ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ドロヘドロ最終23巻&ドロヘドロオールスター名鑑完全版読んだので魔のおまけなど中心に感想

ドロヘドロ - Wikipedia

作品全体の総括的な記事は、書くかどうかはわからんがまたにしておくとして最終23巻とオールスター名鑑を買ったので感想。まあ連載読んでたし手に入れるのがクッソめんどくさかった不完全番のオールスター名鑑も持ってるので中心的な内容は知っている。初出の魔のおまけがメインとなる格好か。

まず23巻。アホほど分厚い。なんだこれ?ってなる。
内容自体はカイマンが魔法使いになって、煙ファミリーやパイ屋が頑張ってどうにかホールくんをぶっ殺して話に顛末が付くと言った具合である。

これ、ある意味ではドロヘドロの裏の主人公は心なのかもね。
とりあえず心の仕事であった魔法使いを狩るトカゲ男を殺すというのは、殺している主体であるホール君≒十字目のボスであるところの人格が死んだことで完了したと言えばそうである。

そしてホール側の問題であった魔法使いの練習被害問題もホール君人形で自衛できるようになったしそもそも魔法使いの世界がボロクソでそれどころじゃないので問題なくなった。

チダルマも人間にされて世界も変な気まぐれやルールで滅茶苦茶になることもこの5000年間無くなった。アスも魔法使いに戻れるし栗鼠も呪いに縛られた人生から悪魔になって解放されうるだろう。

なるほどこう考えていくと混沌ばかりの漫画であるにもかかわらず綺麗に終われたものである。
魔のおまけを見るとキャラのその後も安泰のような感じがする。死んだ奴はそれまでだが生きている奴はどうにか暮らしていけるだろう。十字目のボスやホール君も滅びたが仮装や宗教を見ると記憶には残ったということで。

人間になったチダルマはやはり次回作の大ダークの主人公になったりする?ホール君のかけらみたいなのが残ってるもんねえ。ただ生きるだけでは済まないだろう。


で、魔のおまけ。
単行本の方はホール側、ハングリーバグのその後。
カイマンが自分自身と向き合い、ギョーザ作りを習得する。
人間に戻ったとは言えど魔法の影響は残り、ギョーザ男が見える。
毒蛾と鉄条、十字目幹部の生き残りはハングリーバグでバイト中。魔法使いの影響も無くなり店は繁盛している。
十字目幹部たちが十字目のボスの依り代であるところのカイマン=アイコールマン=会川に能井の煙を恵まれて助かり、その男の働く店でバイトするというのは興味深い巡り合わせというか。
ともかく今後の日常が想われるハッピーエンドである。

名鑑側は煙たちのその後。
消しても蘇るパートナー二階堂の記憶を求め彷徨う煙。
折しも悪魔たちによる仮装パーティ。そこで煙はアスに出会う。
そこで二階堂の顛末を知り、煙は二階堂の事をようやく諦められた。
そして煙ファミリーも再出発といった具合か。
栗鼠もアスと一緒に順調な具合だし(悪魔のパーティに呼ばれているということはそういうことであろう)、これでその後の世界も想像しやすいと言った具合か。


で、ドロヘドロの画集化計画進行中と。TVアニメ化といい企画一杯だな。
画集っていうと高い印象があるが、ただでさえ単行本が高いドロヘドロの画集。いくらになるのやら。まあ買うが。
ドロヘドロは絵的な魅力も凄いからなあ。


ドロヘドロ。最終巻も名鑑も満足できる出来であった。
総括は近いうちにやりたいなと思っているがさてはて。TVアニメとかいつになるんかね。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/15(木) 06:49:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

半可通の輪舞。2018年第43回動画紹介・ジャンプ感想回

無知の無知が一番危うい。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ドロヘドロ、アニメ化する訳だけどどこまでできるんかね。
ちょっと考えるだけでもダメ描写多すぎだけど、よくよく考えるともっとダメ描写ありまくるし。
そこがいいという漫画でもあるのが。


スマブラCMの順送りバージョン。
中々興奮させられる。キングクルールが背景で飛んでるところが好き。


今回は2動画で。スマブラが今から楽しみすぎる。


2018年度週刊少年ジャンプ50号感想。
ソーマ
いや、何で立ち読みしてんだよ。

僕のヒーローアカデミア
訓練で命かけられてもな。全ノックアウト。敗北を避けて引き分けまで戻したのは上手い?

ワンピ
海楼石の釘ってなんか見た目画鋲みたいだな。
牢屋にぶち込まれる。まあワンピあるあるの展開ではある気もする。キッド。これまで言うほど深く描かれなかった訳だがここからという訳か。

鬼滅
岩柱、地味にリーダーぶってたが鬼殺隊最強と。
炎の人より強いんかな?まあともかく、強いという事は上弦と戦う羽目になる訳だが。
鳴女が新上弦?上弦とか下弦とかもうないことになったのかな?で、探知しまくって計画決行は近いと。これは同時攻撃かな?炭治郎がいるところはなんとかなりそうだが他で壊滅みたいな展開?注目。


ああ、電話。しかし結局電池は自前?
司、なんかガンダムWのトレーズみたいなアレだよな。石像まで全部覚えとるんかい。
で、ようやくもって石化の謎に迫ると。戦争なんかしとる場合じゃなかったよな。

ネバーランド
なんじゃこいつ気合入りすぎだろ。帰って治療してから作戦立て直せよ。
人間の醜いところを描くという感は良い。

ハンター
本格的に小説にした方が良くなってきた。コナンとかでもこんな文字数ねえんじゃねーの?
まあ面白いっちゃあ面白いんだけどね。

こんなところで。鬼滅いよいよ新展開?
総合評価は下の上。
なんだかパッとしない。
※追記
藤巻先生の持ち込みのすすめ、まあ他の作者のもそうだけど編集部ディスばかりしてる。そんなにクソなのかという印象しか出てこない。お抱えの作家になんで紙面でこんなボロクソに言われてそのまま載せるのか。
黒子の初期の原動力(モチベーション)は怒りであった。なるほど?確かに藤巻先生怒り描写がリアルというか、全般的にイラチなキャラばっか出てくるよね。

アニメ感想
ジョジョ
5部の最初でこんなめんどくせえトリック使うんだもんな。船の番号とかで追加説明を加えているアニメスタッフも苦慮したものだ。
アバッキオの過去を今持ってきたのは吉と出るか凶と出るか。ムーディーブルース、戦闘向きじゃないけど反則的な能力だよな。

SAO
コピーしたフラクトライトの自我崩壊シーンはもうちょっと凝ってほしかったがまあ初見の人には印象的に写ったようだし概ね満足。
人権を何によって付加すべきか。倫理もまたSFになる。この辺のところアリシゼーション編好きなんだよな。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/13(火) 03:55:08|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドロヘドロ、まさかのTVアニメ化企画進行中について

ドロヘドロ ゲッサンWEB
「ドロヘドロ」TVアニメ化企画始動!最終巻&ファンブック本日同発、全サも コミックナタリー

ゲッサン12月号にドロヘドロのTVアニメ化企画進行中とかあったので。
マ?ってなった。ついこの前終わった作品のアニメ化。

そりゃあジョジョとかだいぶ前のとこアニメ化してるしからくりサーカスのアニメ化とかもあるし、そういえば武装錬金も終わった後(打ち切り後?)のアニメ化だったが、実際多いものではない。
それなり以上に認められている作品じゃないとない。ドロヘドロはその点問題はない。滅茶苦茶面白い。そこは問題ない。

しかしドロヘドロだぞ?グロッグロで倫理観の欠片も無く、たまにエロい。そして作画カロリーが物凄い。
大凡TVアニメには向かない。規制ってものがある。まあアレも究極的には自主規制ではあるのだが。
主人公が最初にやってることが殺人だからな。いや魔法使いだから人間じゃないとかじゃなくて。
ああ、たまにエロいとは書いたがエロくはないか。巨乳がモロだしになるだけでエロい絵じゃない。まあ、規制的には関係ないが光で飛ばせるような話でもないからどうにもなあ。

それに何クールやるつもりかしらないがどこで切るのやら。まあそれは原作付アニメ全ての問題だが。
作画もなあ、小物が多いキャラデザだしちょくちょく服とか変わる時もあるし。3Dアニメにするにしたって大変だ。キャラもそうだが薄汚れた街も描かねばならない。過労死する。月刊誌連載なのにちょくちょく休載してたからなドロヘドロ。


まあ、成功するかどうかは分からない。成功するには最高の仕事が必要であろう。
成功したら、本当に凄いものが出来るだろう。それだけの力を持った原作である。
謎が謎を呼ぶという月並みな言葉では表し切れないカオス。能力者や非能力者によるガチの殺し合い。超独特で感覚が暴走している世界観。
ドロヘドロ、アニメ化は諦めていただけにこの発表は驚きであり嬉しみである。
失敗したなら、まあどうせそんなものだろうと諦められよう。



単行本最終巻にオールスター名鑑完全版が11月12日に発売。
そして作者新作「大ダーク」がゲッサン4月号で連載開始。

ドロヘドロ、漫画の一つの究極の形ではないかと思っていたが、ますますもって注目していかねばならないようだ。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/11(日) 02:05:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スマブラSP、DLCで追加されるファイターをもうちょっと真面目に考えてみる

スマブラSP公式

今回の記事ではスマブラSPで予告されたDLC5キャラを他人の予想とかも色々見ながら真面目に当てに行く。




とのこと。既に決定済みでそれは任天堂が決めたラインナップであるということ。そして言うまでも無くそれは実装可能なものであるという訳だ。

さてはて。前作ではフィギュアにいたミュウツーもDLCで出たとかそういう話もあったし、スピリットで出た奴がファイターにならないと考えるのは軽率かもしれない。
しかしアシストフィギュアとダブるのはやはり避けるだろうか?
ステージ演出などでの登場との被り。パックンは例えば古の王国の演出でいたのにファイター化した訳だが、パックンについては、どのパックンだ、という訳でもないからいいのか?パックンはたくさん個体数があるものね。じゃあポケモンは、伝説のポケモンは知らないが別にいいのか?
そうそう、ダッシュファイターも無し。まあダッシュファイター的なキャラでもダッシュファイター以上に個性をつけれればいいという話ではあるが。

任天堂が会社として決めているとすると、DLCキャラはマイナー過ぎるキャラは持ってこないのではなかろうか。ファイターパスを5人分未発表のまま販売している。信頼している人向けとは言えあまりにニッチ向けなのは無いとみていいのではなかろうか。パックンフラワーは先行購入特典だからこそできた変化球。

任天堂キャラはだいぶん出しているので他者キャラ大目と考えるが。あるいは任天堂次回作の主役なんて言う飛び道具は……
たしか世界で100万以上売れた作品というのも一つの基準らしい。それで戦えるキャラ優先。ダックハントは実はアレ世界で滅茶苦茶売れているからこその参戦。村人は戦えるキャラかというと微妙だがあれだけ売れたキャラを出さないというのも、という配慮だろう。

一応英語圏のどこぞの投票結果なんかも手に入れたのでそれも参考にしつつ考えていきたい。


バンジョー&カズーイ
バンカズは欧米圏で特に大きな人気がある。2まであるしディディーコングレーシングにも出ている。
最大の問題は版権がレア社に残ったままだということだろう。レア社は今競合他社であるマイクロソフト傘下。マイクロソフトは本業であるOSの競合他社のAppleのOS、Mac用のOfficeを作ってしまうほどこだわりのない会社なのでないとは言えないが、特別の配慮が必要となろう。
闘うキャラでありアクションなども含めネタには困らない。ステージだってまあ個性的なものが用意できる。
版権問題がどこまで響くかがカギか。やや古い作品であり、版権問題自体を解決してリメイクやら続編やらVC的なのやらを出さねば任天堂側で追加の利益は見込めないのも考えねばならない。
参戦可能性は中の上か。やはり人気は馬鹿に出来ない。

クラッシュ・バンディクー
初期の作品は全世界でバカ売れした。後半の作品は結構アレのようだが……
問題は競合他社ソニーのプレイステーションで売れた作品だということ。まあ、だからこそのサプライズともできようが。
版権はイマイチよくわからないが、元々の開発元はノーティドッグで、スイッチ版の発売元はセガだっけ?プレイステーション版の発売元は基本ソニーで最近はアクティビジョンブリザード見たいな?ああ、今ググったら版権はユニバーサルインタラクティブスタジオが持ってるようだ。道理でUSJにいたわけだ。
一応スイッチでリメイクが出ており、ユニバーサルが望めば続編もあり得るわけだ。そういえばUSJに任天堂のエリアを作るんだっけ?ほう?
闘うキャラである。そういえばクラッシュはソニックシリーズとスーパードンキーコングシリーズに強い影響を受けている。両方スマブラに参戦してるな?アクションもネタには困らないだろう。
参戦可能性は上の上とさせてもらおう。勝手な予想かも知れないが、他に優先すべきキャラは多くない。任天堂キャラではないというのは弱みだが。

バンダナワドルディ
現在カービィシリーズでの参戦キャラはカービィ、メタナイト、そしてデデデの三体。これにバンワドを入れればカービィWiiの仲間メンバーが揃うという具合だ。
バンワドはワドルディ族のエリートという具合か。スピアをもって戦うキャラ。最新作カービィスターアライズでも最初期から選べるドリームフレンズとして活躍する。
カービィシリーズはスマブラの製作者桜井さんの作ったシリーズではある。しかしバンワドは桜井さんの手を離れた時機のキャラだし、そもDLCキャラは任天堂側で選んでいる。カービィシリーズは任天堂としても重要なIPであるが、四人目がありうるか?
まあアクションのネタはなんとかなろう。バンワド自体の知名度は結構ギリギリか?あくまでサブキャラでしかないのがネック。任天堂キャラというのは強みなのだが。
参戦可能性は中の上。DLCで出すキャラとしてはインパクトが弱い。

レックス
ゼノブレイド2の主人公。ゼノブレ2やってないから間違ったこと言ってたらごめんね。
闘うキャラであり人気もあるのだが開発時期が間に合わなかったとダイレクトで明言されている。で、ファイターパス特典としてレックスのMiiコスチュームがある訳だが、レックスの問題はこの辺りの言葉や事実をどう捉えるかという問題になってくる。
つまり、DLCキャラも含め最初期に参戦キャラが決まっていて、残念賞としてMiiコスを作ったのか、当然望まれているだろうからそれまでの間Miiコスで我慢してねってことなのか。
まだ何も作ってないと言っていたが、参戦キャラは決まっている。DLCの開発が決まったのはいつなのか。そこにレックスを入れる枠があるのか。
たぶんだが、あの言い方とわざわざMiiコスなんて作った辺りを考えるに残念賞Miiコスが濃厚なのではなかろうかと感じる。
参戦可能性は中の中。言葉の問題。この辺を考えると他キャラも時機で参戦無理かがわかるか。

ソラ
確かキングダムハーツの主人公だったか。あの作品は人気が高い。
しっかしアレも版権めんどくせーんだよな。ディズニーが噛んでるのがもうめんどくせえ。それならミッキーだしゃいいじゃん?まあミッキーはNG要素盛りだくさんだが。
闘うキャラであり個性もある。スクエニ枠はクラウドもいるがもう一人いてもいいだろう。
新作はそのうち出るのか?まあリメイクもあり得るだろう。
参戦可能性は上の下ぐらいか。

ジュナイパー
同時期の同じく御三家であるガオガエン出ちゃったしなあ。草ポケモンが少ないのはあるが。
ポッ拳では抜擢されたがこちらでは厳しいか。原作ではあまりバトルで使われてないし。
参戦可能性は下の中。第八世代、次のスイッチポケモン本編の御三家草という予想もあるがアクロバティックすぎる予想ではとも思う。

ペーパーマリオ
子供リンクがありならば、というところもあるし、実際全然アクションが違うし個性も持たせられる。
ペラペラというのはMr.ゲーム&ウォッチと被るのが難点か。そういえばゲムヲの前スマッシュ攻撃のファイア、インディアン風のアレは問題になって止めになったんだっけ?別に差別的意図はないしアレで傷つく人もいないと思うがなあ。
一番の問題は先行購入特典でパックンフラワーが出てしまってただでさえ多いマリオ枠がさらに圧迫されつつあるところか。
現状マリオ枠は9体、ヨッシーやワリオなども含めると11体。ドンキー達も入れてしまえば14体。まあキングクルールをマリオファミリーと言ってしまうのはギリギリだが。マリオカートにはインクリングも出てたがまさかイカはマリオファミリーでは無かろう。
ただ人気は高い。新作は出るのか?
参戦可能性は上の中。

キノピオ隊長
マリオ枠で主人公もやってる隊長だが、どうにもあまり闘うキャラではない。マリオデにも出てくるが。
まあキノピオ系の総まとめとかで?USAとかNew系のキノピオのイメージを混ぜてしまうとか。
人気はまあまあ高い。マリオ枠は飽和気味だが……
参戦可能性は上の中。

レイマン
Ubiの看板キャラである訳だが日本での認知度はかなり低い。
欧米圏のみを考えるならば?
参戦可能性は下の上。

ジーノ
スーパーマリオRPGの名脇役だがどうにも一作品しか出てないのがネックか。
リメイクもあまり期待できなさそう。人気はあると言えばあるが知名度はどうだろう。
参戦可能性は中の下。マリオ枠飽和問題もある。

サンズ
アンダーテールは世界的に人気ではあるがスイッチ移植もタイミング的にきついしこいつが戦うこと自体酷いネタバレだしあまりアクションがある訳でもなし。主人公でもない。
参戦可能性は下の中。

シャンティ
シャンティやって無いんだけど、どうなんかね。ショベルナイトほど売れたわけでも任天堂と関わりがある訳でもない。ショベルナイトがアシストというのが足かせよな。
参戦可能性は下の上。

ディクシーコング
ドンキー枠、キングクルールも追加してディクシーもというのはあり得るだろうか?
アクション性は高いし面白そうではあるが。何回か再登場もあるし。
ステージも作らなきゃなんだよなあ。
参戦可能性は中の上。

スティーブ
マインクラフトは盛大に世界中で売れまくりではあるが、問題は競合他社マイクロソフトの商品であるという事。
マイクロソフトは持ち前の節操の無さからか他者ハードでもマインクラフトを売っているが、さりとて無条件でスマブラコラボを了承するかというと難しいところ。ステージは面白いものが出来そうではあるが。
闘うキャラかと言えば戦う時もある。ダイヤの剣を片手にドラゴンと戦うこともある戦士である。しかし、キャラクター性という意味では希薄なのは問題点か。マリオコスとかnPカラーでやるネタもできようが。
参戦可能性は上の下。よくよく考えると厳しい点も多い。

テトリスブロック
売上だけ見たらね?戦うキャラじゃねーのが問題というかキャラじゃねーんだよこいつは。ステージとかアイテムとかならまだしも。
参戦したとしてどう戦うんだ。
参戦可能性は下の上。いうて売上至上主義ならばワンチャン。

平八
バンナム枠として。ちょっと格ゲーキャラ多くなりすぎる?
闘うキャラでしかない。ネタはまあ十分だろう。
鉄拳がスイッチで出るか否か。
参戦可能性は中の上としておこう。

ゴエモン
コナミ枠十分多いんだよな。他社枠としては。
いかにもスマブラに出しやすそうだが、新作でなさそうだしDLCキャラとして厳しい。
参戦可能性は中の中。

アルル・ナジャ
一応セガ枠か。版権問題というと魔導物語ぷよぷよ問題。まあぷよキャラとなろうが。
闘うキャラではある。しかし世界的認知度は皆無に近い。
参戦可能性は下の上。ぷよぷよのeスポーツ化の動きにも伴い、これを機に版権問題を解決して、という動きがあればワンチャン?全くそんな気配もないが。

モンハンの主人公
世界中でめちゃ売れしてるし、ワールドで世界中で認知度アリ。
闘うキャラではある。ややスマブラに落とし込むのが難しそうな感もあるが、リオレウスが出てるというのもある。
今後も任天堂機でモンハンは出るだろう。
参戦可能性は上の中。

ジバニャン
妖怪ウォッチはめっちゃ売れている。
まあまあ戦うキャラだし問題は無い。日本での人気が高い。
次回作もじきに出るだろう。
参戦可能性は上の中?

ジャックフロスト
というかメガテンやペルソナで出るかって話だが。
参戦可能性はあらゆる可能性を合わせて中の中としておこう。

まめっち
たまごっちで出るか?戦うキャラじゃないし続編可能性も微妙。
参戦可能性は中の下。たまごっち自体の認知度は非常に高いんだが。

ホリススム
ミスタードリラー。どれだけ売れてたっけ?
参戦可能性は下の上ぐらい?

インベーダー
スペースインベーダー。売れに売れまくって今までIPが使われている作品だがどうにもキャラクター化が困難そうに見える。
売上至上主義で考えると桜井さんが無理すればありか?実質タイトー作品ごった煮的なキャラとか。
参戦可能性は中の中としておこう。

セイバー
Fateって任天堂でどれだけ出てたっけ?
闘うキャラではあるしネタも多かろうが。
参戦可能性については判断を控えさせてもらおう。あんま詳しくもないし。

博麗霊夢
はっきり言ってコンシュマー機自体主戦場じゃない。二次創作がスイッチでは出ているが。
売れているかというとどうなんだろう。一応本編はそれぞれ10万枚ぐらいは売れていると昔聞いた記憶もあるが。それなりに二次創作のも売れてるとも聞く。
音ゲーでアレンジもよく聞く。そういえばバンドブラザーズで東方曲について特別のお達しがあったか。ある種任天堂も東方を特別扱いしているというところもあるという訳だ。売上以上の影響力はあるともいえる。同人・インディーズゲームという界隈において特別な地位ではある。知名度という意味でも売上は当てにならない。
神主側が断るという可能性もあるが……
そういえばラクガキ王国ではハクレイノミコ名義の落書きで出てたっけ。夢想封印はラクガキ王国が初出。タイトー枠という訳ではあるまいが。
参戦可能性については判断を控えさせてもらおう。時期問題もあるしねえ。


まあこんなところだろうか?逆転裁判のキャラとかはもういいや。たぶんないだろう。
これだけ予想しといて全然違うキャラが出る可能性も十二分にありそうだが。ベヨネッタのジャンヌとかあるかな?DLCとしてはちょっとないと思うのだが。ドラガリアロストとか追って無いんだが。デジモンとかあり得るのかね。今思いついたがマスターハンドがプレイアブル化とかはどうだろう?初代スマブラで改造で無理矢理使う奴いるよな。スマブラ枠という可能性。ドラクエ枠はありそうな気もするが誰を出すんだよ問題があるんだよね。あるとすれば3主人公かスライムか11の主人公か。スクエニ枠という枠で見るとどうなんだろう。


とりあえずDLCキャラ5体分、予想してしまおう。
五体、それなりにバランスという物も考えている気もする。任天堂IPもあれば他社のもあるだろう。

クラッシュ・バンディクー
スティーブ
キノピオ隊長
モンハンの主人公
ジバニャン


こんなところか。ジバニャンは厳しい気もするが個人的な感覚でしかない気もする。それなりに欧米でも売れてるよね?
クラッシュもどうなんだろう。考えていくとありそうな気が結構してきたが、時期問題もあるしなあ。過去の人気キャラという感もなくはないし。
まあ、これだけ予想すればここまで書いたうちのどれかは当たるだろう。何にせよ注目である。


※追記
他のブログの予想なども見てみると少しは考えも変わる。
参考1 悠々自適ブログ
参考2 ユウガタネコ
参考3 HyperT'sブログ


ゼノブレイドクロスのエルマについては予想の範疇外であった。WiiUだよね。今更出して販促効果などあるのかは知らんが割と新作というのは重要かもしれぬ。なにより音楽すらないというのは確かに大きい。

モンスターハンターからならなるほど主人公よりもアイルー?主人公を出さないというのはこれまでにはないようだがマスコットキャラを優先しても良い訳か。ポケモンだって初期はポケトレおらんかったしね?

コーエー枠という意味での忍者龍剣伝、リュウハヤブサは盲点だった。販促効果がどれほどあるかは別として海外人気は相当だろう。だがDLCでどこまでレゲー枠があるかなんだよな結局。忍者龍剣伝を宣伝することで利益に結び付くか?そっちのファンがスマブラを買うとしてどれぐらい見込めるか?難しいところ。クラッシュもそういうところがある。

和田どんやチョコボというのも面白い発想。セフィロスという予想もあったね。ノクトもなんかスイッチでFF15の簡易版みたいなの出すらしいしなくはない気もするが。

ダッシュファイターではないオクタリアン。上手く2の要素をマシマシにすれば結構うまくいくか?
イカに二人目を出す余裕がDLCの枠にあるかどうか。


とはいえ予想は変わらんかなあ。アイルーは結構ありそうだが、まあ二者択一。キャラクター性はこっちのがあるが……

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/08(木) 02:42:25|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政治は時に面白いのが困る。2018年第42回動画紹介・ジャンプ感想回

政治はめんどくせーから扱いたくはねーんだけど、やっぱアメリカの中間選挙とか気になるし争点とか調べてしまう。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



発売前大会といい、チャージ切り札がかなり楽しそう。いやまあ格ゲーなら普通にあるアレなんだけどうまく働いているというか。
ファイターパス込みであらかじめDLしちまったよ。まあ一キャラ1時間遊ぶとしても80時間遊べるわけだし損はないだろう。
なんというか、上手くタイマン戦のバランスも取って来たというか?戦場化もできるというのはいいよね。


チンギスハンやべーよな。Fateではまだだっけ?まあその内重要なポジションで出るかな。
とはいってもモンゴル帝国の侵攻を止めた国も多い。インドとかベトナムとか。日本は海あったのも大きいけど鎌倉武士も割と頭おかしいレベルだったし。インドもベトナムも地の利はあったか。


デルタルーンの話、ブログではしてなかったか。
まあTobyfoxさんの新作体験版と。アンダーテールみたく一人で作れる量ではなく制作チームを作る予定だとか。
実際スゲー良い出来だし、完成が楽しみである。
なんというか、感情を描くのが上手いというか?スージーいいよね。


今回はこんなもんで。結構スイッチで買ったゲーム増えたなあ。30か40くらい買ったかな。

2018年度週刊少年ジャンプ49号感想
鬼滅
あ、風柱これメッチャツンデレな奴では?
弟を危険な目に遭わせたくないから鬼殺隊を止めさせようとしているという。まあ目つぶしはやりすぎとかそういうレベルではないが。
しかし炭治郎も相当なレベルだよな。柱と殴り合いが出来るレベル。実力的には実際大きく離れていない。
善逸らはどうなんだろう。
で、岩柱。滝行?まあ修行の典型例ではあるが。精神的な修行という事になろうか。

ワンピ
まあ勝てる訳はないが、あれだけ連打してもノーダメ?ルフィィなんかカイドウの普通の技一発でダウンしてるし。
とりあえず今回は格付け回といったところか。ローがいれば逃げるだけは出来るか?


あれだけ直列すればスタンガンくらいはできるんかね。

アクタージュ
なんかいつのまにか中堅ぐらいになってる?実際面白さはあるし。

僕のヒーローアカデミア
マフラーを引き抜いて修行すると強いマフラーが生えてくる。なんか変な生々しさがあるよな。
グラントリノより速いってバランス大丈夫か。
で、鉄哲、熱にも氷にも強い。まあ鉄だもんな。ポケモンの鋼タイプはなぜ炎に弱いのか。まあゲームバランスなんだが。
とはいえ熱量を挙げさえすれば溶けると?え、溶かしていいの?死なない?

ハンター
キングクリムゾンか?まあ未来を予知しそれを変えられるというのは理論上最強的な能力の一つ。
でもまあ結局は素人だしそこを突かれて負けるみたいな展開だろうか?まあ勝ち続けられるわけがないんだが。割とディアボロも普通に何回か死にかけとるし。

ソーマ
そらまあ司じゃなくても萎縮するわな。ピエロとか攻めすぎだろ。


まあこんなところで。相撲とかも良かったが特に書くことを思いつかなかった。
総合評価は中の中。

キン肉マン感想
パイレーツマンなんというか隙がねーな。精神的にも。まあスグルが戦っている以上負けはないだろうが、どうやって勝つのか。

アニメ感想
ジョジョ
しかしレストランで騒ぐわポットに小便するわクッソ迷惑な連中だよな。
さて次は5部でも相当に訳の分からんとされるバトルの結末だったがどう描写するか。船の番号が1番選んだのに2番になってるのがミソか。

SAO
アリシゼーション編はSFしてるところがいいよね。
来週はコピーした人格が発狂する辺りだっけ?アレ、アニメで見たかったんだよな。注目。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/06(火) 03:24:22|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ