ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2018年秋アニメのPV集動画を見て行く

PV集見て色々コメントしときながら、実際見るのは片手で数えられるぐらいだもんなあ。

2011春
2011夏
2011秋
2012冬
2012春
2012夏
2012秋
2013冬
2013春
2013夏
2013秋
2014冬
2014春
2014夏
2014秋
2015冬
2015春
2015夏
2015秋
2016冬
2016春
2016夏
2016秋
2017冬
2017春
2017夏
2017秋
2018冬
2018春
2018夏




という訳で見ながら書いていく。
書きたいことある作品だけね。ではスタート。

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
刑事もの?世界観はなんというか、たまに見るんだけどパッと出てこないというか、ちょっとだけ近未来風というか原宿系というか変なアメリカかどっかっぽいというか。
PVだけじゃよくわからんが話がうまく転がれば面白そうな感もある。刑事ものなら犯人捕まえるまでで短編集みたくできそうだし。

あかねさす少女
話の本筋と関係なさそうだが鉱石ラヂオってまたロマンだな。

転生したらスライムだった件
なろう系だっけ?結構良く聞く作品だよね。最近たまになろう小説とか転生系読んでるけどアレはアレでいいもんなんだよ。変に毛嫌いするもんではないし結構内容も様々ではある。

人外さんの嫁
LGBTの最果て?ちょっと気になる。いや気になるという意味ではだいぶ気になる。滅茶苦茶面白そうとかそんな感じはないけどどういう話だというのはかなりある。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
これってタイトル電気羊を前提としてる形になるはずだけどオマージュでも何でも無くなってる感がある。

ソラとウミのアイダ
中々に設定がぶっ飛んでるが真面目そうな雰囲気もある。女性漁師。まあ実際少ないか知らんが海女とは違うのか?
巨大ロボットに乗る目的が漁、食糧目的?というのも中々ないのでは。ちょっと期待。

RErideD
近未来か中未来か知らんけどまあ新技術を狙っての戦いみたいな?
まあ上手く描ければ面白くなりそうなのでちょっとだけ期待。殺人マシンとしてのロボット兵器という概念。

学園BASARA
まあこいつら戦国武将というより高校生ぐらいのノリな感はあったし似つかわしい気もする。こんな高校生が現実にいても嫌だが。

ゾンビランドサガ
ゾンビという概念が何周もしてるよな。ゾンビは創作世界に必要な逸材。

BAKUMATSU
天皇は帝とぼかされてるあたり菊タブーはこういうのにも機能し続けるよね。

色づく世界の明日から
色の話はアニメとかにすると映えるか。
色盲ねえ。先天的な奴は自覚すらないんだけど後天的なソレは結構悲劇かもね。とはいえ認識の問題が大部分で実際死ぬほど不自由という訳でもない、というのがまた悲劇なのやも。

うちのメイドがウザすぎる!
ロリコンの女というのもまた話がめんどくさいよな。まあ結構そこらじゅうに居そうではあるが。

寄宿学校のジュリエット
ロミオとジュリエットね。まあ名前のモチーフにすぎないという感じだが。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
大本命。まあジョジョはどの部もいいんだが、5部は好きな人多いよね。一般人気では3部に次いで2番目ぐらいだろう。単独でゲームも出てたし。
とりあえずだいぶ先になるが7ページ無駄無駄ラッシュがどうなるかが凄い気になる。

抱かれたい男1位に脅されています
濃厚なホモ。これ9割ギャグでは?

とある魔術の禁書目録III
禁書。ちょろちょろ原作はもってるがどこまでやるんだろ。いやどこまでやったかも覚えてないが。

となりの吸血鬼さん
吸血鬼も創作界隈ではどこにでもいるよな。現代日本の吸血鬼。日常アニメのそれ。まあちょっとだけ期待したい。

火ノ丸相撲
そういえばこれやっとこさアニメ化か。まあ順当に面白いんだけどね。熱さでは中々叶う漫画も無いし。
動きが重視されるスポーツのアニメ化はアニメスタジオ側で結構変わるもの。注目したい。

やがて君になる
恋愛がわからんっていっていきなり百合ってのも中々だよな。まあそういう嗜好なんかしらんけど。

SSSS.GRIDMAN
ウルトラマンのオマージュ的な?特撮とアニメでは結構違うがそういえばアニメのウルトラマンもあったっけ?
しかし巨大変身ヒーローというのもめんどうだよな。自分の攻撃やらで絶対街壊すし。

ゴブリンスレイヤー
気になってはいたが結局読んでねえな。
結構人気あるようだしエログロもあるようだ。まあ期待。

ソードアート・オンライン アリシゼーション
これも大本命。アリシゼーション編は原作で一番好き。量子脳理論ってオカルトくせえけどそういうところも含めてSFしてるよね。
4クールならアリシゼーション編全部いけるのかな?アドミニストレータとかいう名前の中ボス、名前のセンスが好き。

RELEASE THE SPYCE
都市忍者というとニンジャスレイヤーっぽいよな。スパイでスパイス。

アニマエール!
チアか。アメリカのスクールカーストでは女性のトップなんだっけ?

ガイコツ書店員本田さん
あー、昔一巻だけkindleで買ったけどめちゃ面白かったなあ。kindleなんか使いにくいからそれ以降買ってないけど。
期待。というか本田さん、男なの?女だと思ってた。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士
ジャンヌダルクもみんな好きだよな。

蒼天の拳2期
西暦何年ぐらいの話なんだっけ?割と現代だよな?

僕が好きなのは妹だけど妹じゃない
ラノベ作家ラノベ?しかしまあ優秀すぎる妹というのも困りものか。

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
悪魔も色々いるよねえ。いくつかは周辺の神々を誹謗して悪魔としたものだったりする訳だが。ベルゼブブはバアルなんだよな。

メルクストーリア
ソシャゲ原作か。あんまソシャゲとかやらんし勘所がわからんがソシャゲ原作で大成功したアニメってどんなのあったっけ?FGO?

閃乱カグラ
2期相当でいいの?しかしあの巨乳で飛び跳ねるとだいぶ死にそうだよな。クーパー靭帯だっけとか。

ツルネ
弓道部か。弓道は精神性がわからんなあ。当てればいいって方がわかりやすい。

イングレス
裏ポケモンGO。まあこっちが先ってかこれのシステムを流用してるんだが。ポケGOと一種にプレイすると裏世界観があって楽しいとかだいぶ前に流行ってたっけ。

からくりサーカス
おーやっとアニメ化か。結局原作読んでないがすげー面白そう感はある。合わなさそう感もあるけど。
まあ期待。

風が強く吹いている
箱根駅伝か。まあマラソン大会の一種だよね。どう特別なのか、そこは知りたい。

ゴールデンカムイ2期
この辺りから狂気も本格的になってくるよな。どこまでやれるか。

アイドルマスター SideM 理由あってMini!
アイマスもまだまだ人気だよな。


まあこんなところか。
結構豊作?
とりあえずこの中から厳選すると、
DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
転生したらスライムだった件
ソラとウミのアイダ
RErideD
色づく世界の明日から
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
抱かれたい男1位に脅されています
となりの吸血鬼さん
火ノ丸相撲
ゴブリンスレイヤー
ソードアート・オンライン アリシゼーション
ガイコツ書店員本田さん
僕が好きなのは妹だけど妹じゃない
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
イングレス
からくりサーカス
風が強く吹いている
ゴールデンカムイ2期

こんなところ?まだ多いな。


特に琴線に響いたのは

転生したらスライムだった件
ソラとウミのアイダ
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
火ノ丸相撲
ゴブリンスレイヤー
ソードアート・オンライン アリシゼーション
ガイコツ書店員本田さん
ゴールデンカムイ2期

うーむ。豊作という事だなあ。

まあジョジョとSAO、ゴールデンカムイ、あとガイコツ書店員はチェックするかな。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/09/23(日) 08:28:06|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニンジャバットマン、観たので感想。ネタバレ注意。

ニンジャバットマン公式



ニンジャバットマン、映画館まで行ってみたので感想を書く。
ネタバレは注意。書くので。


バットマン。まあ知らんわけではない。蝙蝠をモチーフにしたコスチュームを着た、スーパーパワーや超能力の類の無いスーパーヒーロー。狂った犯罪者どもを決して殺さず生け捕りにしてアーカムアサイラムにぶち込む。
とは言え、いうほどバットマン自体に私は興味はなかった。アメコミ文化は嗜む程度にしか知らない(翻訳版のデッドプールのコミックを気が向いた時に買うぐらい)し、たまにやってる映画もそれほど見ない。


しかしツイッターかどこかで、神風動画による予告映像を見た時からこのニンジャバットマンは見なければ、と思った。
戦国日本で第六天魔王織田信長と化した宿敵ジョーカーに当世具足を着て立ち向かうバットマン。時間移動はこの手のアメコミではありふれたことだがこの組み合わせには魅力された。映画館まで足を運ばねば。そう思った。

そしてやや間をおいて見に行った。
結論から先に言うと滅茶苦茶楽しく観れた。現代日本のアニメーションとバットマンの作品性が驚愕の融合を果たした本作品には見ている間終始興奮させられた。


あらすじから簡単に書くと、
ヴィラン、ゴリラグロッソの装置により本人含めたヴィラン多数、及びバットマン含めたヒーロー多数が戦国時代に時間跳躍(バットマンは他の連中の2年後に)。
ヴィラン達は戦国武将に成り代わり好き放題歴史改変を繰り返している。織田信長に成り代わったジョーカーが住む安土城に時間跳躍装置があるが、バットマンは戦いの末に戦闘用のハイテクガジェットを全て壊されてしまう。その中で知り合った忍者の集団、蝙蝠衆、及び一緒に飛ばされたヒーローたちと協力して、この時代の装備を使い、ヴィラン達と最後の戦いを挑む。


まあそんな感じである。バットマンとジョーカーが直接対決するシーンが4回もあるんだよね。そうこうしてる内に持ち出せたバットモービル含めハイテクは全てぶち壊されてしまう。しかしてバットマンの真の強さはハイテクガジェットにある訳ではない。その知性、その肉体、そのヒーロー性。戦国時代においてもやはりバットマンはヒーローであり、邪悪なヴィランを一人残らず生け捕りにしてしまう。
バットマンは狡猾なヴィラン達と比較すると間抜けなまでにヒーローなんだよね。あからさまに罠であっても人助けを優先する。そしてそれを最終的には成立させられるからこそ真のスーパーヒーロー足り得るのだろうなあ。

ジョーカーはアメコミらしい善悪二元論の世界において究極の邪悪を担当している訳だ。道化めいた大袈裟な立ち振る舞いと台詞回し、様々な策略と最後まで楽しませてくれる。森蘭丸に扮したハーレクインも素晴らしい。通常、アメコミではヒーローもヴィランもなにやら現実味の薄いコスチュームを着ていて常に違和感を覚えるところがあるのだが、戦国武将モチーフに融合させてくるとかなりすっきりしたキャラデザインになって個人的には好印象。ジョーカーとアホっぽい夫婦漫才している姿は笑える。
今回のジョーカーで特筆すべきはファーマー・ジョーカーのシーンだろう。やや映画のバランスを崩すほどの長い尺でアートアニメ調の絵柄で、記憶喪失の農夫となったジョーカーとハーレクインが描かれる。まあこの記事はネタバレ記事なので書いてしまうと自己催眠で善人となって痺れ草を栽培していたという話なのだが、その時は確かに善人になっていた訳で他作品でも邪悪の根源として活躍するジョーカーを知っているとかなりインパクトのある画である。

他のヴィラン共も中々に興味深い。ゴリラグロッソはキーパーソンな訳だが、ゴリラのくせに頭脳派で上手くバットマンを陥れたり、他のヴィランも深層意識下で洗脳済みと中々のやり手感をだしている。
その他の戦国武将に扮したヴィラン達は正直活躍も少ないが生き生きとした描写があり見てて楽しい。やはり悪人の方が人生を楽しんでいるというか。トゥーフェイスの裏切りシーンはまあちょっとしたシーンでしかないが結構好きである。
そして合体。城を巨大ロボにした時点でバカ映画だがここまでするともう一段階バカ映画である。挿入曲も加え完全に笑かそうとしかしていない。相当に尖ったシーンである。

最後のバットマンとジョーカーの殺陣も真実かっこよかったし、作品全体を通して常に楽しめたという訳だ。




それなりに賛否両論のある作品ではあるらしい。どちらにせよおふざけをどの程度許容できるか、というところだろう。
ともかく、楽しもうという気概を持って見さえすれば壮絶に楽しめる怪作ではあった。それ以上であったかもしれない。

ニンジャバットマン。もっと評価されてしかるべきと思った映画であった。

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:サブカル

  1. 2018/07/06(金) 03:14:37|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年夏アニメのPV集動画を見て行く

夏至を過ぎてから夏アニメの話題が出る。まあ夏至って名前の問題だが。

2011春
2011夏
2011秋
2012冬
2012春
2012夏
2012秋
2013冬
2013春
2013夏
2013秋
2014冬
2014春
2014夏
2014秋
2015冬
2015春
2015夏
2015秋
2016冬
2016春
2016夏
2016秋
2017冬
2017春
2017夏
2017秋
2018冬
2018春





ほんじゃま、始めよう。
動画見ながら、書きたいことがある作品についてだけ書く。

ではスタート。
バキ・最凶死刑囚編
大体この辺りから話がわやになって来てる印象だけどそれはそれとして面白いよねバキ。
笑わせようが笑われようが要は面白ければいいのだ。

ISLAND
なるほど浦島太郎?ウラシマ効果はタイムトラベルではないけれども。

じょしおち
なんかテンプレート過ぎて逆になさそうな話というか。

はねバド!
女子バドミントン。百合っぽい?しかしスポーツも色々あるからネタには困らんわけだ。バドミントン。大体どんなのかはわかるが細かいルールから知らんなあ。

つくもがみ貸します
九十九神、付喪神。妖怪ものでもこれだけで十二分に話になるからうまいものだ。

悪偶 -天才人形-
PVに画が一つたりともなかったが設定は惹かれるものがあるな。

ヤマノススメ サードシーズン
富士山ぐらいには登っといたほうがええかなそのうち。

千銃士
銃擬人化?細かく見てないけどスマホに似たようなのあったけどああいうのが原作なんかね。一種刀剣乱舞の二番煎じというか。
銃も色々あるよな。確かに古銃の世界も広い。中国辺りの基本的に大砲と変わらない奴とか。

Back Street Girls -ゴクドルズ-
漫画原作だっけ?それなりに期待してる。
アレだな。性同一性障害でもない奴に性転換手術させるのってたまに聞くけど、ほんと厭さがあるというか。

あるゾンビ少女の災難
美しいゾンビというテーマには昔から興味があったんだよね。腐乱死体が動くというのも飽きてきたし。

すのはら荘の管理人さん
おねショタ?中学生で一人暮らしってのも中々ギリギリのリアリティだよな。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
これな。まあ異世界ものでハーレムものだけどなんやかんや好みである。世界観の謎みたいなのも興味深い。原作また読み進めようかな。

BANANA FISH
何か聞いたことあるけど改変も色々あるみたいね。
マフィアとかアウトローとかそういう系?面白そうな感はある。

七星のスバル
SAOといい、MMOが舞台の話は多くあるが現実はこういうMMO減ってきたよね。
ウルティマオンラインはまさしく未来のゲームであった。

殺戮の天使
ゲーム原作?こういうイカレた殺人鬼って人生楽しそうだよな。

ちおちゃんの通学路
なんやようわからんがすげー面白そうだな。期待したい。

ゾイドワイルド
ゾイド。あんまりよく知らんが、人型巨大ロボットは多いが獣型のそれは多くない。そこに魅力があるのだろう。

はるかなレシーブ
なんか虹彩の色、攻めすぎてない?

はたらく細胞
あああの。生物学薀蓄を擬人化もので。擬人化モノはまあそういうとっかかりになるのが多いよね。

百錬の覇王と聖約の戦乙女
なんでスマホ持っとんねん。まあ現代情報文明の精髄をファンタジーで使うとみたいな発想だがそれにしてもネタ被りすぎてないか。

あそびあそばせ
おお、大本命。基本的にクズばっかなのが良い。子供の遊びというテーマ感も。中学生で嬉々としてやるのがギリギリ感があるというか。

邪神ちゃんドロップキック
茶番が多すぎて本来の内容が見えてこないPVである。アマプラ限定か。アマプラも色々増えてきたよね。

アンゴルモア
おお、元寇の対馬。鎌倉武士ってのもまた面白いもんだよね重装弓騎兵。この前全巻衝動買いしたよ。まあまあ面白かった。八幡愚童訓をベースにしてるんだっけ?最近の研究では人気がないが。
そういやプレステ4で元寇の対馬を舞台にしたゲームが出るんだっけ。

深夜!天才バカボン
赤塚さんも最近忙しいなあ。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト
アイドルモノは多いが演劇か。宝塚?いやそれとはやや違う気もしないではないが。

ハイスコアガール
おお、画面は実際のゲーム画面か。これはかなり期待できる。
つーかBGM下村陽子先生か。ゲーム音楽家をアニメで起用する采配やいかに。

ハッピーシュガーライフ
百合ってかレズ?サイコホラー。うむ。面白そうな感はあるがどんなもんか。

ぐらんぶる
汚い青春。結構話題は聞くがさてはて。

進撃の巨人 Season 3
3期。巨人っていうけどいうほど巨人で無い辺りの話か。しかしそれでいて進撃の巨人らしい話というか、理不尽からの反逆、革命の話となっている。個人的には今原作やってる辺りが凄い面白くなって来てるがそれは5期ぐらいになるんかな。

天狼
こういう戦前の都市で激しいアクションというのはちょっと新鮮な感じもある。

ムヒョ
今アニメ化か。コアな人気はあったが。

ゆらぎ荘の幽奈さん
今のジャンプのエロ枠。しかしなんやかんや長く続いているものだ。

中間管理録トネガワ
2クール?!流石にこのマン1位を取っただけはある。カイジのスピンオフなんだが今のカイジあれなんなん?なんなんというか何のつもりなん?



こんなところか。目ぼしいところ選別するならば、

バキ・最凶死刑囚編
悪偶 -天才人形-
Back Street Girls -ゴクドルズ-
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
BANANA FISH
ちおちゃんの通学路
はたらく細胞
あそびあそばせ
アンゴルモア
ハイスコアガール
ハッピーシュガーライフ
ぐらんぶる
進撃の巨人 Season 3
ムヒョ
ゆらぎ荘の幽奈さん
中間管理録トネガワ

こんなもん?多いかな。その中でも特に選ぶならば、

ちおちゃんの通学路
あそびあそばせ
アンゴルモア
ハイスコアガール
進撃の巨人 Season 3
中間管理録トネガワ

この辺りの少なくとも1話はチェックしたいな。更に特にと言うならば、あそびあそばせに注目をしている。原作のひねた完成にはいつも感服していてこれだけでヤングアニマルを買う理由になっている。ベルセルクはいつ終わるんか知らんし大抵載ってないし。

夏アニメ。大豊作の予感がしている。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/24(日) 05:01:44|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョジョ5部10月にTVアニメ化決定した件について





5部は人気だよな。単独でゲーム化されてるし。
3部が一番人気で5部がその次ぐらいだろうか?その次に2部、4部で、あと7部1部、6部は玄人好みな印象?8部は連載中でアレだが。まあ私は全部好きだけどやっぱ6部なんだよな。8部とか7部の意味わからんようなのも好きだが。いや3部の中東やエジプト描写とかも……

そういうことを書きだすとキリがないので話を変える。


5部、上の引用したツイートのメインビジュアルにもいるがフーゴ、基本的に一回戦っただけで話の都合というかバランスブレイカーというか使いにくいからというか、とにかく妙な感じで退場してその後の音沙汰無しなんだよな。外伝小説でフォローはされたが。
まあそういう理想的に展開しなかったところもまたジョジョという作品の妙味ではある。ゴールドエクスペリエンスの生成物を殴ったら自動カウンターみたいな設定もいつの間にか消えてたがそれもまた、アニメでも何の説明も無しになかったことにしてくれてほしいという思いもある。

5部と言えばセクシュアリティなモチーフも多いよな。まあ元ネタありきだけどセックスピストルズなんかまんまだし、メローネとか大丈夫なんかね。
グロもまあ色々あるし、結構規制に引っかかりそうではある。マフィアの話だしねえ。


で、まあ5部が2018年10月にTVアニメ化な訳だが、それまではどうだったかを見て今後の流れを予想してみたい。

1部2部が2012年10月5日~2013年4月5日で2クール。原作では113話の話。
3部が2014年4月5日~9月12日と2015年1月10日~6月19日で2クールずつの分割4クール。原作152話。
4部が2016年4月1日~12月24日の3クール。原作174話。
5部が2018年10月から。原作では154話の話。という事は3クールか4クールか、という具合になる訳だ。まあ3クールが妥当な線だろう。分割するか知らんが。

で、この調子で行けば6部は2020年から遅くて2022年ぐらいに開始といった具合であろうか。原作では158話。まあ3クール?

7部は2022年から広く見積もって2030年ぐらい?原作は途中から月刊誌に移行したので換算が難しいが、単行本24巻分の超長編。3部で16巻だから少なくとも4クールは欲しい。

で、8部。まだ連載中な訳だが、このように考えていくと2024年から2046年という話になるか?いやもっと早くなるか知らんしアニメ化しないか知らんけども。
原作がどのぐらい長くなるかは知らんが、2024年ならば40巻近く出ている計算になるし流石に終わって9部に取り掛かっていることだろう。

で9部は2026年から2078年ぐらいまでに?スゲー適当なアホ計算だが。そも9部あるんか知らんし。構想はあるとも聞かないではないが。


原作付きアニメが原作に追いつくというのはよくある話だが、ジョジョならばむしろそこまでアニメが続けば御の字といえるほどか。
つってもまあ、超長編漫画のアニメ化といったらワンピースなんかも大概だしなあ。あれはアニオリも相当だし。


まあなんにせよ、ファンが待ち望むアニメである。ジョジョはまさに奇妙な作品だが、これまでのアニメ化は成功している。これもからも成功を続けていってほしいものだ。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/21(木) 22:55:20|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あそびあそばせ」がいつのまにかアニメ化する事になってた件について

あそびあそばせ TVアニメ公式
3人の女子中学生が繰り広げるシュール系ギャグに注目!「あそびあそばせ」アニメ化決定!! アキバ総研

涼川りん「あそびあそばせ」読んだので感想 ネット世代の雑評論


えっ、いつのまに。
一月にもう決まってるじゃねーか。ヤングアニマルも単行本も買ってるのになんで見落としてたのか。そういえば言われてみればアニメ化とか書いてあったような、どうだったかな。いや書いてあったんだけど。


しかし相当なレベルでアニメ公式、詐欺ってない?変顔オンパレードなのにさ。
夏アニメかー。これは見なきゃなあ。

いつのまにかブレイクしてたよねあそびあそばせ。いやいつのまにかっていうか割と最初から人気だった気もするけど作者前作のりとるけいおすはイマイチだったのに。アレも好き。
「子供の遊び」というところにフューチャーするところは結構興味深いところ。大人になったら忘れてしまうが子供には子供特有の文化がある。


狂気的な顔芸も含め、結構アニメ向きの題材なのかも?
顔芸にばっかり話が収斂されてしまうきらいもあるが、設定面とビジュアルのギャップが凄いというか、普通に中学生と見せかけて酷いネタばっか差し込んでくるもんなあ。
何にせよ期待したい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/04/02(月) 07:11:42|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ