ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方Project 第16弾発表!「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」

東方Project 第16弾です 博麗幻想書譜


このタイミングで来たよ!発表時点でちょっと寝てたぞ。やはり茨歌仙やコンプエースの二作品、東方外來韋編や東方文果真報とのタイミングは狙ってか。東方の公式作品供給はかなりメリハリがある。

「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」!!!
第16弾。小数点作品や書籍なども考えると長大なシリーズになったものである。
天空璋。天空はまあ空、どうやら季節の異変らしいのでその辺の話として、璋。人名などに使われる漢字だが特別な意味ってあったっけ?
ニコニコ大百科によると原義は

引用
圭を半分にした玉器のことをいう。儀礼に用いる。
〔説文解字・巻一〕には「上を剡りたるを圭と爲し、半圭を璋と爲す」とあり、〔周礼〕から「六幣。圭は馬を以ってす。璋は皮を以ってす。璧は帛を以ってす。琮は錦を以ってす。琥は繡を以ってす。璜は黼を以ってす」を引用する。

らしいがわざわざ説文解字から持ってくるようなのは関係ない気がする。むしろラスボスの名前、ひいてはラスボスの元ネタの名前と考えた方が近いだろう。

「Hidden Star in Four Seasons.」四季の隠された星?
四季。四季映姫ヤマザナドゥはあんまり関係なさそうだが。季節によって見える星が変わる訳だがその辺の話?隠された星というと見えにくい6等星とかその辺?死兆星とか。

天空璋、隠された星。天空の璋をなんらかの星座、例えば北斗七星とするならばなるほどHidden Starが指し示すのはまさに死兆星、アルコルであろう。しかし四季ねえ。北斗七星の近くだし日本からならいつでも見えるぐらいでは?あんま知らんけど。
璋にはひしゃくの意味もあるという話。北斗七星は天のひしゃくである訳だが。これで結局関係ないという落ちもあり得るんだよね。割かしマイナーな用例っぽいし。


内容を見ていこう。
神主ブログ記事より

引用
お久しぶりです。急に暖かくなって来ましたね。
ゴールデンウィーク最終日(5月7日)に行われる博麗神社例大祭に、うちも参加します。

今回のうちの新作はこちら。
e0088742_21470551.png

例大祭新作である。まあ死ぬほど忙しそうにしてたとか二軒目ラジオで言ってたし予想はしていたが。
でタイトル画面。カッコいいロゴやクッソ長いお祓い棒、霊夢や背景はいいとしてスペルプラクティス復活!まあ紺珠伝が完全無欠モードのおかげでスぺプラいらんみたいな感じになってただけで神霊廟からの流れといったところか。ラストワードやオーバードライブに相当するものはあるかな?まあそこは輝針城でなかったしあんま期待は出来んか。

タイトルロゴの後ろは四季折々のマーク、背景が桜なのは本来の季節?いや、霊夢が春のキャラであるから?

引用
東方Project第16弾
 「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」

例大祭では体験版を(間に合ったら)配布予定です。完成版は夏コミ予定です。
ストーリーは画面から予想してください。前作とはうって変わって、爽やかですんごく軽い感じ?だと思います。

今回の主人公は、博麗 霊夢、霧雨 魔理沙、日焼けしたチルノ、射命丸 文の四人です。
果たしてどんな冒険になるのでしょうか。

紺珠伝ほど重大な話ではない、難易度も高くない?
となると都市伝説異変の帰結は憑依華で行われる?妖怪勢力争いも関係はない?はてさて。

で、チルノに文?!外伝主人公共が本編に殴り込み!!!いやチルノも文も花映塚でプレイアブルだったけどそれは話が違う。

どうやら霊夢に春、チルノに夏、文に秋、魔理沙に冬があてはめられているようで。なんとなくわかる気もする。

というか日焼けしたチルノって、瞬獄殺でも仕掛けてきそうなネーミングだな。殺意の波動に目覚めて初めて他の主人公格と同等とでも?異変で力が増したとか影響を受けた系か。
アローラの姿だとかも言われてるが。あるいは日サロでも幻想入りしたのだろうか。

主人公の人間縛りは、紺珠伝の時点で破られていたがもう完全に無くなったと見ていいのだろうか。

文チル。割かしメジャーな組み合わせだが自機同士の絡みというとおまけテキストとかエンディングになるか?
いや永夜抄方式もあり得るか。別自機の殴り込み。

e0088742_21533189.png
右のゲージ類に特筆すべき点は無し。最近のテンプレート。
左下のゲージが今回のシステムと見受けられる。季節に関係するようだが詳細不明。この画面では秋と書いているようだが。
何面かは知らないが蒼天で夏のように見える。

e0088742_21533377.png
文自機。この自機ショットはアレか。よくある進行方向に撃つタイプのアレか。妖夢的な。
背景は秋の紅葉。妖怪の山?守矢ロープウェイが見れるかも。
左下のゲージは春。専用の季節アイテムでもを取っていく感じかな?そもそもこれはゲージなのか?ただの固定された色付きの線という可能性もあり得る。季節はあるとしても。

文は文果真報の流れで自機やってる?となるとやはり月関係だったりするのか?なさそうだが。

e0088742_21533462.png
魔理沙の会話。1面か。魔理沙は夏っぽいのに冬服を着せられている。魔理沙は寒がりなんだよね。とはいえ暑くても文句は言うタイプだが。
元々の季節は冬?霊夢は制服(巫女服)決まってて割かし着たきり雀で、文も妖怪だしあんま変わらんだろうしなぁ。
ゲージは秋なんだよね。
二面かなんかで秋になってるとすると、ふむ。緋想天の異変を思い出したりもするが。

e0088742_21533632.png
季節ごとに担当するキャラが変わる。普通のチルノじゃ夏って感じしないもんね。しかしなんか植物まで巻き付いてるけれども。絡みついてるのは朝顔か何か?一応夏の植物ではある。アレか、夏休みの宿題の植物観察?アレは大体朝顔だよな。
チルノは、自然の象徴である妖精でありながら「不自然な冷気」なんだよね。だからこそ他にそういう妖精がいなくて領域を独占出来ていて強いみたいな話が三月精第4部であったっけ。なるほど伏線だったか~。今月の三月精にも期待である。
文字起こし

溶けない炎天下の氷精
日焼けしたチルノ

(背景に大きく「夏」とある)
灼熱の太陽が降り注ぐ、情熱的で熱気溢れる季節。
うだるような暑さと、全てを洗い流す夕立など、
最も表情豊かな季節である。

ノーマルモードは夏の夕立級。春夏秋冬で難易度選択?Exはどうなるんかね。そこでHidden Starとやら?
4人自機のパターンでいくと各自機ごとの別モードはなさそう。

引用
こんな感じです。
現在絶賛開発中なので、画面は変更になる可能性が高いですが、STGである事は変わらないと思います。
例大祭では体験版が出るといいなぁ。

今回は初心に返って、シンプルに気持ちが良くてそこそこの簡単な感じになるかと思います。ひねりのない、いわゆるちょっと昔の普通のSTGですが、逆に今は貴重かも知れないですね!

それでは、イッツ天空ショータイム!

そこそこの簡単な感じ。シンプル。言葉通りに受け取っていいかどうかは知らないが、自分で難しいとかいってた紺珠伝より難しいという事はなさそう?
昔のSTGなのはいつもの話だがもっと昔のそんなに弾幕でもない系?だとすると弾速がやばかったりしたりするのかね?

イッツ天空ショータイム。あっ、天空璋って天空ショー?!流星群だとか超新星(ベテルギウスいつ爆発してもおかしくないんだっけ)だとか日食だとかあの辺の話?そういえば最近太陽黒点数が少なくなってきてて氷河期だとかいう話がどうとか出てきてるんだっけ?地球温暖化するのか寒くなるのか。まあ地球環境が危ういバランスの下に成り立っているのはいつもの話だが。

四季。季節の神は多いしボス候補も多い。ヘカーティアが出てきたしどっからなにがでてきてもおかしくないんだよね。神話も色々ある。



いやあ。物凄い興奮している。どういったものができあがるのか。憑依華も含め今年の東方にも大注目である。今月のコンプエースにも期待したい。

しかし日焼けチルノか。これは色々と需要がありそうである。


※追記
他の人の考察からだが四季に隠された星ってこれか?
陰陽五行思想 - Wikipedia

五行に四季を当てはめることがあり、五行なのに四季じゃ足りねーじゃねーかって話だけどもう一つは「土用」ということになる。土用の丑の日にウナギを食べるとかの土用である。
で、五行なので五行相生・五行相剋を図にすると五芒星が見える、つまり四季(五季だが)に隠された星とはそれを指すという話
正解かどうかはわからないが、Exの難易度タイトルは土用というのはあり得そうな話である

陰陽思想という事で陰陽師の影響が多大に入ってる博麗神社との関係も作れる。
ますますあり得てもおかしくは無いか?

天空璋を北斗七星を含む大熊座として隠された星を小熊座に含まれるポラリス、つまり北極星とする説など色々予想が出ている。
璋という字から元ネタを予測する試みもあるが、すっげーいっぱいいるんだよな。朱元璋とかさ。
まあ簡単に当てれるとは思えないが予想し考察する試みそのものが面白いということである。


そういや左下の季節ゲージはオプションによるショットの変化っぽいという話もあるがはてさて……
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/21(金) 02:05:48|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東方茨歌仙 第三十九話 そこに妖怪の山があるから 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第39話「そこに妖怪の山があるから」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想
↑ここまで単行本七巻に収録
第三十六話「天高く神社肥ゆる秋」感想
第三十七話「閃光が起こすのは雪か神か」感想
第三十八話「聖地としての神社」感想


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察
単行本第七巻の総合的感想・考察

フェブリはいつも通りアニメの記事とかやってるけど隔月誌でそういうのやるもんなんかね。まあだからこそ紹介だけじゃなく深いところまで話をもっていってるが。
というか正解するカド、脚本野崎まど先生だったのか。っつーかインタビュー完全にいつもの野崎まど劇場じゃねーか。

たるとたたん。30年後に流行るもの今するのは確かにおかしい話。今流行ってるものが今価値がある、か?次流行るものの方が良いのか?しかし30年後は間違いと。

で、茨歌仙。簡易あらすじから。


満開の桜の季節、守矢神社ロープウェイ開通日である。早苗と神奈子が佇んでいる。
妖怪の山の上にある守矢神社から俯瞰で眺める幻想郷の景色はまさに絶景である。
しかしただ美しいだけでは神格は生まれないと言う神奈子。その言葉への早苗の疑問を遮ってお守りやお御籤などの準備を急がせる神奈子。

索道(ロープウェイ)乗り場。
屋台でにぎわっている。河童の姿が散見される。
霊夢も屋台でお守りや索道饅頭を売っている。博麗神社ではお守りが売れたためしがないらしい。
今回はにとりの助言で「人が集まる特別な日」に売りに来たらしい。

索道。どうやらまだ動かない。
諏訪子が説明するところによると、「天候不順」のため運行見合わせ中らしい。
しかし天気は快晴……

守矢神社側。早苗、準備は万端。しかし第一便が来てもいい頃なのに来ない。

一方索道乗り場では大賑わい。屋台村は大繁盛。霊夢の索道饅頭でさえ商売繁盛である。
華仙は違和感を感じる。華仙は大繁盛している河童に疑いを向ける。

河童のにとりは言いがかりだという。華仙は索道が止まっているから屋台村が繁盛するのではというが、にとりは河童の機械の評判が落ちるような事、つまりわざと故障させるようなことはしないと反論する。
そもそも運行見合わせの理由は天候不順。ロープウェイは風には弱い。
にとりは天候不順は山によくふくあの風じゃないかと仄めかす。

守矢神社。閑古鳥が鳴いている。ここで神奈子が意味深な事を言いながら動く。早苗はもしかしたら誰も来ないのではと疑っている。

乗り場。乗客たちが実は故障かと疑い始めている。
諏訪子はタイミングを見て報告を始める。
曰く天候不順とは天狗風のことで、ロープウェイに乗った人間を襲おうという天狗が現れたので運行を見合わせていた、とのこと。
竜巻のような天狗風。中に天狗がいるらしい。
しかし、ご神体、風の神である神奈子自らが天狗風を撃退し安全を保障すると宣言。
これをもって守矢ロープウェイ運行開始。

守矢神社も大行列。元々参拝客は博麗神社より少なかった。効果は絶大であり早苗も驚いている。
ちなみに運行見合わせの件は早苗は知らなかったようだ。

人里の人間からも大好評であった。天狗風の脅威を思い知ったが安全に美しい幻想郷を眺められた。
華仙は今回のロープウェイで河童、守矢神社、天狗の三勢力全てが利益を得ていることを理解する。
守矢神社の交渉力を侮れないものと考え直す。
博麗神社にもテコ入れしないとと独り言ちする歌仙であった。


Febri Vol.42へ続く。

あらすじ終わり。前回の続きである。今回は珍しく霊夢の商売成功。霊夢の商売回って同人屋の話っぽいところがあるよね。
妖怪及び神の幻想郷内での勢力争い、交渉という内容は最近の鈴奈庵の内容とも似ている。最近の東方の流れといったところか?
守矢神社の活動は茨歌仙で時たま語られていたがようやく大きな成果が出たといったところか。今までは分社での信仰だったがこうなると神奈子の神格も鰻登り?心綺楼の宗教大戦に参加しなかったのはこっちのが重要だと考えていたといったところか。
鈴奈庵は完結に向かっているようだが茨歌仙はもっともっと続きそう?守矢神社の仕事は一段落したが華仙の真意などはまだまだ。これからも期待したい。


登場キャラ紹介。登場順。
東風谷早苗
守矢神社の巫女。原作ゲームでの自機経験も豊富。霊夢に対する2P巫女。

こうしてみると霊夢と対して変わらんというか人間強度が霊夢レベルというか。
そういう面でも2P巫女なのだなあ。

今月の名台詞
「風を起こしてチラシでも撒いてくるのかしら」
この発想。


八坂神奈子
守矢神社の神。東方風神録ラスボス。風の神様でもある。

東方において神は崇められることで神格が増し力を得る。
しかし流石に老獪というか?前にダムで失敗してるのから学んだというか?

今月の名台詞
「ただ美しい それだけでは神格は生まれない」
美しいだけではないのが神奈子。実力者の言葉である。


茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。どちらかというと博麗神社側の人間だがお節介なところも。

違和感で行動したが河童だけじゃなくもっと深い裏があったという話。
誰も損していない?あえて言うなら茶番に騙された参拝客が被害者か。

今月の名台詞
「繁盛も運行見合わせのお陰って訳ね 饅頭屋さん」
割かし皮肉屋だが霊夢には通用しなかった。


博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。商売の才能はない。

索道饅頭とかいう適当な商品作りが素人っぽさが出ててよい。
博麗神社とか書かれてるはっぴもまた。

今月の名台詞
「えへへー物が売れるって幸せねー」
異変でないとここまで気を抜く。


河城にとり
河童のエンジニア。東方風神録3面ボス、地霊殿ではサポート妖怪、心綺楼、深秘録でプレイアブル。

商売人としてかなりあくどいこともするが短絡的なことはしない。
やはりにとりが河童たちのリーダー的な存在なのかね?

今月の名台詞
「我々テキ屋は路上販売のプロだ その都度商品を変えて何が悪い」
テキ屋。まあ実際色々やってるよね。そのうちまとめようか。


洩矢諏訪子
守矢神社のもう一柱の神。東方風神録EXボス。よくよく考えると色々属性過多な神。

河童の作業服を借りている?地味に付けてた腕時計も河童製なのかな。
茶番を実況できる面の厚さよ。

今月の名台詞
「よって天狗達がうようよいる危険な山の中を最大限の安全な高みから眺める優雅な旅が約束されたという事です」
平気な顔してこんなこと言えるもんねえ。というかお前も神だろ。


その他モブ
河童
売り子。ちゃんと髪型で個体識別できるのよね。

白狼天狗
イメージ映像にて。恐らく手前側が犬走椛?


細かい点も含めた確認考察など。
茨歌仙では珍しい前回からの続き物。とは言え他の書籍(茨第38回→文果真報→茨第39回)を経由しているともいえる。

タイトルの元ネタは言うまでもなくジョージ・マロリー

神奈子は早苗に裏の話をしていない。
秘密を話せるほど信任していないか、純粋さを守るためか。まあ早苗さんは優等生かもしれないけど清濁併せ持つみたいなやり方ができるタイプとは思えんしなあ。口も軽そうだし。

よく屋台だとかイベントだとかいう話が多く出るのは神主の同人イベント経験からくるものなのだろう。

守矢神社のお守り、健康、長寿、縁結び、退魔まではわかるが弾よけのお守りてな。需要あるのか?
博麗神社のお守りは文字が潰れててあまり読めないが、索道安全とかあるんだけど。またニッチな。

華仙は神奈子の存在に目を捕らわれて諏訪子を認識しきれてない?まあ今回諏訪子が何したという訳でもないが。

天狗風。天狗が人間を驚かせるための演出?中に入ってるのは白狼天狗の模様。いつだったか警護だとか言ってた話のアレか。警護じゃなくショーみたいなものだが。



今回はこんなところでいいか。
そろそろ原作情報が来てもいい頃。今回の話とかと関連してくるかな?索道を踏まえての話とか。憑依華に索道ステージとかあるかね。原作STGは今年出るんかね。神主また忙しそうにしてたらしいが……

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/19(水) 01:49:24|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東方文果真報、読んだので感想など

本屋行っても売ってねーんだなこれが。
しかたねーからBOOKWALKERの電子書籍で買って読んだ。

話としては、射命丸文が週刊誌文々春新報という週刊誌を外の世界の影響を受けて作ろうとしたけどなんかどう見ても嘘や捏造の温床になってるので絶版にしたというところ。
劇中劇ならぬ本中本?というのもおかしいが外枠のストーリーに紺珠伝勢が強くかかわってるのがやや面白いところ。


まずは個々別の記事についてでも見ていく。
というかなんだ文々春新報の方の表紙。週刊文春っぽいな……ってかタイトル元ネタそれか書いてやっとわかったわ。

菫子周りは霊夢の性格なんかも含んで相当な陰謀論めいた内容になって来ている。
神社宴会連合ってなんだよ。
ええっと、霊夢魔理沙紫華仙萃香に紅魔館連中白玉楼連中守矢神社連中、後はマミゾウとか文とかにとりとか?対象が多すぎる。
シエスタを激写される霊夢。文はパパラッチである。
菫子は外の世界ではオカルトくそやろう扱い。まあツイッターとかで幻想郷の写真あげたらそらな。

プリズムリバーなど芸能関係。芸能記事が多いのは週刊誌の定め。
解散と再結成で二回記事になるって同じ週刊誌でやっても仕方がないのでは。
プリズムリバー+堀川雷鼓はホリズムリバー楽団。ドラムがセンター。雷鼓はやり手である。
九十九姉妹のバンド名は「女子二楽坊」?パクリの上に勝手に文がつけた名前である。

花果子念報、三行でまとめると、とかほんとクソみたいなネットニュースで見出し詐欺とかある辺りがなんともいえない。

魔女の箒。掃除が出来るってまあ魔女のそれである意味は無い。魔理沙は結構スポンサー広告多いな。広告料出してんの?それとも広告あった方がメディアっぽいから載せてるだけか?
恋愛成就までは恋の魔法使いとしていいとして子孫繁栄ってなにさ。まあそういう薬でも作る予定があるんかね。

河童は水素水を売っている。しかも湧水らしい。
完全にインチキの上に幻想郷の住民水素水とかいってもわからんだろう。
それを石油と勘違いする文も文。

スマホ首。スマホじゃねーし。というかばんきっき、首飛ばすだけじゃなく伸ばすこともできるのね?
歩きスマホって二宮金次郎だよね。

砂糖に高い中毒性ってDHMO思い出すレベル。まあ幻想郷では粉砂糖はメジャーではないのだろうが。

というか神子の記事もそうだが移民がどうとか昨年の米大統領選の影響を文が受け過ぎている。挙句の果てに完全な捏造をやらかしてるし。
まあこんな必死な顔して健康の話をしだす方にも問題があるが。トランプ大統領の話は確かにあんま関係ないなら面白いもんな。文も大受けしたようで。

ドレミーの広告を見るに人里には寝具店もあり枕を卸しているらしい。
それで悪夢を喰ってるのだろうか。
しかし文は広告主にも結構攻撃してるよね。

正邪の「本物の打ち出の小槌」の話。ふむ?ここだけなんか妙だが次回作周りと関わってくる?次号も引き続き検証とか書いてるし。次号ないけど。
いつだったかの弾幕アマノジャクゴールドでは本物の打ち出の小槌で霊夢の弾幕を小判にしてたが、アレは正史ではなかろう。

あらた先生の漫画。これは二次創作ってことでいいのかな。うどんげっしょーの人だが。まあ週刊誌に載ってそうな漫画ではある。雰囲気付けか。
魔法探偵マリサシリーズ「MはMで死ぬ」アガサクリスQ。なんかどことなく忍殺臭。鈴奈庵で阿求がアガサクリスQ名義で小説書いてるんだよね。
こういう組織名書かれるとなんかフラットノーズとかいって4魔法使いの絵を描く人とか出てきそう。

天狗のピンナップと三天狗の愚痴話。やはりブラックらしい。
でブラックと言えばその次の葉庭先生の漫画、新人天狗シンミョウマル。現代もので中々見ないキャラの組み合わせが好感。そりゃかぐやと正邪とか会社辞めだすわな。

稗田寺子屋。稗田家のものなんだ。
強力講師陣って二人しかいないのでは。

サグメは永遠亭に通っている。霊夢によるとお茶しに来てるだけのようだが、さて真実は?文はサグメの能力で週刊誌を捻じ曲げられたと考えているようだが。

清蘭と鈴瑚、二人は団子屋をやっているようだ。協力すればいいのに別の店舗という。味は鈴瑚の方が勝って売り上げも鈴瑚の方が上のようだ。まあ同じ団子の種類でないだけましか。

香霖堂の一角で人間当てゲームなどやりだす影狼。人狼ね。しかし人間を当てるってまた病んだゲームだなあ。

索道。ロープウェイの話は前の茨歌仙でも出てたが、秒読みねえ。原作でなんか関わるかねやっぱり。

霧雨魔理沙のラッキー占い。何気に「幻想郷の母」という号を霊夢からパクッている。死ねるからラッキーってすげー適当な占いだなあ。何となく適当な占い加減がアストロモモンガを思い出すっつっても誰もわからんか。

河童観光公司。河童は商売上手である。

紅魔館のメイド募集。完璧にブラック企業。まあメイド妖精共も真面目に仕事しないからトントンだが。あの制服は支給品らしい。

青娥。いきなり写真をせがむ辺りがかなりうざくて好き。青娥の都市伝説技は三人写真のアレ?

ヘカーティアの対談。流石に実力者。結構重要な記事である。
ヘカーティアは地獄でも実力者でアウトロー。完全な自由主義者。新自由主義とは関係ない。人種的には逆の野蛮人思想的な?
クラウンピースの幻想郷への定住は三月精の話だがやはり色々意図がありそう。月の都も幻想郷に対しノーモーションではありえない?他の妖怪勢力も人里を色々狙ってるしこの辺の権力争いのカオスが次回作以降で動いていきそう。
というかクラウンピース、妖精の中のみならず実力が高い。流石5ボス。


他にもアホな記事や有料広告募集や変な奥付などあるがまあ割愛。
最終的に文果真報の記事として自分で書いた捏造記事の解説をする文など。こうみるとヘカーティア普通に幻想郷に来てるのな。団子屋で部下と飯食ったりと平和ボケはむしろこいつらである。
水素水は勘違いを取り除いても結局あやしい辺りが。

てか文、花果子念報に危機感を覚えてたのね。やはり二人はライバル。


という訳で、文というキャラは最初からそうではあるが。メディアの危険性などを強く喚起しながら次回作以降への伏線などもはりつつ、細かくキャラの設定を膨らませる。
東方文果真報、奇抜なことをやっているがいつも通り良い設定資料集まがいであった。
週刊誌というのは行ってみればテーマか。面白い発想であり楽しく読めた。書いてあることが本当かどうかはよりわからなくなったが。

というか東方は一作品でまとまるよりもシリーズというか作品全体に繋がりがあるというのが多いよね。だからこそこれほどの長寿シリーズになっているのだろうが。

さてそろそろ次回作、黄昏の憑依伝もそうだがSTG新作は出るかな?そういう時期である。
様々な情報にアンテナを張ってチェックしていきたい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/02(日) 02:06:47|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東方外來韋編 参 読みながら感想書く

ちな電子版なのでCDはつかない。キンドルは遅かったのでブックウォーカーの方で。
ネタバレ注意とか書いといた方が良いかな?


書籍の話。

香霖堂、紅魔郷出てすぐ話がでたとは。なるほど同人からメジャーへの流れ、月姫辺りの方向性が昔は大きかったと。むしろその辺の同人と商業をはっきり分けてしまったのが東方という感もあるが。流れを断ち切ったのでは。
しかし話には聞いてたが相当滅茶苦茶だったんだなあ。

文花帖。文の位置のキャラがカワウソになる可能性もあったと。
文のZUN絵初稿は初?

求聞史紀。ようやく設定資料集らしき設定資料集。帯の話は初耳。

儚月抄。おおおおお!依姫豊姫ZUN絵!これは貴重!依姫のは色なしのがテレビ取材の時出てたっけ。
連載当時は確かにボロクソに言われてたね。まあでも今はそういうものだと理解されてるというか。よく考えるとそりゃ侵略者が勝って良い訳はなかった。商業でいきなりストーリーものとして出すには話が複雑に過ぎたというか?だからこそ良いところはあるんだけどだからこそボロクソにけなされたというか。

グリマリ。思えば謎な本であった。
スペカ写真撮るのも地味に面倒。プレイしなきゃだもんね一通り。

求聞史紀。あれも凝った本であった。インタビュー形式ってやり方がなんか面白いよね。

漫画。三月精の時編集が持ってきた元の企画は永夜抄のコミカライズという雑な企画。そういうのは神主はやらないけど他の人はそういうのでいっちゃうよね。
茨歌仙は霊夢のダメなところを描く漫画。確かに霊夢の日常に一番近い漫画か。

外來韋編。一冊丸ごとの雑誌はやって無かったからすると。
一応定期的に出てるというのも大きい。……定期的ねぇ。

で、新作の書籍!ツイッターで情報が聞いてたが。
東方文果真報 Altanative Facts in Eastern Utopia.
東方の楽園の代替的事実。オルタナティブファクツっていうとトランプ大統領(の報道官?)も使ってた用語だっけ。
文花帖が新聞なのに対しこっちは週刊誌として、東方キャラの私生活に迫っていくとのこと。ゲスい。
文花帖のように、設定資料集めいてない書籍、設定を広げる書籍と。タイトルからして文とはたてが著者的な?
3月30日って早いな。期待。プリズムリバー三姉妹がスーツ着て謝罪って何があったのさ。そもそも幻想郷でスーツって時点で笑えて来る。


憑依華情報。
ストライカーシステムではない。
新キャラ含めると20人クラスの大所帯。え?いきなり情報ぶっこんで来るなもうそんな数の話していいのか。
深秘録が鈴仙含め15人だから新キャラ含め後五キャラ程。対等なタッグらしいので偶数にずれることはあるか。20人、22人、24人ぐらいまで見てもいい?まあ5キャラ増やすってのだけでも大変だし20人だろうけど。
前私がした予想も20人予想だったか。さてはてどんなキャラが出るか。
耽美系。憑依は重要なキーワード。
例大祭近くに情報公開。期待。


勇者ヤマダ君コラボ。そういえば私はやってない。
呑んべぇのレムリアで神主が出てくる。それは笑う。
神主のカッコよさはサイボーグ009の004のカッコよさ。わからんでもない。
陣中見舞いに来る神主の台詞は瞑想して書いたってまたなんというか。
霊夢や魔理沙の台詞は神主が書いて針妙丸と正邪の台詞は木村さんが書いたのを神主監修。ほー。つーかまあ針妙丸先生って、まあいいかねないけど。


萃夢想。
独断&偏見ランキングとかいうの。
色々あるがアリスが魔理沙を特別賞に、パチュリーがアリスを特別賞に選んでいるのが中々乙。

花映塚
神主は映姫を出すとキャラに言いたい放題愚痴れて楽しいとのこと。
ふむ。今後の作品でも出てくるかな?この書き方だと、憑依華で出たりして?


小数点作品は二次創作的なイメージで作っていると。花映塚は特に二次創作っぽい。
文花帖は習作のつもりで元々イベント配布だけのつもりだったとか。そういえばそんな話があった様な?しかしやはり文花帖系のが簡単にやれて好きなんだよね。


プリズムリバー三姉妹。打楽器入れとけばよかったとのこと。確かに音楽的には?
弾幕はバグを産みやすいとのこと。三人一体だもんねえ。

メディスンはメインのストーリーに絡まないキャラの外れルートのキャラ。そういう見方はしたことが無かった。
メディスンは設定的に不遇だから使いづらい(パルスィなんかも)。そういうのもあるのか。

リグルは虫のトップとしてのホタル。ふむ。

ミスティア。当時のシューティングの常識に挑んでる形と。東方は結構やらかし弾幕多いもんね正邪とか。

ルーミア、レティは謎妖怪。チルノはストーリーに絡まないからこそ使いやすい。

幽香のZUN解説はかなり興味深い。
旧作時点で最初に寝間着で出るのは強いキャラの条件として本気でないという表現。
そろそろ昔のキャラは隠居している。ふむふむ。そういうイメージか。魅魔辺りが出る可能性はさらに低くなったがそこを狙って出す可能性があるから油断できない。

映姫。ヤマザナドゥは変な名前にしたかったかららしい。うむ。


で、香霖堂。東方文果真報のプレストーリー。
トランプ大統領の話とかなんとか。というか妖怪たちの権力争いの話は鈴奈庵、茨歌仙、あるいは三月精でも触れられているが、これからのストーリーはその辺で行くのかな?都市伝説異変の帰結とは関係があるのか?
文々春新報が元々文が出すつもりだった週刊誌。しかし重大な見落としが?はたても噛んでくるんだろうがさて。
しかし菫子は流石最強の生物女子高生。天狗にも霊夢にも負けない。というか外来人に週刊誌とかいう外の世界の真似で挑んでもそら負けるわなあ。
うむ。今回も面白かったが霖之助ほとんど場所貸してるだけだな。



で、非公式漫画とか。これまで通り一番逝っちゃってる火鳥さんが先頭でどういうものかわかりやすい。
結構「公式作家」も書いてるんだよね。一つ一つ感想は書かないがなかなか面白い。あくまで原作ではないがだからこそやれることがある。



東方文果真報の広告でサグメの絵があるが、紺珠伝キャラまで出すか。ヘカーティアの私生活とか出るかな?期待。


全体としては前巻前々巻よりも読みやすく仕上がっていた印象。小慣れてきたというか。
結構重要な事実や資料なんかも集めてきてるしこれからも期待できるだろう。肆は秋かその辺?原作STGが出るとしたら出てからという事になるがさて。

東方はやはり良いものだ。最先端であり孤高のジャンル。
これほど独特の位置にある作品も珍しいよね。学ぶところは多い。
次の特集は風神録からということになるのかな。風地星神辺り?緋想天や非想天則もあの時期だが。何にせよ注目。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/02(木) 09:15:53|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東方茨歌仙 第三十八話 聖地としての神社 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第38話「聖地としての神社」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想
↑ここまで単行本七巻に収録
第三十六話「天高く神社肥ゆる秋」感想
第三十七話「閃光が起こすのは雪か神か」感想


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察
単行本第七巻の総合的感想・考察

フェブリの今回の特集はユーリか。売れまくったもんなアレ。フィギュアスケートというとしょっちゅうコケてるなあという印象ばかりである。話によると、トチりこそ一番面白いらしいからそれで正解なのだろうと感じている。
で、ガンダムの仮面特集。ガンダムシリーズはテーマは変わるがモチーフは同じという形を取っているという事なのだろうか。リスペクト?
たるとたたんは今回も中々逝ってる感じが好きである。胡蝶の夢じゃあないんだよ。

で、茨歌仙のあらすじ。簡潔に書く。
雪かきをする早苗。人里の祠周りのようだ。
早苗が雪かきしているのを見て手伝う人里の民衆。お供えもして完璧。
雪かきを手伝った人たちからお茶に誘われるがまだ仕事があると固辞する。

雪駄に履き替え博麗神社まで歩く。守矢神社の登山道より道は短く険しくもない。
夏ならばハイキング気分で登れる、雪が無ければお年寄りでも登れるぐらい。新雪を歩いて1時間ぐらい。
守矢神社と比べると恵まれた環境だが……

霊夢は留守で華扇がいる。早苗は霊夢がいなくても出来る用事で来た。
霊夢は雪かきが雑で、博麗神社にある守矢神社の分社は雪かきしてくれない。だから雪が降ったら早苗は雪かきに来る。
妖怪の山は妖怪の聖地で普通の人間には行きにくく、それ故分社が必要。

ロープウェイはもう動かせる。里の人間を載せた試乗会も過去に何度か行っている。
排他的な天狗と話を付けたのは神奈子。人間が天狗の住居に侵入しなくなる、神社まで人間が来れば天狗の商売の幅も広がると両者にメリットがあり、話はまとまったらしい。
更にロープウェイの乗車中にほかの妖怪に襲われないよう見張りの天狗までつけてくれると大盤振る舞い。
華仙はそこまで行くと逆にちょっと引っかかるという。

しかしトラブル。動力源がいかれてロープウェイが動かせない。動力源は水力、水力発電ではなくただの水力、水車と同じである。
滝が凍ってしまって動かないらしい。説明に現れたにとりは冬はロープウェイが動かせないんじゃないかというが早苗は来年の初日の出イベントまで企画している。にとりは間欠泉を動力として使おうという。
早苗は了承し河童たちは工事に取り掛かる。しかし温泉水は機械の劣化を早めるため維持費が多くかかる。その分を要求するにとり……

次の日。華仙は河童と天狗に疑念を抱いているが博麗神社の事でもないので口出しはしない。
霊夢が現れる。霊夢はロープウェイ開通に備え商売の準備をしていたらしい。まんじゅうやお守り、マスコットキャラなどの準備をしている。
同業者にお客を取られないか心配ではないかと華仙は聞くがそもそも元々参拝客はほとんど来ない。

不真面目な博麗神社の方が付け入る隙はないのかもと華仙。
聖地としての神社の話である。


Febri Vol.41へ続く。


あらすじ終わり。早苗回!!!久しぶりである。もう一つの神社の巫女、霊夢と並び立つある意味での「もう一人の主人公」。茨歌仙で少しづつ描かれる幻想郷の技術革命の路線であり守矢神社と博麗神社の信仰合戦の一部分である。
そしてその中で妖怪たちの策謀というテーマは鈴奈庵で最近よく描かれるところ。都市伝説異変の終結に合わせて原作でもこの動きに連動する?
ちなみに今回魔理沙出てない。珍しい。まあ出ても大したことしてなかったりするが。


登場キャラ紹介。登場順。
東風谷早苗
守矢神社の巫女。原作ゲームでの自機経験も豊富。2P巫女、マリオに対するルイージ。

早苗の細やかな性格が良く出ている。たまに暴走するけどそれは真面目が故の暴走なのかね?
怠惰な霊夢と比べてその辺も対称なのか。

今月の名台詞
「仙人さんって霊夢さんの保護者みたい」
華仙はそういうとこあるよね。


茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。妖怪の山居住。

博麗神社を守る気は合っても守矢神社にはその義理がない。
水力発電を高度な技術と考えるぐらいにはファンタジー側の人間。まあよくよく考えると水車の要領でロープウェイ回す方がエコな気もするし技術的にはどっちが上なんかね。

今月の名台詞
「あまりにも頼りなくて ねぇ」
霊夢は日常時はひたすら緩い?異変時は割とキレッキレで華仙も深秘録でその姿は見ている訳だが。


河城にとり
河童のエンジニア。東方風神録3面ボス、地霊殿ではサポート妖怪、心綺楼からはプレイアブル。狡猾な商売人の気質を持つ。

クライアントをだまくらかし利益を享受する。他の河童にも周知していないようだが……
というかこの場合の維持費って何なんかね。金?通貨経済十分に回ってるの?というか通貨とか誰が保証するのさ価値。
まあ物々交換とかもっと別のアレかもだが。

今月の名台詞
「維持費は多めにかかるがそれは出してもらえるよな?」
ゲス笑み。


博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。商売下手である。

早苗は博麗神社をライバルだと考えているようだが、霊夢はもはや気にしていない?
よくよく考えると賽銭を別にすれば博麗神社の信仰が深まろうが霊夢には関係ないのかもなあ。

今月の名台詞
「今のうちに索道開業に合わせて新商売を始めないと」
霊夢らしい軽薄な思い付きというか。


その他モブ
射命丸文
犬走椛

天狗ども。
椛は交渉時の警護やロープウェイの警護など色々出ているが。まあ台詞もないし確定できないが。


八坂神奈子

今回は交渉役。諏訪子は裏方か。


鍵山雛
秋穣子

妖怪の山の脅威は多い。妖怪の山ってぐらいだからまだまだ妖怪いるんだろうなあ。


モブ河童。

久しぶりに台詞あり。体育会系口調。



細かい点も含めた確認考察など。
最初に早苗が雪かきしてた祠は鈴奈庵で新しく生まれたヤマネの祠?他にも分社の話はあった気もするが。

ロープウェイは春には開業。なるほど春。現実世界では例大祭の時期である。
すなわち、黄昏の新作憑依華か上海アリスの新作でこの辺りの話が出る?じゃあ憑依華での早苗プレイアブルも視野に入るか。

そういえばUnfinished Phantasmの人が人里から博麗神社までの距離を計算してたが3~4kmらしい。この辺やこれまでの情報と合わせれば幻想郷の地図も詳細になっていくかな。
同記事内でなんで飛ばないんだって話もあるがあいつら基本異変とかで急ぎとか理由がないと飛ばないよね。疲れるというほどでもないようだし、ふむ。まあスローライフを満喫しているのだろうと私は納得しているが。メタ的な理由で言えば全部飛んで行ってしまうとあまりにも非日常的、非現実的になり作劇が成り立たないから、といったところなのかな。

守矢神社の参道は人里の人間が行くにはどれほどの苦行なのだろう。妖怪の山の山頂で富士山よりも標高が高く、整備されているとは思えない山道、そして危険な妖怪の数々。普通に冒険的所業である。まあわざわざ参拝するような奴はそれなりに腕があるのかもだが。

守矢神社と比べると博麗神社は恵まれた環境だが結局の話ほとんど参拝客はいない。結局ご利益も不確かな神社に行く理由はたまに霊夢がやる変なイベントぐらいだし、そもそも妖怪神社だし。
そういえば命蓮寺のアクセスはどんなもんなんかね。イマイチその辺の情報ぱっと思い出せないが大分人里から近かったような。

霊夢が守矢神社の分社まわりを雪かきしないのは面倒だから?商売敵だから?
それとも存在を忘れ去っているから?
霊夢は臥龍梅のご神木とかも忘れ去ってそうだよね。
守矢神社の分社は風神録で設置された。

神社は聖地とそれ以外の境界に作られる。そりゃ誰にも行きにくい聖地とかアクセス悪すぎだからね。それが故にロープウェイでショートカットを作って逆方向から聖地とそれ以外の境界とすると。

神奈子が話している天狗のお偉いさんは御簾の向こう側。ふむ。大天狗…… 崇徳上皇?

河童と天狗の陰謀。ふむ。河童はうまい汁をすするとして天狗は?

聖地。オタク的な意味でもそうかな?あまり真面目に村おこしに使っても失敗すると。
適当なぐらいがいい?



早苗回であり、大きく幻想郷が動き出す話でもあった。
そろそろ原作の季節がやってくる。深秘録や三月精も含めて書籍とどうかかわってくるか。都市伝説異変もあるが…… 今年も東方には大注目である。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/16(木) 04:21:15|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ