ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「Splatoon2 - スプラトゥーン2 攻略&検証 Wiki* ブランド ブキメーカー」

Splatoon2 - スプラトゥーン2 攻略&検証 Wiki*
Splatoon2 - スプラトゥーン2 攻略&検証 Wiki* ブランド
Splatoon2 - スプラトゥーン2 攻略&検証 Wiki* ブキメーカー


スプラトゥーンの設定はかなり緻密なところがある。
各BGMにアーティストが設定されているところなどもそうだが、イカたち(タコも)が身にまとうギアや使うブキにも制作会社が設定されており、それぞれ個性が見て取れるところもまた顕著なところだろう。

ギアのブランドはシステム的にも意味のあるところでわかりやすいが、ブキメーカーはシステム的な意味合いすらないがしっかり個性だてられており、ロゴのほとんど読めないイカ文字で社名などを確認することが出来る。


ギアではナワバリバトル公認ブランドバトロイカ、スポーツウェアブランドのアイロニックやストリート系・サーファー系のエゾッコなどなど多岐にわたり、様々な合わせ方で楽しめる。クマサン商会のバイトでもらえるギアはブルーカラーの作業服モチーフが多かったりなど面白みがある。そういうのは服屋で買うものじゃないしね。


ブキメーカーはスプラ、で始まるブキは大概スプライカというメーカーであり、プラスチック製のおもちゃっぽいデザインをしている。サブウェポンのスプラッシュボムなどもここだ。

ハイドロはジェットスイーパーやリッター4K、ハイドラント、ホットブラスターなど高圧というテーマがある。硬いデザインなのも特徴的。ハイパープレッサーもここ。

ペトロはウォーターサーバー風のタンクが特徴的。アレンジはデコといってラメのラインストーンで彩られる。ガロンやバレルスピナーなど。

キャンバスはフデ系列を寡占している。

他にも色々あるが、ザップやボムピッチャーは任天堂が作ってたり、アロメやアタリメイドといったギアのメーカーが作るブキもある。



設定を決め過ぎない方が自由にゲームを作れるのはあるが、やはり細かく設定があった方が作中世界観に入り込める。
何よりこのようにして設定自体を楽しむことも出来るわけだ。あえて前面に押し出されていない設定だからこそ読み取りがいがあるというものだ
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/20(水) 07:37:57|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無理解の連鎖。 2018年第23回動画紹介・ジャンプ感想回

自分の事すらわからないのにどうして他人の事を理解できると思うのか。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



タコばっかやってたので。前の記事でも書いたけど死ぬほど面白い。というか凄い良い「一人用ストーリーモード」だったというか。
割とスプラトゥーンはプレイヤーの意見を参考にしてるというか?



まあ古代の話なので誇張も多いか知らんが、スパルタはヤバいよね。
人類が原始性を失っていなかった時代。



こんなところで。基本的にタコばっかりやってたのであまり動画は見てない。


2018年度週刊少年ジャンプ29号感想
ワンピ
ボニーに革命軍たちは天竜人の住処に用がある?くまをどうこうするのか?もうちょいなんかありそう。
革命軍メンバーはこれで全員?あとから出てくるか知らんが。
世界会議。具体的にどんな感じになるんかね。その辺の描写にも期待。
で、イムとやら。イム、仏?大仏はいたが。隠された真の支配者と。D周りとか含めて歴史関係の話がきそう。注目したい。

鬼滅
怯が本体だが小さくて見つけにくいし滅茶苦茶硬いというクッソめんどくさいチキン戦法の塊。なるほどこのめんどくささは上弦。
炭治郎なら斬れたのか?
で、玄弥の過去編と。


なるほど火薬を警戒してるから爆発音を餌にしたと。
で、フラッシュパンをスタングレネードに、そんで蛍光塗料で二重追跡。まあ捉えても定時連絡が途絶えていずればれる話ではあるしな。

相撲
大兜、なるほど兜割と?かませ犬の運命が染みつく名前だ。

ロボ
これは凄いまとめに入ってきてるんですけど…… 打ち切りですか?
まあ掲載順悪いもんねえ。アンケを出す層に受けない。
かなり面白くなってきてるのだが。移籍とかにならんかなあ。
ハーフスイング。基本へ帰る。なるほどこれで入ったらきれいに終われてしまう。朱雀の能力とかもまだ出てないのに。
まあまだわからない。来週は覚悟して読みたい。



キン肉マン感想
なるほど筋力が凄いというのはそれだけで脅威である。
これはフェイバリットを出して勝利するパターン?そうなるとゼブラとフェニックスはヤバいパターンでは。ステカセキングが前にゼブラ使っとるしなあ。


アニメ感想
ヒナまつり
ヤクザだからと言ってあれほど捏造される謂れは無い。それを弄られまくるのも。
高校編は最終回に一話やるぐらいかなあ。

GGO
目ん玉撃たれて死なないというのはリアリティに欠けるという意見もあるが、まあ現実もリアリティに欠けることにヘッドショットでも生きてる奴結構いるので逆に現実的なのかもしれない。ちょっとした奇跡という奴である。

ゴールデンカムイ
この、極悪人が被害者になるどうしようもなさよ。
まあ爆発オチも含め完全にドリフである。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/19(火) 06:10:46|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプラトゥーン2オクトエクスパンション、とりあえずクリアしたので軽く感想など

オクト・エキスパンション ニコニコ大百科


ネタバレ注意。普通に書くので。


オクトエキスパンション、めっちゃ楽しかったので感想を書く。
スプラトゥーン2の有料DLCな訳だが、基本的には一人用ストーリーモード(ヒーローモード)の追加といった具合であるわけで、スプラ2のヒーローモードはやや不評だったりもするので少し不安要素もあった。
しかし杞憂であった。システムからストーリー、ビジュアルや音楽を含めた雰囲気に至るまで素晴らしい出来であった。


記憶喪失のオクタリアン「8号」がアタリメ司令と一緒に、テンタクルズの無線サポートを得ながら深海メトロ、謎の妙に古い文化を保った地下鉄の駅を巡り4つの「アレ」を集め「約束の地」、アタリメは地上の事だと推測する場所に向かうという話なのだが、どうにも色々怪し気である。
「アレ」はどう見ても巨大なミキサーだし、「消毒」されて魂の無いオクタリアンがいたり、改札を出たら森になったりどこかで見たことのあるステージになったり、まともな実験施設ではない。
若干ホラーの要素もある訳だ。


ステージはヒーローモードよりも大抵短く、また難易度は高い。最近のアクションゲームらしい傾向で復活は早いが高難易度という訳だ。結構理不尽なステージもあるが、無理そうなステージは2回失敗すればイイダがハッキングしてクリアしたことにしてくれる。下手な人でも本編でタコを使えるようにできる配慮だし、そこそこな人でもきついと感じれば後回しにできる訳だ。高難易度なステージは良いがそこで詰むのはあまりよくない。上手い配慮だと言えよう。

そして4つのアレを集めてからの急展開が凄まじい。
3号、つまりスプラ1の主人公(自分で姿形を決められる)がミキサーで練り物に加工されそうなところを助けられ、そのままネル社の実験施設、人体の臓器の名称がつけられたワイリーステージめいた連続ステージを行く。
最初は8号はブキをもっておらず、スニーキングアクションをやる訳だが、2番目のステージでスプラッシュボムで焦らされた後にやっともらえるブキがオクタシューターなのが激アツである。タコゾネス特有のブキをやっと手に入れられるという訳だ。メトロでは色々武器を使えたが基本性能が同じなスプラシューターはあってもオクタシューターは無かったもんね。
で、タコが「消毒」と呼ばれる謎の工程を受けている現場を見たりバイオの映画みたいにレーザーをよけたりしながらエレベーターの電源を入れると練り物を付着させられ洗脳された3号とのバトル。
そして最後に地上に出て、ヘリで迎えに来たヒメとイイダを交えて人間を模した巨像、ネルス像とのナワバリバトル。3号は気絶してるので奇しくもこっち側が4人というのも面白い。
最終的にヒメが1のスペシャル、メガホンレーザーを持ち出してネルス像を破壊。大声設定。

スプラトゥーンの背景設定なども色々考えさせる。人間が残したもの、海産物たちの生き方、ネル社とは一体。


BGMもワイリーステージの途中でテンタクルズの曲になるのが凄まじく好き。
地上に近くなったから電波が届くっていう話だが、ナスティ・マジェスティかっこよすぎるよね。




いやあ本当に良かった。特に「アレ」をすべて集めてからの展開。
テンタクルズは2のヒーローモードではあまり出番がなかったが、こうしてがっつり絡んでくることで見えてくる関係性がある。
クリア後もアイテムとかギアとか色々要素はある。全駅サポート無しでクリアで裏ボス、心の中の3号と戦える(勝つとギアがもらえる)、全駅全武器クリアで路線図にマークがつくとやり込み要素も抜群。
オクトエクスパンション。ストーリーモードのDLCとして最高の出来であったと言ってよいだろう。イカの世界がまた広がった。スプラトゥーンのIPを使った別作品が出ることもあるかもしれない。

個人的に好きなのは「アレ」を取得した際に8号が台車で「アレ」をゴロゴロ運ぶシーン。なにかスタイリッシュじゃなくて良いというか。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/18(月) 07:26:16|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年任天堂E3、本日からとか明日からとか滅茶苦茶多い件について

「Nintendo Direct: E3 2018」発表まとめ─『FE』最新作や『スマブラ』発売日など【E3 2018】 inside



E3、まあ色々あった。
スマブラの全員参戦にデイジーにリドリーとかボンバーマンとか、アーマードコアのスタッフのロボゲー新IPとか、FEの新作とか見どころは多かった。

しかしそれにもまして強く感じたのは、本日とか明日とか明後日配信とかめっちゃ多いな!ってところだ。


スイッチ版フォートナイト、Hollow Knight、オクトパストラベラー新体験版、ついでにその後に発表されたスプラトゥーン2の奥とエキスパンション……
他にもあった気もするし、こういう不意打ちばかりしてくるから困る。いや困らないが驚く。

任天堂のこういうダイレクト系の発表はサプライズを意図したものが多い。ショー的なところがある。
それ自体が一つのコンテンツとなっていると言ってもよい。
広告戦略としてはかなりの成功を収めていると言えるだろう。


スマブラにしても前々から参戦ムービーの類は不意打ちが多かった。
現在では他社でも見られるやり方だが任天堂はやはり一日の長がある。
それだけ期待させられる材料を持っている、ということだが。



ニンテンドーダイレクト、顧客に直接情報提供をするようになったのは色々理由があることだが、雑誌やなんやらを経由した情報提供よりも今となってはより影響力のあるやり方と言え、ほかの媒体でも、例えばツイッターででも製作者自らが発表するというのは多くなっている。
そういうものでも任天堂から学ぶものは多いだろう。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/15(金) 04:02:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

献血と吸血鬼。2018年第22回動画紹介・ジャンプ感想回

献血を募っている人が吸血鬼に見えだしたらかなりの末期である。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



E3、各社の発表が始まってるね。
そこそこ目を惹くものも多いが今のとこ一番はこれか。
任天堂とソニーではどんなのだしてくるかな。やはりメインはこの二つだろう。



オールフォーワンはインチキだよね。
あんなインチキをバトルさせるというのも一つの難行。



帝都聖杯奇譚、そのうちマジでアニメ化してしまうかもしれんな。
しかしずいぶん偏ったサーヴァントばかりの聖杯戦争であることだ。


とりあえず3動画。そろそろE3か。それ関係で記事書くかも?

2018年度週刊少年ジャンプ28号感想
僕のヒーローアカデミア
なんやねん実際ホークス何しに九州までエンデヴァー来させとるんやら。
というかエンデヴァーも飛べるのか。いつだったかは普通に走ってたが。

鬼滅
玄弥は半分鬼的な?ダンピールみたいな。曇りなさすぎる眼の炭治郎に毒を抜かれた?やはり鬼化が過ぎると精神面も引っ張られるのか。
半天狗を倒すには五匹目の頸を斬る必要がある?まさか五匹同時?五匹目が喜怒哀楽と同レベルなのだったらば普通に可能だろうが。ここから合体とか何とかしだすとまあわからんが。恋柱は玉壺と戦う感じかな?
五匹目。中国の五情は喜怒哀楽怨らしいがそんな感じでもなさそう?

ワンピ
なるほどロジャーの前の海賊王って訳でも無かろうが、ともかくその前の一強だったロックスの海賊団にカイドウとリンリンはいたと。で、ガープがロックスを倒して英雄となった。こういう過去の時系列まで色々書けるほど長く続いた作品は幸せだ。
ステリー、なんやかんやあって虚の玉座に座ったりしそう。それこそ革命軍が座らせたり。
ミョスガルド。なるほど天竜人にも人あり、と?五老星も天竜人のようだが、あのふざけた髪型と話し方はない。やっぱあの話し方は完全に馬鹿みたいでシリアスは出来ないんだろうなあ。で、シャンクス。え、お前そっち側なん?まあ欺いてるのか取引か知らんが。戦争の時も不自然に終わらせてたが……


なるほどそういう詐術か。まあ色々矛盾点も見出せようが情報の少ない司帝国民にとっては有効か?簡単に成功する訳もないが。
爆破で気をそらせて逆サイドへってもうちょい良い作戦なかったんか?って感じは無くはない。監視ってあの位置からどこまでできるのやら。

ロボ
あー、この段階で鷹山描写って本格的にまとめに入ってるんじゃ……
で、銀狼。またかなり奇妙なことをしているがこれもまた銀狼らしい。
やはり疲労度ではロボが酷い。EXレーザーも撃てない中でどうする?まあ後一発ではあるが。限界を更に超える?はてさて。注目したい。


まあこんなところで。読切が二個載ってたが結構面白かった。ワンピは設定回で滅茶苦茶好みだし、鬼滅にロボも素晴らしい。
総合評価は上の下で。

アニメ感想
ヒナまつり
ヒナ寝てるだけという主人公にあるまじき回。まあよくあるが。
で、次回アレか。

GGO
ピトフーイがヤバい活躍をしたと思ったら主人公が同じぐらいヤバイという。

ゴールデンカムイ
ここいら辺りで主要人物が集合し第二幕といった感じか。まあアニメ的にはそろそろ終わりだが。
囚人も兵隊も大体どっか歪んでいる。現実でもそんなもんか?いやここまでだと監獄も軍隊も機能しないか。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/12(火) 03:41:50|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ