ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

詩野うら「有害無罪玩具」読んだのでちょっと感想

有害無罪玩具 KADOKAWA

ツイッターでフォローしてる人が薦めてたので読んだら面白かったので。


SF短編集、という具合になるが極限まで発達した科学は魔法と区別がつかないとも言うし結構ファンタジー的な、夢想的な雰囲気も漂う作品集である。科学だからSFって話でもない。まあ定義論はどうでもいいが。

表題作「有害無罪玩具」は実際的な大きな危険性こそないものの考えていくと恐ろしいと言うSFガジェットを取り扱っている。
そらまあ未来とか簡単に予知されても人間の自由意思というものがなんというか。まあ自由意思があるという幻想が人間の自意識を成り立たせているのやもしれない。
他のおもちゃもそうだが人間を成り立たせているのはいともたやすく壊れやすい偏見の類でしかないのかもしれない。

「虚数時間の遊び」は時が止まった中で永遠に遊び続けるしかない人を描いた作品。
永遠に止まった世界に閉じ込められるともなると希望も絶望も何もなくなるか。しかし何かはしてなければならない。なるほど。

「金魚の人魚は人魚の金魚」では、知性がないが完全に不老不死である金魚の人魚について。
まあSF、それも短編ともなると極限を描くことが上手いやり方の一つな訳だがこれもその典型例でその極北か。
永遠に生きても小石を口に含んで吐き出す事しかしない金魚の人魚。人間の人生の短さとの対比となっている?しかし別に哀れでも何でもない。奇妙な感覚。

「盆に復水、盆に返らず」も時間移動物でありながら霊的なモチーフを使っていたりいろいろ考えさせる。



SFは読者に何かを考えさせるというのが強い。そら読み物なんか全てそうではあるが、SFはこの世界、人生、未来、そういったことについて考えさせる。であればこそのサイエンスフィクション、科学創作であるのかもしれない。
科学、昔風に言うと自然哲学。
現実にあるモチーフを極限にまで押し進めるからこそ見えてくるものか。そういった意味でこの作品集は非常にSFらしいSFなのやもしれない。ハードSFとはまた違うが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/23(木) 05:28:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

絶叫の日常。2019年第18回動画紹介・2019年度第25回週刊少年ジャンプ感想回

誰しも悶え苦しんでいる。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



WiiUのときマリオメーカーは買ってなかったんだよな。これはかなり期待。
100ステージ以上のストーリーモードって実質2Dマリオ新作だよな?そらほとんど無数にユーザー制作のステージが作られるにせよ、任天堂作というのはやはり違う。


ハッカーインターナショナルも謎多いよね。SFC時代まで出してたんだっけ?
ピーチ姫要素はない。


これ、なんJのスレタイが秀逸すぎるよな。
まあなんJとかは半分ぐらいのスレがスレタイからの大喜利みたいな感じになってるところはある。


こんなところ。ワザップジョルノをポケモンとして扱いミスピーチワールドをピーチ姫とすると全部任天堂ということになるが完全に気のせいである。

週刊少年ジャンプ25号感想
ふたりの太星
将棋ものか。そういえば豊島が天彦倒して名人になってたっけ。
二重人格で将棋。中々に凝った設定だが活かしきれるのか。

鬼滅
ほー、やっぱドーマさん強いやん。弱体化説は否定されたか。じゃあカナヲなんやかんや柱並み(以上?)にめっちゃ強いのか。目が良い。同期はそれぞれの五感が良い設定みたいなアレな訳だ。いや玄弥は味覚というか鬼を食うとどうにかなるというアレでようわからんが。
ドーマ、この期に及んで遊んでいる。ただの柱並みでは勝負にもならない。なるほどアカザと比べても段違いに強いと。しかし二対一なら?うーむ。二人とも痣が出て、そこからか?まだ伏線も残ってるし。
しかし伊之助。カナヲと伊之助って今まで言うほど絡みがないというか、最初に藤屋敷に来た時の修行ぐらいか?


アマリリスか。花の名前だっけ?ちょい前に緑の瞳のアマリリスというSFハーレクイン小説読んだけど設定のチープさが好きだったなあ。
しかし、確かに殺しまくったらもう味方になんかならんだろうがなんも知らん状況で催涙剤浴びせられてそれで大丈夫なのか。あれ死ぬほど苦しいらしいぞ喰らったことないけど。
で、パターンとしては頭首とやらが石化光線の秘密を解明したというパターンでホワイマンとは別物くさいか。しかしその秘密を奪えればこっちも劇的強化?まあ科学で解決する漫画だしファンタジーがそう簡単に手に入るかは疑わしいが。

サムライ8
ハイランカーなゲーマーが侍になる。
なるほど結構読者層意識してる気がする。
模造刀。いうて鋼の塊だから普通に人を殺せるんだよな。というか実際パイナップルぐらいなら斬ってたのを見たことある気も。現代でそんなもん持ち歩いてたら結構犯罪者予備軍だがまあ治安悪いならこんなもんか。

チェンソーマン
雨降って地固まる、という話でもないがうまく収めた?毎回思うがサブタイトル選びのセンスいいよな。チュッパチャップスコーラ味。これだけじゃ意味が分からんが読むとなるほどとなる。
姫野とデンジ、闇の恋愛同盟を結ぶ。二人とも相手の性格より重要なものがあると思っている。それもまた真理ではあるが。
京都には偉い人がいる。まあ悪魔とかがうろついてる世界だしなあ。やっぱ京都は伝統が違うか。
で、銃撃。銃、銃な。この世界における銃。何を意味するのか。銃の悪魔の手下とも思えんが、銃の悪魔に関係してきそうではある。で、マキマさんともう一人、心臓と脳味噌撃ち抜かれたけど死ぬの?これでガチで死んだとかなるともうやばい作品だがまあマキマさんも謎が多いしどうにかして生きてるだろう。いやでもこの作品だし天和並みの確率でマキマさん死んだんだけど展開あるか?
撃ち込まれた銃弾が銃の悪魔の肉片で、という展開とか?いやそれでどうなるかは知らんけども。

相撲
小崎も大相撲基準では小兵か。まあ重量制限無しの世界だもんな。

僕のヒーローアカデミア
氷に対して妙に反応する荼毘。やっぱエンデヴァー家と関係ありか。
荼毘の特に何も考えてない広範囲攻撃で分断。荼毘もやっぱ高火力だな。
で、トゥワイス。連合にこそ受け入れられる場所がある。そういう場所でもある。ふむ。
※追記メモ
トゥワイスだけでなく、ヴィラン連合にとっての個性とは全員にとって重荷なのかもしれない。
この作品はタイトル通りヒーローの卵のエリート校での日々を描いたものである。
しかして貧弱なエリート校描写からもわかる通り作者のキャリアはその逆である。
解放前線が異能と言い換えているこの作品世界観中の能力の名前、個性というのはかなり強い意図を感じさせる。先天的な障害に対して「それも個性」と言ってしまうような先鋭的な反差別主義を前提に置いているのだろう。
作者の意識下か無意識下かはわからないが、ヴィラン連合は作品の強い社会的テーマにおいて最重要の存在となっている。


ソーマ
ああ、クソまず料理の探求はここに繋がると。
そろそろまとめてきたか。


こんなところで。
まあ鬼滅とチェンソーマンは相変わらず良いし、サムライ8も良い感じの展開ではあった。
総合評価は中の下としておく。

キン肉マン感想
ほー、アタル登場。タッグマッチでもやるんかね?数が少ないが。
アリステラ自身は今回のラスボスではない?まだなんか出てきそうな雰囲気はあるがどこからか。

アニメ感想
ジョジョ
スタンドによる虐殺は一応これが初だっけ?3部のクワガタもジェット機墜落させかけてたが。
6部あたりから世界規模の能力射程が出てくるからなあ。ボヘミアン・ラプソディー、結構大量にころしてるよな。数千万人規模ぐらいか?それ自体の能力だけじゃなく混乱も凄いだろうし。メイドインヘブンも事故死者多そうだよなあ。

鬼滅
原作読んでた時はいきなりラスボス出て違う意味でハラハラしたよね。

異世界カルテット
くじ引きで大体均等に分かれる。なるほど?なにかメタ的な要素がありそう。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/21(火) 03:07:58|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Wikipedia探訪「反出生主義」「自主的な人類絶滅運動」

反出生主義 - Wikipedia
自主的な人類絶滅運動 - Wikipedia


人間も色々いるし色々な意見がある訳だが、こんなとてつもない意見もあるということ。
反出生主義は自分が子供を持たないというなら全然わかる話だがそもそも子供を持つこと自体が道徳的問題があるとか言い出すともう行きつく先は絶滅しかなくなるわけだが、しっかりそれを望んでいる人間もいるという。

まあ仏陀も人生は苦だとか言っていたしだから悟りを開いて輪廻から抜け出すとかそういう話ではある訳で、あるいは新しい思想という訳でもないのかもしれない。
しかしてラスボスみたいな思想だなあという感は強い。



たしかに人類は地球環境に強い悪影響を及ぼしてるのはそうだが、だからといってなぜ人類の方で絶滅を選ばなければならないのか。人類にとって地球は人類のものであって人類が地球のために絶滅するというのは本末転倒ではないか?まあそう思わないからこそ絶滅すべきだと思っているのだろう。

究極的には価値観の問題である。
ヴィーガンとかも動物が可愛そうだとかいうのは価値観の問題になる訳だ。
そこまでいくと、価値観というのは説得してどうにかなるものではないということがわかってくるか。



まあ地球環境なんかもっと長い目で見ればバカでかい火山とか隕石とかでぶっ飛んでいく可能性のが高い気もするが。人類を過大視し過ぎている感もある。
前にも書いたが、6回目にして唯一の単一の種による大量絶滅だとか言ってもシアノバクテリアがその前にしたことと比べたら全然大したことないし……

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/16(木) 02:34:40|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多様性と勧善懲悪。2019年第17回動画紹介・週刊少年ジャンプ2019年度24号感想回

どちらも単純に良いものと受け入れられがちだけども、この二つって相反する点も多いよな。
そこを自覚して一つの答えを導き出せるならば良いのだが。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ドラキュラは有名だけど、それ以前にも吸血鬼小説はある。
所謂典型的な吸血鬼像がいかにして出来上がって来たのか。しかし文章量すげえなこの人の。
安っぽい文化として歴史から忘れ去られるというのは愚かしいところもあるが、日本語翻訳するには売れ無さそうすぎて誰も手を付けないというのがまた。



変に尖ったところが多くて良いよねGW。



しかしキャラの名前をイタリア料理から取っていくというのは無茶があったんじゃなかろうか。
イタリア語だし英語圏じゃなくても元の料理なり食べ物が思い浮かぶキャラもいるぞ。


まあこんなところで。
結構バランスいい?ゆっくり解説とかはフツーに文章にしてくれた方が個人的には早くて助かる。まあそれじゃあ見ない人も多いんだろうが。


週刊少年ジャンプ2019年度24号感想
サムライ8八丸伝
NARUTOの人が原作で作画は元アシらしい。
SF侍、設定のややこしさは今後に活きれば良しとして、流石岸本先生だなあという感じ。アメコミ的な感性とかあるというか?
しかし不動明王が一番偉いみたいな世界観はようわからんところもあるな。まあその辺はいいか。NARUTOもその辺のモチーフ適当だった気もするし。一応柱間の木遁で仏像みたいなの作っててうちはの万華鏡写輪眼の技が神道の神由来で丁未の乱とかモチーフにしてたでいいんだよね?
メカニカルかつファンタジーでかっこいい。うさんくさい侍問答も結構楽しいし。
不安点はあるが期待したい。
侍で8というと八犬伝を想起させるがさて。

ワンピ
SMILEってそういう?
失敗作がおこぼれとして運ばれてくる的な?あるいはもうちょい手の込んだ公害的な話か。

鬼滅
上弦の三相手にここまでボロクソにやられてて本当に大丈夫なのか問題だよなあ。なんか超回復するのか回復する時間ぐらいはあるのか。
で、上弦の一、黒死牟さん。なんか変な部屋にいるけどあんたも戦いに行けよっていうか鳴女さんが釣れて来いよというか。いやたぶんドア沢山ある場所だし結構な扉があそこに繋がってるけど奇跡的に誰も踏んでない案件?というか癇癪起こして柱ごとバラバラにされても。無限城倒壊しない?
アカザの状態についても把握してたようだし別格感が凄い。こいつやっぱ頸斬っても死なねーのかな。どうすんの?
で、上弦の二、ドウマさん。レスバトルにてカナヲに大敗北。やはり鬼殺隊の訓練には描写されてないだけでレスバトルの特訓もあったのではなかろうか。
まあ、真面目にいうと、カナヲは過去の自分と重ね合わせてるんだろうな。自己嫌悪に近い感情。悪口というのは自分が言われて嫌な言葉ばかり出るものだが、だからこその切れ味なのかもしれない。
で、カナヲなんかめっちゃ強くなってる感じだが、これカナヲが強くなってるんじゃなくてドウマが弱くなってる案件では?再生も遅く見えるし。しのぶさん、人間化薬でもどっかで仕込んだ?


なんらかの結構儀礼?
島民は普通に生活してるんだな。石化技術は後から手に入れてよそ者対策に使ってる系?

チェンソーマン

               ,, -―-、
             /     ヽ
       / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    オエーー!!!!
      /  (゜)/   / /
     /     ト、.,../ ,ー-、
    =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o
    /          \\゚。、。、o
   /         /⌒ ヽ ヽU  o
   /         │   `ヽU ∴l
  │         │     U :l
                _ U ∴ ol
               / /∴ U :l
              |   | U o∴。l
              |   | : ∴ ol    ゴクゴク!!!!
              |  ∨∴ U∴U
             ∧  ∨U o∴ l
             /  \ ∨∴ oUl   _ノ!
             | (゚ ) Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ ノ
             |      ̄ ̄ ̄| ̄
             》         }
            /         /
            /         │
           │         │

これ思い出した。


オエーー!!!! ,, -―-、
          /     ヽ
    / ̄ ̄/  /i⌒ヽ/ ̄ ̄ ̄\
   /  (゜)// ̄ ̄ ̄ ̄7        ヽ
  /     /       (         ヽ
 =彳    Vー、____> (゜ッ)     i
,          \\、。ヽ \      /
         /⌒ iヽ ヽ。、oi      /
        / ー´ `ー。、。ol     /  ヴッ!!!!
      ./  `――´ U o|    (
               U :|
                U 
どちらかというとこっちか?
まあいいや。凶悪であった。
マキマさん酒豪ね。で、姫野先輩は酒乱。まあ酔って無くてもタチ悪いが酔うとひでえな。
パワーも酒飲んでるのか?酔ってもせいぜい馬鹿会話しかしねーあたり実際理性高い訳だ。というか馬鹿を装ってる疑惑もある。装っているというか実際馬鹿であるにしろ、馬鹿であるという立場を甘受しているというか。
ゴミ漁りしてても無いと思ってたゲロを飲まされる。中々にアホみたいな回想の使い方でよい。
荒井も性格だしてるしコベニもクズ出してるし台詞が一々良いよなあ。
で、女の部屋に連れ込まれて酒を口移しで飲まされて迫られる未成年男子。これ事案なのでは?条例にひっかかるぞ?裁判官への心証次第では強姦罪適用されるんじゃ?
これで実際しちゃったら同じ雑誌で連載してるスケベラブコメ漫画共を一気に抜き去ってしまうのでメンツ的問題からもないだろうがさて。

僕のヒーローアカデミア
トガは戦線離脱。しかし他人が適当なこと言うよなぁ。
本気でなければ他人の心は動かせない。本気で全てを壊したいと思っているシガラキにこそ当てはまると。
で、能力の拡張。崩壊の伝染?まあそれはいいとして、極限の睡眠不足状態で戦ってるのがなんかいいな。それで戦えるのかよ感が凄くて。
わざわざ一塊になって突撃して来た意味が分からんがまあ絵が良かったしいいことにする。
ヴィラン連合、一人一人強化されていくが、荼毘か。お相手氷ねえ。やはりエンデヴァーの隠し子かなんか?長男がどうとかの設定とかなんかあったっけ覚えてないが。これで氷使えるようになったら笑うが。まあデクもなんか能力増えそうだし全体的にインフレさせていこうという話かな?

ソーマ
具だくさんチャーハン?まあ実際うまそうではある。


こんなところか。
今回はチェンソーマンだったなあ。うむ。中々に邪悪だった。読んだ少年少女の人生を歪める出来であった。
鬼滅も良かったし新連載も中々期待できた。
総合評価は上の中で。

キン肉マン
アリステラ、人間性が描かれるキャラだなあ。
フェニックスは結局格を大きく下げずに退場できたか。
で、このあとどういう試合形式?アタルは?

アニメ
ジョジョ
チョコラータのクズさ加減よ。他の連中は目的のためなら人殺しも辞さないというだけだがチョコラータは殺すのが目的だもんなあ。

鬼滅
分身体だからって一人称を二人称として使うのがな。
歯ぎしりも含め完璧だがもうちょい展開速くてもいいんだが。パワハラシーンまで入るかなあ2クールでも。計算その内しようかな。

異世界かるてっと
割とストーリーしてるよな。
デグさんがアインズくん呼ばわりするとこが何かよかった。


そういえばわたモテの更新とかあったがもうもこっち凄い事なってるよな。
主人公だからって関係性多すぎだろ。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/14(火) 01:12:31|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

インターネット探訪「【世界】国の歴史の長さに対応した考古学的発見をした時のリアクション【ポーランドボール】」

【世界】国の歴史の長さに対応した考古学的発見をした時のリアクション【ポーランドボール】 ポーランドボール 翻訳


ポーランドボール、国旗の柄を描いたボールをそれぞれの国を表すキャラクターとしてエスニックジョーク、民族性を皮肉って笑う文化である。
主人公(?)はポーランドなのでポーランドボール。

まあ結構色々あるし、前にも1、2回程紹介した気もしないでもないがそれはそれとして中々面白いのがあったので。


なるほど、歴史が古い国家ほど歴史についてぞんざいな扱いになっていく。
日本とかでも土木業者が建設予定地から歴史的遺物が見つかっても壊して埋めるとかするしね。古墳も壊すし。

そして最古の歴史を持つイラク、メソポタミア文明発祥の地ではもはや、という話。
確かにあそこもエジプトみたいに歴史をウリにして観光立国してもいいようなもんなのにもうなんというかロクでもないことなってるようだし。
エジプトだってアホみたいに遺物が見つかるからカイロ博物館では山積みになってるんだっけ?

国家情勢とかで一概には言えないが、歴史が少なく貴重な場所ほど歴史が尊重されるというのはありえそうな話ではある。
まあ、この場合の歴史とは史=文献資料がある、文明的遺産があるという具合ではあるが。

メソアメリカの文明とかアフリカの文明とかはあまり顧みられないし研究もいうほど進んでないよね。これがまた進めば話は変わっていくのだろうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/12(日) 12:25:47|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ