ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「はっちぽっちぱんち」最新第12話まで読んだので感想

はっちぽっちぱんち - 漫画/嵯峨あき 原作/カツラギゲンキ マガポケ



はっちぽっちぱんち。第一巻が発売されて作者がXに宣伝ポストしてて読んで面白かったので結局全話読んでしまった。

そんで、その宣伝ポストがやたら煽情的だったのが災いしたかなんか作者のXアカウント凍結されていた。単行本第一巻が発売した時期に痛手だろうな~と思ったので微力ながら私が感想・紹介記事でも書くことにした。


はっちぽっちぱんちは女子格闘技の漫画である。女子格闘技。作中でも語られるが、現実としてあまり市場的価値がないジャンルである。まあ柔道なんかだと金メダルを取ってたりはするが、ボクシングやらムエタイやら総合格闘技やらといったジャンルとなるとどうにも元気はない。まあ色々と理由は語れるが、作中で端的に語られる理由、「男子格闘技の劣化」、という指摘はある種痛烈に響くところもある。

ともかくそうした状況を変えていく、というのが一つの作品の筋である。

そのために導入されるのが主人公のキホである。彼女は見た目はボーっとした女子高生だが、中身は人を殴りたくて仕方がなくて、正当防衛として人を殴るためにレイプ魔がうろつくという公園に足を運んだほどの、まあまあの狂人である。

人を殴るためならば自分が殴られる事など何の痛痒にもならない。ただKOされたら試合が終わって殴れなくなるのが嫌だ、という程度だ。素人なので経験者に容赦なくボロクソにされるがそれでも嬉々として拳をぶん回す様には目を離せなくなる魅力がある。

ただ格闘技が楽しいというのならまだ救いがあるが、そうではなく人を殴って破壊したいという方の欲求だからもう社会性が無い。しかし社会性が無い破壊者こそが尊ばれる環境がある。それが格闘技だ。しかしそれはスポーツとしての格闘技ではない。殺し合いという過程を経験して生まれていない女子格闘技ではありえない。だからこそ、キホは女子格闘技を破壊し再生し、殺し合いという熱狂の舞台、誰もが見たがる市場的価値を作れる。そういう筋書きだ。


女子格闘技ものの漫画というと大昔にやってた「美女で野獣」なんかも好きだったが、アレのキャラで一番最高だったのも滅茶苦茶に人を壊しまくる摩利蜜姫だったな。アレもフィジカルよりメンタルで戦ってる狂気が良かった。「はっちぽっちぱんち」よりファンタジーよりな作品だったがアレも同類か。

やはり女子格闘技もので必要なのは狂気だ。そういう意味でやはり正しい道を進んでいる気もする。その行き先はどこに続くのか。まだキホが素人すぎて大して人を殴れてなくて、狂気ばかりが先行してややフラストレーションが溜まっているところはあるか。やはり主人公の漫画って感じなのでどこで覚醒というかが見れるのか、そしてその時どこまで人間をズタボロに破壊するのか、そこに期待して注目したい。



狂気が押さえつけられた状況は恐ろしいが、それが発散されたときの目を覆いたくなる惨状こそが真のカタルシス、開放感へと繋がるのではなかろうか?
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2024/04/11(木) 03:41:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ジョーズが坊主に屏風に上手の絵を描いた。2024年第13回動画紹介、2024年度週刊少年ジャンプ19号感想。

坊主が坊主の絵を描いたってつまらんよな。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



まあ、こういう作品だったよな。アニメ化においてどうアニメ化するというのは常に大きな問題である。まあTVで放送されてた方はまた違った方法論を取った訳で、作って出してみるまでどちらが正解ともわからないとも言えるが、しかし原作を深くリスペクトしてその魅力を引き立てるべきかあるいは新たな価値を創造するかという問題もあって……
このアニメに限らないけど、一回30分のアニメにすべきなのが5分の枠だったり、その逆だったりというパターンもあるよね。まあアニメにも色々あるが、アニメ化は実際難しい。無論難しいところでつまずいているかそれともという話もあるが。クオリティ上げればいいって話ではないのは確かだがクオリティに意味がないわけでもない。


縛りなんてプレイヤーが恣意的に決めりゃいいのよ。


ゲームという形の芸術作品、というと感覚的に合うが、ゲームは須らく芸術作品であるともいえる。まあゲーム性、駆け引きがどうってゲームではなくてプレイヤーの選択と映像作品というか?興味深い。


こんなところか。アニメゲームゲーム。まあまあいつも通り。

2024年度週刊少年ジャンプ19号感想。
僕のヒーローアカデミア
ほんまにしつこいAFO。ここはむしろシガラキがどうにかして復帰して倒す展開か?デクはここから何をする?

坂本
シシパさん、貧乏くじの引き過ぎで逆に死なない枠?

呪術
そういえばなんかXで変な嘘バレが出回ってて虎杖が(変な)領域展開するとかいうのもあったが、そのパターンか?まあいい加減主人公には覚醒してもらわんとって感じだよな。ラスボス戦なのに半分モブだぞ主人公なのに。

アンデッドアンラック
ファンさん、便利屋扱いされとるな。

キルアオ
おー、大神、覚醒で元の姿に戻る…… いや熱いけどね?坂本やんけ!殺し屋だしよお。
なんかそのうちコラボしそう?

逃げ上手
神もまた部下。

超条
コンビニのバイト。なんであんな大量の事やらされてるんだろうな。大したことない給料で。

ロボコ
実際こういうのって相手のこと調べてある程度は考えてるんだろうか?そらなんでも即興ってことは無いか。


まあこんなところか。ワンピ休み。
キルアオはなんだかんだ熱かった。
総合評価は下の上で。


アニメ感想
ダンジョン飯
ライオスとカブルーもまた表裏一体のオタクか。魔物オタクと人間オタク。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2024/04/11(木) 00:50:53|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット探訪「コマンド - ニコニコMUGENwiki」

コマンド - ニコニコMUGENwiki - atwiki


2D格闘ゲームにおいて初心者が最初につまずくところは必殺技のコマンドではないだろうか?であればこそスト6でモダン操作が生まれたり、他にも様々な試行が為されている訳であるが。しかしコマンドは格闘ゲームのゲームシステムに深く取り込まれておりなかなか難しいところもある。

本当の初心者は波動拳を出すだけでも四苦八苦するものだ。そこまでではないにせよ昇竜拳コマンド(→↓↘+ボタン)は一見不可能にすら思えてくる。スクリュードライバーの一回転コマンドはまさにちょっとした不可能性を内包したコマンドである。

それをどうにかするのも格ゲーのゲーム性ではあった。溜め技は溜めるリスクがあるものだし、長いコマンドはどれだけうまくてもコマンドを入力するのに一瞬時間がかかる。そういうのもある。単純に、コマンドを覚えるのも大変だ、というのもある。

とはいえ、過去の格ゲーからコマンドは概ね流用されたりもしている。あの七面倒くさい瞬獄殺コマンド(弱P・弱P・→・弱K・強Pの順押し)もいくつか採用例がある、というか元々モリガンのダークネスイリュージョンのコマンドだ。

そういったところで、独自のコマンドを使うことでその技を印象付ける一端としている場合もある。ギースのレイジングストームコマンド(↙→↘↓↙←↘+ボタン)などは結構意味が分からなくて有名か。KOFⅩⅣだったかでコマンドが変更されたがⅩⅤでこっちでも出るようになったんだっけ?

こういうのはインフレしていきつくところまで行くもので、まあ詳しくは冒頭のリンクでも見てほしいが、ヴォルフガング・クラウザー(KOF'98UM)の「ギガティックサイクロン」『接近して→↘↓↙←×3+AorC』とか大道寺きら(『アルカナハート2』以降)の「ラストアルマゲドンドロップ」『レバー3回転+AB』など無茶苦茶なものがある訳だ。


まあ初心者を遠ざけるものかもしれないが、だからこそかロマンであるのかもしれない。だからこそ、というよりも遠ざけるものでありながら発展したのはロマンがあるから、というべきか?

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2024/04/09(火) 12:28:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカのドラゴン。2024年第12回動画紹介、2024年度週刊少年ジャンプ18号感想。

ネイティブアメリカンの神話にはその変形もあるんだろうけども。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



献血と吸血。その対義性については俺も考えていた。


こうしてみると案外やれそうにも見える。脆そうではあるにせよ。


ウェハーとかそんなもん買ってどうするんだよ。謎インテリアにしかならんというかインテリアか?割れたらめんどくさそうだし。
まあ綺麗と言えば綺麗だが……


こんなもんでいいか。クイズポケモンあとなんか。
バランスはまあまあ。

2024年度週刊少年ジャンプ18号感想。
僕のヒーローアカデミア
悪には悪の救世主が?AFOしっつこいなあ。

呪術
黒閃がなんかポケモンでいうところのドレパンぐらいの扱いになってない?

超条
花は普通に気遣ってるのがなんとも。基本全員善人なのが最近のギャグ漫画らしい?

ロボコ
ガチの伏線あるんかい。

逃げ上手
まあ南北朝って北朝が内ゲバしまくってるから南北朝出来てたってところもあるぐらいだし基本南朝劣勢なんよね。
ミジャグジ神。東方ファンにはおなじみ諏訪の古くて色々謎めいた神。

キルアオ
力無き正義は無力。さて獅堂は大神にどう判断を下すのか?

グググ
ここでライバルになると。主人公が急成長しすぎではあるが。

ルリドラゴン
まあ普通の人間には角はないのでそういう配慮をして服は作られていない。体育も同様。


こんなところか。超条とか良かった。
総合評価は下の中で。

キン肉マン感想
ここでキン骨マンがでる?まあいよいよ作品の総ざらえっていう流れの元か?


アニメ感想
ダンジョン飯
マルシルが変なテンションになってたのもオタクみがある。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2024/04/03(水) 00:40:53|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wikipedia探訪「木材」「木質材料」

木材 - Wikipedia
木質材料 - Wikipedia


日本の家は木と紙でできている、とか言われている。まあ最近は必ずしもそうではないにしろ木材はやはりよく使われる。そして石で作られる欧米の家であってもまた家具の多くは木で作られたりもする。

木、木材。それについて私はあまり注意を払ってこなかった気もする。そりゃ木の種類とかを色々調べたりもするが、現実に見る木材をまじまじ見て何かを考えるようなことをしていなかった気もする。


今我々の周りにある木材、板だったり柱だったりするもの、は殆どはそのまま木を切って使った、いわゆる無垢材ではない。

例えば集成材。小さな木材を接着剤で再構成してつくる木材。
合板。薄い木材の板を接着剤で張り合わせた板。
配向性ストランドボード(OSB)。木材の薄い薄片を接着剤で張り合わせた板。
パーティクルボード。木材のもっと小さい砕片を接着剤で成形した板。
ファイバーボード。木材繊維を成形した板。

そんな感じだ。もちろん、値段以外の面でも無垢材が全て優れているわけではない。歪んだり大きく割れたりしにくいし規格品で扱いやすいし接着剤の層はシロアリに強かったりもする。

とはいえやはりこういうものが使われ始めたのは安価で、巨大な木を必要とせず大きな木材が作れる、などといった理由だろう。木を加工した後のおがくずや建築廃材も再利用出来てエコともいえる。

そういえば、今私の周囲を囲んでいる本棚やらなんやらといった家具もよくよく考えればパーティクルボードから作られている。それは化粧板が施されあたかも木を切って作られたものですよという顔をしているが断面を見ればどうみたって砕けた木をから作られている。そしてそれは機能している。

無論、大金持ちなら別だし大昔の家具は無垢材で作られていた訳だが、今はもうニセモノめいた木の粉を接着剤で固めたものが木材でありそれが十分なものなのだな、そう感じた。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2024/03/31(日) 18:39:18|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ