ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

各地の神話で同一起源、同一人物設定の神とか

神の一覧 - Wikipedia
比較神話学の本ってクッソ高いのばっかだしイマイチピンと来る奴がない。



まあ適当にパッと思いついてわかる範囲で。
一応明確に繋がりがあるものだけ。

ヴァルナ(古代インド神話最高神、時代を下ると天空神、契約の神、水の神へ)
=アフラ・マズダー(ゾロアスター神話創造神)
=スプンタ・マンユ(↑と後期ゾロアスター教、ズルワーン教で同一視、ゾロアスター神話の善の創造神)
=ヴィローチャナ(ヒンドゥー教、太陽神、アスラ族の王)
=大日如来(仏教・密教における最高仏)
=天照大神(神道、太陽神・皇祖神。神仏習合の解釈により大日如来から)
=水天(仏教、十二天、水の神。ヴァルナから)
=水分神(神道、神仏習合により水天から。水の分配やら港やら水全般の神、及び水源地としての山の神、田の神、発音から子供の守護神など)
=天御中主神(神道、創造神、始源神。神仏分離の際、水天は元々ヴァルナでヴァルナは元々最高神だったので。)
=天皇大帝(中国神話、道教より北辰(天の北極)の神格化。四御の一柱。万物、生霊と戦争を司る天帝)
=北極紫微大帝(道教の北極星の神格化。四御の一柱。風水、四季と日月星辰を司る天帝。天皇大帝と習合。)
=北斗星君(道教、北斗七星の神格化。死の神。天皇大帝と習合。)

やたらにミームのコピーと改変、同一視を繰り返すからこんなことになってしまう。
北斗星君だってほとんどやってること閻魔みたいなもんだから一緒にしても良かったんだけどそうなるとまたもっとグチャグチャ増える。


ミトラ(古代インド神話、契約の神。友情・友愛の守護神。太陽神の一柱。ヴァルナと表裏一体)
=ミスラ(イラン神話、ゾロアスター神話。古代においてアフラ・マズダーと表裏一体の天則の神。ゾロアスター教においてヤザタ(中級の善神)の筆頭神。司法神、光明神、戦士・軍神、牧畜の守護神。死後の裁判を司る。)
=ミトラス(古代ローマ、ミトラス教の主神。太陽神。牡牛を屠るミトラス)
=ソル・インウィクトゥス=ソール(ローマ神話、太陽神)
=ヘーリオス(ギリシア神話、太陽神)
=アポローン(ギリシア神話、オリュンポス十二神。芸能・芸術の神、羊飼いの守護神、光明の神、「遠矢の神」、疫病と医術の神、予言の神)
=弥勒菩薩(仏教、未来仏)
=メタトロン(ユダヤ教、契約の天使、天の書記、神の代理人、小YHWH)

ソル・インウィクトゥスの誕生日が12月25日で冬至の終わりを示すとかでローマ人が祭りをやってたのをキリスト教がキリストの誕生日にすり替えた訳だけど、これでキリストも同じってことにすると三位一体だからYHWH自身も同一になるとかいう狂気が垣間見える。


インドラ(インド神話、雷霆神、天候神、軍神、英雄神)
=インドラ(ゾロアスター神話。虚偽の悪魔)
=帝釈天(仏教・護法善神)
=釋提桓因(檀君神話)

これはだいぶマシな方で全部完全に同一人物的な扱い。とはいえ雷神としての性格からゼウス、トール、スラヴ神話のペルーン、リトアニア神話のペルクナス、フィンランド神話のウッコなんぞと同一視しだすともう大変なことになってくる。
シヴァとの繋がりも考えられるがやや薄いので今回は無し。
ちなみに古代インドではインドラが神々の王だった時もある。


ルドラ(インド神話、暴風神)
=シヴァ(ヒンドゥー教の三柱の主神の一つ。最高神、破壊神、ヨーガ、瞑想、芸術の守護神)
=アグニ(インド神話、火の神)
=アータル(イラン神話、火の神。ヤザタの一柱)
=火天(仏教、十二天)
=ディオニューソス(ギリシア神話、豊穣とブドウ酒と酩酊の神)
=バッカス(ローマ神話、ワインの神)
=リーベル(ローマ神話、ワインと豊穣の神)
=サルワ(ゾロアスター神話、無秩序の悪神。ルドラやシヴァから)
=大黒天(密教、仏教、神道の神。シヴァの別名マハーカーラから)
=大国主(神道、国津神の主宰神。出雲神社の祭神。大黒天と習合)
=大物主(神道、大神神社の祭神、蛇神、水神、雷神、稲作豊穣、疫病除け、醸造の神、国家守護神であり祟り神)
=不動明王(密教、五大明王の中心。大日如来の化身)
=大自在天(仏教におけるシヴァ)
=天満大自在天神(神道、菅原道真の御霊の神格化。大自在天と習合)
=大威徳明王(密教、五大明王の中で西方の守護者)

ヴィシュヌとの同一視は採用していない。化身とかそういうの合わせると重要な神すべて繋がりがあることになるのよね。
ディオニューソスとの同一視はやや厳しいところもあったがまあ面白いので。
基本的には無茶苦茶やる神という性質は変わっていない?
事もあろうに、大自在天を不動明王が調伏する説話が密教にあったりする。同一人物では?
五大明王の内二つを占めていたり、大威徳明王は菅原道真と習合しているのと同時にシヴァとも関係があるともう無茶苦茶なことになっている。
他にもゾロアスターの風の神ヴァーユ・ヴァータとの繋がりなんかも考えられたりとやりたい放題。


ヴィシュヌ(ヒンドゥー教の三柱の主神の一つ。最高神、維持、守護の神)
=クリショナ(ヒンドゥー教、神聖さ、愛、知、美の神。ヴィシュヌの化身)
=ジャガンナート(インド洋東岸オリッサ地方の土着神。クリショナと習合)
=ブッダ(仏教の開祖。ヒンドゥー教的にはヴィシュヌの化身)
=那羅延天(仏教におけるヴィシュヌ。スリランカでは仏教の守護神とも。毘紐天ともいう。)

まさかの仏陀。化身ってのをどう見るかというのもあるが。まあニャルラトホテプの化身がどうたらこうたらってのと同じ。


ラー(エジプト神話、太陽神、最高神。ハヤブサの頭を持つ)
=アトゥム(エジプト神話、天地創造の神太陽神(朝の太陽))
=ケプリ(エジプト神話、太陽神(日の出)。フンコロガシの頭を持つ)
=ホルス(エジプト神話、天空と太陽の神。ハヤブサの神。)
=アメン(エジプト神話、太陽神。元々はナイル川東岸のテーベ地方の大気の守護神、豊饒神)
=アモン(ヨーロッパにおける悪魔学の悪魔。ゴエティアによると序列7位の侯爵)
=ゼウス(ギリシア神話の最高神。天空神、神々の王。アメンと同一視)
=ユーピテル(ローマ神話の最高神。天空神)
=ディヤウス(インド神話、天空神、雷、雨、豊穣を司る神。主神であった時期も。インドラなどの父)
=テュール(北欧神話、軍神。トールとは別)
=マールス(ローマ神話、戦と農耕の神。テュールと同一視)
=アーレス(ギリシア神話、戦の神。戦闘時の狂乱の神格化)
=トール(北欧神話、戦神、雷神、農耕神。雷神なのでゼウスやユーピテルと同一視)

上の方で言及したペルクナス辺りとの繋がりもあるが絶対的ではないので採用しない。まあ同じ神話が流用されてるんだろうが。
さて。テュールがトールとは違うはずなのに結局同じになってたりヒドい混乱が見られる。
エジプト神話はエジプト神話内でものすごくグチャグチャになってるし。


ヘルメス(ギリシア神話、オリュンポス十二神の一人。神々の伝令使、旅人、商人などの守護神、その他色々。トリックスター、文化英雄)
=トート(エジプト神話、知恵の神、書記の守護者、時の管理人、楽器の開発者、創造神。魔術の神。トキとヒヒを聖獣とする)
=ヘジュウル(エジプト神話、知恵の神。トートと習合。ヒヒを聖獣とする)
=メルクリウス(ローマ神話、デイ・コンセンテス (ローマ版オリュンポス十二神) の一人、商人や旅人の守護神。ヘルメスと同一視)
=ヴォーダン(ゲルマン神話)
=オーディン(北欧神話、主神にして戦争と死の神。詩文の神、魔術の神。知恵の神)

オーディン周り。トートも最高神だったりするよね。
ヴォーダンはWednesdayの語源になったことで有名。



キリが無いので今回はここまで。インド神話に偏りすぎた感もある。
個々の事象に捕らわれてそこに本質的なものがあると誤解するのは愚かだが、こういう繋がりを見ていくのも面白いもの。
流石にアメリカ大陸の神話にまではくっつかないが。基本古代行き来が盛んなのはユーラシアだもんね。そらインカとアステカで同じような神もいるだろうが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/28(日) 04:47:50|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第35話感想

なるほど義手か。不老不死でない以上負った怪我は背負うしかない。まあ漫画だと義手とか言いながら普通の手より便利だったりするんだけど。
ロケットパンチねえ。動力は血圧?脳溢血になりそう。

センターカラーでもがり。クズキャラは好きである。しかもヘタレと来るともうだいぶんと好きである。
命乞いしてでも今日を生きる。なるほど卑屈だが真理である。

エグさん。一滴でこれってもうほとんど毒物だよね。筋肉増強剤だってもうちょい体にいい。




まあたいして話も動かなかったが、思い続ける限り生きているって生き返らせる公算とかもない訳?そうなると向こうから何かやってこなければ話は動かないか?安徳天皇かな?いや義経あたりが何か暗躍してるかな?
来週にも注目。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/25(木) 22:10:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

字獄の門、紙福の時。2017年第22回動画紹介・ジャンプ感想回

悪魔の誘惑ほど甘いものはない。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



新しいタイトル戦か。ここにきて。序列云々は賞金額って事でいいんだよね?
ドワンゴが太っ腹なのか、落ち目同士で起死回生を狙っているのか?いや落ち目なのかどうかは知らんが。
こんなタイトル戦とかあって棋士も大変よね。特に勝ち続ける人は。


ツインテーラと言いBotWのゼルダといいスパッツ尻ならCERO通ると思って無茶苦茶しやがる。
男の尻もしっかり表現してるのもなんとも。
そしてイカ。2分という予告があったこともあり、ツイッターでの前日譚めいた小説連載もあり、ストーリー、ヒーローモードの紹介とは予想できたがやはり魅せられる内容。これアオリ敵に回ってるのか?ラストフェスで負けたばっかりに拗れたのか?ホタルが歌手やってるのにアオリはバラエティ番組方面だもんなあ。まあそんなシリアスシリアスはしなさそうだが。ホタルの緩い案内にも期待。シューターはあれか、P90か。進化したヒーローモードはどうなっているのか。まだまだイカ2明かされてない部分多そう。今の感じじゃあまだアップデートって感じだもんね。スイッチでやれるってことがまず大きいが。


流石というほかない。台本あるのかな?無しでこれはヤバすぎるが。動画掲載の遅れ方も流石だが。
西郷は超ゲラだが坂本も大概ゲラ。笑いの渦に引きずり込まれる。というかまあポリゴン関係は素で突き抜けたりするゲームではあるが良くここまでバグを誘発できるものだ。


こんなところ。3動画で地味に全部ゲーム(将棋含む)。
スイッチそろそろ買いたいが未だに売り切れ続きなんかね。

2017年度週刊少年ジャンプ25号感想。
斉木
もう5年か。安定感が凄いというか他が情けないというか?崩れない面白さ?
理不尽な暴力が笑いは産まれないとか高度なメタネタやめろ。勇者学から大分反省していることがわかる話。
ギャグ漫画はで不快感を味わっても仕方がないか。

僕のヒーローアカデミア
ヤクザの事務所へ突入。
捨て駒と。酷薄な若頭。シガラキとは違う訳だ。アレは自身が底辺だからね。
その差がどうなりどういう結果を産むのか。シガラキもなんか途中でやらかしてきそうだが。そのまま行くって訳はないわな。

ネバーランド
ディストピアSFから惑星探索的なSFへ。まあどちらにせよ好物である。

ブラクロ
確かにメスライオンが狩りをするんだけどオスライオンのがでかいし強いんだよね。性淘汰の面白さよ。
っと、これ漫画の感想じゃねえや。まあどんどん強くなってくのはわかりやすく楽しいよね。

鬼滅
おお、頓死した!全力出せずに倒されたっていう、物語性の破壊の妙が好ましい。演劇ではトチりが一番面白いと某劇作家は言った。
全力を出しての敗北なら悔いはないかもしれないが、全力を出せずにの敗北の無念もまた漫画である。鬼狩り達を呪い恨みまくる最後の思念は他の鬼たちと比べてもなお感傷的だ。
まあ最後のアレで復活みたいなあるかもしれんけどね。
最後の何なんかね。上弦?

ナンバーワン
全体的にひどいが、ゴロー、最後の最後でクソすぎて笑える。高品質なギャグマンガが揃いつつあり、斉木もこれ以上続くかどうか。

左門
なんだこの古いロボットみてーな角は。
左門の思想の一端を知り新学期へ。お、打ち切り回避できた?まあどうくるかしらんがそろそろ改編期よね。

ロボ
どんな恥知らずならそんなハンデ受け入れられるのかね。
ロボは今はそれしかできないけれどこれからすべてを学んでいく、といったところか。もしかしてロボ、ラーニング機能あったりして。黄瀬的な。
曲げる球。目の前の商売物を避けるのには便利だがやや大道芸感。しかし必殺ショットとか出てきたあたりで方向性が見えてきたというところか。

ソーマ
このウナギ料理滅茶苦茶旨そうだな。顔がアレな割にやるなこいつ。

マリー
アイコンタクトではなくテレパシーではこれ。
ちょくちょく話の軸が散漫な印象を受けるが小ネタは面白い。どうなるか。

磯部
大八哀れ過ぎる……


こんなところか。ワンピ休みで巻頭斉木だと雰囲気変わるよね。
ロボ、やっぱ藤巻先生の漫画は合うわ。あの人、たぶん感情の基本が怒りなんだよね。何事もそこから派生するというか。
ナンバーーワンや鬼滅なども含め今回は上々。
総合評価は、まあ上の下としておこう。まだ下弦の一頓死とは決まってないし。
  1. 2017/05/23(火) 00:43:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「オッドマン11」一巻 読んだので感想

メガストアコミックスの道満晴明先生作の「オッドマン11」、単行本一巻が出てたので感想。

漫画が連載されていた雑誌はコミックホットミルク。成人向け漫画雑誌であるがこのオッドマン11は特に18禁ではない。きわどい描写も多いが性、性癖をテーマにしたコメディ、ギャグ漫画といったところだろうか。
成人向け雑誌に載ってる18禁漫画ってたまにあるよね。LOに載ってるマコちゃん絵日記とか。
月刊雑誌であるのだが概ね隔月連載で一話のページ数も少ないためか、2011年連載開始なのに2017年にようやく単行本第一巻と相成った。この調子では第二巻が出るのは2022年という事になる。


オッドマン11は高校一年の逆叉セツが伊丹(弟)の彼女としての権利を勝ち取るべく、伊丹(弟)の元カノである奇妙な「オッドマン」達と勝負していく、という筋書きの話。しかしその中でセツはオッドマン達と親交を深めていく。

そもそもオッドマンとはなんなのか、について作中でも説明が為されていないが、獣人だったりビッチ(何故か猫)だったりサディストだったりマゾヒストだったり裸族だったり一つ目だったりと、現実的に無理気味なのも含めてニッチな性癖ばかり攻めている。
伊丹(弟)の元カノ(及び今カノ)がオッドマンなのかとおもいきやそれは偶然で伊丹(弟)自身もオッドマンであったりする。主人公のセツは一般人だがそれでも妙な特殊能力を持っていたり。

まあ、筋書きはいいとして、やはり話には作者独特の奇妙な味が出ている。
それぞれのオッドマンは奇妙な特性や性癖を持っている訳だが、それ故の悩みも持っている。例えば裸族の縫田キヌは完全な露出狂であるために小銭も持てず電車に乗れず行動範囲が徒歩圏内。
生まれてから一度も体を洗ったことの無い(産湯も拒否している)不条澱は臭すぎるのでクラスメイトは皆ガスマスクを付けており一学期の終わりになっても一人の顔も覚えていない。オッドマン仲間でも口臭を気にしてほとんど喋らない。

そういうオッドマン達とセツが対等に認め勝負していくことでその呪縛から逃れ出ていく、というストーリーラインである。いや性癖だとかは変わらないんだけど、孤独、孤高の性癖人が他者と融和していく、そういう話なんだろう。


そう考えてみると現代的なテーマとも思える。
ただ認めるでは無く、対等で、奇妙ではあってもその中で自然と扱う。それこそがマイノリティに対して向けられるべき態度なのやも。そういった点でセツは主人公足りうるのであって、友情をこえた愛すらオッドマン達から受け取るのだ。

そういった話でありながら非常に楽しげに描けているというのは流石。異常な設定のキャラでありながら等身大の人間性を持つ。


性というのは人間にとって重要なテーマである。
成人向け漫画はそれを消費するものでありそれもまた需要あるものだが、それを考えさせる作品というのはそう多くは無い。道満晴明先生の作品はそう言った物が多くあるがオッドマン11はその中でもより先鋭的で楽しめる作品であった。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/21(日) 19:07:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ゴルフ用語の一つ、「オーストリッチ」

ゴルフ - Wikipedia
アルバトロス - Wikipedia
コンドル (ゴルフ) - Wikipedia

トリビア的ゴルフ雑学 バーディー、イーグル、さてそれより良いのは? ゴルフ雑学百科

ゴルフ。まあ知らん奴もおらんだろうが、ボールをクラブで叩いてどれだけ少ない数でホール(カップ)に入れるかを競う球技である。
ゴルフでは基本的に1コースに18ホールありそれを回って総合的なスコアを競う訳だが、それぞれのホールに規定打数というものがある。
例えば4打でカップに入れることを想定しているホールをパー4という。ティーショットしてフェアウェイへ、フェアウェイからショットしてグリーンへ、グリーンからカップの近くまでパターで、そこからカップに入れて4打といった具合である。パー3のホールはティーショットでグリーンに入ることを想定されている訳である。

ホールごとに規定されている打数で入れることをパーという。
変なところに落して一打多くなるとボギーという事になる。黎明期はボギーが規定打数であったとか。器具も技術も稚拙だった時代もホールは変わらないことを考えるとあり得そうな事である。ボギーの語源は諸説ある。お化けとかなんとか。
やらかして2打多くなるとダブルボギー、愚行により3打多くなったりするとトリプルボギー…… ということになる。

逆に、規定打数よりも一打少ないとバーディーという事になる。
バーディとは小鳥全般を指す言葉で、鳥が飛んだようなショットを褒め称えた美称という具合である。
例えばパー3のホールならば、一打でグリーンに入り、もう一打でそのままカップに入ったようなそれがバーディとなる。まあプロならば珍しくもなくむしろ狙うべき目標ともいえる。ホールやコース、状況にもよるが。

規定打数よりも2打少ないとイーグル、ということになる。
イーグルとは鷲、ワシのこと。より大きな鳥らしい猛禽でバーディよりも優れていると示している。
例えばパー5のコースでティーショットで大きく飛ばし、フェアウェイからまた大きく飛ばして、グリーンに届かないまでも近くからアプローチショットでそのままチップインすればイーグルである。パー3のコースで一打で入れてしまえば、それはホールインワンという事になるがそれもまたイーグルである。
いつも簡単に狙えるものではないが、プロならば場合によっては意識することも少なくないだろう。

規定打数よりも3打少ない場合、これはアルバトロスである。ダブルイーグルとも。
アルバトロスとは和名で言うところのアホウドリ。渡り鳥であるアホウドリを超ロングショットに例えたか。単純に巨大な鳥だからか?ちなみに名付けたのは球聖ボビー・ジョーンズらしい。
規定打数よりも3打少なくする。これは生半な事ではない。パー4でのホールインワンは相当膂力のあるゴルファーでなくては難しく、パー5で2打というのもやはり至難である。どちらにせよ超長距離、何百ヤードも離れた場所からカップに入れなければならず、技術や腕力だけで入れれるものではない。幸運も必要不可欠だろう。

規定打数より4打少ないそれはコンドルと呼ばれる。ダブルアルバトロス、トリプルイーグルとも。
鳥のコンドルは巨大な猛禽であり、なるほどイーグル、アルバトロスの次としては相応しいか。特に翼の面積が広くこれで上昇気流を掴んで空高く飛ぶ。
規定打数よりも4打少ないということはパー5のホールでのホールインワンか、珍しいパー6、パー7のホールでの2打、3打ということになるが普通出るものではない。
実際、プロゴルフのトーナメント中に出たことはない。ホール自体が曲がりくねっていてショートカットし、更に最新の用具を用いて、その上様々な好条件に恵まれなければ出ない。Wikipediaには4例載っているが本当にそれだけなのかもしれない。

そして、規定打数よりも5打少ないということになると、普通のゴルフ用語辞典には載ってすらいないようだが、オーストリッチと言う事になるようだ。ヤフー知恵袋などを覗くとフェニックスだのという説もあるがあそこは信用に値しない。英語版Wikipediaにすら載って無かったが英語圏のサイトを探すといくつか記述もあったし恐らくこっちが正式なものなのであろう。正式もクソもあるのか知らんが。
法則から言えばダブルコンドル、トリプルアルバトロス、クアドラプルイーグルといったところになるのだろうか?
オーストリッチとはダチョウの事を指す。確かにでかい鳥類だが飛ばない鳥じゃないか、という向きもあろうがそれほどあり得ないものだ、という意味を込めているのだろうかとも推察できる。
そして実際出たことはないようだ。
規定打数より5打少ないという事は基本のパー5のホールまででは出すことは定義的に不可能。数少ないパー6以上の超ロングコースで、という事になるがそれすら現実的ではない。
それに2000年代からゴルフクラブの反発力に対する規制などが始まり、今後も出される可能性も減っていくだろう。

とは言え、そうした用語があるのはやはり面白い。
実際のゴルフのプレイ上存在する意味が無くても、創作作品でのインフレの末やら、やや非リアル寄りのビデオゲームのゴルフなどであるいは活躍の機会があるかもしれない。
もしくは、この記事のようにパーやバーディ、イーグルなどのゴルフ用語の解説のオチとして持ってきたり、という意味合いもある。最後がダチョウというのがやや間抜け感があってよい。
幽霊文字のように、意味の無いという事で意味を持つということもあるのだ。



ただ数字上規定打数より何個多い何個少ないというのをそれぞれ別個の用語にしてるのが興味深いところである。
学ぶのには余計に時間がかかるが、余計な知識こそがヒトの面白いと思うところではある。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/19(金) 03:09:25|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ