産
タッグ方式とか面倒だもんね。台詞もまた全員分用意しないとだし、対戦勝利台詞の組み合わせもまた。

ラスボス
元々女苑一人だけだったとは。結構大きい情報かもしれん。

ドレミーはそんなに凄くない
なるほど夢の支配者と言っても所詮は夢オチ。ドレミーが出ているシーンは全て夢オチ。ふむ。三人菫子も含め?夢の中でしか存在できない?

天子は最後に出ることが決まったキャラ
数ある選択肢から出したいと言うだけで選ばれた。ほーん。だからこそエキストラの最後。天子は天人でありながらそれを否定しつつ有効活用しているとかそういうややこしさがある。興味深いところ。

対戦終了時の特殊会話の発生率は神主が設定している
レア台詞がほぼ全員にあるって、これまた大変そうな。どのくらいレアなんだろう。組み合わせも何でこの組み合わせでってのはもうなんというか。

黄昏次回作はまた別のゲーム
憑依華にさらに上乗せはなさそう。まだまだ何も決まってないようだが。


地霊殿
クロスレビュー
霊夢辛辣過ぎて笑える。ヤマメ・パルスィ・こいし0点。さとりはマイナス1点て。
まあ魔理沙もヤマメ・さとり0点だが。
さとりのレビューは相当甘々。特に身内贔屓がやばい。自分に至っては11点を付けてやがる。

ヤマメは洞窟入口で待機して侵入者が来ないようにしてる形なのね。パルスィや勇儀へのさとりの評も心の内面を見てのそれで興味深い。

旧都は江戸時代的なイメージ。確かに。
で、その中央にそびえ立つ地霊殿はゴシック。
地底の太陽というのは地球空洞説辺りの古典SF由来のそれもある?


星蓮船
クロスレビュー
地霊殿とは真逆に霊夢も高評価が多い。

ぬえ、EXボスには宇宙人リトルグレイが出ていた可能性も高かった。今東方で宇宙人っつったら月人達だもんねえ。グレイみたいなのが出てくる兆候はない。

星蓮船のボスの立ち絵はナズーリン以外全員片手をあげている。
持ち物も関係もあるがこれは気づかなかった。


地霊殿は嫌われ者縛り。
核が嫌われ者のラスボスというのはなるほど。

地霊殿の洞窟は秋芳洞のイメージで実際取材に行ったとか。
狭い洞窟では無く地下空間。これは二次創作的なイメージには重要かも?

地霊殿は設定先行、星蓮船はストーリー先行。
最近は星蓮船のようにキャラが繋がっていくストーリー先行に。主人公組がどういうキャラかわかっているシリーズものだからこそ?
作劇方法として興味深い。


幻想郷ジオグラフィ
幻想郷の地図。結構色々地理情報が各種作品に点在してるからややっこしいんだよね。矛盾するようにおもえるところもあるし。


キャラ
ヤマメ
体験版のディスクで逆さに印刷して蜘蛛らしさを出している。
体験版のディスクにそんなネタ仕込んでるとか想定してない。

パルスィ
地上と地獄の架け橋としての橋姫と。
別に川がある訳では無い。花映塚で出して無ければ死神が出ていた。
元々三途の川が流れてたのかな?

勇儀は体育会系で体操着モチーフ。
あらやっぱり?明言されるとやはりそう見える。

さとりは神主の中でパチュリーと似たイメージ。
ピンク系だし?

こいしはキャラクター性を持っていない存在、キャラ性の否定。
心が読めないさとりって確かに妹妖怪でしかないもんねえ。それが今や大人気キャラとなってるのは面白い。

お燐とお空はポップでダークなキャラ。
動物だもんね。


で、香霖堂。
今回は女苑登場。憑依華の前日譚といったところか。

相変わらず現実世界では陰キャしてる菫子。リア充は敵。

紙巻き煙草は幻想郷では貴重品。税金が上がっても分煙が広まっても未だに忘れ去られることのない嗜好品。むしろ葉巻の方があったりする?

外の世界風の宴会、すなわちBBQ。なるほど。
最高級の肉に大吟醸。散財。すなわち疫病神、女苑の仕業と。
女苑の能力には学生課金制限がついている。やさしい。

しかし香霖堂でも宴会して、これほど宴会描写が多い創作もそうはあるまい。



まあこんなところだろうか。
機会が無いと昔の作品に言及するのも珍しいもんね。東方外來韋編はそういう意味で必要な作品。
しかしこのまま半年に二作品紹介するとなると、2018秋に神霊廟と輝針城やって、2019春に紺珠伝と天空璋やって、でその次が無いような。外伝作品まとめるとか?その間に新作も出てどうにか?なるかなあ。
まあ後のことは後に考えればいいか。しかしこの調子では香霖堂単行本2巻はいつ出るのやら。
そういや今年は原作新作出したりしない感じかな?外伝作品がコミケでひょろっと出たり音楽作品が出たりはありそうだがさてはて。注目していきたい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/01(日) 11:35:38|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第14回東方project人気投票、詳細結果が出たので前回とアンケート結果を比べてみる

bnr468_60_20180104023804b08.png
第14回東方project人気投票公式ページ

第14回東方project人気投票、追加キャラの順位を予想でもしてみる
第14回東方project人気投票、急上昇しそうなキャラ予想など
第14回東方project人気投票、上位20キャラガチ予想
第14回東方project人気投票、投票したので晒していく
第14回東方project人気投票、Twitter出口調査を見る
第14回東方project人気投票、速報版結果発表!とりあえずサラッと見ていく。
第14回東方project人気投票、キャラ順位をステージ別に分けて見る
第14回東方project人気投票、姉妹キャラの明暗を見る


結構経ったが詳細結果が発表されたようなので、まずはアンケート結果を前回第13回のと比較して東方界隈の変化でも見ていこうと思う。

年齢
第14回
~10歳 14 0.11%
10歳~14歳 761 5.83%
15歳~19歳 4560 34.92%
20歳~24歳 3850 29.48%
25歳~29歳 2024 15.50%
30歳~34歳 1077 8.25%
35歳~39歳 480 3.68%
40歳~44歳 188 1.44%
45歳~49歳 67 0.51%
50歳~ 39 0.30%

第13回
~9歳 16 0.11%
10~14歳 999 6.61%
15~19歳 5489 36.31%
20~24歳 4399 29.10%
25~29歳 2256 14.92%
30~34歳 1173 7.76%
35~39歳 480 3.18%
40~44歳 197 1.30%
45~49歳 51 0.34%
50歳~ 58 0.38%

全体的に年齢層が微増している。
ゆっくり実況から東方に入る新規ファンが多いとも聞くが、最近はボイスロイド実況とか多いからかな?まあそういう懸念は前からしてたが。
しかしいまだに低年齢層のファンを多く抱えていることは十二分に今後の安定を示すものである。まあ一年でそうめちゃ変わるもんでもないが。


性別
第14回
男性 11442 85.69%
女性 1911 14.31%

第13回
男性 13557 86.61%
女性 2096 13.39%

女性率微増。これは大分前から同じ傾向である。
性別の垣根を超えた作品へと徐々になりつつある、というほど大きな変化でも無かろうが。


地域
第14回
北海道 491 3.85%
北東北(青森・岩手・秋田) 272 2.13%
南東北(宮城・山形・福島) 444 3.48%
北関東(茨城・栃木・群馬) 634 4.97%
南関東(埼玉・千葉・東京・神奈川) 3813 29.88%
北陸(富山・石川・福井) 255 2%
甲信越(新潟・山梨・長野) 471 3.69%
東海(愛知・三重・岐阜・静岡) 1285 10.07%
近畿(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山) 1675 13.12%
中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口) 558 4.37%
四国(徳島・愛媛・香川・高知) 242 1.90%
九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分) 502 3.93%
九州南部(熊本・宮崎・鹿児島・沖縄) 313 2.45%
日本国外:東アジア(中国・台湾・韓国など) 1258 9.86%
日本国外:東南アジア 91 0.71%
日本国外:南・中央・西アジア 11 0.09%
日本国外:ヨーロッパ 147 1.15%
日本国外:アフリカ 10 0.08%
日本国外:北アメリカ 204 1.60%
日本国外:南アメリカ 58 0.45%
日本国外:オセアニア 29 0.23%

第13回
北海道 598 4.04%
北東北(青森・岩手・秋田) 360 2.43%
南東北(宮城・山形・福島) 563 3.81%
北関東(茨城・栃木・群馬) 750 5.07%
南関東(埼玉・千葉・東京・神奈川) 4545 30.72%
北陸(富山・石川・福井) 301 2.03%
甲信越(新潟・山梨・長野) 532 3.60%
東海(愛知・三重・岐阜・静岡) 1534 10.37%
近畿(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山) 2048 13.84%
中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口) 629 4.25%
四国(徳島・愛媛・香川・高知) 335 2.26%
九州北部(福岡・佐賀・長崎・大分) 638 4.31%
九州南部(熊本・宮崎・鹿児島・沖縄) 380 2.57%
日本国外:東アジア(中国・台湾・韓国など) 959 6.48%
日本国外:東南アジア 121 0.82%
日本国外:南・中央・西アジア 15 0.10%
日本国外:ヨーロッパ 155 1.05%
日本国外:アフリカ 14 0.09%
日本国外:北アメリカ 224 1.51%
日本国外:南アメリカ 66 0.45%
日本国外:オセアニア 26 0.18%

顕著な変化は国外は東アジアの比率だろう。152%もの上昇率を見せる。イベントなどの影響と見ようか。
他で大きな変化と言えばオセアニアなども、まあ元の数字が少ないのでアレだが128%の上昇。
あと、四国や北東北での減少なども目立つか。やはりイベントの開催頻度の低い地方は弱い?東方が同人イベントに依存している構造が見えるというか。

クリア率なんかを見ると、全体的には未プレイとかが増えてるが、最近の作品ではクリア率も増えている形か。


東方に魅力を感じているところ
第14回
音楽 13483 95.66%
ゲーム性 8251 58.54%
キャラクタ 13018 92.37%
ストーリー 8920 63.29%
世界観 11630 82.52%
二次創作作品 10521 74.65%
東方作品を通じた交流 5550 39.38%

第13回
音楽 15754 95.69%
ゲーム性 9531 57.89%
キャラクタ 15450 93.84%
ストーリー 10158 61.70%
世界観 13539 82.23%
二次創作作品 12232 74.30%
東方作品を通じた交流 6384 38.78%

ほぼ変わらないがストーリーが微増してるのは憑依華の複雑に絡み合ったあげく一気に解決するあの形が評価されている訳だろうか。


知ったきっかけではネット関連が増えている感じ。



まあだいたいこんなところか。
基本的に新規ファン参入に関してはやや停滞気味?
とは言え海外が伸びている感もあるのは光明か。
だいぶ安定はしていて今すぐにどうなるという話でもないが。

東方はネット上での基盤が脆弱なんだよね。ツイッターが中心となってるけどツイッターはどうにもSNSとしても特殊な性質が多い。そうであるのにやはりネットに依存している文化である。イベントはあくまでイベントで恒常的なものでは無し。
その辺が今後の東方界隈の課題となるかもしれない。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/02/19(月) 01:49:15|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ