ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

幼女戦記、物理書籍最新七巻までと漫画最新二巻まで、アニメ最新二話までとWEB版最後まで読んだので感想

幼女戦記 - Wikipedia
Arcadiaによる小説掲載ページ

幼女戦記アニメが始まると聞いて、物理書籍のカバーがかっこよくて気になってたので一冊買って読んだら面白過ぎてとりあえず出てる分全部読んだので感想。
ああ、WEB版は物理書籍でまだの分から読み足したけど、大分設定とかキャラとか状況とか物理書籍で変わってるからまた違うんだよね。

幼女戦記。現代日本の、エリート意識の高い非情な人事課のサラリーマンがリストラした相手に逆恨みされて線路に突き落とされたら、神を名乗る存在Xに信仰心がないとかケチをつけられた挙句、言葉尻を捉えられて非科学的な魔法の存在する世界でドイツに相当する帝国に幼女ターニャ・デグレチャフとして生まれ、第1.5次世界大戦相当に従軍して、望んでもいないのに大活躍させられる羽目になる話である。

まあ、まず主人公、ターニャ・デグレチャフ(ファンによる愛称:デグさん)がすごくいい。中身はまあおっさん(隠れミリオタ疑惑アリ)で、書籍で活字ばかり見ていると幼女であることを忘れかねないほど幼女してないが、だからこそ良い。
帝国において、関東軍式出世ドクトリンとか抜かして、保身と出世の事しか考えず勇ましく口八丁を使い、それでいて実績を残し後方配置を望むが、上官や部下からは完全に戦争狂だと勘違いされてそれとなく最前線に送られるよう配慮される。
サラリーマン時代首切り業務(懲戒解雇ではなく依願退職という形で…… ってとこが最高に厭らしいよね)をやっていた男(幼女になったが)なだけではあり、冷徹、冷酷であり無能な部下は死ねと思っている。実際に直接処刑しかけたことも多々あり。WEB版ではやってたか実際。
経済至上主義者であり、人間を人的資源としか思っていない。無神論者であり神を自称する存在Xを憎み、共産主義を敵視している。論理、知性・理性を重視し敵が愚かなことをしていると混乱しながら殲滅しだす。
損得でモノを考える利己的な性格であるのにあまりにも苛烈な自意識を持っていて、肉体・精神どちらからも揺さぶられつつもブレないから読んでいると肩入れしてしまうんだよね。
主人公に求められるのは正義であることではなく、ただ好かれること。それを果たしている。
主人公こそがテーマであり、主人公を描くがための作品である。
漫画版では常に幼女としての姿を描かれることもあり、幼女となったサラリーマンとしてのキャラクター性もうまく出ている。

幼女。まあ、ややサブカルくさい要素ではある。とはいえ、実際には架空戦記であり幼女要素はいうほど多くない。
はっきり言って、所謂TS的な、エロ的な要素はほとんど(あるいは完全に?)皆無。幼女という要素はハンディキャップ、肉体的、軍隊の中で舐められる容姿的第一印象ハンディキャップとしての要素が大きい。子ども扱いされて怒り狂う要素には需要がある。アルコールも飲めないがカフェイン中毒でコーヒーは飲みまくる。
むしろ、幼女が歴戦の軍人をしている違和感、幼女が卑劣極まりなく保身と出世を考えるサラリーマン的思考で動くギャップにこそ見るべき点がある。

戦記。架空戦記である。架空の軍事モノであり軍事的、軍政的リアリティでまとめられている。
ファンタジー的魔法要素もあるが、この作品での魔導士は攻撃ヘリぐらいの立ち位置である。魔法を使う兵隊、兵器が現実の兵器と等価、その時代設定にしては未来の兵器のそれとしても、という立ち位置は皇国の守護者を想起させる。そういう類の架空戦記である。
デグさんも、幼女になった新城直衛(皇国の守護者の主人公)と形容されるぐらい近しいものがある。まあ、新城直衛はそこまで出世には興味なかったが。

魔法少女モノとして。まあ少女の魔導士はデグさん(幼女だが)除けばヴィーシャと、ラスボスでありデグさんのアンチテーゼであるメアリーしかいない。他は全員男。ヴィーシャもアレだよね。WEB版から物理書籍にする時に追加されたキャラだよね?
同じ軍事魔法少女でいうとストライクウィッチーズがまず想起されるが、まあ幼女戦記は人対人であり陰惨さが違い過ぎる。まあ軍事魔法少女モノで化け物相手に戦ってるストライクウィッチーズの方がやや変という感もあるが。
むしろ終末のイゼッタに近いという。イゼッタ見てないから知らんが世界観とか雰囲気とかはそれっぽい。

Arcadiaで連載されたWEB小説であり、同じArcadia組というとオーバーロードなんかが思いつく。
まあ転生チートものといえばそうである。なろう系とも総称され、実際ArcadiaもWEB小説だし似たようなものと言えばそうかもしれないが、幼女戦記はもうメタなろう系、ポストなろう系ぐらいなのかもしれない。
デグさんを転生させる存在X(そういえば存在Xとは著者カルロ・ゼンの別名義でもある)はこれ見よがしなぐらい即物的な神であり、あまりにも神であるため全く信用できないのはデグさんと同様読者も感じる辺りであろう。
デグさんは前世の知識と経験を有効に活用して戦争で活躍するわけだが、前世での経験で深読みしたあげく妙な回答をして勘違いされた挙句貧乏くじを引く羽目になるというギャグめいたパターンなども多い。
WEB版のエピローグ的外伝では概ね歴史が元の世界と同じ具合に推移することをいいことにインサイダー取引モドキを繰り返していたりするのも笑える。

メディアミックス。漫画版は完璧と言える。作品の魅力を完璧にヴィジュアル化し、さらに漫画という媒体ならではの魅力も追加している。活字にされないような細かい描写もよく出来ている。コントラストの強い画風も苛烈な作風に合っている。
漫画版が完璧なだけにアニメ版は粗が目立つ。いや十二分に面白いし新たな魅力も多く、わかりやすくするように努力しているのだろうが、デグさんのキャラクターをもっとしっかり描くべき(あまりに戦争狂に見える、声は色々意見はあろうがやや想像と違う)だとか、存在Xを超常の存在として描きすぎ(アレは俗な、非論理的な、不条理な神性として描くべきであろう)感もあり、魔導士の装備なんかも……
まあ、まだ2話であるしこれからに期待ではある。見るに値する作品ではある。

色々褒めてきたが、あえて欠点も挙げるならば、WEB版を見る限り消化されていない伏線も多いということ。
特に存在Xとの最終的な決着、精神汚染がどうなったかなど重要な軸も語られずに終わった(メアリーは死んだが)のはどうなんだとは思った。
その辺りは今後の物理書籍に期待か。実際、WEB版とはかなり変わっている。この調子では戦争の結果すら変わりかねない。ニンジャスレイヤーなんかも物理書籍での加筆が著しいが、幼女戦記はもはや別物という感すらある。

そうそう、WEB版でのデグさんの最終的な立ち位置も結構好み。長編にはハッピーエンドが必要で、そして作品性を損なっていない点が上手くて後味が良かった。



なんにせよこれからの作品でもある幼女戦記。物理書籍第8巻は2017年春、漫画版第3巻は2017年1月26日発売らしい。
アニメもこれからだし今が入り時である。興味を持ってくれたならばぜひ手に取って見ていただきたい。
非常に楽しめる作品である。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/18(水) 13:48:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

下手な皮肉。2017年第2回動画紹介・ジャンプ感想回

皮肉は言葉の鈍器で殴るのではなく言い得て妙なエスプリを効かせて屈服させるぐらいでないと。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



笑い声のサンプルで狂人扱いされるのもなんというか。
まあ狂人役の笑い声だから仕方ないか?というかまあ非人間的ではある。
笑いのホラー。



なるほど任天堂キャラで一番著名な親子はこの二人?ドンキーコングだとクランキーコングは爺さんだしな。
監視社会。ゲームは一日一時間とかいってたおっさんがいたが、高橋名人の冒険島Ⅱ、一時間でクリアできるゲームだっけ?



いつもの人ではない。
そういえば歴代ベスト100、投票してないなあ。というか東方人気投票もまだ投票対象決まってねえや。
なんとかしなきゃ。


こんなところ。平常運転三動画。
地味に全部ゲーム繋がりか。ゲームはやはり動画的なものであるがゆえ。

2017年度週刊少年ジャンプ7号感想
鬼滅の刃
柱。概ねチンピラにも見えるが大丈夫なのだろうか?戦闘力は凄いのだろうが。大凡全員キチガイなのはそういうものなのか。
恋柱、なんだこいつ。吹き出して謝ってるところは笑える。
で、富岡。やっぱりぼっちだし嫌われているのでは。
まあ柱紹介回で面白くは読めたが話は進まんなあ。御館様はどういうアレだろ。

ワンピ
ブレスレットすり替えられてんのかよ。

僕のヒーローアカデミア
この壁抜け個性の奴にワンフォーオール渡すつもりだったと?ふーむ。個性同士滅茶苦茶シナジーあるって感もないが邪魔しあいはしないからまあ普通に最強になれたか?

左門
アンリさん大暴走回。アンリは良いキャラである。
そうそうソリにこたつを載せた奴もいないだろう。

斉木
斉木もハーレムルートかな?

ナンバーワン
明らかなかませキャラデザで笑う。

磯部
ソーマだった。
というかアイスはないがそもそもパフェもねえよ。


こんなところか。鬼滅は話は進まなかったがまあ表紙だし面白かった。
他もまあまあ良いのが多かった。全体では中の下としておこう。

キン肉マン、グロロがウルルってのはないわな。笑えって書いてある。
オルフェンズ。なるほどタービンズから切り崩されると。で、鉄華団はどうするか。注目。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/17(火) 10:10:07|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第13回 東方Project 人気投票」キャラ人気上位を予想する

bnr468_60_20170107040609aa0.png
トップページ - 第13回 東方Project 人気投票

第13回東方project人気投票 ブログ内ハブ記事

なんか時間も何も無くて予想もまともにできてないのでキャラ上位ぐらいは。

まずは前回の上位でも見ていこう。
順位前回前々名前ポイント一押しコメント支援作品の順ね。

引用
1 2 1 博麗 霊夢 15427 3255 2813 18
2 3 2 霧雨 魔理沙 10969 1927 1833 9
3 1 3 古明地 こいし 10913 2036 1870 8
4 4 4 十六夜 咲夜 10195 1758 1451 5
5 5 5 フランドール・スカーレット 9844 1701 1528 8
6 6 8 魂魄 妖夢 9669 1967 1439 7
7 7 7 レミリア・スカーレット 9091 1353 1401 4
8 9 9 古明地 さとり 8821 1258 1397 6
9 10 6 アリス・マーガトロイド 7834 1394 1094 8
10 11 10 射命丸 文 7625 1285 1149 9
11 8 12 藤原 妹紅 7534 1144 1086 1
12 12 11 東風谷 早苗 6189 947 951 4
13 13 17 比那名居 天子 5760 791 881 4
14 - - 稀神 サグメ 5665 368 1068 2
15 14 15 秦 こころ 5641 446 823 5
16 15 14 西行寺 幽々子 5570 915 783 4
17 16 23 鈴仙・優曇華院・イナバ 5381 607 868 2
18 17 16 八雲 紫 5007 685 780 5
19 18 13 風見 幽香 4727 688 672 13
20 19 18 パチュリー・ノーレッジ 4495 630 637 1

まー、人気上位常連共である。サグメが残るか、他が上がってくるか、はてさて。

まあ独断と偏見で予想していこう。
1位博麗 霊夢
まあ鉄板だろう。
2位霧雨 魔理沙
やや危うい感もあるが、他がここまで上がる理由も無し。
3位古明地 こいし
魔理沙を抜けるか否か?好材料も言うほどないが。
4位十六夜 咲夜
つまらない予想だと自分でも思うが、フランが抜けるってことは無いと見た。
5位魂魄 妖夢
鈴奈庵でかわいかった分どうにかフランを抜ける可能性もあるのではと。
6位フランドール・スカーレット
流石に根強い人気。レミリアが抜けそうには思えんのだよね。
7位古明地 さとり
地霊殿人気は徐々に徐々に上昇している。
8位レミリア・スカーレット
流石にこの辺りまでは維持するだろう。
9位射命丸 文
ちょくちょく書籍でも出てくるよね。それが吉と出るか凶と出るか。
10位アリス・マーガトロイド
逆に出ていないことが優位に働く可能性も大いにある。
11位藤原 妹紅
深秘録プレイアブルな訳だがさて。
12位東風谷 早苗
票数を見るに大きな崖があるし動かないのでは。
13位稀神 サグメ
特別去年活躍されてきたわけでもないが受容が為されてきた。急上昇で一桁入りもあり得るが急下降もあり得る。
14位比那名居 天子
人気が確立されているキャラは強い。
15位鈴仙・優曇華院・イナバ
流石にプッシュが多いし?未知数。
16位八雲 紫
最近の書籍登場の多さを鑑みて。
17位西行寺 幽々子
安定感。
18位秦 こころ
難しいところだが何もなかった新キャラはどうにも弱い印象。
19位パチュリー・ノーレッジ
幽香が落ちて、という判断。
20位クラウンピース
三月精での主役扱いは大きいだろうが、やはり予想の難しい範疇。



今回の予想はこんなところで行ってみようか?あんまり出口調査が出てから予想してもしゃあないしね。
なんにせよ、予想と結果の差を知ることで見えてくるものもある。意外なものを見落としてるか?なんにせよ予想することで自分の認識を確認出来るわけだ。
まだまだ人気投票には注目していきたい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/15(日) 16:11:53|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」見たので感想




うむ。3万円。本体価格は予想の範疇だが中々の努力の跡が見られるとも言えよう。
オンライン有料はPS4もそうらしいがさて。まあそれだけの質が保たれるということなのだろう。

任天堂のハードはその時代の他のハード、パソコンではできないことをさせる。まあゲームソフト自体は何で売ってもいいようなゲームでいいのだが、そのハードでしかできないゲームというのはやはりそこに価値がある。
ゲームは、というか大抵の娯楽はそうだが、一つよりも複数種類があることに意味がある。そりゃあ延々と変愚蛮怒を何十年とやってても面白いけど流石に疲弊してくる。新しいゲームの地平を切り開かねばその内ゲーム文化は萎れて潰える。
VRでもなんでもそうだが、ハードを作るならばデバイスは重要だという事。
なんかまとまらないが、要は同じことばっかやってても生産性は無いと言う話。

で、ハード面を見ていこう。
取り外しできる据置携帯両用機。これ、WiiUゲームパッドが携帯機風だったしNXは据置携帯を合わせてくるかなって予想したらそんなもんあり得ないだろとか言われたけど合ってたんだよ。行き着く帰結という物だとは思うんだけども。
携帯機だって家でゴロゴロしながらやるしねえ。指摘されればなるほどゲームキューブのいらん取っ手はそういう意識があったわけだ。特にいらんかったが。

ジョイコン。こういう風に説明されるとやたら多機能。HD振動は紹介では地味にも聞こえるが中々すごい技術らしい。錯覚させるというのならVRにも近いか。サイバーサングラスめいたVRもいいけど脊髄にでもプラグ突っ込む系のマトリックスなVRゲームはいつになるのやら。
大きさについての指摘は良く聞くが、ゲームボーイミクロを思えば些細な事?アレは画面小さすぎだったし実際小さかった気もしないでもないが。外国人、ってか欧米人はデカいコントローラー好きって話も聞くが。最近はもうプロコンみたいな、というかまあぶっちゃけるとPS2で一般化されたそれの派生が一般的すぎてなあ。64コンは実は結構好きだったんだが。64コンの持ち替えの思想は残ってる訳だ。

ローカル通信8人対戦可能はスプラトゥーン意識?マリオカート意識なら16人対戦だもんな。

ソフト
1、2、スイッチ。最初の西部劇風なので悪役風のが勝ってるのが笑えた。まあミニゲーム集、そしてHD振動の使い方見本的な?一応WiiSports枠と。同梱版も出るかね。

ARMS
同じタイプのスタンド?!そういう話ではない。
この異形系ながら洗練されたデザインはスプラトゥーンと同じチーム?いやスプラチームは2作ってるのか。
ボクシングゲームの進化系?面白そうではある。まあ対戦ゲームなんてつまらなく作る方が難しいという意見もあるが、奥が深そうだ。
ボリュームはどんなものかね。ステージも色々あるようだが、オンラインでのステージ選択上手く作らないとスマブラみたいに一番シンプルなステージ延々と選ばれそうだよね。

スプラトゥーン2
このゲーム元から滅茶苦茶面白いからね。2画面で無くなったことがどう響くかが疑問点だったが、まあどの道同時に二画面見ることは常人には不可能なのであったし問題は無かったか。
2丁拳銃。本物の拳銃で2丁拳銃となるとガンカタみたいに吹っ切れないとアレだからね。そういうところも役得?
スペシャルは一新。バリアとかダイオウイカがクソだったからというのが概ねの見解のようだが。わからなくはないがスーパーセンサーとトルネードは残してほしかった?まあマルチミサイルがトルネードみたいなもんなのだろうが。他のスペシャルも魅力的だ。雲は良い発想。インクの雨ね。
サブウェポンも増えている模様。まあ増えることは良い事だろう。
ジェットスイーパーは続投するかなあ。色々変化も多いようだが、そうなると逆に1の要素がどこまで残っているかが気になるというもの。タチウオパーキングなんかは続投のようだが。海外では人気なんだっけ。私も好き。
ホタルは演歌歌手に転向?タコ共もまた暴れるようだがさて。
で、夏。どうしたものかな。

スーパーマリオオデッセイ。今回一番の衝撃か。オデッセイ。叙事詩?というか旅物語というか?オデッセイとゲーム関連で聞くと世界最初の家庭用ゲーム機の方を想起してしまう。
サンシャイン以来の箱庭マリオと。オープンワールドではない。というかマリオもイタリア系アメリカ人だろうにニューヨークっぽい都市の人間と頭身が違い過ぎて笑う。都市か。マリオでは珍しい環境だがドンキーコングの流れならそうではないか。スーパードンキーコングシリーズは工場には言っても都市は無かったはずだが。初代のACとかのドンキーね。工事現場だもんねあれ。
まあ世界中を回ると。最終ステージはキノコ王国というパターン?
マリオの世界も謎だよねえ。ディズニー的世界観と似てるものだろうか。
なんにせよ期待。冬と。

ゼノブレ2、FE無双。
すまんなゼノブレもFEもやったことないのだ。スマブラで操作はしたが。

真女神転生
この場合スイッチで何をやるかが注目点?

オクトパスなんとか
何をしてもいいゲームは好き。
で、何が出来るのかな。
嘘ドットゲームなわけだがさて。

スカイリム
結局スカイリムもやってない訳だがどんなものかね。

マリオカート8DX
イカステージは熱いがもう任天堂カートかスマブラカートでよくなってきたような。カービィもワープスターで参戦していいのよ。

他にもレゴとかボンバーマンとかぷよテトとか色々出るようだが省略。
ボンバーマンはどういう状況なのかね外側。

ゼルダ。結構いろいろ遊べそうで期待だがまあロンチ。うーむ。WiiUでもいいんだがなあ。



他の情報ではVCの過去の作品でオンライン対戦が出来るようにするみたいな情報?又聞きだからソースにはしないでほしいが。

今回一番のインパクトはスーパーマリオオデッセイ、そしてイカ2に面白そうなARMS、ゼルダの発売日なんかが大きかったか。あとマリオカート。
うーむ。面白そうなのは散見されるがこれ以上情報が出なければ発売日買いは無いかなあ。イカ2かオデッセイあたりで買うかな?ARMSの評判次第?ゼルダはWiiU持ってるしなあ。
スマブラも恐らく計画されてるのだろうがさてはて。新しいの出るならイカとかも入るんだろうな。これ以上キャラ増やしてバランスとれるのかってところだが、キャラゲーにそこまでバランス求めるものでもなし。
これからも情報を集めて行きたい。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/14(土) 22:30:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第19話感想

またカラー扉ってこれは人気があるって認識でいいの?むしろこき使われているか何かという説も出てくる。

ほう。ここでボスと幹部が出てきたと。平家連中は何だったんだというのも今更だが。頼経辺りはもうなんというか。
しかし、酒呑童子一味なのに拠点が鬼ヶ島、と。大江山ではなく。
鬼ヶ島の鬼、つまり桃太郎、吉備津彦命が対峙した鬼は温羅である話だが、うらたろうが温羅であり桃太郎であるから話は複雑になってくるな。何があった?

四天王の中で~というもはやギャグにしかならない定例文をしっかり使ってる辺りは好感が持てる。いくしま童子はいないのかな。
酒呑童子すら妖怪の王ではないとすると何かね王は。空亡?

で、瞬殺されたのは熊童子じゃない?


つーか、誰が直接の原因っていうと安徳天皇だよな。つーか天皇、千代殺そうとしてたよな。殺してたらもう何もかも話が終わってたよなおい。唐突に鬼の計画も一瞬でおじゃんになって日本もズタズタという破滅。

まあこれからどうなるかね。ラブコメするか、天皇がまた引っ掻き回すか。
注目である。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/01/13(金) 03:16:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ