ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方智霊奇伝 紅魔館事件は地の底に(四・後編)感想・あと酔蝶華第五話もちょっと感想

東方智霊奇伝 反則探偵さとり コミックウォーカー



ジャンプ感想とかは次の記事で。


ようやく物語の縦軸が明らかに。旧地獄から逃げ出した永久罪人。それを捕らえるための反則探偵さとり。
永久罪人ってまたようわからん造語を。いやまあ旧地獄が地獄であった時から捕らえられていた怨霊って話だろうが。
憑りついて、魔力を全て貪る、その後肉体を乗っ取る。魔力を全て貪られた後、妖怪は昏倒する。人間はそのまま乗っ取られる。
そして飲み物を介して憑依対象を変えられる。自分の姿を晒すことになるが自分で抜け出すこともできる。狡猾で慎重。
なるほど?それがルール。それを追って紅魔館から白玉楼?このまま原作の流れで行くんかね。で、連載の続く限り永久罪人を取り逃し続けるさとりという構図?

肉体を乗っ取る。咲夜に盛られたとかなんとか言ってたのは永久罪人?
なるほどちょっとはミステリらしくなってきたというか?ミステリなのか?
永久罪人はとにかく魔力を貪るのが目的か。フランを標的にしたら悪意を察知されて逃げた系かな。魔力が十分に溜まればまた能力増えたりして。
怨霊というと華扇に握りつぶされてたりするのが思い浮かぶ。後は屠自古なんかもそうか。

フランは今回のムーブで大分キャラが更新されてきたというか。
さとりはこんなキャラで行くんやなって。他もパチュリーやレミリアなど普段見せない顔が見れた印象。

しかし今回もパワーのあるコマが多い。基本的に集中線が濃いというか。レミリアとか霊夢とかさ。
首絞めされてる美鈴と絞めてるフランも中々。
さとりの顔も色々味がある。


で、次回から白玉楼編?まあ白玉楼組って二人だけど花見の宴会の話かね。魔理沙が持ち込んだ酒にでも紛れて幽々子に憑りついた?魔理沙本人が憑りつかれてるって感じでもないが。まあ幽々子は単純に寝ている説もある。

さて、兎にも角にも紅魔館編終了。宴会でいつもの博麗神社、とかじゃなくガッツリ拠点で話をしているからか紅魔館勢のこれまで見れなかった顔が見れた。特にフランとかね。咲夜と美鈴の絡みとかも。
次はどんなキャラのどんな姿が見れるだろうか。さとりの活躍も含めて注目である。



で、あと酔蝶華。

美宵ちゃん、やっぱ人畜無害な座敷童とも思えない。酔魔?人を泥酔させるのが目的の妖怪?
人里在住の妖怪だし単純に危険だよなあ。反ミームSCPは大体極悪だし記憶消去は面倒くさすぎる。
霊夢に絡んで魔理沙に絡んで、そんな感じでキャラを変えて行くスタイルかな?萃香は特別枠のようだが……

後、妖夢。酒弱いのに好き説あるな。書籍作品で度々酔っぱらってる印象がある。
次回以降も注目である。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/03/30(月) 22:51:05|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東方project人妖名鑑 宵闇編 読みながら思ったこと書いてく。

なんか発売されてたので。宵闇編ってことはまたストックが溜まったら出すつもりなんかね。書下ろしも多いようだが。

なお、外來韋編で書いてたのは概ね忘れてる場合も多いのでどこが書下ろしかはイマイチわかってない場合も多いがご了承願いたい。
ではスタート。書くこと思いついた奴だけ書く。基本的に神主のコメントを拾っていく。


霊夢
確かに何を考えてるかわからない主人公。モノローグは少ない。常に誰かから見た霊夢か。

魔理沙
実家は繁盛している。漫画とかで人里の描写があっても全然出てこないが酔蝶華ではそろそろ出てこないかな。

美鈴
西洋風味の館で西洋モンスターのお約束のドラゴン、と見せかけて中国龍、と見せかけて帽子に龍って書いてあるだけの中国妖怪がいるってなんやねんそれ。

パチュリー
技のデパート。まあ図書館だし近いものがある。

咲夜
紅魔館を作る前に最初にイメージが固まったのが咲夜。時止め邪道弾幕をラスボスの前へ。まあラスボスがあんま邪道してきてもな。なるほど5ボスはそういうのが多い?妖夢、鈴仙、お燐、正邪。後そこまででもないが里乃と舞も二人掛かりだし磨弓も埴輪がめんどくさいといえばそう。最近はラスボスも大概だからなあ。

レミリアとフラン
レミリア達は500歳の幼女だけどロリババアって感じはしないよね。500年何の成長も無い?
そういえば常に羽根が見えている、というか人間体で羽根が見える吸血鬼ってそんないるっけ?

大妖精・小悪魔・リリーホワイト
解説文に正式な名称ではないって書いてるけどこういう場で書かれると半ば正式な名称になってしまうのでは?

ミスティア
画面への介入は邪道とされたが設定と能力をを紐付したかった。小さいように見えてエポックメイキング?

てゐ・鈴仙
てゐは大妖精や小悪魔・リリーホワイトの反響を受け作られたキャラ。はー。たまにプレイヤーの意見を参考にするんだな。
鈴仙の制服は個性の無い感じ。へぇ。それが初心者ホイホイに繋がると。

輝夜・永琳
永夜抄までで世界観が成熟したからこそみんな知ってるかぐや姫や日本神話のオモイカネが出せる。その感覚は流石というか。

妹紅
藤原氏なのは過去の栄光としての意味があるとか。へぇそういう。

萃香
萃の字は酒の酔うという字からも来ている。鬼武者は確か神主がタイトー時代に演出だかなんだか担当してたっけ?
萃香の派生のキャラは多い。確かに鬼の四天王の勇儀や華仙もいるし、酔蝶華の美宵ちゃんもそうか。流石妖怪の代名詞たる鬼。


結構色々パロディ含んでいる。ブン屋ってのは色んなキャラと関わりが出せる。なるほどキャラとして特別で使いやすいと。

メディスン
外れルートのキャラだから毒持ちって酷くて草。

幽香
強いボスは本気じゃない方が良い。なるほど、わかる。いきなりラスボスが本気出して襲い掛かってくるのはちょっと違う感ある。でも純狐はそういう意味で逆を行ってる?
過去作キャラは花映塚の頃なら出せた。魅魔様は隠居済みか……

小町
落ちこぼれの死神。まあエリートの死神とかヤバすぎてあんま友達居そうにないしな。

映姫
ラスボスに説教されて終わるゲーム。まあ仏教的と言えばそう。
ヤマザナドゥは変な名前にしたかった。ファザナドゥも結構意味の分からんタイトルだったよな。

衣玖
開発中にリュウグウノツカイの生きている姿が撮影されて取り入れられる。中々タイミング良いな。

天子
西遊記の孫悟空のイメージ。なるほどあいつも仙人みたいなアレだったしな。

ヤマメ
蜘蛛は嫌われ者だが実際にプレイヤーに嫌われてもいけないのでモチーフは限定されている。体験版CDジャケットで逆さってそんな微妙な話ある?CD丸いし。

パルスィ
ああ、地獄における三途の川に当たる場所が旧地獄におけるパルスィのいる橋だと。そういえば三途の川に橋が架かっている伝承もあったっけ。金持ってない奴は泳ぐみたいな。

勇儀
地獄だから鬼。鬼だから力自慢。力自慢が弾幕を撃つ必要はないのでインチキ。ふむ。

お燐
無邪気に死体を扱うポップでダークなキャラ。猫ってのはかわいいだけじゃなくて残酷性のようなものも持ち合わせているのが魅力なのかもしれない。

お空
核は更にポップでダーク。なるほど?

さとり・こいし
嫌われ者のTOP。そりゃ心の中なんて覗かれたらな。
こいしはキャラクター性の無いキャラ。心が読めないサトリじゃたしかにただの妹妖怪。しかし奇妙なキャラ性が付いてるよな。無意識で動くってなんだ?

小傘
一つ目(オッドアイ)。そりゃ実際一つ目だと浮くわな。

村紗
船を沈める妖怪を船長にする。まあヤバい話だよな。セーラー服と言うと何故か女子の制服になってたりするがガチ目の水兵服ぽくすることで差別化を図っているのかな?
村紗は苗字で呼ばれがち。おおよそキャプテン・ムラサとかいうBGMのせい?

ナズーリン・星
立ち絵見てて思ったけどこいつら色々持ってるよね。

白蓮
そうそうこいつ密教系なんだよな。念仏仏教とかは幻想郷では流行らんのかね。幽々子の父親に当たる西行法師も高野山の真言宗だから密教だしな。

ぬえ
鵺的存在。キメラではない。全体的に謎のデザインだよな。あの三又槍って使ってたっけ?

はたて
スカートの柄がガラケーをイメージ。そんな言うほどそうなのか?

響子・一輪・雲山
響子といい女苑といい、命蓮寺関係者は星蓮船以外にも多いよね。ただでさえ星蓮船小傘以外のボスストーリーに関わってるのに。
一輪は入道なので仏門。なるほど?
雲山は頑固オヤジの振りをしている好々爺。一輪がいないと綿雲のふりをして日向ぼっこ。シャイなのかな。

芳香・青娥
芳香は人気キャラのゾンビ。そりゃゾンビ映画は人気だがゾンビが人気と言うと妙なニュアンスだよな。しかもキョンシーって言うほどゾンビか?
青娥は邪仙。そりゃキョンシー扱う奴が良い仙人な訳もない。

布都・屠自古
布都は複雑な設定を持っているが今はただのちょっと抜けた女の子。重い設定のキャラも結構軽い性格してるよね東方。
屠自古は幽々子よりも肉体から解脱している。足の消え具合で解脱度が変わるのか。

神子
道教の人としての聖徳太子。信長っぽいってまあ信長もちょっと超人みたいなところあるからね。

マミゾウ
どんな姿にも化けられるのに狸の耳と尻尾を残し眼鏡をかけた姿をしている。わざと年寄り言葉を使っている。演出が好きなタイプ?自己顕示欲なあ。

菫子
私服はサブカル趣味全開?!

鈴瑚
へそ出しルックは団子たくさん食うから体型維持のためってまたなんというか妙な設定だ。

ドレミー
動物のバクは妖怪の獏に似ているから名付けられたがドレミーは動物のバクのような服を着ている。話がややこしい。

サグメ
神話的な天探女と鬼的な天邪鬼に分かれた。正邪とは親子じゃなく従兄弟的な?

純狐
ああ、還元主義って話?素粒子の研究は確かに純粋さをひたすら求めているのかも。

ヘカーティア・クラウンピース
同時に三つの顔を持つと気持ち悪いから交換システムにしましたってな。作者からも良くわからない奴扱い。
クラウンピース。表の月はアメリカ。確かに初めて月に行ったのはアメリカ人だから一種アメリカの象徴でもあるか。

女苑・紫苑
女苑は巻き上げたモノだけじゃなく借金して手に入れたモノも身に着けている。こいつも借金してるのか。
紫苑は悪意を持っている訳ではない。アレか、善意で物件を半額で売ってくるムーブか。


あとがき
創作は理詰めでは無く感覚で作り理由は後から考える。ほう。神主のインタビューを聞いて回ると色々考えているんだなと思ったりもするがまず感覚があるんだなあ。



うむ。地味に妖々夢のキャラは無いんだな。
でもまあ神主のコメントとかいろいろ面白かった。
憑依華までで書籍キャラもまだだからあと十年ぐらいもすればこれも第二回が作れるのかな?長いがそのぐらいまでは続いてそうな気もしないでもない。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/03/28(土) 08:12:55|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変愚蛮怒東方勝手版、最後の方の展開がインフレの彼方だなあという話

変愚蛮怒勝手版 主に東方要素色々追加 公式配布ページ
変愚蛮怒東方勝手版@ ウィキ


変愚蛮怒勝手版、といえばこの東方勝手版を指す場合が多い。
5~6年前ぐらいに紹介した気もするが、未だに頻繁に更新が続けられており、鬼形獣キャラも追加されていたりする。

で、まあ東方要素追加以外にも色々元の変愚蛮怒から弄られている訳だが、というかまあフレーバー要素として東方要素はたくさんある(地図とか敵キャラとか)にしても本当の強敵はやはり変愚蛮怒からうけついだ連中が主である。というか、元からクソ強かった連中が更に強くなっている。
凶悪で防ぎようのない血の呪いを残すアンバーの王族と鉄獄100Fで迎え撃つ真世界アンバーの王オベロン、隠しダンジョン混沌の領域110Fで待ち受ける指輪物語世界の最大の悪、冥王モルゴスとその配下、クトゥルフ神話の邪悪な神々に混沌の領域120Fで蠢く白雉の魔王アザトート、そして混沌の領域127Fに坐すラスボス、アンバーシリーズ究極の悪、混沌のサーペント。
ついでに混沌のサーペントと対を成す秩序のユニコーンやらその他ガチャピンを始めとするパロディキャラの類も厄介極まりない。

しかも混沌のサーペントに挑むに際しオベロンとアザトートを無視すると混沌のサーペントが二人を召喚してくるとかいう怪獣大決戦どころではない、宇宙の根源悪3体を敵に回す羽目に陥る。
ついでにいうと秩序のユニコーンも参戦して混沌のサーペントと戦ったりするが、大概召喚合戦になって目も当てられないことになる。アンバーの王族とか召喚しやがるし。

しかし、なんやかんやで元の変愚蛮怒と比べてこちら側の強化もインフレしているためどうにかやっていけるようだ。
インフレの彼方という奴である。



ストーリーとかあまり重要ではないゲームではあるが、一応アンバーの王族達秩序の軍勢と混沌のサーペント率いる混沌の軍勢がよりにもよって幻想郷でぶつかった結果こうなった、ということらしい。
であるからして、東方勢は敵としては最大で隠岐奈やヘカーティアが70F相当ということになっている。霊夢と魔理沙はレベル可変でどこにでも出てくるが。
こんな究極決戦に東方が巻き込まれるというのも中々ではあるが、なんやかんや階層によってはちゃんと厄介なので安心してほしい。



まあ色々要素が多すぎるゲームだがもっと増やしても罰は当たらないよな。
そういえばSCP財団ローグライクってあったっけ?SCPで変愚蛮怒勝手版とか……
基本的に即死攻撃ばっかしてくるから無理かな?まあ変愚蛮怒でも原作から逸脱した連中も多いが……

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/03/16(月) 02:27:45|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東方智霊奇伝・第4話前編 感想など

東方智霊奇伝 反則探偵さとり Comic Walker

酔蝶華が載ってるコンプエースの方は26日発売ね。そっちの感想を書くかはしらんけど。


で、智霊奇伝。相変わらず4話前編と焦らすがやはりヤベー作品である。
一々コマの破壊力が凄い。集中線とかさ。

拷問で咲夜を吐かせようとするパチュリー、
茶芸で自分の茶を入れる美鈴、
自分で究極反則探偵と名乗るさとり、
最後のコマの話についていけてないレミリア。

他にも色々だがこのヤバさが心地よい。絵も安定してきた感があるが安定してヤバいのはもっとヤバいのでは?


第一の事件、パチュリー殺害事件(死んでない)の犯人は咲夜。第二の事件、美鈴殺害事件の犯人はパチュリー。
ミステリ的にどういう事なのか結構謎。
コーヒー。黒い水。剛欲異聞の体験版で示された石油と何かしら関係あるのかもしれないが。咲夜がドジって変な水でコーヒーを淹れた?
美鈴は茶。あんまり黒い茶はない(探せばある?)。犯人はパチュリー。なんかめんどくさくなって第二の事件を捏造して全ての罪を咲夜になすりつけた?

反応を見る感じ咲夜は罪の自覚が無い。パチュリーは何か隠しているようだ。
で、フランは?関係なくどっかその辺で暴れてる?隠れて状況を窺ってるとかだけ?
そういや魔理沙は?たまたま来てないだけ?


霊夢の反応とかも見るになんか話としてはギャグっぽいのにミステリとしてはミステリしてる感がある。
種明かしでどういう方向に話が進んでいくかわかるか。

来月にも期待したい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/24(月) 15:42:49|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

東方智霊奇伝 第三話後編 紅魔館事件は地の底に 感想など

東方智霊奇伝 反則探偵さとり 第三話 紅魔館事件は地の底に(三・後編) ニコニコ静画


相も変わらずヤベー公式漫画だ。咲フラ最大手。
というか今回滅茶苦茶フラン扱われてるじゃん。Win版最初の紅魔郷のEXで登場して以来ほぼほぼまともな活躍がなかったフランにこれほどの場が与えられるとは。いやいうて文花帖とかで出てたけども。
もう台詞の量がすげーし、なんというかフランの「在り方」が非常にそれっぽいというか、そりゃ公式なんだからそうといえばそうなんだけど、それでも「ああ、フランこんなだよな」ってなる。これまで台詞とか言うほどなかったが、言うほどなかったそのニュアンスや設定ががっちり嵌っているというか。この危うさと安定感。「そもそもなんでも破壊できるんだから~」のコマの妖しさよ。
咲夜と笑い合ってるのも凄いクル。というかドアの鍵の破壊描写がなんというか智霊奇伝である。

妖精メイドは使用人として楽しい仕事をやらせているのか。料理とか。片付けとかは咲夜がわざわざ命じないとやらないと。でも光の三妖精も自分ちの片づけぐらいしそうだが。まあ妖精の中では例外的な感じもあるが。
そういえばホフゴブリンはどうしたのかな。何やかんや言うほど数おらんのかな?チュパカブラとかツパイもまだ飼ってるんかね。

フランの片づけるって全部吹っ飛ばすとかそういうアレだよな。


で、美鈴に被害。霊夢の確認方法の雑さよ。胸倉掴んで引き上げてピンタ一発て。そりゃどうせ妖怪だけど。
こんな花畑で毒盛られるかね。


このタイミングで地下室から容疑者及びフランが脱走。話が混沌としてきたがここいらでさとりがズバッと解決?まだ早い?
最後のコマのお燐も智霊奇伝してる。シリアスなのかギャグなのか、狙っているのかいないのか。


結局犯人誰なんかね。咲夜のミス説を推したいが。変なコーヒーでも仕入れたとかそんなんちゃうん?というか剛欲異聞で話題になってた石油でも淹れたとかか?
あと内部犯だとレミリアとフランぐらいしかいないが。まあ普通の推理ものならフランかなって感じだけどそんな雰囲気の漫画でもないし。
さてはて。犯人云々もこの先の展開もまた気になる。刺激的な作品である。公式でこういうのが出てくるのが凄い。

酔蝶華と合わせて来月にも期待である。




ジャンプ感想とかは次の記事で。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/01/27(月) 21:11:28|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ