ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

アニメ「博多豚骨ラーメンズ」第一話見たので感想。人口の3%が殺し屋問題など。

アニメ公式

AbemaTVで見た。
原作が好きなので凄い期待してた。そしてまずその期待に適った一話だったと言えるだろう。


同じ秋アニメにグルメ系ラーメンアニメ(ラーメン大好き小泉さん)があり、タイトルからこれも似たようなもんかと想像してみた奴を全滅させる勢いで殺人殺人殺人。
深夜アニメであり、深夜にメシテロというのも犯罪的だが、まあ普通にばったばったと死体を映しまくるのも中々である。良く考えればメシテロはメシテロであったけど。

躊躇なく、ただ仕事だからというだけで何の罪もない(って事はないか知らんが)人間を殺せる人間が主人公の一人である。林。女装してるが完全に男性声というのも中々キテいる。別に性的嗜好も性自覚もノーマルなのにただファッションで女装してる。しかも基本的に男らしい性格なんだよね。女子力は高いが。

馬場も第一話の段階ではパーソナリティは十分に見えないが、非常にまた「らしく」ない。

殺し屋は裏稼業。であるからして見た目とのギャップという点に意味を置いているのはあるのかもしれない。
他にも大量に登場人物がいる、ちょっとした群像劇なのだが、それを収束させていく展開、その手腕に今後期待したい。
しかし女装男やおかまやゲイがいる割に真っ当な女の少ない作品である。一応秘書がいるが、主要登場人物と言えるほどだろうか。あと最初に出てたチンピラの情婦らしきのとか。


博多描写もいいよね。地方都市。都会であり独自の文化が根付いている。
で、このアニメ、というか原作の頃からこの作品を象徴する煽り文句。
「人口の3%が殺し屋の街、博多」。
これはまさにマスターピースと言える名文句だよね。

はっきりいって、ちょっと考えればわかることだが人口の3%が殺し屋というのはあり得ない数字ではある。
平均的な殺し屋が一年を過ごすために何人の人間を殺さねばならないのだろうか?
大幅に低く見積もって一人だとしても、おおよそ人口は毎年致命的に減っていくだろう。

しかし、アニメ第一話でも出てきた斉藤のようなポンコツが大部分を占めるとしたら?暴力団関係者なんかも殺し屋として計数してしまうなら?殺人の加害者だけでなく容疑者全てを数えるなら?
架空の統計における数字というのはやりすぎてリアリティを損ねる場合も多いが、この数字はリアリティをギリギリのところで留めながら聞いた人に多くのことを考えさせる上手い数字である。あるいは博多なら?とも考えてしまう。考えるだけだが。

まあ原作ではこの数字は半ばそう揶揄される、という意味合いになって来てるが作品を象徴する、殺し屋と殺し屋がはちあい殺し合うこの作品らしい言葉であることは間違いない。


殺し、その勢いについては十二分にしっかりと描けている。第一話は及第点を優に超えてきた。
OPだかEDだかを見た感じ結構飛ばしていくようだが、ちらばめられた伏線が徐々に回収され結末という一点に集結するこの作品の構造を上手く描けるか、この先そこに注目していきたい。
来週以降も期待して視聴する。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/01/13(土) 03:08:39|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「ポプテピピック」第一話見たので軽く感想など 真面目に不真面目?





こんなことをツイートしたが、何にせよ「非常に語りたくなるアニメ」であることは間違いない。
ツイッターのトレンドに「#ポプテピピック」「これ30分」「#PPTP」「クソアニメ」などが入り、大事件が起きたことは周知された。これが円盤売上、原作の売り上げ上昇に繋がるかどうかはわからないがともかく話題に上らない事には始まらない。



クソアニメクソアニメと言われるが、クオリティ自体は悪くない。作画はいいし声優は無駄に豪華なうえ何故か声優入れ替えて再放送しよるし。
何故クソアニメだと言われるか、その理由は強引なパロディと意味不明な展開に収束される訳だ。

元ネタからしてナンセンスなギャグ4コマである時点で意味などない訳だが、光速でネタを入れ替え続けることで視聴者の脳を混乱させているというか。所謂ガロ系のナンセンスさと違って、ギャグであろうことは明白で何をやっているかはわかるが何が面白いのかわからないというのを重ねてくるのが独特の感覚を産むのか。
一種の滑り芸的でもある?過度な暴力性も勢いを更に加速させているというか。

そんなこんなもあって交通事故的な衝撃があるということなのか。
メタレベルも含めたアニメの戦略はかなり高度なことをしている。クソアニメと呼ばれる作品は少なくないがクソだからこそ見るという層もまた少なくない。明確にクソアニメを狙ってきているというアレもあるが。しかし本当にクソなのだろうか。感覚はすでに破壊されているから論理で考えるしかないが、やはり話題になるだけの作品に仕立て上げている。

少なくともこういった冒険的な態度は好ましい。これを続けられるかというのは疑問で、1クールやって成功しても他の作品で上手くいくとは思えないが、今自分のアニメ業界の風潮に一石を投じた感はある。





個人的に好きなのはボブネミミッミ周り。アレが地上波に流れたと思うと感動を禁じ得ない。
寿司食べたいと同じとこが作ってるよね(似せてるだけ?)?アレって神風動画だったの?

声優変えて同じの流すのも一回じゃ何が起きたかわかんねーだろっていう親切感も感じられなくはない。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/01/07(日) 06:24:24|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年冬アニメのPV集動画を見て行く

今回は質アニメっぽいの多い?実際の内容は知らんが。

2011春
2011夏
2011秋
2012冬
2012春
2012夏
2012秋
2013冬
2013春
2013夏
2013秋
2014冬
2014春
2014夏
2014秋
2015冬
2015春
2015夏
2015秋
2016冬
2016春
2016夏
2016秋
2017冬
2017春
2017夏
2017秋



ほんじゃま、はじめていこうかね。
見ながら書く。何か書くことがあるアニメだけ書く。

ではスタート。

アイドリッシュセブン
アイドルみんな好きだよなあ。偶像って意味だっけ?歌ったり踊ったりしてどういう意味があるのかよくわからんのだけれど。

宇宙よりも遠い場所
おー、南極探検?南極旅行的な?すげーおもしろそうなんだが。
題材が良い。ただ行くだけでも、ただ旅行と書くより旅としたほうが当てはまる場所。
南極も聖地?アニメ見たってだけで行くにはキツい場所だがいけなくはないか。

ラーメン大好き小泉さん
結構話は聞く作品。二郎系とか天一とか、そんなん喰いまくってたら体どっか壊しそうだが。代謝悪いんかね。
興味はある。

ゆるキャン△
キャンプで女子高生日常ものな。アウトドアー。

刀使ノ巫女
ポン刀もの。あんま巫女が使う物でもないが。

伊藤潤二「コレクション」
名前は聞いたことがあるな。短編集をアニメ化したった的な?
冬にホラーもの。夏におでん食べるみたいなガマン大会のノリかな。

グランクレスト戦記
ああ、スイフリー先生の。結局原作読んでないが割と最近よね。
2,3世代前のファンタジーアニメって風にも見えるがPVだけじゃようわからんなあ。楽しげではありそうだが。

DEVILMAN crybaby
デビルマンな。あんま詳しくないがリメイクのアニメ化的な。
人がバンバン死ぬ感じは好みではある。

サンリオ男子
BL枠?サンリオな。サンリオSF文庫だいたいプレミア付いてんだよなあ。
まあ常に人口に膾炙されているのは確かだがBLな。うまく噛み合うのか。

ポプテピピック
全然絵とか出てこないけど大丈夫なのか。まあどうせなんかやらかすというかやらかさないほうが事故という感じすらあるが。

citrus
百合枠?立場の違う人間同士の接触というのも一つの文化衝突。

刻刻
変な能力使わずに警察にまかせとけって話?

スロウスタート
まさにきららな日常系女子高もの?現実で疲弊した連中にはいいものであろう。

カードキャプターさくら クリアカード編
CLAMP先生はさすがやで。

三ツ星カラーズ
いかにも小学生って感じの、ややもさいキャラデザが素晴らしい。

続『刀剣乱舞-花丸-』
前期は高評価だったか。今どれくらいキャラ増えてんだろ。

りゅうおうのおしごと
羽生先生永世七冠(というか八冠)のタイミングでアニメ化はタイミングがいい?
電撃文庫だっけ原作。売れてるらしいがどんなもんやら。最近は師匠弟子の関係も名目だけになってると聞くが。

からかい上手の高木さん
こういう女な。ホンマ。
結構人気作だよね。

バジリスク
続編的なアレ?まあ面白そうだが。
近親婚の話はまたいつかやろうと思ってるが結構複雑な話でな。

弱虫ペダル
二年目だよね。話的にどうなんだ?単行本全部持ってるけど。

オーバーロードⅡ
オバロ。一期も見てないけどここから結構話が破滅的になるとのことだが。まあどっちになりたいって言えば悪役になりたいものだしいいか。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
タイプライターとか時代性を感じされる雰囲気作りいいね。京アニか。
しかし兵器を美少女の形で作るって中々だよな。ペルシアだかどっかの兵隊が盾に猫を括り付けたようなもん?

メルヘン・メドヘン
本と言うのも相当な種類があるものね。童話に限ってもネタには困らんか。

デスマーチから始まる異世界狂想曲
マーチ(行進曲)なのに狂想曲(奇想曲)とはこれいかに。
ド直球の異世界もののようだがだからこそ需要があるか。売れてるものこそ軽蔑される。

ミイラの飼い方
全長12cmのミイラ。エジプトなら猫とか鼠とかなんかのミイラならそんなもんがあるかね。

たくのみ。
酒は百薬の長という訳では無いけれど、人間の文化においてあまりにも大きな位置を占める。だからこそ禁酒法がうまくいかないんだね。
シェアハウスとか色々要素はあるがどう機能するか。酒は実際のブランドというのも。

ハクメイとミコチ
だいぶん昔からこれ良いよと言われてて何故かずっとスルーしてたけど実際どんなもんなんかね。

博多豚骨ラーメンズ
これ私の一押し。原作の一巻読んで面白かったなーと他人の感想読みたくなって5ch(当時2ch)のラノベ板みたら全然伸びてなくて内容もボロカス言われてたが、やっぱあいつら見る目無いよな。
殺し屋ものだが野球になぞらえたりでちょっとポップというか外してきてるのが好み。

BEATLESS
この先の世の中はAIが芸術も文化も作ってしまうのかな。

七つの美徳
なんか七つの大罪と被ってるんだが。書くこと思いつかなかったから何も書かなかったが。
四大天使以外の天使となると知名度は結構下がる?っつっても知ってる奴は大体知ってるか。

Fate/EXTRA Last Encore
Fateはもう凄いことなってるな。アポクリファのアニメは評判微妙とも聞くがそれは期待が大きすぎたからだろう。
カルナさんこっちでも出るんだっけ?

恋は雨上がりのように
去年だったかその前だったかこのマンで何位かとってたよね。
どう見ても事案。

ダーリン・イン・ザ・フランキス
軍国SF?面白そうな雰囲気はある。若干ジャンプのワールドトリガーっぽい?

斉木
2期そういえばあるんだったな。思えば長いこと連載している。ジャンプギャグ枠の重鎮になってしまっている。



こんなところか。
とりあえず目ぼしい所を上げていくと、

宇宙よりも遠い場所
ラーメン大好き小泉さん
ゆるキャン△
伊藤潤二「コレクション」
グランクレスト戦記
DEVILMAN crybaby
ポプテピピック
citrus
スロウスタート
カードキャプターさくら クリアカード編
三ツ星カラーズ
りゅうおうのおしごと
バジリスク
オーバーロードⅡ
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
メルヘン・メドヘン
デスマーチから始まる異世界狂想曲
ハクメイとミコチ
博多豚骨ラーメンズ
七つの美徳
Fate/EXTRA Last Encore
恋は雨上がりのように
ダーリン・イン・ザ・フランキス

こんなところか。多いな。それだけ盛り上がってるという事?
その中でも熱いのは、

宇宙よりも遠い場所
ポプテピピック
カードキャプターさくら クリアカード編
博多豚骨ラーメンズ
Fate/EXTRA Last Encore

ここらあたりは少なくとも一話は見るか。壮大に0話切りしまくってしまった感もあるが。いや見るか見ないかはわからんけど。
台風の目はポプテか。どんなアニメになるのやら。注目したい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/23(土) 18:56:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャンプ今週休載なのでキン肉マンとアニメ感想

一応書いておく。
動画紹介はまあいいよね。


キン肉マン
カレクック、普通に結構押してるよな。カナディアンマンとかほとんど攻撃与えられて無かった気もするのに。いや殴ったりとかはしてたけども。
案外勝つか、相打ちぐらいまではありそう。


アニメ
キノ
国から抜けて色彩が色鮮やかになる描写が良い。脳を弄って大人にするって、それはどういう意味の大人なんだか。
終末
ビームで町を破壊して爆笑してるユーリ。倫理観という概念すら失われかけてる世界。どうせ滅びるんだから同じなのか?いやいや?
宝石
ここが決定的な転機だよね。金剛先生を信用しなくなった。2期あるかな?円盤のラインとしてはギリギリぐらいになりそうなんだっけ?3Dアニメだったり昨今のダウンロード販売への軸転換など考えるべき要素は多いが。



こんなところで。12月は忙しいね。師走というだけはある。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/19(火) 04:37:01|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイドインアビスアニメ、総合的感想など

TVアニメ「メイドインアビス」公式サイト

結局2017夏アニメはこれしか通してみなかったな。まあいうほどアニメ見る人でもないんだが。



メイドインアビスアニメ。素晴らしかった。あの原作のアニメ化という意味では最高の仕事だと言えるだろう。
あえて言うなら中弛みがあった、と言えるがそれはアニメとしての問題であってメイドインアビスという作品を彩る上でしっかりとした補完描写を行ったが故、または不配慮な省略を嫌ったが故であるので全体として見た上では良い結果を産んだと言えよう。
一週間に一度という形態ではもっともっと先にと見たくなるという心理が強く働く。そこらへんはメディアミックスに付きまとう仕様のない齟齬だといえよう。この齟齬を解消しようとすれば出来たわけだがそうなると「メイドインアビス」として良くない結果を産むという。
ナナチのアジト出発で終わったというのも2期や劇場版を考えているのならば区切りとしては悪くない。そこまで円盤売上、グッズ売上、原作売り上げの上昇が見込めるかはわからないが、アニメは高い評判を得たので期待はできるだろう。


もう少し個別に見ていこう。
背景美術の美しさ。これは秘境であるアビスを演出するうえで素晴らしい効果を発揮した。
層ごとに違った様相を示している。同じ層でも結構異なる。回想含め5層まで描き切っているのも素晴らしい。
アビスの広大さも伝わってくる。
特に好きなのは4層かなあ。やはり異様さが違う。

キャラ。リコ、レグ共にらしい演技で良かったが、やはりナナチか。
特に最終話の感情の使い分けなどは鳥肌ものである。あれだけ飄々としてたナナチが大泣きするからこそ良い。

で、グロ描写なんかも。別にグロで売ってる作品ってのは誤解なんだけど、グロ描写での落とし方、絶望感が凄いから後の希望が輝いて見えるんだよね。
はっきり言って主人公たちがしてることは自殺行為っていうかまあ自殺である。しかしそれは探窟家ならばいつか選ぶ道である。そういった価値観の違いがメイドインアビスの世界観。
辛い道を超えて見出すもの、それは何なのかはわからないがともかく前を向いて歩く。現代日本人の感性とかけ離れているからこその鮮烈なロマンがそこにある。


メイドインアビスのメディアミックスとして最高の出来であったメイドインアビスアニメ。
で、原作はどうなんかね。最近まともに更新してないが。10日には更新あるんかね。
6層で何が起きるのか、7層には何があるのか。白笛たちは?ライザは?
まだまだ謎の多いメイドインアビス。アニメ2期なども含め大注目である。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/10/06(金) 06:45:49|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ