ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

2010年代の厳選お勧め記事

2010年、2011年記事まとめ
2012年記事まとめ
2013年記事まとめ
2014年記事まとめ
2015年記事まとめ
2016年記事まとめ
2017年記事まとめ
2018年記事まとめ
2019年記事まとめ


執筆現在2020年代の初め。キリが良いのでブログ開設時から2019年まで良かった記事を独断と偏見で厳選していく。
一応順不同。適当に整理するかも。

東方
和→英→和でメチャクチャな翻訳in東方
なつい。今は機械翻訳もまともになってきたよね。長文とか専門的なのには結局不十分だし時折笑いものになるが。

「東方キャラの日」。つまり数字の語呂合わせ。
東方もいい加減キャラ増えたがこの時点でめっちゃ多いなキャラの日。今見たら多少増えてるけど増え方が雑だな。8/20がはにわで磨弓の日とか。

東方projectの男キャラまとめ
これも結構増えたよね。易者とか抗うつ薬おじさんとか鯢呑亭の亭主とか。書籍関係は結構多い。

弾幕アマノジャク、8-1少名針妙丸通常弾幕で残り30秒で弾を撃たなくなることについて
バグなのか意図してたのか。どっちにせよ修正するようなことは無かろうが。

スカーレット姉妹のオリジンを考える
吸血鬼の姉妹ってどういうことなのかと言う話。

「東方公式絵師」の範囲について
そういえばまた増えたな公式絵師。

秋静葉最強説浮上
空想科学読本。まあ話としては大変面白い。

東方キャラの元ネタが祀られてる寺社仏閣・あるいは所縁の地など。
こういうの恒常的に東方キャラ増えるから数年後にはちょっと情報抜けするんだよな。

インディーゲームとしての東方project
まあ一言で言うと継続性だろうか。



ゲーム
「不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」ここまでの感想
シレン6まだですかね……?

フリーセル 「クリア不可能」番号11982
11982と言う番号。

シューティングゲームの「衰退論」云々について。
今現在古典的STGの居場所はインディーゲームが中心か。

ゲームの難易度表記の序列 横文字編。
そういえばだいぶ後になって追記したっけこれ。言葉による段階。

Portalの「加重コンパニオンキューブ」のキャラクター性について
極限的なキャラであり、また重要な役割である。

フリーゲーム紹介「Cookie Clicker」
これもまたゲーム史の一ページを飾るゲームであろう。

任天堂ゲームの典型的なステージ構成
任天堂的ふんわりファンタジー世界。

【ポケモン】ハイドロポンプの略称の様々について考える
まあイドンプが好きかな。

「タルモダイス」なんてあるのな
ダイスとは必ずしも振って転がすためのものではない。

ドラクエ5の魔王「ミルドラース」の印象の薄さについて
もはや印象が薄いということ自体が印象深い。佐賀県みたいなもの。

ゲームにおける「ナラティブ」
重要な概念だけど未だ語られることは少ない。

「ゲーマーゲート」問題について少しまとめて、考える
「正論」の問題点。「正論」が常に正しい訳ではない。

MTG、背景ストーリーのエムラクールが中々に凄かった
イニストラードの時の。またエムラクールでねえかなあ。FGOでフォーリナー周りに興奮するのもあるがやっぱクトゥルフっぽいのは好きだ。

ゲームにおけるレベル上げについて
ゲーム内の作業というのは存外奇妙なものである。

ゲームの「難易度」の話 とりあえず思いつくままに
壺男のゲーム、Getting over itなんかは難易度と言う面で面白いやり方を採用した訳だ。難しすぎてもいけないか?ある程度はそうでもない。

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記7、ガノン倒したったので全体の感想など
BotW2、次のニンテンドーダイレクト辺りで情報来るかね。それがいつかは知らんが。

スーパーマリオオデッセイでポリーンが再登場したので感涙した
スーパーマリオオデッセイとかいう神ゲー、とりあえずクリアぐらいまでしたったので感想など※ネタバレ注意
ポリーン、マリオファミリーとして本格的に出てくるようになってきた?次のマリカーでは出るかな。
都市の国のPVで大々的に出しときながらの焦らしっぷりがもう凄かった。クッパの国の唐突な和風要素も好き。

「ゴルフストーリー」死ぬほど面白かったので感想
エクストラドライツンデレ、ラーラ。

AAAタイトルの恐竜的進化とインディーゲームの破壊的イノベーション
AAAと言うほどでもないA級B級のゲームについても触れても良かったか?まあ対立軸と言う事を明確にしたかった。

マジック:ザ・ギャザリング。何故プロ達もハイドロイド混成体の強さを見抜けなかったのか
見抜ければ株券ザギャザリングができたのだが。

Switch版「APE OUT」一応クリア?したので感想
センスの塊。

「VA-11 Hall-A ヴァルハラ」全グッドエンド見たので感想※ネタバレあり
作者によるとベネズエラはもっとヒドいらしい。

FE風花雪月が面白過ぎる:一周目帝国ルートクリアしたので感想など
キャラが良いよなほんと。FEは最初からキャラゲーであることを忘れてはいけない。



小説・漫画・アニメ・本・その他創作
ジョジョ、自薦他薦「最強」スタンド。七部編。
八部も終盤には入ってるのかなあ。

「いちばんうしろの大魔王」1巻から最新11巻まで読んだので感想
いちばんうしろの大魔王 最終巻である第13巻、及び全体の感想
藤子不二雄モチーフな。
なんかもう行き着くところまで行ってたよな。ライトノベルの大名作。

ニーチェの「この人を見よ」読んだから感想
マジでヤベーわニーチェ。

「キルミーベイベー」の文化的愛され方
別に円盤売れなかったからって人気なもんは人気なのよ。そういえばまだ連載してるしな。

ニコニコ大百科探訪「AAキャラしぃの歴史」
最近はモナーサイズAAは5chでよく見るのはけんもう君となんJ民ぐらいだなあ。

「サルチネス」全4巻感想
未だに私の本棚の中で独特の威圧感を放っている。

阿部共実「ちーちゃんはちょっと足りない」読んで凄かったので感想書く
最近では5chでギリ健とかいう言葉も頻繁に見るが、実際人には才能と言うものも環境と言うものもあるというのが残酷だよな。

「ヒュペルボレオス極北神怪譚」読んだので感想とか
7つの呪いと土星への扉は傑作。

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」一巻感想
まだ続いてるけど中々凄いことなってるよな。

「デスニードラウンド」全三巻、読んだので感想
ライトノベルと一言に言っても幅が大きいんだよの一角。

「キノの旅」に出てくる銃器のモデルの話
フルートはイラストが公開されたけど二式テラ銃とはだいぶ違う感じになったな。

「ほんのり!どんぱっち」読んで感想
ギャグ漫画家の苦悩を見る。

ハトポポコ「平成生まれ」感想、及び日常系の変遷
なんやかんやで一番好きな漫画家はハトポポコなのかもしれん。

インターネット探訪「盲雨」
AA長編板も最近見てないが宝物は多いよな。

「とある飛空士への誓約」9巻出て飛空士シリーズが完結したので感想
「大長編の終わりには大ハッピーエンドがふさわしい。」言いたいことを最初に上手く要約できている。

インターネット探訪「シャア専用ザズゴググング」
Gジェネでこの位出すぐらいの勢いのでねーかな。

まんがタイムきららキャラット連載漫画「平成生まれ」シリーズが最終回を迎えたので雑感など
ポポコ先生がんばってほしい。

「武林クロスロード」第一巻~第四巻感想
まあ性描写多すぎな割に18禁規制何それって感じでやりすごしてはいるが、そもそもその類の規制で18歳未満が受けれる芸術的刺激が制限されるのも良くないと思う。

歴代総理大臣のアスキーアートを見て時代の移り変わりを感じる
第二次安倍政権も長いよね。AAの方が衰退した。

「みなクズ with 男子校系男子」買って読んだので感想
性格の良いキャラよりも性格の悪いキャラの方が愛おしい。

「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった」第一巻読んだので軽く感想
格差社会は異世界級の分断を引き起こしている。お互いに理解することはできない。

この前noteでやってたニンジャスレイヤーイビルが面白すぎた件について
そういや年越し企画でニンジャスレイヤーイビル出てたな。強いのか弱いのかわからんがマスラダに繋がる雰囲気と言うのはわかる。

天鏡のアルデラミン、最終巻である14巻を読んだので作品全体の感想など
アルデラミンが未来の北極星の事とわかった時は興奮したなあ。

「世界神話学入門」読んだので感想書く
この分野も沼だが面白いよね。

ニンジャバットマン、観たので感想。ネタバレ注意。
バットマンを究極の善性、ジョーカーを究極の悪として描いているのがバットマンの構造と言う訳か。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」いつの間にか完成度の高い百合日常系漫画になっていた
やはりネズミーの話が分岐点と言うか大きいか。いまよくわからんアプリからしか最新話最速でみれねーんだよな。

河口慧海「チベット旅行記」上下巻読んだので感想
大冒険もいいところである。

「ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥」読んだので感想
実際人類規模である。

「けものフレンズ」最終回見たので感想や考察。その大テーマ、作中における「ヒト」、受け入れられた理由など
けもフレ2、めっちゃ批判されてるがそれでも見るべきだったかな。

SCP、反ミーム部門が面白かったので紹介など
反ミーム部門はSFとしても斬新。

映画「レディ・プレイヤー1」見て、原作小説「ゲームウォーズ」上下巻も読んだので感想※ネタバレ注意
そういやレオパルドン、スパイダーバースの映画出るから出るんだっけ?

SCP財団、いつの間にかサメ殴りセンターが正式な要注意団体入りしていた件について
世界観が留めも無く広がっていく。

MMD杯ZERO2、個人的表彰をする。
これもまとめんとなあ。



麻雀
麻雀、ルールや役の妥当性を素人が考えてみる
麻雀のルールが不合理で不完全である訳だが、それを修正する方法があるかと言えば非常に難しい。日本の電圧を50Hzに統一するみたいな話。少なくともプロ団体がバラバラな状況ではどうにもならんわな。

麻雀のルール改正・統一の話
麻雀、ルール改正・新ルール考察 役関係など
まあこういう話は面白いが実現可能性は知らん。

麻雀のルール改正・あるいは拡張の可能性を探る
ベトナム麻雀ってだいぶやばいんじゃないか?



雑学など
インターネット探訪 「どこの田舎だよ」
ネットスラングの裏の裏の裏。

「ウィキペディアで最も長い記事」
今現在だとゲゲゲの鬼太郎の登場キャラ一覧、反ユダヤ主義、ハイスクールD×Dの登場人物、がトップ3.

「黒体」の名を持つに至った物質
今はもう商品化されてるよね。同じものなのかは知らんが。

マークの表すもの 大量破壊兵器とか

「乞食」は職業といえるのか
まあ一つの考え方と言うか。単純に金を得る手段としては職業足り得る?

準惑星の占星術
迷信もまた文化ではある。

「┌(┌^o^)┐ホモォ…」に見る腐女子の自虐
虐げられるものこそ強い精神を持つ。

南極の山、惑星の山
あんまり意識しないよね他惑星の山とか。

インターネット探訪「幽霊文字」
なんとなくプロフィール画像とかに使ってるのもこれ。

Wikipedia探訪「カニステル」
栽培されている果物も数えきれないほどあるが……

Wikipedia探訪「聖イシュトヴァーンの王冠」
王そのものよりも重要な王冠。

2ch板住民を表すAAの数々
恒は恒心教徒か。

インターネット探訪「1兆ドルのプラチナイーグルコイン」
結局その話は成立しなかったが概念として面白い。

絶対零度より低い温度
創作でもこういう概念使われんよね。高度に専門的すぎるからか。

世界の危険な山を色々紹介する
山も色々あるものだ。死に近いからこそ価値がある?

インターネット探訪「カラシニコフ AK-47」
銃の極限の一つ。

Wikipedia探訪「巻き寿司」
西洋寿司とか真面目にやってる店日本に無いの?

インターネット探訪「鉄 - 航空軍事用語辞典++」
今では編集されてるがバックアップには残ってる。

インターネット探訪「レンマ」「ジレンマ」「トリレンマ」「テトラレンマ」
インド哲学もややっこしいよな。

「新撰組最強」について考えてみる
まあ、「新撰組で一番強いの誰?」って聞いて「服部武雄」と返してくる奴はだいぶ沼に嵌っているのは確か。

近代軍隊の階級についていろいろ
大元帥ってのは国家元首の軍隊的階級とでもいうべきか。

「空亡」という名の妖怪
そういや妖怪ウォッチでも本格的に出てきてたのね。

インターネット探訪「【世界】雪だるま【ポーランドボール】 - ポーランドボール 翻訳」
こういう前提的なのには弱い。

Wikipedia探訪「仏足石歌」
ここまでぼろくそに言うことある?

Wikipedia探訪「ウイルス」「パンドラウイルス」「サテライトウイルス」「ヴィロファージ」「ウイロイド」
最近じゃ巨大ウイルスに感染した細胞内のウイルス工場が真核細胞の細胞核の起源ではと言う説があるんだっけ。

フルビット免許とは
無意味だからこそ情熱をかけられる。

「書字方向」の色々
文字文化は文字自体が象徴的で興味深い。

「Nightmare City」について今更語る。その影響やモナー系AAの類型など。
モナーやモララーがどういうキャラとして認識されていたのか。誰が設定を練ったという訳でもないからなあ。

Wikipedia探訪「穀物」
穀物と一言で言っても色々とあるものだ。

Wikipedia探訪「ほとんど (数学)」「高々 (数学)」「病的な (数学)」
数学ってのは厳密な言葉で成り立っているからね。

巨大数の極限的なインフレーション 巨大数の紹介
無限というのはあっけない話だが巨大数と言うのは猛烈な話だよね。

「作者より賢いキャラクターは作れない」説の真偽を考える
非常に限定的な意味では真といえなくもなかろうが、結局のところ無意味である。

Wikipedia探訪「国璽」「伝国璽」
国が次々と移り変わっても頂点に立つ宝物。ロマンオブロマン。

Wikipedia探訪「沖縄戦」
Wikipedia探訪「菊水作戦」
太平洋戦争ではアメリカ軍が日本軍をボロクソにぶっつぶしました、と言うのもまあ嘘ではないが、アメリカ軍だって泣きそうな位大変だった。

ゴルフ用語の一つ、「オーストリッチ」
こういう無駄知識ほどおいしい知識は無い。

Wikipedia探訪「神宮」
今では勝手に付けていい訳で、意味の分からん神宮とかもあるよな。

Wikipedia探訪「普遍史」
歴史認識の変遷か。

Wikipedia探訪「鴛鴦茶」
お茶とコーヒー、オシドリの夫婦。

Wikipedia探訪「エスト! エスト!! エスト!!! ディ・モンテフィアスコーネ」
名前をこそ楽しむべきワイン?

Wikipedia探訪「聖地」「ヴァーラーナシー」
火葬場のための街。

インターネット探訪「トランプ・花札など Nintendo」
任天堂のアナログ遊具。結構色々あり特色も多い。

「騎士VS武士」とかいう議論
結局そういう議論はそれぞれ人の頭の中にある騎士と武士が頭の中で闘ってるだけなんだなあ。

面白い書名を紹介する 歴史書編
書名もまた一つの芸術。

「(笑)」から「草」に至るまでの道程
AAで雑草として表現されたところが忘れ去られやすいところ。

大量絶滅の主犯について
シアノバクテリアのやらかしたことについてはあまり語られない。まあ研究自体進んでないのか知らんが。

アンデッド(リビングデッド)の種類について考える
哲学的ゾンビを無双するゲーム。そりゃただのGTAか。

ムンクの「叫び」と創作論
描写しないという表現方法。

MAD動画にみる目の暇、耳の暇の話
情報の海に溺れ続けなければいけない。まあ我々はマグロみたいなものだ。

Wikipedia探訪「インディアン・カジノ」
ギャンブル依存症の問題はわかるけど、カジノがもたらすものも大きいよな。

Wikipedia探訪「B-2 (航空機)」
これも一つの歴史の奇跡。

Wikipedia探訪「カール14世ヨハン (スウェーデン王)」
王を決めるのが血だけじゃなかった時代は結構最近なんだよね。

Wikipedia探訪「ベースジャンピング」
まあ何を考えたって危険すぎるわなあ。

Wikipedia探訪「氷河時代」大陸の配置についてなど
中生代とか下手に書きにくい理由。

Wikipedia探訪「準褐色矮星」
宇宙SFでもこういう微妙な存在はあまり書かれないけどそこら中にあるもののはずなんだよな。まあ何でも書けばいいって話でもないのだが。

Wikipedia探訪「蒼頡篇」
李斯と趙高の仕事。

世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく①エジプト、ギリシャ、ローマ、ミトラス教、ウガリット
たくさんの神話を知ることで見えてくるもの。

お化け楽器の色々
デカい楽器は音が鳴らなくても威圧的だ。

備忘録:西村博之が一部5chユーザーに「西村」と呼ばれている件について
掲示板コミュニティの主役はあくまでユーザーである。

慣用句としての「孫子の兵法」
まあ孫子と言えば孫子。兵法と言えば兵法。

Wikipedia探訪「南極星」
星々の大君は唯一人とは限らない。



とりあえずこんなところで。この中でも出来不出来は大きいなあ。

まあ厳選しても馬鹿多いので更に絞ると、

スカーレット姉妹のオリジンを考える
「東方公式絵師」の範囲について
インディーゲームとしての東方project
Portalの「加重コンパニオンキューブ」のキャラクター性について
【ポケモン】ハイドロポンプの略称の様々について考える
「ゲーマーゲート」問題について少しまとめて、考える
ゲームにおけるレベル上げについて
ゲームの「難易度」の話 とりあえず思いつくままに
AAAタイトルの恐竜的進化とインディーゲームの破壊的イノベーション
マジック:ザ・ギャザリング。何故プロ達もハイドロイド混成体の強さを見抜けなかったのか
ジョジョ、自薦他薦「最強」スタンド。七部編。
まんがタイムきららキャラット連載漫画「平成生まれ」シリーズが最終回を迎えたので雑感など
MMD杯ZERO2、個人的表彰をする。
「┌(┌^o^)┐ホモォ…」に見る腐女子の自虐
世界の危険な山を色々紹介する
「新撰組最強」について考えてみる
「空亡」という名の妖怪
「Nightmare City」について今更語る。その影響やモナー系AAの類型など。
「作者より賢いキャラクターは作れない」説の真偽を考える
ゴルフ用語の一つ、「オーストリッチ」
インターネット探訪「トランプ・花札など Nintendo」
「騎士VS武士」とかいう議論
「(笑)」から「草」に至るまでの道程
大量絶滅の主犯について
Wikipedia探訪「南極星」


うーん。こんなもんかな。25個。特に色々語ってる記事。
色んな事を書いたものだ。これからも書いて行こう。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/01/04(土) 07:15:40|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年の記事まとめ紹介

2010年、2011年の記事まとめ紹介
2012年の記事まとめ紹介
2013年の記事まとめ紹介
2014年の記事まとめ紹介
2015年の記事まとめ紹介
2016年の記事まとめ紹介
2017年の記事まとめ紹介
2018年の記事まとめ紹介

はー、思えばこのブログも長くやっているものだ。最近は真面目に更新してないがそれでも数は多い。
2010年代で厳選記事まとめでも作ろうかなあ。
ともかくまとめていこう。動画ジャンプ紹介感想記事はまとめない。別個にまとめた方がええんかな。

創作系

東方
第15回東方project人気投票 1月13日より開催とのことなのでキャラの傾向でも予想する
第15回東方project人気投票、速報版が出たので見ていく。
もうちょい色々書いても良かったがなあ。そういえば運営主体変わるんだっけ。

東方茨歌仙 第四十九話 断善修悪の怪腕(前編) 感想・考察・その他確認など※追記あり
東方茨歌仙 第四十九話 断善修悪の怪腕(後編) 感想・考察・その他確認など
東方茨歌仙 第五十話(最終話) 有角片腕の仙人 感想・考察・その他確認など
東方茨歌仙 最終第十巻 総合的感想・考察、及び茨歌仙全体への感想
全話全単行本感想とか書いてきた身としては非常に感慨深い。第一話が205個目の記事で最後のが2867個目の記事。う~む。

「あそぶ!ゲーム展 STAGE.3 東方projectZUN氏インタビューのメモ」を読む
神主も最近インタビュー多いよね。

秘封ナイトメアダイアリーの謎めいたストーリー構造について
話がややこしすぎるが、そういえば菫子本体だけじゃなくスマホとかも増えてる訳だよね。夢の世界とかから現実って回線繋がるの?

東方三月精第四部第13話、異変の二重螺旋、読んで感想など
東方三月精第四部第14話、反逆する地獄の妖精、ちょっと感想
東方三月精第4部最終話感想と東方書籍新連載予告「東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒」について
三月精も長いよな。白月精も買ったが東方漫画単行本も並べるとすげーある。

東方キャラの元ネタが祀られてる寺社仏閣・あるいは所縁の地など。
そういえばこれ書いてる時点で正月か。まあ初詣にでも?いやこの記事はいつでも読み返せる用に書いてるんだが。
というか正月にでかい神社いくと死にそうになるよね。人多すぎで。

「東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 2019 Spring!」いつのまにか出てたので読みながら感想
東方外來韋編2019Autumn! 読みながら気になったとこ感想とか
神主インタビュー記事が定期的に供給される喜び。結構すげー情報もあるよね。香霖堂も面白いし。二次創作勢も。

東方Project第17弾「東方鬼形獣〜 Wily Beast and Weakest Creature.」発表!画像など見て考察する。
神主、東方鬼形獣体験版CD刷り始める。キャラを考察。
東方鬼形獣体験版ネタバレまとめたり記事※追記とりあえず終了
神主ブログ更新。東方鬼形獣、夏コミ前日パッチ配布など
東方鬼形獣製品版、ネタバレを見ながら感想とか書く記事※更新いったん終了?
「ホモ・デウス」読んだので東方鬼形獣をその方向から解釈していく
地獄じゃなくて畜生界?!しかも都会?!でいきなり前方後円墳で埴輪?!中身はサイバーパンク?!と驚きだらけだったよな。
ホモデウス説で言うと磨弓がAIと言う話になるが全然AIっぽさが無いのが優秀なAIたる由縁か?サピエンス全史どこ置いたっけな……

The Grimoire of Usami 秘封倶楽部異界撮影記録 読んだので感想など(ネタバレあり)
ここまでガッツリストーリー仕立てで来るとはな。せいしんクラスタは供給過多だったようだ。

インディーゲームとしての東方project
つまり他のインディーゲームとどう違うのか。

スマブラSPに博麗霊夢が参戦する可能性を真剣に考える[2019/9/19時点]
無いことはないよな。可能性としては滅茶苦茶低いだけで。

黄昏フロンティア制作東方公式ゲーム、th17.5「東方剛欲異聞 ~ 水没した沈愁地獄」発表とWeb誌「東方我楽多叢誌」創刊について
東方剛欲異聞β体験版バレ、始まってた。見ていく。※更新終了
唐突だったよね。それも東方らしさか。石油か。現代文明の象徴。東方と言う名で東洋のファンタジーを扱ってると見せかけて紅魔郷で西洋の吸血鬼が現れる、文明に取り残された幻想を描くと見せかけて石油などといった文明を描く?
ゲーム性としてはボス戦中心のアクションゲームと言う事でCupheadを想起させる。

中国版の第八回東方project人気投票、この前やってたので見ていく
そういえば紹介しなかったが我楽多叢誌で中国の東方イベントの熱も紹介されてて、やっぱあっちでの人気も凄いんだなと。なんやかんや中国妖怪いるしな。

東方公式、神主原作の新漫画作品「東方智霊奇伝」がいきなり発表された件について
「東方智霊奇伝 反則探偵さとり 第一話 紅魔館事件は地の底に(壱)」感想とか
東方酔蝶華第一話と東方智霊奇伝第二話、感想など
東方智霊奇伝3話前編、東方酔蝶華2話、あと東方三月精4部最終巻感想
そりゃ三月精も茨歌仙も終わるからなんか新しいの始まるかなとは思ってたよ。でもいきなりだよね。しかもどっちもスゲー不穏だよな。とくに智霊奇伝はヤバさがヤバい。そこがいいんだが。


漫画
panpanya「グヤバノ・ホリデー」読んだので感想
2019年の漫画ではこれが白眉だったかなあ。まあエッセイだがグヤバノなんか知らんしな。

上野さんは不器用6巻限定版についてくる公式アンソロの執筆陣がやべー奴らばっかな件について
上野さん、アニメ最高だったな。

ドリヤス工場「オモテナシ生徒会」感想など
そういえば一八先生がパロディにパロディを重ねたあげく怒られて単行本で亡くなったようだが、これとの違いは人気・知名度の差だろうか。絵柄は水木しげるだけだしな。パロディとかされたところで別に言うほど減るもんあるかね?フランスではパロディ権とかあるんだっけ?

詩野うら「有害無罪玩具」読んだのでちょっと感想
こういう短編集の方が思索的な作品を描くのには向いているのかもしれない。大長編で形而上学的な哲学をやられても困る、ある程度大衆的でなければという裏返しでもある。

「堕天作戦」現行最新5巻まで読んだので感想
無常も無常なこの世界だがだからこそギャグ描写がやけに面白く感じるというか。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島」全五巻まで単行本出たので感想
アニメでやってた部分もORIGIN風味で漫画化してほしくもあった。しかしドアン終わってからガンダムエース買ってねえな。クロスボーンDUSTはそこそこ気になるが。

ジャンプ打ち切りサバイバルレース、2019年9月時点の流れを掴みたい
概ね流れ通りか。

ツイッターのトレンドに挙がってた「ゲーミングお嬢様」結構面白かったので感想など
残念なお嬢様というのも卑近さが逆にいいよね。

「このマンガがすごい!」2020を読んでく。「このライトノベルがすごい!」2020もちょっと
いうて漫画はまあまあ読んでるか。


小説
ニンジャスレイヤー
ニンジャスレイヤー第4部AoMシーズン2が終わったのでシーズン3など今後を予測する
対リアルニンジャとの予想は当たったがまだDKEでは無かったなあ。ネザーキョウ、一人のリアルニンジャが作った国の攻略ってところ。で、そこに暗黒メガコーポ筆頭ともいえるヨロシサンのCEOが乱入。その辺が次に影響していきそうだが。セトやらティアマトやらはDKEだよね?サツガイは今何をしてるのやら。
「スズメバチの黄色」読んだので感想を書く
確かに文体はやや大人しいが紛れもなくニンジャスレイヤーである。

BLEACH最後の小説「BLEACH Can't Fear Your Own World」上中下巻読んだので軽く感想
色々アレなところも多いがBLEACHは良い作品であったよ本当に。BLEACHのキャラでは平子が好き。

「キノの旅ⅩⅩⅡ」読んだので感想
そういや学園キノ6巻読めてねーな。学園キノ読むのにカロリーいるんだよなあ。まあ読んでいくか。


アニメ・映画
2019年春アニメのPV集動画を見て行く
2019年夏アニメのPV集動画を見て行く
2019年秋アニメのPV集動画を見て行く
2020年冬アニメのPV集動画を見て行く
いやまあ感想書かない程度に見てるのもあるけど、実際アニメあんま見てねえなあ。

ハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」見てきたので感想
ハリウッド映画ポケモンとして大正解だったといえるか。


ゲーム
『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』の初出情報の話。ちょっと考察なども。
体験版やってなんか合わんなとおもって買うの止めてしまった。まあ高いしな。

マジック:ザ・ギャザリング。何故プロ達もハイドロイド混成体の強さを見抜けなかったのか
相当な煽りタイトルだがまあたまにはいいだろう。

「ニンテンドーダイレクト2019.2.14」やってたので今更感想とか書く
ニンテンドーダイレクトE3 2019 短い雑感
「ニンテンドーダイレクト2019.9.5」気になったところなど
そういやスマブラDLCキャラの五体目まだ発表されてないけどダイレクトと一緒に来るのかな。いつぐらいになるかね。

「Pokémon Direct 2019.2.27」予想して、視聴して感想書く※放送後速報更新
実際話的にもキング&クイーンが初期のタイトルだったとして驚かない。

Switch版「APE OUT」一応クリア?したので感想
そういえばこれ書いた後BREAK INモードもクリアしてた。ゲームは芸術である。そしてゲーム性から来る面白さもある。名作、神ゲーよな。

「ますますマンガで分かる! FGO」でまた新サーヴァントが出る流れな件について
とりあえずその辺の流れは収束したがまたなんかゲームに出てきたりするんかね?5章後編が春とのことだが。というか元旦新鯖のフォーリナー楊貴妃もFGOのストーリー的に謎だよな。何か意味があるのかね?本編に関わる?

「ムーンライター」Switch版クリアしたので感想
奥深いゲームと言う感じは無かったが楽しいゲームではあった。

「みんなで決める2018年の新曲ランキング」結果が出たので見ていく。
2019年のゲーム音楽と言うと何があったっけ?FE風花雪月?BGMで特に印象的って感じでもないが。まあ全部のゲームやってる訳でもなしわからん。Baba Is YouのBGMも地味にいいよな。

スライムタクティクス、とりあえず一周目をクリアしたので軽く感想
中々に面白くプレイできる。むずいけどね。

クソゲーオブザイヤー2018(据置)、総評及び大賞決定。
KOTY。2019はまだあんまり真面目に追ってないけどどないな感じになってるのかな。ポケモンの発売時にスレが案の定荒れまくってたのは知ってるが。

「VA-11 Hall-A ヴァルハラ」全グッドエンド見たので感想※ネタバレあり
雰囲気とか世界観とか最高なゲームだが、ゲームと言う表現方法を選んだ作品、と言う感じも無くはない。まあだからこその良さも多いのだが。まあアドベンチャーゲームってそういうの多いわな。

インディーゲームのコラボについてなど
インディーゲームの時代か、それではやっていくことは難しいのか。まだまだ試されていない方法論は多い。

「ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロマンサー feat. ゼルダの伝説」クリアしたので感想※ネタバレあり
ガノンがオルガンやりまくってる辺りが凄い印象的だよな。名作。鉄琴とベースギターのボスの曲好き。

本物信長とかいう
そういや信長名鑑にも載ったらしいね。信長名鑑買おうかなあ。

スーパーマリオメーカー2、結構プレイしたので感想と作ったコース紹介
久しぶりにスーパーマリオメーカー2で作ったコース紹介する※追記あり
凝ったコースほど難しくなり評価が減るというパラドクスよ。
そういえばこれ以降にもいくつかコース作ってたな。まあどれかのコースから制作者のページに飛べばいいので。

FE風花雪月が面白過ぎる:キャラの育成が悩ましすぎる件について
FE風花雪月が面白過ぎる:命中確率を見てポケモンの技を思い出す私
FE風花雪月が面白過ぎる:ヒューベルトが女性人気高いらしい
FE風花雪月が面白過ぎる:一周目帝国ルートクリアしたので感想など
SRPGとしてかなり完成されてるよね。

ニンテンドースイッチでこれまで買ったソフトをメモしてコメントしておく
中々いい客してるよな。

「Indie World 第四回 2019.12.11」見ていく
結構買うかもしれん奴多いな。

「BABA IS YOU」トゥルーエンドまでやったので感想※ネタバレ注意
2019年一番面白かったのはAPEOUTかヴァルハラか、スーパーマリオメーカー2かFE風花雪月か、あるいはこれか……


創作その他

SCP財団
そういやそろそろ(2019年の一月中に)本家でSCP-5000コンテスト始まるんだっけ。どんなヤバいのが出てくるやら。
SCP財団、いつのまにかAlexylva大学ハブが翻訳されてたので見る
Alexylva大学好きなんだが異世界を拠点としてるからかあんま財団とは絡みが無いんだよねえ。
SCP財団、いつの間にかサメ殴りセンターが正式な要注意団体入りしていた件について
割と本編のジョークじゃない記事でも言及されてたり示唆されてたりしちゃったからねえ。
SCP財団、「要注意団体」についてのアレコレ、分類分けなど
ちょっと見ないうちに要注意団体も増える増える。

ムンクの「叫び」と創作論
表現不可能なものを表現する面白さ。

MAD動画にみる目の暇、耳の暇の話
情報量の飽和には意味がある。アニメや映画を1.5倍速で見るみたいな話にも関連するか?

MMD杯ZERO2、始まってたので作品紹介してく※とりあえず追記完了
MMD杯ZERO2、個人的表彰をする。
そろそろ過去のMMD杯の中から厳選した作品なんかの記事を作ってもいい頃かな。



探訪シリーズ

Wikipedia探訪
Wikipedia探訪「南極星」
南極星。一応存在しないという形だが非常に興味深い概念である。というかないとも言い切れないか。結構おすすめ記事。
Wikipedia探訪「Variations of the ichthys symbol」
何度か書いてるが、宗教や神話は迷信であるがその文化的価値は非常に大きい、と私は思っている。
Wikipedia探訪「灌頂」
密教の秘密儀式?ゲーム性がある。
Wikipedia探訪「勲章」「ディッキンメダル」
ガーター勲章に付いてくる騎士団の服装かっこよすぎよな。
Wikipedia探訪「インディアン・カジノ」
カジノの功罪。少なくともインディアン・カジノのおかげでアメリカインディアン達は被害者の立場から脱し得たか。雇用も大きく生み出すしカジノもやりようだわな。野放図に賭博を容認することには問題があるならばうまく操縦すればいいというか。できるならば、だが。
Wikipedia探訪「競駝」
ラクダ。砂漠以外ではあまり見ないが砂漠の国では存在感がある。
Wikipedia探訪「反出生主義」「自主的な人類絶滅運動」
人類のためならば地球はある程度傷ついてもいい、私はそうも思う。もちろん環境が破壊されまくられると人類のためにならないし、今の人類のためか未来の人類のためか、親世代のためか子世代のためか、富裕層のためか貧困層のためか、そういう問題も大きいが。簡単な事っていうのは無いよ。
Wikipedia探訪「電気けいれん療法」
乱暴でも医療は医療。
Wikipedia探訪「B-2 (航空機)」
航空機の一つの頂点にして行き着く先か。
Wikipedia探訪「ツァボの人食いライオン」
結構読み応えのあるWikipedia記事も多いよね。内容の情報がと言うよりドラマチックな事実で。
Wikipedia探訪「カール14世ヨハン (スウェーデン王)」
今のスウェーデンの王室はナポレオンの部下で血筋も平民だったという話。
Wikipedia探訪「ベースジャンピング」
パイロットウイングススイッチとかでねーかなあ。
Wikipedia探訪「氷河時代」大陸の配置についてなど
最近グレタさんが環境問題について色んなところで語っていたが、地球温暖化を止めるならばベーリング海峡なりを閉鎖して北極周辺へ暖流が流れ込むことを阻止するって手もあるよね。そうすればグリーンランドの氷床は増えて海水は減り、北極の氷が増えてもアレは浮いてる氷だから海水面には影響ないけどそれでも地球全体のアルペド、反射率は高くなり全体的に冷えて南極の氷床も増え、それでまたフィードバックしていく。まあどうやって閉鎖するんだって話だが。
Wikipedia探訪「準褐色矮星」
こんな目立たない存在でもその辺の惑星よりでけーからなあ。
Wikipedia探訪「富士山大規模落石事故」
危険だからこその信仰崇拝か。
Wikipedia探訪「日本の世界遺産」
やっぱ前方後円墳は上から見たいよな。
Wikipedia探訪「岡田更生館事件」
戦後間もない時期の悪夢と報道記者たち。
Wikipedia探訪「寺院 (全般)」
今一統一された言葉が無いよね。
Wikipedia探訪「蒼頡篇」
字書も面白いタイトルの奴多いよな。

インターネット探訪
インターネット探訪「AUTOMATON「ダンジョンRPG『Tangledeep』Nintendo Switch版売上好調。すでに移植費用は回収し、販売国ナンバーワンは日本」」
実際ストイックなゲームだよなあ。本式のローグライク?
インターネット探訪「なぜ作ったゲームが面白くならないのか?基礎にして奥義「フロー理論」」
ゲーム性が面白ければ良いゲームと言う訳ではないという前提的な話。
インターネット探訪「『スーパーマリオ64』にて、マリオがクッパを投げ飛ばす時に吐くセリフは「じゃあな、ゲイクッパ」ではなかった」
実際、イタリア系アメリカ人っていうパーソナリティは世界一のキャラクターとして奇妙だが合っているとも言えるか。
インターネット探訪「【世界】国の歴史の長さに対応した考古学的発見をした時のリアクション【ポーランドボール】」
歴史は少なければ少ないほど需要があるのやもしれぬ。
インターネット探訪「やる夫が光武帝になるようです」
新末後漢初の魅力。強すぎるが危機が無かったわけでもない。
インターネット探訪「暴力団ミニ講座」
相反する敵のことは知りすぎても困ることはないということか。

その他
「レスバトル」とは
実際秀逸で本質を突いた定義といえよう。

アテン信仰とユダヤ教
古代における繋がりが垣間見える時の興奮。

「数え役満で死刑」
こういう言い回しは好き。

「#本田とじゃんけん」のヤバさについて
本田と言う男のネットミーム的扱いが決まった瞬間か。

世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく①エジプト、ギリシャ、ローマ、ミトラス教、ウガリット
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく②メソポタミア、ヒッタイト、ヒンドゥー教、仏教
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく③ゾロアスター教、アルメニア、聖書
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく④道教、朝鮮、日本、ポリネシア、アボリジニー
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく⑤ケルト、北欧、スラヴ、バルト、フィンランド
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく⑥アフリカ、インディアン、アステカ、マヤ、インカ
世界中の神話(パンテオン)の最高神など書いていく⑦総括
神話っつっても色々あるし中の神も色々居る。なんなら最高神もたくさんいるという話。この記事群も結構苦労して書いたな。

お化け楽器の色々
楽器はそのヴィジュアルも重要な要素である。

慣用句としての「孫子の兵法」
一番重大な欠点は孫子ではなく孫臏のエピソードだってところか。

備忘録:西村博之が一部5chユーザーに「西村」と呼ばれている件について
苗字呼びの第三者感。



このページ
2019年の記事まとめ紹介




こんなところか。ゲーム記事に重心が偏りすぎだろうか。短評でも読んだ本や漫画、見たアニメの記事とか書いていくべきかね。いや前年の記事を見てそうだなとおもって結局やってなかったんだが。
まあいいや。それがよさそうならやっていこう。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/12/31(火) 23:59:59|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年の記事まとめ紹介

2010年、2011年の記事まとめ紹介
2012年の記事まとめ紹介
2013年の記事まとめ紹介
2014年の記事まとめ紹介
2015年の記事まとめ紹介
2016年の記事まとめ紹介
2017年の記事まとめ紹介

今年はサボリ散らかしてて実際記事量すくねーな。まぁしゃあない。でもそれは比較すればのことであってこの記事を書くのが大変なことには変わりない。
しかし俺面白い事ばっか書いてるな。いや自分の好きなことを好きなように書いてるのでそんなもんではある。

東方
東方project人気投票
第14回東方project人気投票、追加キャラの順位を予想でもしてみる
第14回東方project人気投票、急上昇しそうなキャラ予想など
第14回東方project人気投票、上位20キャラガチ予想
第14回東方project人気投票、投票したので晒していく
第14回東方project人気投票、Twitter出口調査を見る
第14回東方project人気投票、速報版結果発表!とりあえずサラッと見ていく。
第14回東方project人気投票、キャラ順位をステージ別に分けて見る
第14回東方project人気投票、姉妹キャラの明暗を見る
第14回東方project人気投票、詳細結果が出たので前回とアンケート結果を比べてみる
もうちょいなんか記事立てるべきだったかもなあ。そういえば第15回も予定されてたっけ。第15回でいったん終わりのようだが。まあ毎年やらんとならんものでもないのはそうかも。

東方茨歌仙
東方茨歌仙 第四十四話 寿命を超越するもう一つの手段 
東方茨歌仙 第四十五話 最高と最低の宴会
東方茨歌仙 第四十六話 死の超越と、彷徨う生霊 感想・考察・その他確認など
東方茨歌仙 第九巻 総合的感想・考察
東方茨歌仙 第四十七話 幸災楽禍の理想郷 感想・考察・その他確認など
東方茨歌仙 第四十八話 迷者不問の暗黒郷 感想・考察・その他確認など
どんどん不穏な方向に行っている茨歌仙。三月精も含め地獄伏線は十分溜まっているがどこに落ち着くのか?2019年の新作ゲーム原作に関わりある?

東方三月精
東方三月精第四部第十話を読む
東方三月精第四部第12話「死にゆく真夏」感想など 地獄伏線多いよねという記事
茨歌仙とも少しリンクし始めたがはてさて。

東方外來韋編
東方外來韋編 2018 Spring 感想など書いていく
東方外來韋編 2018 Autumn 感想など
年二回でも定期的であるというのは意味あることだよね。
そういや弾幕本ってどうなったんだっけ?

秘封ナイトメアダイアリー
東方Project 第16.5発表!「秘封ナイトメアダイアリー 〜 Violet Detector.」!画面写真の確認などする
秘封ナイトメアダイアリー、まさかのカップリングなど色々まとめる(ネタバレ注意)
結局まだクリアしてねーな。そろそろ真面目にやろうかな。

中国でサルスベリの新品種が「霊夢」と名付けられた件について
フィクションが現実に影響を与えることは多いがその顕著な例と言えるか。

東方元ネタwiki 2nd、摩多羅隠岐奈のページがいつのまにか滅茶苦茶充実してる件について
隠岐奈も設定上幾らでも絡みが考えられるから今後が楽しみなキャラだよね


MMD杯
第20回MMD杯本選、見て感想とか書いてく※追記修正済み
第20回MMD杯、個人的表彰をする。
MMD杯ZEROとかいつの間にか始まってたので作品を紹介していく※追記終了
MMD杯ZERO、個人的表彰をする。
なんかしらんが記事凍結されたり色々あったな。そういや2019年夏はまたZEROの二回があるとして冬はなんかあるんかな。


漫画
「みなクズ with 男子校系男子」買って読んだので感想
ポポコ節絶好調の名作であった。安藤のまともそうに見えてクズなところが最高。

「金剛寺さんは面倒くさい」第一巻感想
ラブコメの新時代到来か。

「ヒナまつり」14巻まで読んだので感想
最近のヒナはだいぶ落ち着きが見えてきたというか姉御肌というか、良いキャラしてるよね。新田に似てきた。なるほど。

「彼とカレット。」全4巻読んだので軽く感想
同作者作品の上野さんは不器用がこの冬アニメ化するんだっけか。飄々として良いギャグ漫画描く。

施川ユウキ「銀河の死なない子供たちへ」下巻も読んだので軽く感想
施川先生作品を読むといつも深く考えさせられる。まあ考えるも何もないツモっ子の森も好きなんだが。

週刊少年マガジン45号、「ギャンブラーズパレード」一話感想
話の進行が大分トロいがマガジンだとあんなもんなんかね?まあ面白いのは確かだが。

ドロヘドロ最終23巻&ドロヘドロオールスター名鑑完全版読んだので魔のおまけなど中心に感想
ドロヘドロでは八坂が一番好きなキャラだって話したっけ?こいつだけ身長も体重もしょぼいんだよな。

「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった」第一巻読んだので軽く感想
これ、今年のジャケ買い勢では一番良かったかもしれん。タイトルが量産っぽいが内容はかなり好き。まあ深さがあるというほどでもないが。

額縁あいこ先生「丹沢すだちが此処にイル!」第一巻、読んだので感想
ラップの反逆性こそが守る人格。


ライトノベル
この前noteでやってたニンジャスレイヤーイビルが面白すぎた件について
これが4部に繋がっているというのが面白いところ。
ニンジャスレイヤーのTCGとか作ったら面白そうだよな。コストの低いサンシタニンジャを大量に使い捨てたい。

天鏡のアルデラミン、最終巻である14巻を読んだので作品全体の感想など
大名作と言って間違いあるまい。ガジェットの使い方も効果的。SF戦記もので人の生き様を描く。

なんやいつのまにか「このライトノベルがすごい!2019」が売ってたので読む
何個か買ったがまだ十分読めてないな。実際ライトといっても小説は小説。読むのに多少気合がいる。

このマンガがすごい!2019、感想など
早速幾つか買っちゃったよ。まあ感想は書きたくなったら書く。

その他書籍など
「なぜ八幡神社が日本で一番多いのか」読んだので感想
記紀神道も面白いが神社神道もまた興味深い。

「世界神話学入門」読んだので感想書く
比較神話学の話。石器時代のミームが今まで生き残っているという事なのやもしれない。


アニメなど
2018年春アニメのPV集動画を見て行く
2018年夏アニメのPV集動画を見て行く
2018年秋アニメのPV集動画を見て行く
2019年冬アニメのPV集動画を見て行く
まあ事実、アニメの数が多すぎるというのはあるわな。制御可能なのか知らんが。

アニメ「ポプテピピック」第一話見たので軽く感想など 真面目に不真面目?
ともかく、狂気的なレベルの衝撃ではあった。

アニメ「博多豚骨ラーメンズ」第一話見たので感想。人口の3%が殺し屋問題など。
中々いいアニメだったが円盤はあんまだったんかね。

全ガンダム大投票、やっぱりオルガが一位になりそうな件について
「全ガンダム大投票」、結局オルガ一位だったとかの件について 結果の色々見る
なんやかんやいって鉄血は愛されている。ガンダムは何やっても批判されるシリーズだがそうはいっても人気なのだ。

「あそびあそばせ」がいつのまにかアニメ化する事になってた件について

ジョジョ5部10月にTVアニメ化決定した件について
やはりジョジョはみんなに人気のようで、実際面白い。これからのあのシーンはどう描かれるか、楽しみがいくつもある。

ニンジャバットマン、観たので感想。ネタバレ注意。
もう本当に、最高に、楽しい映画だった。しかしバットマン、倫理観にとらわれ過ぎているというか。そこが魅力なのだが。

ドロヘドロ、まさかのTVアニメ化企画進行中について
実際今でも可能なのかどうか疑っている。


ゲーム
ポケモンのシングルレートでの使用率ランキングを見る
ポケモン対戦の今が垣間見える。今見るとまた結構変わってんね。

動画紹介「(スト5)獣道弐 ウメハラvsときど」
なんやかんやいってウメハラは今もまさに伝説なのだなあと感じる。大会成績は大会成績として。

「ゴルフストーリー」死ぬほど面白かったので感想
ラーラいいよな。共に成長するツンデレ、ほぼデレはないツンデレ。

「星のカービィ スターアライズ」とりあえずクリアしたので感想と考察など※ネタバレ注意
「星のカービィ スターアライズ」IGNのレビューを見る
無料アップデートも含めて本当最高のカービィ作品になったよね。

「みんなで決める2017年の新曲ランキング」結果発表が為されたので見ていく
新曲ランキングのが新鮮味はある。

「Neo ATLAS 1469」スイッチ版。買ってそれなりに遊んだので感想
ちょっと愚痴を書きすぎた感はあるが良いゲームではあるよ。

「Celeste」スイッチ版クリアしたので感想など
セレステ滅茶苦茶面白かったなあ。こういうゲームでは復活までのタイムラグがどれだけ少ないかが本当に重要になる。

2018年任天堂E3、本日からとか明日からとか滅茶苦茶多い件について
任天堂もリークへの対処が上手くなりサプライズが成功しやすくなってきたな。

スプラトゥーン2オクトエクスパンション、とりあえずクリアしたので軽く感想など
スプラトゥーンは今後も任天堂の主力となっていく感じが凄くある。オクトはやはりオクタシューターゲットの瞬間が最高だなあ。最後とかもいいし、道中でテンタクルズの曲が流れ始めるのもいいが。

ノーザングロスギャラクシーXはとかいうかっこよすぎるポケモン構築名の話
こういう細かい名前とかに面白みを感じたい。

ゲームジャンル分類を生物分類方式で考えてみる
余計に話をややこしくした感もあるが考え方としてはいいベクトルをしていると思う。

任天堂ヴィラン達のそれぞれの分類・性質
同じようなキャラがいないのはそれぞれに強い個性付けがなされている結果か。

ゲームジャンルの小分類の話 ローグライク・ソウルライク・メトロヴァニラなど
今はもう誰もローグライクだと聞いても何の価値判断もしないようになってるよね。

「マリオファミリー」はどのぐらいの範囲までで、何人いるのか
ブラッキー、マリオテニスエースとかにひょこっと出てきたりしないかな。

オクトパストラベラー、ラスボス(裏ボス)までクリアしたので感想、及びラスボスクリア時のパーティ構成など
ラスボス戦は特別に厳しくて面白いよね。

AAAタイトルの恐竜的進化とインディーゲームの破壊的イノベーション
ゲーム業界の今とは。そして今後は。中小ソフトの視点も書くべきだったかな。

ホロウナイト(Switch版)、通常ENDまでやったので感想
コスパ最強なので暇のある人は絶対にやった方がいいと思う。虫ダメな人は知らんけど。

キャラゲーのキャラ数を色々数えてみる。東方・ポケモン・艦これ・FGO。
多さもそうだが濃さも重要。

ロックマン11、難易度アドバンスドをクリアしたので感想
ダブルギアシステムはいいアイディアだよなあ。次回があるとしてまた採用されるかもしれん。

クトゥルフ神話TRPG、登山シナリオ「狂気山脈 ~邪神の山嶺~」のリプレイを見て面白過ぎたので紹介する
一応ゲームはゲームなのでここに。登山はやはりロマンが原動力か。

2018年11月1日発売前最後のスマブラダイレクトなど見て感想など
スマブラって実際凄い作品だわ。

スマブラSP、DLCで追加されるファイターをもうちょっと真面目に考えてみる
ペルソナが来たか。じゃあ次はと言われてわかる問題でもないんだよな。まあ現時点で予想するならジバニャン抜いて後はそのままかな?

スイッチのコントローラーいつの間にかメッチャ増えたなという話
ジョイコンも中々すごいんだけどね。

スマブラSP、アドベンチャーモード「灯火の星」クリアしたので感想※ネタバレあり
マスターハンド操作は正直痺れまくった。

麻雀のルール改正・あるいは拡張の可能性を探る
一応麻雀はここか。まあルールばっか考えてもしゃあないといえばしゃあないが、そこが一番興味あるところであるのもしゃあない。

「Indie World 2018.12.27」を見ていく
カニノケンカはスチーム版が出た時点でやりてーってなったんだよな。

クソゲーオブザイヤー(KOTY)
携帯機版クソゲーオブザイヤー2017、大賞無しとの結果になった件について
クソゲーオブザイヤー据置版2018、総評完成・大賞決定
クソゲーオブザイヤー2018(据置)、年末時点での現状を見る
KOTY、携帯版は自然消滅したが未だ据置版は活気あるようだ。


探訪シリーズ
Wikipedia探訪「令制国」「旧国名」「五畿七道」
言葉にも歴史あり、そして今でも使われている。

Wikipedia探訪「珍しい死の一覧」
死んだあとのことはどうでもいいとはいえ、まともな死に方をしないとやはり残念感は出るか。

Wikipedia探訪「神宮」
社号、ただの名前だがそれぞれに意味がある。まあ紹介したのとは別に勝手に名乗ってたりするのもあるが。

Wikipedia探訪「普遍史」
打ち捨てられた歴史観もまた拾うものがいる。アダムが伏羲ってなんなんじゃろね。

Wikipedia探訪「Wikipedia:珍項目」
真面目に書いたところで面白くなってしまう事象も多い。

Wikipedia探訪「鴛鴦茶」
日本でも流行らんかなあ。詩的な名前も好き。

Wikipedia探訪「源義家」
八幡太郎義家。八幡神というのも語りつくされてない神だよな。初期の初期の武士のありさまも気になるところ。

Wikipedia探訪「武家政権」
過去の歴史観というのも面白いもの。

Wikipedia探訪「恐蟹綱」
恐るべき竜、恐竜。恐るべき蟹。

Wikipedia探訪「エスト! エスト!! エスト!!! ディ・モンテフィアスコーネ」
名前を飲み込む。

Wikipedia探訪「トリノスケール」
普段は意識しないにしろ、間違いなく文明を消し去れる大質量はそこに存在する。

Wikipedia探訪「聖地」「ヴァーラーナシー」
町が火葬場のために存在する。価値観の転倒こそ聖地の中の聖地たる所以かな。

Wikipedia探訪「フィルムが現存しない映画の一覧」
あるいは失われたからこそ価値が出るのか。


インターネット探訪「世界神話と民話:モチーフのテーマ別分類ならびに地域分布。注解つきカタログ」
これだけ色々モチーフとかあれば神話学者も何とか食っていけるわけである。

インターネット探訪「Jeff Russell's STARSHIP DIMENSIONS」
SFだからこそのスケール感。

インターネット探訪「Splatoon2 - スプラトゥーン2 攻略&検証 Wiki* ブランド ブキメーカー」
そういや記事書いてないけど、公式書籍のハイカラウォーカーでギアそれぞれの解説なんかがあったの凄い良かったな。フグベルベルハットってアレ二個重ねて被ってるのかよ。

インターネット探訪「スプラトゥーン2のDLC『オクト・エキスパンション』とはどのような物語であったのか」
Vaporwave、前衛音楽に片足突っ込んでる感あって好き。

インターネット探訪「麻雀の役一覧(出現確率ランキング順)」
結局のところリーチ麻雀はドラとリーチなんだよな。1ハン縛りを突破するための役となっている訳で。

インターネット探訪「スーパーマリオ時系列考察」
こういうのの問題は作り手の方が気にしていないということよな。

インターネット探訪「世界で起きていることはすべて、パーカのフードの下で語られる」
それぞれの衣服にも文化文脈がある。

インターネット探訪「トランプ・花札など Nintendo」
この記事、割と気合い入れて描いた覚えもあるが反響は無かったな。アナログとデジタルの有機的結合。


その他
twitterの組織キャラ問題をみて逆張り気味に答えていく
あんまり漫画とか読みすぎると変なものばかり読みたくなってくる。

SCP財団、K-クラスシナリオを見て世界の終末の様々を考える
SCP、反ミーム部門が面白かったので紹介など
SCP財団もなんやかんや色々あったようだがやはりSFの最前線を突き走っているサイトだ。

映画「レディ・プレイヤー1」見て、原作小説「ゲームウォーズ」上下巻も読んだので感想※ネタバレ注意
あらゆるフィクションへのリスペクト。大量の要素が一つにまとまっている。

アチアチという5ch用語
実際、なんJ民と嫌儲民は被ってるところもある。なんJじゃ長文かけないというのもあるしな。思想もやや似通って来てるとの噂。

「騎士VS武士」とかいう議論
真面目に考えはしたが結局言葉の問題なんだよなあ。鎌倉武士は重装弓騎兵。

面白い書名を紹介する 歴史書編
歴史書しかやってないけど本の名前ってのは面白すぎるんだよなあ。

「(笑)」から「草」に至るまでの道程
この過程、結構知らない人も多いんだよね。特にwwwwwwwwwが草原とは認識してもそれが否定的意味だったことまでは知らないという人も。

最後の平成ライダー、「仮面ライダージオウ」のデザインが攻めまくってる件について
実際内容も攻めまくっているようで。ライダーは子供から大人まで楽しめる上手いやり方を知っているようだ。

大量絶滅の主犯について
所詮ヒトなど悪辣極まる生物界においては悪タレ小僧にすぎぬのやもしれぬ。

歴史上、あるいは神話上伝説上の著名な君主をまとめてみる
そういえばFGOで始皇帝出たね。ここにあるリストもその内網羅されうるか?天皇は流石に出せんか。

アンデッド(リビングデッド)の種類について考える
ゾンビも良いけどキョンシーとかも良いよね。

OPENRECでシラクサ氏が月間Vtuberランキングで一位を取ってしまった件について
スタンプ作成は反故にされそうな模様。まあシラクサ氏もようつべに軸を移したようだが。



このページ
2018年の記事まとめ紹介



今年はゲーム記事多いな。スイッチが神すぎるからかな。感想書いてないゲームも多い。そういえば本もそうだ。まとめて感想書く記事でも作ろうかな。
動画・ジャンプ感想記事は載せてないがアレも来年は上手い具合にしたいなあ。
まあいろいろ反省点は活かせるなら活かしていこう。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/31(月) 23:27:09|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年の記事まとめ紹介

2010年、2011年の記事まとめ紹介
2012年の記事まとめ紹介
2013年の記事まとめ紹介
2014年の記事まとめ紹介
2015年の記事まとめ紹介
2016年の記事まとめ紹介

まあこれはやっとかんとね。自分でも何書いたかわからんようになるし、読者はことさら良く判らんだろう。
ブログってこういうののいい機能あんま無いよね?いや探したらあるんか知らんが。
しかし自分の記事は自分で読むと面白くて時間ばかり食う。


東方
東方project人気投票
「第13回 東方Project 人気投票」サイトが出来たようなので見ていく。
第13回東方project人気投票 ブログ内ハブ記事
第13回東方project人気投票 キャラの人気上下要因を年表から考える
「第13回 東方Project 人気投票」キャラ人気上位を予想する
「第13回 東方Project 人気投票」投票したので投票対象、およびその選考過程など晒す
「第13回 東方Project 人気投票」出口調査を今更見て行く
「第13回 東方Project 人気投票」速報版の結果発表!全体を概観してみる
「第13回 東方Project 人気投票」ベストパートナー部門の組み合わせの種類を見ていく。
「第13回 東方Project 人気投票」ベストパートナー部門、封獣ぬえのパートナーのバランスについて
今年は色々あったが人気の上下はどうなるかな。第14回分の予想なんかもサッサとしなければなるまい。憑依華の新キャラはネタバレ期間内なので投票対象外だろうが天空璋新キャラの順位が気になる。

茨歌仙
東方茨歌仙 第三十八話 聖地としての神社 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十九話 そこに妖怪の山があるから 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第四十話 幻想郷を蝕む異常気象 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第四十一話 天与の涼気 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第八巻 総合的感想・考察
東方茨歌仙 第四十二話 四季を取り戻せ 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第四十三話 博麗神社は富を寄せ付けない 感想・考察・その他の確認等
思えば茨歌仙だけでも色々あったものだ。結構原作への伏線なんかも多いのよね。

三月精
東方三月精第4部第五話感想。ネタバレあり。
コンプエース9月号、鈴奈庵最終回、三月精第七話感想など
東方三月精第四部第8話、感想など
あー、そうそう鈴奈庵も最終回ってた。憑依華でEDでもえ先生どんだけ描くの?ってレベルで書いてたらしいが。今後も東方に関わることもあるかな?いい作品だった。
三月精は来年からまた凄まじい展開のようで?クラウンピースがかなり活躍してるよね。ラルバなんかも出るし。妖精も色々増えたものだ。

外來韋編
東方外來韋編 参 読みながら感想書く
東方外來韋編 肆 読んだので感想など
電子書籍が最速な本は電子書籍で買ってしまうなあ。

天空璋
東方Project 第16弾発表!「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」
東方天空璋 体験版のCDラベル公開されたので見る
第14回博麗神社例大祭、主に東方天空璋体験版の情報を実況気味に見ていく※追記あり
東方天空璋、チルノとエタニティラルバは知り合いだったのかどうか
東方天空璋のパッケ絵が同人ショップのページで既に公開されてる件について
東方天空璋、ネタバレ実況的記事※更新終了
東方天空璋、キャラ考察記事
東方元ネタwiki、東方天空璋周りを見ていく
東方天空璋steam版、日本のランキングで一位取ったり圧倒的好評だったりとかの話
天空璋、面白すぎてネタ本の闇の摩多羅神買ってしまったぞ(読んでる途中)。
過去作キャラとの繋がりが多くみられるよね天空璋キャラは。

東方文果真報
東方文果真報、読んだので感想など
これも色々重要な話載ってたよね。週刊誌スタイルと言うのが何とも言えぬ妙味となっている。

東方憑依華
東方憑依華の残り参戦キャラを予想する※紫参戦発表前の予想
東方憑依華製品版ネタバレ雑感、東方における姉妹キャラの歴史・比較、その他東方桃電鉄妄想など
憑依華、ストーリーで組んだの見てみるとすげーカップリング増えたよね。というか憑依華勢はどの組み合わせでもOKなのでは・・・?

「東方Project コラボTシャツ」相当ややこしいことになってない?
東方の商業的位置は奇妙なところがある。

秋静葉最強説浮上
科学的に非科学的。

東方紅舞闘VがNintendo eShopのランキングで4位まで上がったってマ?
ホント凄い時代だよ。



MMD杯
第18回MMD杯本選が開催されてたので見ていく※更新終了
第18回MMD杯、個人的表彰をする。
第19回MMD杯、本選始まってたので見ていく※追記終了
第19回MMD杯、個人的表彰をする。
そういや第20回もするの?やるたびになんか問題が起きてる気がするが。作品自体に罪はないがどうにもねえ。



漫画
2017年一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介
2017年二月、三月に買った本の感想と四月に買う本の紹介
2017年四月、五月に買った本の感想と六月に買う本の紹介
5月からこれサボりまくってるのがばれてしまった。まああんま需要無いみたいだけどこれ半分自分用のメモだから書いとかないと忘れるんだよなあ。どうにか取り戻そうかな。

ジャンプ
週刊少年ジャンプ。大改編時代到来。打ち切りサバイバルレースを考える。
週刊少年ジャンプ、2017年6連新連載雑感及び打ち切りサバイバルレース予想
2017年度、週刊少年ジャンプ打ち切りサバイバルレース、梅雨~初夏の改編期を予想する
結局6新連載で3つは残っている。上々は上々?石は結構人気だし。ロボはどうなんかね。私は好きだが。


中山先生
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第19話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第20話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第21話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第22話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第23話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第24話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第25話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第26話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第27話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第28話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第29話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第30話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第31話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第32話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第33話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第34話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第35話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第36話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第37話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第38話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第40話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第41話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第42話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第43話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第44話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第45話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第46話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第47話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第48話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第49話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第50話(最終話)感想
中山先生。やっぱり色々とやりすぎで前衛的すぎるのがアレなんかね。私は好きだがついていけない人も多かろう。

「風雲児たち」ワイド版2巻まで読んだのでちょっとメモなど
風雲児たち、ワイド版20巻と幕末編29巻、出てる分全部読んだので感想
そういや正月特番で蘭学革命編のドラマやってたけど、群像劇で滅茶色々つながってくる話だからその話自体に関係しない人物がやたら出てきて笑った。

「オッドマン11」一巻 読んだので感想
長期連載だよねまだ一巻なのに。道満晴明先生らしい、性に対する深い思想が鑑みられるなんていうと堅苦しすぎるか。

「バターチーズガール」全二巻読んだので感想
明らかな打ち切りだが、見るべき点は多かった。

「寿司 虚空編」買って読んだので感想
巨大数の極限的なインフレーション 巨大数の紹介
2017年最高に衝撃を受けた作品かもしれぬ。下のは補足的な?巨大数、人間が理解しがたい大きさというもの。

逆柱いみり「ノドの迷路」。読んだので感想
いみり先生、流石よね。訳が分からないが確実に感情を揺さぶるというか。

施川ユウキ「銀河の死なない子供たちへ」上巻読んだので感想
これも色々考えさせられたという意味で凄い作品。下巻が愉しみ。

このマンガがすごい!2018、いつの間にか出てたので感想など
順位の妥当性とか考え始めるとアレだが新しいものを知るには良い。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」いつの間にか完成度の高い百合日常系漫画になっていた
いつの間にかすごい化けたよね。


ライトノベル
幼女戦記、物理書籍最新七巻までと漫画最新二巻まで、アニメ最新二話までとWEB版最後まで読んだので感想
そういや9巻まだかな。物理書籍版ではどういう結末が待っているのやら。まだまだだが。
天鏡のアルデミラン12巻、読んだので感想
話がそろそろまとまって来てるというか。そろそろオチも見えてきた?いや判らんがトリスナイがどうなるか。
ニンジャスレイヤー第四部、勢力図を描いてみた※追記 勢力図更新
結構この地図ツイッターで人気出たな。
キノの旅ⅩⅩⅠ(第21巻)、感想
キノアニメも色々良かったが、小説版ではまさかの師匠のオリジン。一年一回ぐらいで21巻と言うのも尋常ではない。
「このライトノベルがすごい!2018」いつの間にか売ってたので感想など
このラノ。ラノベは結局漫画ほどアンテナ立ててないので貴重な情報源。

その他書籍
河口慧海「チベット旅行記」上下巻読んだので感想
宗教的真実は偽であるにしても宗教が生み出す文化は否定できない。
「ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥」読んだので感想
ニワトリ、過小評価され過ぎ感があるよね。
「カエアンの聖衣」新訳版読んだので感想
聖衣とかなんとかいって見た目は男性用スーツだというのが一番凄いとこかもしれん。


アニメなど
2017年冬アニメのPV集動画を見て行く
2017年春アニメのPV集動画を見て行く
2017年夏アニメのPV集動画を見て行く
2017年秋アニメのPV集動画を見て行く
2018年冬アニメのPV集動画を見て行く
そろそろ冬アニメ始まるなあ。正確な日時覚えてないけど。

けものフレンズ
けものフレンズというアニメ
これ3話放送時点ではかなり良い記事書いたつもりだったけどバズる一瞬前という時期が悪くあんまり人気が出なかった気がする。
「けものフレンズ」最終回見たので感想や考察。その大テーマ、作中における「ヒト」、受け入れられた理由など
これも良いことを書いた。いい作品だった、が。「が」と今は書かなきゃならないよね。
けもフレ、今後どうなるんかね。
インターネット探訪「やめるのだフェネックで学ぶシリーズ 」
まあ二次の勢い自体はまだ止まってない。

ガンダム
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズのガンダムの異形率がやけに高い件について
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島」第一巻感想
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」一期二期、全50話終わっての感想 鉄華団の生き様
ガンダム。鉄血のオルフェンズはネタ扱いされることも多いが歴代作品でも相当いいところ行ってると思う。
しかし次のTVガンダムの予定がなくなったのはなあ。
ガンダム。どうにもそれぞれの作品の垣根が大きいシリーズのような気もするが、やはり渾然一体となって繋がっているのだなと感じる。今でも様々な企画が動いているし、今後の将来も暗いものではあるまい。

「ゴールデンカムイ」アニメ化決定!大丈夫なのか色々。ありきたりなアニメ業界の話など。
実際どんなアニメ化になるんかね。変に寄生したら台無しと言う具合ではあるが。

電撃文庫秋の祭典2017、SAOアリシゼーション編、SAOAGGO、禁書3期などアニメ計画情報いっぱい出た
色々企画動いてるよね電撃も。GGOに特に期待。アリシゼーションはどこまで描かれるんかね。

メイドインアビスアニメ、総合的感想など

2017年を代表する作品と言えよう。個人的には少女終末旅行か鉄血のオルフェンズの方が好きだが。


ゲーム
クソゲーオブザイヤー
クソゲーオブザイヤー2016、据置、携帯両方の話題作を見る
クソゲーオブザイヤー据置版2016総評完成・大賞決定
クソゲーオブザイヤー携帯機版2016がやっとのことで決まったようなので
ゲームの評価における「価格」について
そういや2017の記事まともに書いてないなあ。スレの動向もちゃんと見ていくか。

ゼルダ
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記1
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記2
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記3
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記4
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記5
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記6
ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド プレイ日記7、ガノン倒したったので全体の感想など
GotY、ゲームオブザイヤー候補にゼルダBotWとマリオオデッセイなどが選ばれた件について
圧倒的な神ゲーだが、それでもソシャゲーほど長くは遊ばれないんだよね。ゲームという物の形態の違い。
しかしほんと、これまでのゲームを過去にしたというか、凄すぎるよね。

ポケモン、かくとうタイプの格闘技・職業メモ
いつのまにかガブリアスのシングルKPが9位になってた件について
ポケットモンスターウルトラサン、ウルトラムーン発表。ちょっと予想とかする。
90年代オカルト感が楽しい「ポケモンミステリーファイル」。ウルトラビースト関連の新情報ある?
ポケモンウルトラサン、エピソードRRまでクリアしたので感想と第八世代Switchポケモンへの展望、期待など
ポケモン、神話と研究の溝
なんやかんや言われるが、ポケモンもやはり大好調。スイッチポケモンは今年か来年か。どうなることやら。

所謂「マリオファミリー」について、登場作品、主役作品を軸にまとめる
スーパーマリオオデッセイでポリーンが再登場したので感涙した
スーパーマリオオデッセイとかいう神ゲー、とりあえずクリアぐらいまでしたったので感想など※ネタバレ注意
マリオも最高だった。密度でいえばこっちの方が?

Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」見たので感想
任天堂スイッチにイースターエッグ発見、故 岩田前社長の命日にファミコン版ゴルフ…… の件について
「世界で「最も信頼される」250社リスト」とやらで任天堂が4位だったらしい
任天堂絶好調な年だったよね。今後どうなっていくか。そろそろスイッチダイレクトまたあるのかな?

麻雀のルール改正・統一の話
麻雀、ルール改正・新ルール考察 役関係など
たまにやる麻雀のルール改正の話。今のルールは綻びだらけだがそれでも一新するのには余りに大きな障壁がいくつもある。

Cuphead、面白そうだし売れてるな~
「『Cuphead』開発者は、業界経験のない「建設作業員」だった。」とかいう話
インディーズも含めゲーム業界盛り上がったよね。壺おじさんとかも。

MTG、「予想外の結果」デッキ動画は何故面白いのか
ギャンブルの楽しさ。

変愚蛮怒の町人ってロクでもない奴ばっかりだよな
レトロゲーム特有の匂いと言うか?


その他創作
SCP
SCP財団日本支部とSCP Foundation 非公式日本語訳wikiが統合される件について
SCP、「Pitch Haven」シリーズの日本語解説がいつの間にか充実してきている件について
SCP財団もまた進化を続ける。しかし適切な解説サイトみたいなのもあっていいような。公式はあくまで公式で分かりにくい記事も多いもんねえ。

「作者より賢いキャラクターは作れない」説の真偽を考える
言葉の問題に過ぎないが、意味の無い事でもないか。


探訪シリーズ
Wikipedia探訪「ウェルウィッチア」
陰湿な戦争も悪い事ばかりではない。
Wikipedia探訪「大和」「倭」
当て字も当て字である。
Wikipedia探訪「国璽」「伝国璽」
現実にファンタジーを探すことは難しいことではない。
Wikipedia探訪「ナイル川」
文明を作った川。
Wikipedia探訪「フェニキア文字」「音素文字の歴史」「ワディ・エル・ホル文字と原シナイ文字」「原カナン文字」
アルファベットが簡単にできたと思ったら大間違い。
Wikipedia探訪「沖縄戦」
伝えるべきことと言うのは確かにあるがそれはそれとしてまた別個の事実もある。
Wikipedia探訪「菊水作戦」
ヤケクソ感もあるがだからこその威力か。
Wikipedia探訪「都道府県」
変な言い方もあったものだ。
Wikipedia探訪「コンピュータゲームのジャンル」
公式な分け方という物が無いわけだ。
Wikipedia探訪「アルクビエレ・ドライブ」
銀河旅行という夢。
Wikipedia探訪「ベルリンの壁崩壊」
何が何やらと言う感じではあるがまあラストストローなのかもしれぬ。

インターネット探訪「チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史」
コンピューターが人に勝つ時代。
インターネット探訪「ゼルダBoWが面白すぎて釣りの話しかできない」
ゼルダBotWにおける釣り。
インターネット探訪「世界の国々に付けられた、40の素敵なニックネーム」
やっぱアフガンかエジプトが一番かっこいい?
インターネット探訪「雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―  雑体書の世界」
書体は飽きのこない趣味。

ピクシブ百科事典探訪「チートライダー」
やばいのがまた増えたという話。


その他
ゴルフ用語の一つ、「オーストリッチ」
ダチョウが飛ぶ日はいつになるのか。
各地の神話で同一起源、同一人物設定の神とか
ちょっとわかりにくい記事だったかも?いろいろ同一視される伝承があるよね。
えっ?!ヴォイニッチ手稿解読されたの!?
これが2017年一番の衝撃だった人もいるかな。
善性の問題 Xboxを諦めてホームレスに毛布を施した子供の話
深いことを考えるのもいいがそれはそれとして現実という物もある。




このページ
2017年の記事まとめ紹介



こんなところで。
動画紹介・ジャンプ感想記事は載せてないけど結構面白いこと書いてるときもあるからなあ。アニメ感想もちょっと書いてるし。
記事数は今年はもっと増やしたいなあ。簡単ではないが。
感想記事とかもっと増やせるかな。読んで感想書いてない本が多い気がする。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/01/02(火) 01:10:32|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年の記事まとめ紹介

2010年、2011年の記事まとめ紹介
2012年の記事まとめ紹介
2013年の記事まとめ紹介
2014年の記事まとめ紹介
2015年の記事まとめ紹介

だいぶん遅れたが恒例のまとめ記事。まとめないと訳わからんからねえ。皆も私も。
しかし自分の書いた記事は流石に自分が読むと面白いな。自分好みである。


東方
東方project人気投票
第12回東方project人気投票 ブログ内ハブ記事

第12回東方project人気投票、一月中旬開催予定とのこと
第12回東方project人気投票、開催日時決定。2016年1月10日から1月16日に投票受付の模様
第12回東方project人気投票 特設サイトプレオープン。作品部門が追加など。
第12回東方project人気投票、新キャラの順位を予想する
第12回東方project人気投票、人妖部門(キャラ部門)100位まで予想
第12回東方project人気投票、作品部門も予想しておく
第12回東方project人気投票、一日目のtwtter出口調査(キャラ・曲)について見る
第12回東方project人気投票、投票キャラ、曲、作品を選考過程など含めて晒す。
第12回東方project人気投票、したらば東方寄書板の(当てにならない)出口調査を見る
第12回東方project人気投票、投票終了時の各出口調査を見る
第12回東方project人気投票、結果発表!まずは雑感など。
第12回東方project人気投票、キャラを初登場作品で分けて見て行く
第12回東方project人気投票、新出キャラの人気を過去の投票でのそれと比較考察する。
第12回東方project人気投票、「Radical Discovery」にあったキャラクター別順位推移を見る
第12回東方project人気投票、詳細結果が発表されたので色々と見て行く
今年も予想とか考察とかしていきたいが概ね傾向は判るしなんか新しい試みもやってみたいところ。
人気投票、アンケートではないのだ。票戦の方である。


東方茨歌仙 第六巻 総合的感想・考察
東方茨歌仙 第三十二話 ぽんぽこ陣取り裏合戦 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十三話 足元で蔓延る西洋の悪魔 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十四話 脳にかかる未確認の靄 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十五話 茨華仙の信じる道 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十六話 天高く神社肥ゆる秋 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第三十七話 閃光が起こすのは雪か神か 感想・考察・その他の確認等
東方茨歌仙 第七巻 総合的感想・考察
茨歌仙は霊夢目線の話が多いよね。稀に華仙目線。三月精は三妖精視点で、鈴奈庵はまあ概ね霊夢目線?小鈴目線も多いが。
それぞれコンセプトややることが違う。


東方三月精第4部第一話「神社を動かす妖精達」色々凄かったので感想
2016年度6月号のコンプエースの東方鈴奈庵、東方三月精を読んでの雑感
東方三月精第4部第3話、妖精の力量差が生じる原因についてなど
東方三月精第四部第四話「実りの秋、地獄の秋」読んだので雑感※追記あり(青ヘカ関連)
第4部は紺珠伝以降を強く志向してるしてる感があるよね。クラウンピース主役級だしヘカーティアは出てくるし。
結局全話感想書いてる。季刊だしね。単行本いつになるかな。

上海アリス幻樂団、例大祭で音楽CD「燕石博物誌 ~ Dr.Latency's Freak Report.」頒布決定!考察など。
原作STG出さない年は音楽CDみたいになってきた。

「東方外來韋編 弐」読んだので雑感
なんやかんやで面白い記事は多い。

上海アリス幻樂団夏コミ新作音楽CD第9弾「旧約酒場  ~ Dateless Bar "Old Adam".」神主のブログを見て考察など
混沌とした曲が多かった印象。酒場だしね。

東方project公式LINEスタンプについての話
第二段も出たね。実際どれだけ神主関与してるんだろう。

東方project第15.5弾「東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.」発表!軽く情報をまとめる
黄昏格闘新作「東方憑依華」の二人組の組を予想考察する
憑依華なあ。情報まだまだだが対戦周りはどうなるやら。

2016年4月以降の東方project公式作品の流れなど
前にした予想など。

東方二次など
東方二次創作同人誌「パンデモニウムに響く歌」及び同作者同人誌の感想
強烈なパワーを感じる。

第8回東方ニコ童祭、面白かった動画など紹介する※追記あり
なんやかんや言ってもニコニコ内の東方コミュニティは大きい。

「東方公式絵師」の範囲について
割かし色んな「公式」がある。

動画紹介:【第8回東方ニコ童祭】夜のサーカス【東方PV】
MMD杯のさなかにこんな高品質なのぶつけてくるあたりなんとも?さなかだったよね。

同人誌感想:ソビエトロシアでは幻想があなたになる!!
ロシアンジョーク。寒い所の笑いと暑い所の笑いは性質が異なるものになるか。

紅楼夢で筆禍さんの新刊「ウェルカムトゥ!」買ってたので感想書く
安心できるよねなんか。絵柄とか展開とか。

「OLD GAMERS HISTORY」vol.10シューティングゲーム円熟期に東方封魔録が載ってたのでSTGにおいて東方を位置づける難しさなど
そういやこれ本屋でたまたま見かけて東方載ってたから買ったんだっけ。


MMD杯
第16回MMD杯、気になった動画とか紹介していく※追記終了
第16回MMD杯、個人的表彰をする。
第17回MMD杯、気になった動画とか紹介していく※追記終了
第17回MMD杯、個人的表彰をする。
そういや次はいつだっけ?なんやかんやでやれば人は集まるんだが、もうちょい何とかならんのかな。
人が集まれば良い作品もでる。とはいえこれからどうなっていくのやら。どうしたいのかというべきか。



漫画
2016年一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介
2016年二月に買った本の感想と三月に買う本の紹介
2016年三月に買った本の感想と四月に買う本の紹介
2016年四月に買った本の感想と五月に買う本の紹介
2016年五月に買った本の感想と六月に買う本の紹介
2016年六月に買った本の感想と七月に買う本の紹介
2016年七月に買った本の感想と八月に買う本の紹介
2016年八月に買った本の感想と九月に買う本の紹介
2016年九月に買った本の感想と十月に買う本の紹介
2016年十月に買った本の感想と十一月に買う本の紹介
2016年十一月に買った本の感想と十二月に買う本の紹介
2016年十二月に買った本の感想と2017年一月に買う本の紹介
毎月書いてるの。読む本減ってる気もしてたがなんやかんやで割かし色々本読んでる?これは新刊分だけで新刊分でも忘れてる分とか新刊じゃない奴は基本入ってないし。


ジャンプ
ジャンプ打ち切りサバイバルレース。2016年最初の改編期を占う
週刊少年ジャンプ、2016年の新連載、打ち切り(連載終了)をみる
古参作品もうほとんどない現状。次の看板作品は何か。新連載では何が伸びてくるのか。

黒子のバスケ、ジャンプネクストでのEXTRAGAMEも終わったので軽くなんか書く
黒子のバスケのファンタジーとリアリティの塩梅は絶妙だった。

中山先生
ヤンジャン26号に中山敦支先生の読切「ゾンビマリア」が載ってたので感想
ヤングジャンプ中山敦支先生新連載第0話「ちよ」軽く感想
中山敦支「うらたろう」一話感想
うらたろう第2話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第3話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第4話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第五話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第六話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第七話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第八話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第九話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十一話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十二話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第十三話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第14話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第15話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第16話感想
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第17話感想
うらたろう単行本第一巻の感想など
ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第18話感想
中山先生の超展開は私の好みとするところである。もううらたろう凄いことなってるし。その超展開を納得させるだけの画力があってっこそなのか?

「応天の門」5巻まで読んだので紹介および感想など
応天の門いいよね。平安で探偵もの?日常描写がすなわち歴史薀蓄になる時代。

「ドラベース」全23巻読んだので感想
魔球の極み。SFならリアリティを考え過ぎず発想を伸ばせる。キャラの熱さも良し。

「ガイコツ書店員本田さん」1巻読んだので軽く感想
実際どんだけデカい本屋なのやら。

まんがタイムきららキャラット連載漫画「平成生まれ」シリーズが最終回を迎えたので雑感など
平成生まれは、なんというか読みやすいんだよね。ちゃんとギャグしてるのに衒いが無いというか?その辺を以て乾いていると書いたっけ。

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」2巻まで感想
最近の伸び株。時系列をきっちり考えてる系高校漫画でもあるか。サザエさん時空ではない。

「MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-」8巻まで読んだので感想
ムルシエラゴはもう俗悪さが溢れていて大好きである。

涼川りん「あそびあそばせ」読んだので感想
子供の遊びを学問にする人もいる。考えてみると中々奇妙なものだ子供の遊びというのも。

「このマンガがすごい!2017」買ったので読んでいく
なんか新しいの開拓したいがどうもあんまり指が動かない。


ライトノベル
支倉凍砂「マグダラで眠れⅧ」感想
とりあえずうまい所で一部完結か。まあ伝統芸能レベルな追い詰めまくってその後逆転なカタルシスだがやはり面白い。錬金術というか化学薀蓄なんかも。

六花の勇者 archive1 感想と考察
モーラはもうホント何なんだろね。単純に物理枠か。

ニンジャスレイヤー3部最終エピソード「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」への状況や予想
「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」、これからアマクダリはどうすれば生き残れるのか
ニンジャスレイヤー、第4部先行連載エピソード【フラワーズ・フロム・フロスト】#1を見て第4部を考察する
忍殺。noteで課金という方式がどう受け入れられるか。実際私は良いんだが。4部も面白くなってきたが。シュギジキはやめろ。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」第Ⅹ巻感想、及びタイトルの意味など
天鏡のアルデラミン11巻、軽く感想など
アルデラミン。タイトルの意味が分かった時はうわ~ってなった。アニメは凄い良かったが円盤は売れなかった模様。小指落としてケジメしてたりそういうのもあったんだがな。

「武林クロスロード」第一巻~第四巻感想
そこそこ古い作品。しかしこれ実際なんで出版で来てるんだろう。たぶんドサクサまぎれかなんかではないか。18禁にするとやっぱ売れないんだろうなあ。18禁で無い要素無いが。

「キノの旅ⅩⅩ」感想
羊の話はマジで好き。ローマ数字がそろそろきつくなってきた。

コップクラフト第6巻、読んだので感想
アメリカ大統領選挙と重なって政治との関わりを描いた。割かし中立的な目線ではないかと思うし、ハードボイルドで非常に面白い。異世界住民の移民ね。真面目に言いだすからこそ面白いのだろうこういうのは。

「信長の忍び」10巻まで読んだので感想
4コマ日常系の外面だがヤングアニマル連載の戦国漫画と理解すべし。アニメは成功している内に入るだろう。

「コハエースGO 帝都聖杯奇譚」読んだので感想
実は真面目にFate作品に触れてなかったのに際物を読んでいる訳で。しかし際物からこそ入る人は多いという考えもある。

「このライトノベルがすごい!2017」いつの間にか売ってたので見て行く
異世界もの多し。ニンジャスレイヤーはこういう分野でも独自の位置をつけているようだ。


アニメなど
そういや記事にしてねえけど「君の名は」見た。
すごく感傷的な気持ちになった。そりゃアホほど儲かる訳である。
震災以降の現代的な感性に乗っている作品でありやはり若者向けなところはあるのか。
しかし、どこまでも溜めていく作品であった。カタルシスの開放は溜めた量に比例するにしてもあそこまで焦らすかね。まあだからこその感動なんだが。
TSものボーイミーツガールのとっつきやすさと災害タイムスリップものの興奮、幻想的な描写、夢の儚さ、大人の無理解、etcetc… 引っかかるフックも多い。
一芸ものという訳でもなく全要素高品質でもあり、他を抜き去ってる要素もある。結果論だがそりゃ売れるという感じもある。

2016年春アニメのPV集動画を見て行く
2016年夏アニメのPV集動画を見て行く
2016年秋アニメのPV集動画を見て行く
前感想記事。
そういやこのPV集動画作ってる人引退するんだっけ?別のまとめで冬アニメのPV記事書くかなあ。

ガンダム
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第23話を見て感想及び予想
ガンダム、鉄血のオルフェンズ一期終了とクロスボーンガンダムゴースト完結したので色々
クロスボーンガンダムゴースト、最終第12巻が発売されたので宇宙世紀の歴史を見たり
ガンダム作品は私の心の重要な位置を占めている。
オルフェンズ、ハシュマル戦周りは最高だったが今度はテイワズの内乱か?陰鬱になりそう?まあそれはいいけど、後1クールでどうまとめる?まさか3期などやらんだろうし。劇場版はあるか知らんが。
ゴーストは実に長谷川先生らしい、黄金期SFの匂いを纏った作品でありそこにガンダムらしさが載っている。サーカスMSの変態具合はだいぶ好き。DUSTはどうなっていくか。

円谷
Youtubeの円谷プロダクション公式チャンネルで配信されてるレッドマンがヤバイ件について
ウルトラマンオーブのサンダーブレスター形態がかなりやばい件について
ウルトラマンもややアンチヒーローの向きが入ってきたというか?子供だけ相手にしている訳では無い?ふむ。

「シン・ゴジラ」見てきたので感想
シンゴジラは広報通り、虚構対現実という感で最高な作品であった。君の名はやこの世界の片隅になどもあり、今年は邦画大豊作だったという話。

「メイドインアビス」TVアニメ化決定!!!!!!!
かなりすばやくアニメ化したものだ。アビスをアニメでどう描くか。大注目。


ゲーム
ぷよ
ぷよぷよの版権問題及び欧米圏での普及の支障について
単発動画記事:「[Red Bull 5G 2014] ぷよぷよテトリス 日本一決定戦 kamestry せーは SELVA HBM ALF / Puyo Puyo Tetris 」
ぷよぷよは対戦ツールとして非常に見るべき点の多い作品なのだが、どうにも問題も多いか。
ぷよぷよテトリスのは非常に新しさがあった。

シレン
初代風来のシレン、「回想バグ」の発見
初代シレンの回想バグTASが仕上がっている件について
いつのまにやら風来のシレン学会が生まれたりで激動の時であった。シレン6まだ?

カービィロボボ
2016年3月4日のニンテンドーダイレクトで新発表された「星のカービィ ロボボプラネット」の情報をまとめてみる
「星のカービィ ロボボプラネット」概ねクリアしたので感想など
ロボボ。これもまた名作。しかし過去作の資産が大きいなあという印象も。最後らへんの展開は必見。

ポケモンサンムーン
ポケモンサン・ムーン。「ウルトラビースト」について予想する
ポケモンムーン買ったったので配信開始11/18 0時からポケモンストーリーをやっていく※ネタバレあり、追記終了
ポケットモンスタームーン 概ねクリアしたので感想など。ネタバレ注意。
ポケモンサンムーン、ウルトラビーストたちのタイプ構成の理由など
「サンムーンシーズン1レート環境雑感」を見てみる
ポケモンサンムーン。これまでのポケモンに倍する完成度の作品であった。まあ対戦周りも少なくとも第6世代よりだいぶんよくなってるし(育成環境については異説あり)、ストーリーは抜群でキャラも至高。ポケモン図鑑がやったら残酷だったりするのも好き。

MTG
マジック:ザ・ギャザリング。「プロツアー『ゲートウォッチの誓い』」でなんか凄いことになってる件について
MTGのデッキの価格色々
MTG、エターナルマスターズとか出すらしい
MTG、新セットのイニストラードを覆う影のストーリーをエルドラージ方面から予想
MTG、背景ストーリーのエムラクールが中々に凄かった
そういや新セットの霊気紛争のプレビュー始まってるね。
MTGはたまに記事書く割にあんまやってないからなあ。背景世界民。

漫画家のハトポポコ先生が何故かタイタンフォール2のスピードランで世界記録を取ってる件について
瞬間的だったが誇れるだろう。

ゼルダの伝説風のタクトで「禁断の森」のボスが森の水で瞬殺されるイースターエッグがあった件について
こんなものがあるとは。

NXことNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の情報が出たので雑感など
そろそろ情報出るんだってね。色々動きも見えてくるが……

「現代ゲーム全史―文明の遊戯史観から」読んだので感想など
こういう文化史は面白い。特にゲーム史ともなれば。

KOTY
据置版KOTY2015候補の「テトリスアルティメット」のニコニコでの公式生放送がやばかった
もう動画切れてるっぽいけど動画はやばかった。
単発動画紹介:AVGNのTop 10 NESのクソゲー
クソゲーオブザイヤー2015据置版大賞決定、「アジト×タツノコレジェンズ」。
携帯機版KOTY2015決定、「機動戦士ガンダム バトルフォートレス」。
ネガティブも極まると面白くなる。
そういや2016年分のKOTYも概ね煮詰まってるようだが。不作のようだがまあ記事にはする予定。

みんなで決めるゲーム音楽ベスト100
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100、集計第二稿まで出来てたので東方だけ抜き出してみる
「第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」集計第三稿が来てたのでシリーズごとの結果を見る
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100、決定稿が出来たので雑感
データとしての妥当性はわからないが面白いものである。
そういえば1月末にベスト100に入った奴でのベスト100みたいなのの締め切りだっけ。

ゲームをスポーツとして扱う「e-Sports」の今後
職業としてみると普通のスポーツ選手よりも不安定な訳だ。

ゲームコントローラの系譜図「The Evolution of Video Game Controllers」
これもまた歴史。しかしアタリのああいうコントローラーでも面白いゲームは面白いものだ。

ゲームにおけるレベル上げについて
これは結構自分では好きな記事。まああくまで主張というかエゴだが。

コナミの「半透明壁際カメラ」特許がやっとこさ失効した件に絡めて
特許は世界を良くするか。

ゲームの「難易度」の話 とりあえず思いつくままに
ゲームの難易度という問題はもっともっと語られるべきことが多いと思う。

麻雀、及びカードゲーム、タイルゲームの歴史 個人的メモ
麻雀、ルールや役の妥当性を素人が考えてみる
麻雀もまたゲーム。中国麻将も面白いんだが、どうにか妥当な世界統一ルールは出来ないものか。何を持って妥当とするか……


その他創作
本家SCPwikiの「SunnyClockwork」さんの絵が滅茶苦茶カッコいい
あり得ないものを絵にする。

創作における世界観設定について駄文を垂れ流す
世界を創る。

ニンジャスレイヤーの強さ議論ランキングを見て所謂「強さ議論」を知る
強さを競うのはやはりロマン。

動画紹介「NHK-FM<ふたりの部屋>別役実『虫づくし』より五編」
別役実のエッセイはホント好き。

クトゥルフ神話、「フジウルクォイグムンズハー」とかいう名前の神性について
子音を微かに、母音を強調して。

「紅茶スパイ 英国人プラントハンター中国を行く」読んだので感想
事実東洋は神秘のベールがあったということ。

異世界モノとハイファンタジー云々について
言葉の話であり、ジャンルの話であり。

京極夏彦「虚実妖怪百物語」読んだので感想
そういえばまたなんか分厚い本出してたな京極夏彦……


探訪シリーズ
Wikipedia探訪「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」
人が全てを知る日は来るのか。
Wikipedia探訪「バッドアート美術館」
何だってあんなものを拵えたのさ。
Wikipedia探訪「ゴシック・アンド・ロリータ」
分かっているようでわからない言葉もある。
Wikipedia探訪「雨氷」
うひょー。
Wikipedia探訪「ココナッツによる死」
最も不幸せな死?
Wikipedia探訪「モービル天ぷら」
半ばヤケクソでは?
Wikipedia探訪「ほとんど (数学)」「高々 (数学)」「病的な (数学)」
同じ言葉でも前提が違えば。
Wipedia探訪「雷電爲右エ門」
横綱制度の揺籃期に活躍したということか。
Wikipedia探訪「名前」
まず始めに言葉?
Wikipedia探訪「メモ帳」
当たり前すぎて目に止まらないもの。
Wikipedia探訪「ニセ十字」
勝手に偽物扱いされた方の気持ちというが、そんなこと気にするほど恒星の器は小さくない。なんたってもでかいからね。
Wikipedia探訪「竹筋コンクリート」
代用案としてはあるいは一考。
Wikipedia探訪「超正常刺激」
存在しないものを追い求める。

ニコニコ大百科探訪「神社の系列」
神社っつっても色々あるわいな。
ニコニコ大百科探訪「エンジュシティ」
ニコニコならでは?

インターネット探訪「黒の正方形」
前衛芸術にも極北があるか。
インターネット探訪「軍事革命」
それもまた繰り返されて来たもの。
インターネット探訪「和語探検記」水の正体など
失われた知識。
インターネット探訪「日本の苗字七千傑 姓氏類別大観」
どっちを向いても神様。
インターネット探訪「アニヲタWiki(仮) - 実は言ってない台詞」
ミームがそういった。
インターネット探訪「麻雀祭都」
麻雀。よくよく考えたら怪しげなものである。
インターネット探訪「近代西洋美術における日本美術の影響」
離れすぎているが故の。
インターネット探訪「アニヲタWiki(仮) 微妙なひみつ道具」
22世紀のジョークグッズ?

その他
無根系統樹って何か響きが面白い
まあ仮想の樹。世界樹や生命の樹との関連。
インターネットの退廃について、ステマや広告や検索サイトなど
昔はよかった老害論?検索結果は劣化していってるのは確かだと思う。
リンゴから人間の耳のようなものを成長させたとかなんとかいう
バイオ分野の生理的嫌悪。



このページ
2016年の記事まとめ紹介



まあこんなところか。
記事は減ったにしろ色々書いたものではある。
というか色々読んでもいるなあ。なんやかんやで。
今年はもうちょい記事増やしていきたいが。さて。
  1. 2017/01/04(水) 10:05:06|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ